個別記事のページです

2020年3月13日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

期待と信じること

こんにちは、ホームページ制作Fの丸井です。


以前、人は期待をするからつらくなる、と何かの本で読み
上手く行かなかったり実現できなかった時に
残念に思う気持ちが強く出るのはその分期待をしているから、ということらしいです。


期待とは『ある人がそれをするのを(他の人が)あてにし、心待ちに待つこと』を
指します。


それは本当にそうだなあ、と思ってから
「ああなってほしい」「こうしてほしい」のような
願望から持ってしまう期待はせずに
何かあった時は、願望を持つような意味での期待がなかったか、と
まず考えるようにしています。


ただ、上手くいかないと感じた時に振り返ると
無意識下に期待を持ってしまっていたかもしれない、と
思い当たるところがあることも多く
そういった時は、なぜ期待を持ってしまったのか、を
考えていきます。
相手が人であれば、相手に望んでいたことが見えてきて
じゃあどうしたら良いか、どうすれば良かったか、ということが分かったり
物や事なら、自分の中でどのような存在だったのか気付けたりして
同じ場面で同じ期待を持つことが少なくなります。


それが自然にできていくといいのだろうなと思います。
自然にできる人になろう。


逆に全く期待をしない、というのも良くないらしく
自分にとっても周囲にとっても成長やプラスの結果につなげていくためには
対、相手がいる場合は、期待はせずに信じることが大切になるようです。


自分が信じることが出来なければ相手から信じてもらうことも出来ないと
思っているので、信じることの大切さは理解しているつもりですが
信じ続けるとなると、とてもパワーが必要です。


信じ続けて傷つく結果になっても、そのまま信じ続けたら
変わるものがあるのか、難しいものは難しいとなるのか
今はまだ見切りをつけずに、信じ続けることで経験を重ねて
視野が今よりも広がった時にその答えを導き出したいです。


-----------------------------------------


だんだんと気候が春めいてきて、先日、菜の花が咲いているのを見つけて
もう春だな~、と気持ちまでぽかぽかしました。


春はあたたかくて過ごしやすいし春の花も私は好きなものが多いです。
今年は暖冬で桜の開花予想も早いらしいので
並木道の開花状況をチェックしつつ、桜が咲いたら
カメラを持って写真を撮りに出かけられたらいいなあと楽しみです!
36764.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識