ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2020年1月31日(金)
制作に便利なアプリ

ご覧いただきありがとうございます。
ホームページ制作Fの新田です。


パソコンを使っていると「あのファイルどこに行ったっけ?」
という事が稀にあります。

・デスクトップに置いていたはずがいつのまにか無い、
・さっきまで開いていたファイルを閉じたら場所がわからない
・外付けドライブのどこかにあるはずだが行方不明

そんな事の無いように、普段からファイルを整理しておく事が大切です。
しかし、忙しい中でファイル整理に時間を費やす事が出来ない場合は
検索ソフトを使ってみるといいかもしれません。


Everything

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/everything/


窓の杜様から引用すると
「あらかじめPCに接続された全ドライブのインデックスを作成しておくことで、ローカルに保存されたファイルをファイル名で高速に検索できるソフト。」

とあります。これはどういう意味かというと

「パソコンの中と、パソコンにつながっている
ドライブの中を検索して目的のファイルを見つけてくれる検索ソフト」

ということです。

「なんだそんな事か」

と思うかもしれません。

しかし、ファイル整理の煩雑さを軽減してくれるのであれば
少なくとも損をする事はありません。
「気づけば定番になっている」そんな地味で強力なアプリなのです。

仕組みはシンプルで、インストールが終わり初回起動すると
「インデックス登録」という作業が自動的に始まります。
これは自動的に行われるため、操作する必要はありません。

インデックス登録が終わると高速検索が出来るようになります。

0131_0001.jpg

外付けドライブはもちろん、GoogleDriveFileStreameや、
USBメモリの中まで高速検索が可能です。

ツール → オプション → フォルダと進み、「追加」でドライブを指定してください。
(追加の直後はインデックス登録で少し時間がかかります)

拡張子(.docxや.pdfなどのファイルの種類)を表示している方は
インデックス登録がすべて終わったら
全てのドライブからPDFファイルなどのファイルを検索してみましょう。
(拡張子というものがわからない方はファイル名で検索してみてください)

検索窓に「.pdf」等の拡張子を入力してください。「更新日時」をクリックすれば
『最後に使用した◯◯』を見つける事ができるでしょう。
システムファイルまで出てきてしまいますので、関係ありそうなファイルを探す必要がありますが自分で探すよりはるかに早いと思います。

これを応用すると、目的のファイルを探し出すために
ディレクトリの構造を丸ごと記憶しておく必要が無くなるので
時間の節約と効率化につながるというわけです。

フォルダの中にフォルダがあって、さらにその中にフォルダ、またフォルダ
フォルダフォルダフォルダ・・・・・

このような状態でも一瞬で検索してくれます。

標準でWindowsに組み込まれていても不思議ではないような機能ですが
Windowsの標準機能で同じ事をすると(性能にもよりますが)小一時間かかるので
このようなアプリを上手く使って、パソコンを便利に使っていきましょう!

ちなみに「ワイルドカード」や「正規表現」など詳しい人向けの機能も充実しております。

0131_0002.jpg


ダウンロードはこちら

Everything(窓の杜)
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/everything/

Everything日本語ヘルプ
https://sites.google.com/site/everythingjphelp/home

私はこのアプリを使い始めてからファイル探しに手間取る時間が無くなりました。
長いと数分かかっていたファイル探しの作業が、
ものの数秒で終わるのでストレスがありません。
制作業では膨大な数のファイルを管理しなければなりませんが
全てのファイル名と内容を覚える事は困難です。

アプリケーションを使えば全てを管理しなくても、目的のファイルを探す事が可能です。
職業を問わず、パソコンでファイルを管理しているなら
とても便利ですので、ぜひ使ってみてください。



2020年1月30日(木)
焼きそばのもやし

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。
もう1月も終わりですね。
仕事始めから駆け抜けるように日々過ごしています。


ディレクター部とデザイン部で別れてから、このひと月、
どうなるだろうと思っていましたが、
今の所大きな問題もなく進めているように思います。
ディレクターは対応系の仕事が大半を占め、
実作業に集中して入れる時間が取り辛いので、
気がつけばディレクター部だけが遅くまで残っているのが気がかりですが、
そもそもこうなることは年末に計算済みでもあり、
それも計算上では今の時期だけで2月になったら案件的に
だいぶ制作を手放せる様になると思うので、それまでは・・!と奮闘しています。
もう少しなので、それが楽しみです。


対応を主にしていく上で、もっといろんな改善ができそうにも思っていて、
例えばweb広告を開始するの前の色々な決め事や
やり取りを今の最低でも1/10くらいには減らせるはずだし、
そうできるように、準備をしてみたいと思っています。
きっとFリニューアルの際にもセカンドページとかの役に立つはず・・と
少し燃えています。
ディレクターは私を含めて4人いるので、もっと色んなものが、
対応に集中できれば綺麗にしていけるのを期待をしています。


Fのwikiシステムももっと活用できるはずであって、
例えば新人さんのミスを指摘する時に、
このwiki見てねと言えばある程度解決するようにしたい。
読むべき記事を読むべきタイミングで事前に渡してあげるなんてのも良いなぁと
ぼんやり思っています。


ミスした時に口頭で教えて伝えることも大切だけど、
上司に指摘されるより、自分で間違いを学べたり、事前に勉強できるって言うのが
理想だなぁと思います。
教育する人は言い方・伝え方を気をつけるけど、
私の言い方間違ってなかったかな、適切に教えられたのかなと
寝る前に無性に不安になってしまうことも嫌。
口頭で言い続けるのもしんどいし、聞き続けるのもしんどい。


