今のFらしさが全て詰まったラフができました

今のFらしさが全て詰まったラフができました

▲クリックで拡大できます

ラフを見たスタッフの感動の声
花宮

自分たちがしっかりとホームページで変わった結果を包み隠さず出しているので、こんな会社になりたいと思って依頼をしてくれる人が出てきそう。
今までは、あまりFを知らないお客さんが多かったけど
見込み客が大幅に増えそう。
このホームページに書いている事を実践していくだけでも、お客さんの会社の
環境とか人間関係とかよくなりそう。
新人さんの教育にこのホームページを見せればFがどんな会社かすぐにわかる。

中園

他のホームページ会社と比べると明らかに書いていないようなことが
ズラッと書いていて 何をしてくれるのかが写真やメニュー名で分かるので
興味を引くと思います!
制作だけではないことが書いてるので、「普通の制作会社ではない」と
おお・・・!となります!

小島

会社を本当に良くしていきたい、成長させていきたい、社員が生き生きと働く環境を作りたい、そんな強い想いを持った経営者様からのお問合わせが増えそうです。
単純に売り上げを上げたい、ホームページを外注に任せたい、そういった
一方通行の見積りは減るのかなと思います。
社員としても、これまでやってきたことをまとめることができ、漠然としていた良さや強みが明確になるので、より仕事に対する姿勢が高まりそうです。
お客様と話をする時や、見積り段階での提案などでも、自信を持って話ができるようになると思います。
お客様との価値観?と結果が合うからこそ売れないといったクレームも
減りそうですね。
やりがいも出てくると思うので、もっと仕事が楽しくなりそうです!

足立

どうなると思うか?という部分ですが、 とにかく早く安く作ってほしい!
というようなFに合っていないお客様からの注文が減りそうだなと思いました。
こうなる、こうありつづける、という部分が文章と写真で一面に出ていて、
スタッフが目標を見続けて進みやすくなったと思います。
Fの内部が見えやすくなったので、求人面でも、良い人が来てくれそうだと思いました。

だいぶ漠然とした感想ですみません…
以前より見通しが良くなって、会社自体の魅力を感じた人がたくさんきてくれそうだとおもいました

丸井

ラフの中にあるものが、全てやっている事・今までやってきた事で
本当に私達自身がラフの中にいるような感覚だ、と感じました。
この会社の、Fの一員なのだという責任感が一層強まって
皆の意識も今以上に同じ方向を向けそう。
私達も、Fをもっと好きになっていって
お客様も、Fのことをもっと好きになってくれるのではないか。

田崎

ホームページは売上を上げるだけのものじゃないということをお客さんに
たくさん説明してもなかなか思っている程は伝えることができていませんでしたが、このラフはそれがよく伝わるものになっていると思います。
そして最初は今のFのヘッダーみたいに人はあまり出さない方が
Fのブランド力を保てるんじゃないかという思いもありましたが、このラフを見て完全にそんなことはないと思いました。
会社としてさらに次のステージが見えてきそうで、ワクワクしました。

見積りが楽になりそう、説明が少なくて済みそう、
お問合せしてくれる人と話が合いそう、求めている人が来そう、
来ないでほしい人こなさそう、
なんかこのホームページの会社で働いてる自分すごいかもってなりそう
だと思いました。

下川

費用が安い高いで依頼してくる人は少なくなりそう

【繁栄するホームページは社内外全ての状況をよくする】
とは一体どういうことなのか
を、知りたくなる(そのページに飛んだり探したりする)と感じた。

良くなる社内外は
お客さんとF両方の事を指していた
両方を指していることが、閲覧者にも少なからず伝わるのではないかと感じた。