ホームページのコンセプトが定まっていますか?Fロクがイメージを膨らませるコツをご紹介

> サイトマップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
売れるノウハウを知ってホームページだけで営業できるようになった!その理由とは
トップページ> サイト構成とコンセプトのイメージを膨らませる

ホームページ作成の際、 多少しつこく書くつもりで自社の情報をホームページ作成Fがすべてを公開します

サイト構成とコンセプトのイメージを膨らませる

考え方を少し変えるだけで、ホームページで売り上げを上げられることを紹介してきました。
ここからは、あなたのホームページに直接関わる実践をお伝えします。
この段階でもパソコンは使いません。紙とペン、そして頭での勝負です。

理想の設計図がなければ計画通りの家は建ちませんし、思いつきで家を建てる大工さんもいません。
ホームページの作成も家や店舗の建築と同じで、土台となるホームページの設計図やコンセプトを
しっかりと作成しなければけません。このホームページの設計図を「サイト構成」と呼びます。

サイト構成の一例

サイト構成は各ページを組織図のように表していて、この紙一枚でホームページの全体像がわかります。
また、このサイト構成を見れば、商品が売れるかどうかも大体予想できます。
売れていないホームページのサイト構成を見れば、平凡でお店の特長やお客様の目線も入っていない、
まさに熱意を欠いたサイトというのが一目でわかります。

時には、業者が相談なしにサイト構成をさっさとつくってしまう場合もありますが、
このような不完全な設計図では、完成後のホームページはかなりの確率で失敗します。

サイト構成の完成度で成功の9割が決まる?

私はサイト構成で成功の9割が決まると考えています。
サイト構成の手抜きの部分や曖昧な部分は実作成の作業で必ず足を引っ張り、
完成後には売り上げの足を引っ張ります。

一方で、サイト構成が良ければ最良のホームページができあがります。
ですから、成功の9割を握る設計図(サイト構成)は自分で作成して、
工事(作成)を業者にやってもらうのも良い方法です。
しっかりと戦略を立てて、売り上げの上がるサイト構成ができなければ、
ホームページで成功することはむずかしいので土台をきっちりと仕上げましょう。

「情報はどこまでホームページで公表すればいいのか?」と質問されることがありますが、
私の経験では、出せる部分はすべて出したほうが成功する確率が高いです。

お客様はわざわざ情報を問い合わせるほど暇ではなくパソコンが苦手な人もたくさんいます。
そのようなお客様はパソコンを起動したり、メールの返信を見たりするのが面倒になり、
問い合わせをせずに別サイトに逃げてしまいます。
最初からすべての情報を公開してお客様に見てもらうようにするのがおすすめです。

たとえあなたが自社の情報をすべて公開したつもりでも、お客様はホームページを見て情報が足りないと
常に不安に思っています。情報を出し尽くしたと思っても、お客様にとっては何かが不足していると考えて、
多少しつこく書くつもりで載せると親切です。ライバルにマネされるのは嫌なものですが、
ホームページの情報はマネをされる頃には古くなってしまうので安心して情報を載せましょう。

視聴者が好む色、ホームページのメインカラーを決めることは大切なことです。
色選びで悩んだら、想定しているお客様が読みそうな雑誌の表紙の色を参考にしたり、
大手ホームページの配色をチェックすることをおすすめします。

雑誌では特に読者の年代を緻密に調査して表紙デザインを決める場合が多いので、
ターゲットが読みそうな雑誌の配色を参考にするのもおすすめです。

また、お客様の性格を考えることも重要です。
たとえば、普通の人、気が荒い人、短気な人、神経質な人、
おっとりした人など、あらゆるパターンを考えれば、
ターゲットを確実に捉えた使いやすいページができて、
お客様に合ったホームページになります。

インターネットの利用者数が増加しているという話を聞きます。ネットのユーザー人口が膨大に増えていれば、新規客相手にずっと売り続けられるとも考えられますが、実際にはそううまくは行きません。
私も「『ホームページ作成』という大きなキーワードで上位になれば、
湯水のようにお客様がわいてくる」と勘違いをしていましたが、それは違います。

実際は、多くの人がインターネットは無料で調べるためのものと考えていてねネットで買い物をする人は
まだまだ少数派です。つまり、購入者が少ないマーケットで商売をしなければならないのです。

ライバルの顧客情報と自社の顧客情報に同一人物がたくさん存在することもあります。
同じユーザーが同じキーワードでいつも検索することも多く
毎日訪問しているお客様が実は同一人物
という場合もあるのです。
こうして購買する顧客の量が限られてくれば良い商品でなければ商品が売れなくなることもあります。
そこで大切なのが限られたお客様に喜んでもらえる
自信のある商品選びとリピーターとなります。
湯水のように湧かないお客様ですので
1人1人を大切にして欲しいと思います。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • はてぶでシェアする