誰もが優秀な脳みそを頭にくっつけて生きているのだから、
ガイドブック=wikiを読んで後は
「自分で考えて自分で解決してもらう」ってできないだろうか。


一昔前は、誰かのミスをバシッと指摘する「切込隊長」みたいな存在が
キレものっぽくて賞賛の的だったかもしれないけど、
これだと言われる方も言う方も辛いし、
正直ダサいなぁと思います。


というのも。
年明けてからFではなく自分の周囲を見たときに、
いつまでも永遠に指摘しあっていたり、
自分の正しさを強調したり、
わからないお前に教えてやんよ!という世界をなぜか
立て続けに見せられてきて、
これが厄年か...!と変な合点がいったんですが、


流石にある時、
例えば焼きそばにもやしを入れるか入れないかで大喧嘩してるのとか見ると、
なんて下らない世界なんだろうと
それを心理的に遠くで眺めて、


人を指摘するのってこの程度のことだなと。
自分がしてほしいことをお願いするとか、
自分がもやしを好きで食べたいなら勝手に食べればいい。
食べ物より人を大切にしたらいい。
とか、思いました。


教えてやってるという考え自体が良くなくて、
皆それなりに生きてきたのだからいちいち教えるっていうのも・・
専門的なことならわかるけど、もう人としてというのは言いたくもないなと。


指摘をするのも愛なんだろうけど、
受け取る側から
「人に指摘されても変わらないから、自分で気付くことが一番大事」
なんて返された日には、もうお互い何だったんだとなるし、
実際に、自分で気付くって大切だし(もやしの件で下らなさに気づくみたいに)。


自分で気付くができれば楽なんですが、
知識と経験が必要だったり、自分を客観的に見たり、
人ともある程度の距離感がないと、
例えばもやしを食べたい・食べたくない人も当然いるよねっていうくらいの
自分と相手が別の生物なんだと理解しておかないと、
無理やりに理解させようという邪心が生まれるんだなと思いました。


最後よくわからない文章になってしまいましたが、
2月からは色々きれいにできそうだし、
もっと良くできたら嬉しいなと思ってるって書きたかったはず!
次はもう少し構成とか作って伝わるものを書きたいですm(_ _)m

※ところで、最近PCのファンがうるさいのが気になりすぎて(周りにも迷惑だし)
色々試してみたら、結局、電源オプションのプロセッサの電源管理をいじったら
快調になりました。
ここやったんかい!と気付くことができましたが、
もっと早く気付くこともできたはず。
勉強になりました!
moyashi.jpg

2020年1月28日(火)
今更ながらサウナを始めました-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

F = #FFFFFF いつも白く輝き続ける。

「マインドフルネス」
「整う」という状態はどういう状態か。

ヨガや瞑想や書道や弓道や断食など、
様々な人知を超える瞬間を創り出して、
その答えを知りたくて、何十年も探し求めてきました。

経済が豊かになるだけでは、
ストレスフリーというものは来ません。

私の考えにある全てにおいて豊かに暮らせる。
ゆっくり暮らせる。ストレスがない状態とは。

それは、サウナで「整う」状態と似ていました。

豊かに「ゆっくりの人生」を味わえる。
その状態を人工的に作れる方法をお伝えします。

サウナに5分入る。
水風呂に腰まで1分入る。

身体を拭いて少し休む。

サウナに7分入る。
水風呂に身体全部2分入る。

身体を拭いて少し休む。

サウナに10分入る。
水風呂に2分入る。

身体を拭いて椅子で休む。

この3度目のときに私は「整う」を経験します。

その瞬間から多幸感に包まれます。

悟りを開いた時とも似ているかもしれません。

多幸感とは、
非常に強い幸福感や超越的満足感のことです。

サウナでの多幸感は、5分くらいですが、
1番身近で気安く体験できるのではないでしょうか。

道がつくものも多くしましたが、
ゾーンに入るときは非常に稀です。

断食は何度も実行して、
1週間ほど断食をすれば多幸感が出る瞬間が訪れます。

瞑想は悟るまでやり続けなければいけなく、
1日5時間を6か月以上しなければいけない。

他には毎日15キロを30日間歩くとか。

上記のことは全てやりましたが、
多幸感を味わうとは、
一般的には修行をしなければ、味わうことができません。

何かを失い、初めてそうだったのか。
という状態を擬似的に創るわけですから、
苦しい事の先にあるのは当たり前です。

多幸感を通り過ぎてしまいますと、
そもそもそんなものに手を出すことが悪い。

という状態ばかりが出現し、
自己の反省だけをし続ける結果となります。

例えば、怒りたくない。怒る。怒りたくない。怒る。

多くの物を失ったときに。

「整う」「多幸感」が生まれて。

あっ怒る環境を創っていたんだ。怒らない環境にしよう。

怒る事とは怒る事が起きる現象が悪い。

そうか。。。ここで自己反省がでてくる。

なぜこんな無駄な環境を創ってしまったのか。
反省しなければ、未来はない。もっと、良い環境にしよう。

明日から怒る事が減っていき、最終的には怒らない状態となる。

決断ではなく、選択できるときに、
失う前に、行動をした方がとにかく無駄がありません。

そして、苦しまなくて済みます。

この感覚にはまってしまい。
人の最終形はどうなるのだろうかと。

未知なる好奇心が生まれてしまい。

私自身は多幸感を味わいたい。
全てに妥協せずに、多幸感味わい続けたい。

ずっと多幸感を味わえる環境を創るために、
大好きな会社までも手放し、妥協をせずに実践をして、
全て相手に綺麗に渡した、すべて教えていく。

突き止めて改善をした状態で渡すため、
その後は全て良い状態になっており、
生活する上での自己反省は、計り知れない物でした。

無駄なものを多く持っていたと感じますが、
持っている本人は大切なものと考えているため、
何度もこの身がなくなるのではないのかと、
不安を抱えながら、日々真剣勝負で生きてきました。

