個別記事のページです

2020年2月 6日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

思考について

こんにちは、
ホームページ制作Fの穴井です。

前回と変わらず、まだまだ修行は続いていますが
もう少しかなって手ごたえが見えたり見えなかったり
いやまだまだだなと感じたりと
前回と変わっていないような気もしますが
日々努力をしている状態です。

その中で感じたことで
今回は思考について書いてみます。

今までの人生や社会経験、
特に仕事に関しては、
自分自身では深く考えて
先を見て行動したり、
色々なことを予想や予測して行動できているつもりでしたが
Fに入社して浅さを感じています。

前回も似たようなことを書きましたが、
自分なりに考えて出したものが
さらに、その上の視点から上書きされるというか
その視点があったかというか
そういうことが多く感じます。

前はここまで考えることを逃げていたり、
考えきれていなかった部分があったので
気づけていなかった所が多かったけど
最近は、この上書きが悔しく感じ
そこまで考えれるようになるためには
って思う気持ちが強く、日々努力しています。

そんな悩みを解消できるかもしれないヒントもありました。
ちょっとした行動で、
望月からアドバイスをいただいたのですが
なるほどっと頭にも身体にも響きました。
自分の日頃の行動から見直す。
全ての行動に意味を持つ。
そういった部分から、意識しないと
その域には達せれないのではと思いました。

仕事だからといってその時は必死に考えたとしても、
それはその場でしか過ぎず、訓練にもならないというか
何事も日々の訓練や意識が必要だなって感じました。


そういった思考というか視点などを考えていくと
田崎も書いていましたが、
広告という世界は奥が深いと感じました。

僕が以前していた職種のように、
ある程度のブランディングが確立された商品を
そこに来る、そのブランドや商品に興味を持ってくれているお客様に
売場で後押しして、買っていただくのと


興味が少ししか無いとか、もしくは探している段階で
検索して、HPに来ていただいたお客様に
興味を持ってもらい、その内容で
購入や問い合わせ、来店などを後押しするのが
広告、ホームページなので
そこでの、お客様の視点や心理は非常に様々で、
そういった部分も予測しながら、会社の良さを引き出していく。
お客様の会社や商品が良いものだったとしても
伝え方や方法が間違うと見え方が変わってしまう。
だからこそ、打ち出し方、みせ方、キャッチコピーなどは、
様々な視点から考えて、自分なりに一番だっていうものを作らなければいけない。


さらに責任の重さを感じ、日ごろから深く考えて行動することの重要性を感じています。
すべての行動の先を考え意味を持つ
それが無意識でできるようになる位、
常に意識して行動していこうと思っています。


kame.jpg

嫁がインフルになり、
仕事と家庭の両立の大変さを感じました。
仕事に没頭できる環境を作ってくれている
家族にも本当に感謝しています。

チビ達にうつらなくて良かった
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識