個別記事のページです

2020年1月10日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

正面から向き合う

こんにちは、
ホームページ制作Fの穴井です。
自分自身やるべきことが見えてきました
前回までのブログでも色々書きましたが
自分自身が逃げていたことが、大きな問題としてできてきています。

言い方は悪いかも知れませんが
もともと、デザインがすごく好きとかで入社したわけではなく
Fの作るもの、そして作り方に共感して入社しました。

当然、今までの経験を変われての部分も大きく
お客さま対応のポジションとしてとのありがたい言葉もいただきました

自分自身はその期待された仕事を
いち早くやりたいという気持ちから
焦りというか驕りがありました。

Fのデザインを学ぶ上で、重要な部分を分かったふりをしていました。
いや、わかっていませんでした。
少しでも早く、デザインを終わらせて対応をしたいという気持ちから
自分でデザインをすることよりも
Fの今までのデザインを見て真似るという風になってしまっていました。

当然、模範にすることは必要ですが、
なぜこんなデザインなのか?
このスペースは?
このフォントは?
この色味は?
どうして、そうなったのか
そこを考えることが圧倒的に不足していました
当然そんな甘い想いは、Fでは通用しません。
自分の考えが甘すぎました。

そしたら、さらに悪循環です。
全てがうまく回りません。
当然、与えられたデザインは間に合わない。できない。
色々なことが漏れてしまう。
最後は、失敗しないためには、
どうすればみたいなことしか考えられなくなっていました。

でも年末のブログでも書いたようにFには
変われることを期待してくれている仲間がいます。
だからこそ、デザインからも逃げずに
しっかり向き合おうと思い仕事を始めています。


何事も、専門性を得るためには
基礎は重要だとわかっていたつもりだし
それを身につけるためには反復練習などの様々な訓練も必要になってくる。
とにかく、基本をみつけることの重要性を再認識しています。

そして作るデザインに対して
ひとつひとつ、自分の考え、意味(理由)を明確に持てるように。
それがFの考えや今までやってきたことに近づけるように。
それができるまで、やっていこうと思いました。

iOS222 .jpg


ただ、今までの時間はかえって来ないので
焦ってもしかた無いけど、焦らなきゃダメな部分を多く感じています。

でも、Fにいると、普通よりも時間が経つのが早い気もしているので
この数か月いや、もしくは数週間、数日で何年分もの修行になるような気持ちもあります。
ドラゴンボールでいう精神と時の部屋のような
この空間で、とにかく、しばらく自分自身と戦います。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識