私の日々伝えているストレスがない状態とは、
多幸感を日常ずっと味わえる状態です。

全て満たされていなければ、
多幸感をずっと味わうことはできません。

そういった日常をつくりたいと、
様々なことを日々実験して研究してきました。

それはこの世界において、
日本という世界における先進国において、
次の一歩となる道だと思って開発をしてきました。

私自身このストレスフリーの日々が多くなり、
どのようにしたら多くの方に伝わるのか、
サウナに行っている人は、
どのような価値観を味わっているのか。

そこに疑問を持ち、
サウナに通いつめました。

すると、サウナでの多幸感は、
私が日々過ごし、
伝えている多幸感と似ている場所でありました。

私の言うストレスフリーの時を、
たやすく体験できる場所です。

多幸感を味わうためには、
多くの犠牲を払わなければいけないものが、
サウナも危険ですが、一番身近だと思い説明させて頂きました。

多幸感にも個人差はありますので、
ご自身の理解できる範囲で行っていただけると幸いです。

体験が難しいという方は、
ドラマ「サ道」1話を見て頂けると、
どういう状態かわかると思います。

私自身はこの1話を見て、実践してみました。

生きていながら、妥協せずに、
整っているストレスフリー状態をつくり続ける。

山にこもり、人と会わなければ、
仕事をしなければ、
ストレスフリーかもしれません。

しかし、そこに生きている快適な生活。

人と喜び、人と楽しむ事がなければ、
人はワクワクすることがなく、
人として快適に生活をしていると私は思いませんでした。

人と共に役に立ちながら、
人とストレスフリーを分かち合う。

そこにこそ、
人生の楽しさがあると思います。

誰と楽しむのか。
誰とご飯を食べるのか。
人とどういった信頼関係を築いていくのか。

豊かさとは何倍にも増えていきます。

多幸感の状態で生き続け、
仕事をしても、運動をしても、いつでも、
24時間どんな時もその状態でいることができる。

この研究がやっと終わりを迎え。
自信をもって皆様にお伝えできるようになりました。

お金を持っている人だけが幸せになれる。
そういった理論は資本主義社会であり、好きではありません。

資本主義社会は奴隷制度と共に、
生まれたものですので、資本主義の考え方では、
誰かを犠牲にしなければ、生きていけません。

人が豊かにならなければ、
人が豊かに暮らせることは成し遂げれません。

この意味を紐解くと、
資本主義に身を置くことは、
ストレスフリーが来ることがないことが理解できます。

誰もが平等に幸せになれる。
人生は自身の選択で明るい日を作れる。

お金があってもなくても。
ストレスフリーは創ることができる。

そういった事が私は1番好きです。

ストレスフリーの人達と遊びたい。
ストレスフリーの人達と一緒にいたい。

幸せを分け合いたい。

サウナで多幸感を感じるとわかりますが、
その状態であれば、
誰もが愛と喜びで生きる事ができると体感します。

現実の状態で、多幸感だけで生きていくには、
様々なことをしていかなければなりません。

資本主義の当たり前を、
壊していかなければ、多幸感は訪れないからです。

人として大切なことを積み重ねていく。
積み重ね方がまがっているので、世界は壊れていく。

どんどん世界は苦しくなり、
現状を見ていくと、苦しいことが起きています。

しかし、そこには目を背けている人ばかりです。

なんとかなる。

今までもなんとかなった。

しかし、明らかに、現状は落ち込んでいます。
年を明けて上向きなニュースはありません。

どのような上向きなニュースを待っているのでしょうか。
消費税0%になれば、何か変わるでしょうか。

消費税0%になれば、
多幸感が生まれ続けるでしょうか。

社員は喜ぶでしょうか。
不安は消えるでしょうか。

消費は上がりますが、どこの国が潤うのでしょうか。

メイドイン チャイナでしょうか。

メイドインジャパンの文字は少なく、
税制対策は上場企業のリストラによって、
皆さんのかけた年金によって支えられている。

どこまで延命治療をし続けていくのでしょうか。

定年は70歳になり、
大手企業のリストラは40歳以上から。

どの現実を見て、
なんとかなる未来は来るのでしょうか。

資本主義とは結局こんなものです。
奴隷と思っていない人が奴隷になり。

最初に首を切られていく。

景気が良くなるとか、景気が良くならないとか、
そういった運にゆだねるのではなく、
日本人らしい進化した人の生き方を伝えて、
この日本から世界に新しい文化を発信したい。

ですので、Fのリニューアルは、
コンサルティングに特化しようと思いましたが、
誰もがホームページから幸せを作れる。

ホームページから環境を変えれる。

多くの方々がそういう状態を目指せる。
そんなリニューアルにしようと思いました。

多幸感しかない現実を広めていく。

そんな日は来るはずはない妥協して生きろ。

多くの方に疑問に思われながら、
幻想をずっと夢見てきましたが、
やっと現実になることに成功しました。

長い道のりであり結果が出るかわからない状態において、
何かあると思い、
メルマガを見て頂いている多くの方。

本当に現実にありました。

本当に多幸感しかない世界がありました。

10年以上私と付き合い、
おじいさまになっている方も多くいます。

素晴らしい報告ができてうれしく思います。
喜んでくれる顔が見れてよかったです。

1人が来ることができれば、
何人でも来ても大丈夫な場所です。

全世界の人が来れるように、
分かりやすく伝えやすくしていきます。

多幸感しかない人生に向けて。

多幸感が普通になれば、
お金は消えて、戦争もなくなり、世界平和が来る。

国境がなくなり、地球が綺麗になっていく。

私の考える日がやっと現実になりそうです。

こういったことを、
Fとしての仕事として、
本来の人の歩みを伝えていきます。

ストレスフリーの世界に向けて、
これから大きく動いていきますので、
多幸感しかない日々を一緒に歩んでいきましょう。

資本主義に終止符を打てる。

資本が無くても多幸感だけで生きていける。
それこそが、人の素晴らしさだけで生きていける。

芸術やスポーツや研究や仕事や遊びの本来の姿であり。
気持ちの良い世界の到来だと感じております。

生まれ持った才能だけを、
伸ばし続ける世界が到来していきますので、
豊かな多幸感の中で一緒に過ごしていきましょう。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

