個別記事のページです

2020年3月 5日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

気持ち良く解決していく

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。

毎週日曜日、夕飯の時間がNHKの「これでわかった!世界のいま」に被ることが多く、
その番組でたまに、普段なかなか見ない世界のニュースを見るのですが、
少し前、パレスチナ・イスラエルの深刻な問題に対して、
パレスチナ人が主人公のスパイ映画?がお互いを理解するために一役買っている、
というのを見て、素晴らしい解決方法だと感動しました。

映画には否定的な意見もあり、見たわけではないし、
実際のところはわからないところではありますが、
こうしましょう、と国のトップが決めて何かしら条約や線引ができたとしても、
市民の心にはしこりが残り、本当の解決とはならないし、
このような楽しくというか、誰も押さえつけずに明るく解決できる方法というのは
とても素晴らしいな、と思いました。


Fの解決方法も基本的にはこういった考えで、
誰も傷つけず、気持ち良く解決することを目指しています。

昔は強い言葉で強制的に解決したり、
そこから成長してルールで解決したりしていましたが、
言葉で強制は当然言われた人が傷つくし、言った人も決して気持ちの良いものではありません。
しかも言われたその時だけで終わることができればまだいいですが、
やはり言葉というのはすごく残るもので、
前向きに考えて消したいと思っても簡単に消せないことも多いので、
一番ダメな方法だなと思います。
(もちろん言葉で伝えなければ伝わらないし、伝えること自体は大切ですが、
マウントを取って言うことはダメなやり方だなと思います。)

ルールで解決する、というのは時として有効なこともあると思いますが、
実際Fでもルールで解決することを徹底し、
問題が起きたらルールを守っているか、新しいルールが必要なのではないかと取り組みましたが、
ルールに縛られて窮屈な状態となってしまい、ルールで解決することも
あまり良い方法ではありませんでした。

そして今は、環境を変えることで自然と解決をする。というやり方になっています。
怒ることが悪い→怒ることを起こさない環境が悪い→怒る要因は何なのか→怒る要因を取り除いていく、怒る環境を変える

前提条件として
自分が楽だからそうしようとか、自分にとって得だからこうしようとか、
そういった考えがあると一切成り立たず、
そういった考えでいくと、怒る要因を取り除く、というのも、自分の嫌いな仕事を人に任せる、
とかそういった話になってしまいますが、そうではなく、
周りの人のことを考え、自分がされて嫌なことはしない、という前提で考えていくと、
誰も傷つかず、気持ちの良い解決ができていきます。

そうしてそれぞれの場所ができていくことにもなっていっていると感じます。

気持ち良く解決していく。より良い形で実践していけたらと思います。
気持ちよく解決
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識