ニュースレター一覧

安心と実績のあるホームページ作成会社をFは運営しています。

2018-2月 ニュースレター103号


企業の進化は断ることができるに正解がある

過去最高の状態が招いた繁栄の衰退

ブランド力を作りファンを作る
<編集後記>
企業の進化は断ることができるに正解がある。

私たちは創業してどのような仕事も断らずに、
結果を出すことだけを目標にして仕事を一生懸命にしてきました。
お陰さまでどのような案件でも、お客様が私達の提案を受け入れてくれると、
目に見える成果を上げ、過去の実績結果が沢山あるようになりました。
自分達が幸せになるためには、お客様が幸せにならなければいけないので、
私達が確実に先が見えて、幸せになれる良い提案しかしない信念があります。
お客様との約束を守り通してきました。
このルールで社員もしているのですが、ついに限界が来てしまいました。
社員はキツくなるばかりで18時帰りが遠いものとなり、
責任とプレッシャーが重なり体調不良。日々進化する技術の鍛錬・勉強。
普通の子をかなりのレベルまで育ててきて、育てすぎて滅亡となりました。
そこでやっと気が付きました。
離職者もいなくなり、全員が一定以上の力を持った今こそできる決断がある。
社員各々不得意なことはしなくて良い。得意なものだけをしてください。
そもそも、得意な人がいるのに、不得意なものをさせていたから、
作業の遅延となり、ストレスとなっていました。
小さい会社にありがちな不得意なものも努力したらできる精神でした。
誰が辞めるか。不安な時は誰が辞めても良いようにそうしていました。
しかし、今では、辞める人がいないのだから得意なことをさせて、
得意をもっと超得意にデキるようにしました。
社員の残業とやる気を削がれる。不得意なものは断るようにしました。
田崎が得意でも花宮は不得意。下川が得意でも小島は不得意。
人によって個人差があるのは当たり前です。その個人差を許す環境にしました。
すると、自ずと危機的状況は回避されて、会社が大きくまとまっていきました。
そして、会社としての技術力もさらに上がりました。
会社の成長に合わせた断る。不得意を不得意なままでOKとする環境構築。
こういった環境になり良い状態の中。橘が戻ってきてくれました。
会社は大きく変化し強化されていく中で、
お客様の約束をより守れる体制になり多くの結果を出せそうです。



2枚目は過去最高の状態が招いた繁栄の衰退
新体制を整えF崩壊の危機を乗り越えたことについて書きました。


3枚目は、ブランド力を作りファンを作る
ニュースレターサポートのご案内です