IMG_20200128_1151.jpg

2020年1月27日(月)
伝えること

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

伝えたいことを、思ったとおり、100%相手に伝えるというのは
結構むずかしいことなのかなあ、と思います。

自分の主観で考えたり、感じたりしていることを、
相手がどんな風に受け取るのか、感じるのかを考えながら
言葉や仕草にのせるというのを
普段は誰もが自然とやっているのではないかと思うのですが、
会話ひとつとっても、言葉の選び方・話す順序・内容・表情・声のトーンなど
伝える側の様々な要素と、相手の受け手としての読み取り力が
合わさって、キャッチボールが成り立つのだと考えると
人って器用だな~、と思います。

常に上手く伝えたいことを伝え・伝えられ、のやりとりが
出来ている状態であれば良いのですが
この人には話が通じない、とか、あの人は何が言いたいのか
分からない、とかそんな状況に出くわすこともあることを考えると
同時に人って不器用だな~、とも思います。

相手に言いたいことが伝わらないと、
言うことをきいて、分かって!という意識が働いて、
キーッとなってしまいやすいのだろうか...、と思ったりもするのですが、
完全に100%伝えられなくても
受け手の立場で、伝えたいことを整理してわかりやすく伝える、ということを
心がければ大半のことは伝えることが可能であると思うのです。

それでもむずかしかった場合は、もう一度立て直しを図るか
固執しないように気持ちを切り替えてしまうと楽かなあと思います。
(少し話が逸れました。)

Fのホームページでも同じことが言えて
1出して残りの9を受け手の読み取り力で汲んでもらう、のような
受け手に左右されて良さが伝わったり伝わらなかったりするやり方は
Fのサイト作りでは選んでいません。

誰が読んでも内容が分かるように、構成から、キャッチコピー、文章、
デザインを考えてサイトを作ります。
絞り込みたいターゲット層は業種によって変わりますが、ターゲット層(受け手)の
立場に立った時に、たとえば詳細な説明や補足など、相手に興味を持ってもらって
引き込んでいくために必要な要素を考えていきます。
逆に入っていることで分かりにくくなっている、など、余分だと判断すれば
該当の内容のカットも行います。

分かりやすさ、ってとても私は大切なことだと思っていて
簡単な説明書でも、料理の工程でも、これは当たり前でしょうって
飛ばされていたりするものが時折あったりすると思うのですが
慣れている人にとっては当たり前でも、こちら側にとっては
未知のものだったりすることが多々あります。

内容がストレスなく入ってきて容易に理解もできれば
興味も持ちやすなるし、伝わり度合いもぐっとあがってくると思うので
デザイン部分でみせていくことの精度も上げていくべきとは思っていますが
「分かりやすく伝えること」は、どんな作業をする時も忘れずに心がけたいです。

-----------------------------------------------------------------------------------ブログここまで
先日、タコスを作って食べました。
美味しかった!

材料を準備して挟めばあっという間に完成する。そして美味しい。
作るのも何人かで一緒にやると楽しかったので、パーティーの際に、ぜひ。
4add349754e904fe26491dda18e9a094_m.jpg

2020年1月24日(金)
自信について

こんにちは
ホームページ制作Fの穴井です。

前回のブログから変わらず
精神と時の部屋で修行は続けていますが
自分の実力が少し上がってきたというか、
自分の現状が分かったからなのか
より達成すべき基準との距離感を感じてしまっています。
山の頂上は登らないとわからないけど
登ってみるとさらに頂上があったというか...

でも社内には到達している人ばかりなので
自分で、ただもがくだけでも無いので
登り方というか、道というかそこは明確で
様々なヒントも、そこらじゅうにあるわけで
1人でひたすら、登っては落ちてみたいなことを繰り返すわけでも無いので
はやく登れるようにがんばっています。


以前も自信についてと考えることがありましたが、
今、またさらに考えます。
前回も書きましたが、
Fのデザインにはすべて理由があり、
そして、そこには、明確な意図、そして自信や、誇りがあります。
だからこそ、まずは自分がやる行動ひとつひとつや、
自分が発すること言動のひとつひとつに
明確な理由や意図、そして自信を持たないといけないなと感じています。

すべてにおいて自信を持つというか
自身を持つというか
そんな意識ものが、足りていなかったような気がしています。

判断力というか考える力は、
今までは、瞬発力というか
瞬時に考え行動できる力と
それを実行しながら、適応させていくような部分が求められてきて
基本的には、そんな考え方や行動になっていました。

でも、Fでは、逆というか
細部まで意識して、考えるというか拘るというか
そういった、今までとは、違った思考が必要になってきていると思います。
そしてそれを繰り返すことで、その判断を少しでも早くできるようになる
これが今の課題だなって感じています。

今までのブログを見て、
なんかきつそうだな、
こいつ病んでないとか
思われたりするかも知れませんが...

