個別記事のページです

2020年1月23日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

今までやってきたことを形にする

こんにちは。
ホームページ制作Fの小島です。

いま自社のリニューアルをするにあたり、
ヘッダーラフを作っています。
いつまでやり続けるのだろうか、
とまだ先が見えない状態ですが、
これまで以上にFを好きになっているのは事実です。

今までしてきた事を振り返っていくと、
根本はすごくシンプルだなとも思います。

良いデザインをつくるために、
働く環境をよくすること。

これに尽きるような気もしています。

良いデザインをつくるというのは、
私たちにとっては1番大切なものです。

その大切なものをより良いものにしていくために
デザインをつくる社員の環境を良くすることをしてきました。

残業をなくす。
休日出勤をなくす。
電話対応を減らす。
業務時間を9時からにした事もそうです。

お客さんと直接話せる環境を作っているのもあります。
自分がした仕事がどう評価されるのか、
喜ばれるのかを知ることは、
社員にとっては1番の力になります。

喜ばれることが1番うれしいですよね。
自分の好きな仕事をして、
さらにお客さんに喜ばれる環境がある。

お客さんとの距離が近いので、
お客さんから直接相談もされますし、
より良い関係がつくれている。

それが社員にとっての原動力でもあり、
もっといい仕事がしたい、
もっと喜んでほしい、
こんなに良いものだからちゃんと伝えたい、
知ってほしい、そうなってほしい、
と心の底から思えます。

トップダウンでもボトムアップでもなく、
1人1人が考え動くことができる。
それに対して、上も下もなくて、
発言権は誰にでもあり、
誰でも環境をより良くしていくことができる。

個人が活きる環境でもあり、
個人が活きればお客さんが喜んでくれ、
会社が潤う。
会社が潤えば、さらに環境を良くしようとする。
環境が良くなれば、社員の仕事ぶりが良くなり、
もっとお客さんが喜ぶ。

こういった循環ができています。

自分達の1番大切にしているものをより良くしていくために、
社員が働く環境を良くすると、最高の循環で喜ばれる愛のある組織ができる。

リニューアルを通じて、
心の底からFがしてきたことを尊敬でき、
好きになりました。

でもそれを形にできていないので、
ヘッダーラフに力を注いでいきますm(__)m

短い時間でざっと書いたので
誤字脱字や変な文章があるかもですが、
ご了承ください。
200123_friver.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識