登らないと見えない、普通じゃありえない
最高の環境がそこにあるなら、
登ってみたいし、
なんなら見えてるし、
足ぐらいは踏み入れてる気はしてるので
味わいたいですよね。

そんな最高の環境で
自分がやりたい仕事ができる。
それがFだと思っています。
cache_Messagep41951.jpg

2020年1月23日(木)
今までやってきたことを形にする

こんにちは。
ホームページ制作Fの小島です。

いま自社のリニューアルをするにあたり、
ヘッダーラフを作っています。
いつまでやり続けるのだろうか、
とまだ先が見えない状態ですが、
これまで以上にFを好きになっているのは事実です。

今までしてきた事を振り返っていくと、
根本はすごくシンプルだなとも思います。

良いデザインをつくるために、
働く環境をよくすること。

これに尽きるような気もしています。

良いデザインをつくるというのは、
私たちにとっては1番大切なものです。

その大切なものをより良いものにしていくために
デザインをつくる社員の環境を良くすることをしてきました。

残業をなくす。
休日出勤をなくす。
電話対応を減らす。
業務時間を9時からにした事もそうです。

お客さんと直接話せる環境を作っているのもあります。
自分がした仕事がどう評価されるのか、
喜ばれるのかを知ることは、
社員にとっては1番の力になります。

喜ばれることが1番うれしいですよね。
自分の好きな仕事をして、
さらにお客さんに喜ばれる環境がある。

お客さんとの距離が近いので、
お客さんから直接相談もされますし、
より良い関係がつくれている。

それが社員にとっての原動力でもあり、
もっといい仕事がしたい、
もっと喜んでほしい、
こんなに良いものだからちゃんと伝えたい、
知ってほしい、そうなってほしい、
と心の底から思えます。

トップダウンでもボトムアップでもなく、
1人1人が考え動くことができる。
それに対して、上も下もなくて、
発言権は誰にでもあり、
誰でも環境をより良くしていくことができる。

個人が活きる環境でもあり、
個人が活きればお客さんが喜んでくれ、
会社が潤う。
会社が潤えば、さらに環境を良くしようとする。
環境が良くなれば、社員の仕事ぶりが良くなり、
もっとお客さんが喜ぶ。

こういった循環ができています。

自分達の1番大切にしているものをより良くしていくために、
社員が働く環境を良くすると、最高の循環で喜ばれる愛のある組織ができる。

リニューアルを通じて、
心の底からFがしてきたことを尊敬でき、
好きになりました。

でもそれを形にできていないので、
ヘッダーラフに力を注いでいきますm(__)m

短い時間でざっと書いたので
誤字脱字や変な文章があるかもですが、
ご了承ください。
200123_friver.jpg

2020年1月20日(月)
初体験

こんにちは。更新管理担当のオカベです。
未だにオンラインカレンダーとかで日付入力するときに2020じゃなくて2019を選んでしまいます。
2020年とかすごい先だな~とか思っていたのに・・2020っていう字の並びが近未来感あります。

1月に入り社内の更新管理は長山が退職し私一人になりました。
てんやわんやする日もありますが、まあなんとか回っているのですごい。と自分でも思います。
ただhtmlをひたすら組む、という作業が本当に好きじゃないな~と痛感しているので
初心に戻りhtmlの勉強もしないとなぁと思います。最新のHTML難しい。

週末は初体験が2つほどありました。
土曜日は社員数名とできてなかった長山の送別会を兼ねての宇佐遠征に行って、
地鶏焼き肉といちご狩りに行きました。
個人的いちご狩り初体験でした。初体験1です。
すでに数百人きた後だからもいで食べるのはないよ~ていうので
品種別でかごが準備されてるの、斬新で食べ放題感ありました
IMG_7920.JPG (よくある光景かもしれないけど初心者には斬新だった)

でもハウスの中は結構いちごいっぱいあっていろんな品種の食べ比べで味の違いを知り、
自分のすきな味の品種をみつける工程がたのしかったです。
IMG_7919.JPG 個人的にはゆふおとめが好きな味でした!
いちごがそんなに好きじゃないので最初は狩るほど食べたい気持ちがなかったんですが、
今の時期いちご高いし食べとけ!と思って結構食べた・・・

また機会があれば行きたいですが、次はいちごより牡蠣小屋行きたい!!
去年はFのみんなで行ったけと今年はないのかな~

その夜中にフェリーに乗り弾丸で愛媛に行ってきました!初愛媛!初体験2。
我が家は大分なのに愛媛放送が映るので「テレビで見た&聞いたことあるな~」な建物とか名所がたくさんありました。
移動!移動!移動!!!!でほぼ移動、ご飯も食べる時間もなく帰宅・・だったけど楽しかったです。
雨がすごくて早めに撤収したら坊ちゃん列車も見れました。愛媛っぽい。
IMG_7934.JPG
田崎が書いている運動不足について、私もそろそろどうにかしたいな~と思い早数年です。。 運動不足といえばスマホに入れている歩数計、東京や大阪など県外にでかけたとき、だいたい一日15,000歩くらい歩いてて、
愛媛でも14,000歩近く歩いて今日も股関節が外れそうなくらい足が痛いんですが運動不足だからなんでしょうね。
如何せん普段の歩数が300歩とかなのでもう少し暖かくなったら夜ウォーキングとかしたいですね~

2020年1月20日(月)
尊き大切ななにかに気が付く-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

F = #FFFFFF いつも白くあり続ける。

尊きものに対して、
正しい向き合い方をしているのか。

自身の命と自身の生き方をどう思うのか。
時が進む中で変わる様をどう受け止めるのか。

私の考える人の最終形態とは、
愛・自身の喜び・他者の喜び。

この3つだけで生きることができる。
人生と私は思っており、Fとしても、
私自身も日々そうなって生きております。

全員が喜びに包まれなければ、
根本的な解決策は訪れないということです。

生きることを突き止めていくうえで、
どれが無駄で無駄ではないのか、わかりにくかったため、
私は付き合う人を極限まで少なくしてみました。

会社も私生活も考え方も、
1度0に戻すために、原因を突き止めるべく、
惰性で生きるのではなく、
本来の人との生活を育みたいと思い。

生き方も行動も正にし続けました。

正を突き止める為に、
多くの事を綺麗にしてきました。

それは常人では、常識ではできない。
問いとチャレンジの連続となりました。

今の世の中と正の世の中は矛盾だらけでした。

その矛盾を貫いても、正の世の中が来ることはなく
最終的に辿り着きたい場所に向かうなら、
矛盾をすべて正に変えなければ到着できませんでした。

多ければ抱えるものが多くなり、
殊更な問題が見えなくなり巻き込まれ、
不安と恐怖と恐れが生まれ続けます。

この状態を何歳まで続けるのか。
それに嫌気がさし、王道を突き止める結果となりました。

きれいな清流からスタートすれば、
どの時点で汚れるのか、汚れたのかわかります。

生まれた瞬間から、汚れる世の中ですので、
生を正す場所さえもなく、生を教育する場所さえもなく、
引き継いだ汚れを正すことに力を使いました。

しかし、汚れた状態でうまく行けば行くほど、
問題は多くなり、汚れたものを捨てる難しさも出てきます。

捨てる先にまた、大きな問題も生まれます。

そもそも、正だけで、生を全うする場所があるのか。
それさえも疑問に思える日々の連続でした。

綺麗な清流のような人生を全うしたい。

誰しもが心の奥底にある事柄ではないでしょうか。

きれいな清流の人生をつくるとは、
後ろも先も問題ばかりであり、
生きて時が進む状態で妥協なくあり続けるのは、
恐ろしく難しい状態であるのは誰しもが知っている事実です。

日々動くものに焦点も合わせ、
突き止めていくものにも焦点を合わせ、
道を外さずにその正の王道を歩んでいく。

歩んでいく先で、振り返ると無駄なものが多く。
歩きながらには気が付くことはできません。

誰も気がつくことなく、
正の道は着々と結果が出てくる。

人の段位が10段になっても誰も気づかず。
人の級が下がる方が多くの人は目が行き気がつく。

正の道を歩み続ければ、
人知れず、自らも知らず、
きれいな清流のまま突き進むので、
濁流にあう前に進路を自然と変更し続ける。

濁流に飲み込まれることはなく、
濁流に自ら入ることもなく、
清流同士が付き合う形となり、
自然と大きな運河となり続けていく。

自然を管理する組織があれば、
そうするのではないでしょうか。

大きくなった濁流は、
多くのものを失う被害を出して、
今まで培って来たものを0にしてきます。

濁流は人が汚したものであり、
本人が関与出来るようになっている。

水は止まると腐ります。
水は流し続けなければ、その身を保つことはできません。

濁流も清流も流し続けなければ、
自らを保つことができません。

清流になればどういう結末か。
濁流になればどういう結末か。

大きな時間軸で見るとよくわかります。

1年で見るとそこまで変化はありませんが、
3年。5年。10年。30年。50年。100年で見るとわかります。

常識や意識や変化にとらわれず、
清流のような人生をいつからでも始めましょう。

川の水もゴミを取り除けば、
いつかは綺麗になる。

人の人生も1日1日は過ぎていきます。

ただそれだけの繰り返しです。

いつかは綺麗になることをやれば、
綺麗になるだけの人生が自ら出現します。

過ちを取り除けば、
人はいつからでも清流をつくれる。

終わらないことはありません。
汚れが取れる日は必ず来ます。

そして、清流ができれば大きくしていくだけです。
そんな会社と日々を一緒につくっていきましょう。

私たちの心の奥底にある。

綺麗な清流のような人生を全うしたい。

それだけで、生活できる日々を伝えて広めていく。

ご相談いただけると、
大きな答えをお渡しすることができます。

全てに対して喜びの人生を歩み続ける。

日々の向かう先を正の先にこそ、本来の生が生まれてきます。

お気軽にご相談いただけると幸いです。

0120-398-826 小島・田崎・植木


今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

IMG_20200120_114948.jpg

2020年1月17日(金)
いざ自転車通勤

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。

昨年、人生2度目のぎっくり腰になってしまいましたが、
今日はなんだか朝から背中が痛く、
これは丸井が言っていた背中ギックリというものではないかと
恐怖を感じています。

こういう不調が起きる度に、
やっぱり運動不足が良くないと、運動しなければと思いますが、
ここ最近、週1回は自転車通勤をしようしようと思いながらも寒さに負け、
タイヤに空気を入れて、サビて使えなくなったライトを取り替える、
というところで止まってしまっています。

私は朝の寒さと暗さに負けてしまっていますが、
Fには3人も自転車通勤がいて、
しかも結構な距離から来ているので、すごいなあと思うばかりです。

もう少し暖かくなってからがんばろう、
とも思いますが、暖かくなってくると
花粉の季節になってしまう、という自分にとっては
もっと過酷な環境になってしまいます。

数年前まで行っていたテニスでも、
寒いと行かない
花粉が飛んでいると行かない
風が強いと行かない
雨だと行けない
暑いと行かない
5月くらいでも意外と焼けるので行かない
というサイクルで全く行かなくなってしまいましたが、
テニスも自転車通勤も、やってみれば、
すごく気持ちのいいものです。

花粉の季節はちょっと危険ですが、
花粉の季節になる前に、
寒さに負けずに週1回だけでも、
自転車通勤を実行し、少しでも動いていきたいと思います。

そういえば今回は、
今年初のブログ当番だったのに、
ゆるいブログを書いてしまいました。。
が、ここ数日間取り組んできた
ホームページのラフが形となってきて、
一息つきたい気持ちなので、
今回はこんな内容で終わりたいと思います。

今年もよろしくお願いします。
自転車

2020年1月15日(水)
Windows7のサポート期限について

windows10.jpg


ご覧いただきありがとうございます。
ホームページFの新田です。


パソコンの動作にに欠かせない「Windows」には
「サポート期限」というものが存在するのをご存知でしょうか?

「Windows7」は2015年1月13日にメインストリームサポートが終了し
2020年1月14日で延長サポートが終了しました。
実はすでにサポートが終わっており、さらに延長でサポートしていたものが今月、終了しました。

「Windows Vista」の後継として2009年10月22日に発売された「Windows7」ですが
発売後10年以上経過し、一部の業務システムを除き、ついにその役目を終える事になります。

サポートが終わるとウイルスに感染しやすくなったり、
最悪ソフトが動かなくなったりという事が考えられますので企業で使用するにはリスクが伴います。
いきなり使えなくなるわけではありませんが、今後は使用が推奨されません。

Windows7やWindows8などの旧製品を使っていた方は、追加料金無しでアップグレードが可能です。
買い換えずに今のパソコンを使い続けるのであれば、「Windows10」へのアップグレードをしましょう。

自信が無い人は、お店に持っていくという手もあります。
お近くのPCショップで相談してくださいね!

自分でやってみたい方は自己責任になりますが、
下記アドレスからインストールのためのツールが配布されています。

Microsoft.comに移動
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80

インストールに必要なものは2点です。

・8GB以上のUSBメモリ
 (電気屋さんで売ってます)

・Windowsのプロダクトキー
 パソコンの本体かインストールディスクについています。

※失敗するとパソコンが起動しなくなる可能性があります...。
 ご心配な方はお近くのPCショップにご相談ください。

2020年1月14日(火)
既成事実から目を背ける限りには-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

F = #FFFFFF いつも白く光り続ける。

既成事実を変えていかなければ。

すでに成り立っているものを、
疑い疑問に思い、
実際に起きている事実を真に受ける。

既成事実を受け入れてしまうから、
そのままの人生が表れてしまいます。

「認めざるを得ない事柄」を改善して、
「既にできあがっている」を改革して、
「既に成り立っている」ものを壊し続ける。

「既成」は「惰性」となり
「実際に起きている出来事」が悲惨となる。

「既成」と言うものを受け入れてしまうと、
「進化」ではなく「退化」していき、
「成長」と「進化」がなくなり、「衰退」に辿り着く。

「既成事実」を暴いていかなければ、
豊かな世界は訪れることはありません。

既成事実を作れば作るほど、
自由は失われ、不自由になっていきます。

嫌いになる方向はコントロールしやすい為に、
世界はあえて嫌いになるようになっています。

食べ物を嫌いになることは簡単です。
しかし、その自由の先には何があるでしょうか。

豊かな食事という可能性が減るだけであり。
とても不自由な食生活があるだけです。

自由を履き違えた典型的なパターンです。

越えては困るからこそ、
考えることを放棄させる結末を造り、
支配とコントロールで世界を歪めてくる。

なぜ感情をもつのか。
なぜ、そこに好き嫌いをもつのか。

なぜ、ストレスがそこにかかるのでしょうか。

分かっているのに出来ないのか。

すべては人が永遠に、
快適な生活をできなくするために、
好き嫌いと言う感情を植え付けているだけです。

人は負のスパイラルから抜け出せない。

既成事実を変えなければ、
喜びと愛だけの豊かな世界は表れません。

現在の自由とは不自由のことです。
すべて自由とはすべて不自由と言うことです。

最近流れている。
自由だ。という曲を聞くとわかりますが、
あれは不自由になる曲です。

人生は1度きりですが、
人は何千年も生きており、
歴史と知恵と知識は受け継がれています。

どの時代も100年で考えれば同じ事が起きています。

学生が自由と言って。
それは本当の自由でしょうか。

吉田松陰の時もそういったでしょうか。
その先にあったのは。

窮屈な不自由ではないでしょうか。

誰もが自由と言っても。
すぐに不自由が訪れる。

100年さえも保てない自由に、
なんの意味があるのでしょうか。

仕組みの中に居た方が、
自由を感じれることは多いかもしれません。

本当の自由とは「自由自在」の事を、
自由と言うのではないでしょうか。

人は自由を履き違えると、
本当の不自由になってしまいます。

好きも嫌いも続ける人生の選択の先には、
快適の生活とは真逆のものが生まれ続けます。

その不自由があなたの一代で終われば良いですが、
必ず次の代も引き継ぎ、
生まれた瞬間でその子を不自由にします。

家柄を良くしなければ、
その家は何代も不自由が続き。

家系をどの代で変えるのかは、
それこそ自由ではないのでしょうか。

好きや嫌いと言う感情は、
不自由を自由に変換し既成事実をつくる。

感情とは無駄なものであり、
自分の可能性を大きく下げるものである。

嫌いを克服すれば、好きがなくなります。
普通に近い状態が生まれてきます。

普通をつくれば、
すべてを愛せる喜びに満ちた状態となり、
何をしても喜びを感じれる今があり、
本来の自由の今があり、
清流が流れ続ける美しい今があり続けます。

この地球でそういった今だけで生き、
その中だけ生活して生きることができる。

人の生き方とは選択できるものであり、
私自身はそういった中で過ごさせて頂いております。

このような快適な人生は、
誰でも人であれば創ることが可能となりました。

より良く豊かな人生にすべての人がなり続け、
豊かな世界で仲間と過ごす。
そういった仕事を提供しております。
https://www.web-f.net/news/2020-01.html

豊かな人が何人出来ても、
誰も困らずに、みんなが喜びに包まれ続ける、
誰もが幸せになれる方法を確立しております。

世界から貧困を無くし。
世界から通貨を無くし。
世界全ての人と友達になる。

100年以上続き続ける。

人としての未来ある世界に向けて、
情報を発信しております。

より良い世界を一緒に創っていけることを、
楽しみにしております。

相談窓口 TEL:0120-398-826 小島・田崎・植木


私の軌跡がルフィに似ていると言われ、
ONE PIECEを全巻読まさせて頂きました。
https://m.facebook.com/photo.php?fbid=194850451702162&id=100035316248859&set=a.158197722034102&ref=bookmarks

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

IMG_20200113_085907.jpg

2020年1月10日(金)
正面から向き合う

こんにちは、
ホームページ制作Fの穴井です。
自分自身やるべきことが見えてきました
前回までのブログでも色々書きましたが
自分自身が逃げていたことが、大きな問題としてできてきています。

言い方は悪いかも知れませんが
もともと、デザインがすごく好きとかで入社したわけではなく
Fの作るもの、そして作り方に共感して入社しました。

当然、今までの経験を変われての部分も大きく
お客さま対応のポジションとしてとのありがたい言葉もいただきました

自分自身はその期待された仕事を
いち早くやりたいという気持ちから
焦りというか驕りがありました。

Fのデザインを学ぶ上で、重要な部分を分かったふりをしていました。
いや、わかっていませんでした。
少しでも早く、デザインを終わらせて対応をしたいという気持ちから
自分でデザインをすることよりも
Fの今までのデザインを見て真似るという風になってしまっていました。

当然、模範にすることは必要ですが、
なぜこんなデザインなのか?
このスペースは?
このフォントは?
この色味は?
どうして、そうなったのか
そこを考えることが圧倒的に不足していました
当然そんな甘い想いは、Fでは通用しません。
自分の考えが甘すぎました。

そしたら、さらに悪循環です。
全てがうまく回りません。
当然、与えられたデザインは間に合わない。できない。
色々なことが漏れてしまう。
最後は、失敗しないためには、
どうすればみたいなことしか考えられなくなっていました。

でも年末のブログでも書いたようにFには
変われることを期待してくれている仲間がいます。
だからこそ、デザインからも逃げずに
しっかり向き合おうと思い仕事を始めています。


何事も、専門性を得るためには
基礎は重要だとわかっていたつもりだし
それを身につけるためには反復練習などの様々な訓練も必要になってくる。
とにかく、基本をみつけることの重要性を再認識しています。

そして作るデザインに対して
ひとつひとつ、自分の考え、意味(理由)を明確に持てるように。
それがFの考えや今までやってきたことに近づけるように。
それができるまで、やっていこうと思いました。

iOS222 .jpg


ただ、今までの時間はかえって来ないので
焦ってもしかた無いけど、焦らなきゃダメな部分を多く感じています。

でも、Fにいると、普通よりも時間が経つのが早い気もしているので
この数か月いや、もしくは数週間、数日で何年分もの修行になるような気持ちもあります。
ドラゴンボールでいう精神と時の部屋のような
この空間で、とにかく、しばらく自分自身と戦います。

2020年1月 8日(水)
1年の抱負?

こんにちは、

新年になり、手帳の中身を入れ替えている最中、
昨年2月のカレンダーに
「ラバーバ エジプトの楽器」
と書いてあったメモを見つけ、

ん?・・としばし黙考し、改めて

なんだこれは!と思ったばかりのホームページ制作Fの植木です。
新年だし、前振りを少し変えてみました。

大抵メモって、何か覚えたいエピソードがあるから書くものですが、
きっと、一年で随分いろんなことがあったんだなぁ。と思いました。

さて、人は少し疲れてくると、変なテンションになったりするものです。
例えばカメラマンをしていた時の話ですが、
飲まず食わず、朝から晩までの撮影してぐったり疲れていた時
あまりに疲れてしまったからか、変なテンションになりながら、
その日初めて会った人に陽気に話しかけ、べらべらと

その人の出身地(東北の人だったなぁ)、
最近猫を飼いはじめたこと、同棲している彼女の出身地、
その彼女との出会い方などを言い当ててしまい、

相手が、「え!!!」とか「なんでわかるんですか!!」と言うたびに
私も「え!!!」と言い、
さらに相手が「え!!!!??」といい、
最終的に「え、もう気持ちわるい・・」と自分に引いたことがあります。

自分でも気持ち悪い!と引いているのに
相手から軽くストーカー疑惑を投げられ、疑念を払うために言い訳したり、
疑いは晴れたけど後日、その人から占い師的な扱いを受け、
この人すごい当てるんだよ!とキラキラした目を向けられ逃げたくなったことがあります。

まぁ、何が言いたいかと言うと、疲れっていうのは本当に良くないですね。
この話、以前も書いたことがある気がしてきました。。

さて、新年最初なのに全然関係ないことを書いたので
お正月中の話を書いて閉めます。
私は、あまりお正月らしいことはせずに、
家の大掃除をして、1日休んで、兄夫婦が来て、ちょっと疲れ、
残りの2、3日でティール組織のお勉強をしました。

今年からはコンサルをする上で、組織に関して理解が必要だと思ってました。
ティール組織に関しては「Fはティール組織だよ」という話は聞いていて、
なんとなく理解していたつもりでしたが、
本当に理解をしたというのは、
全くそれを知らない人にわかりやすく説明できて初めて「理解した」と言えると思います。
ので、ちゃんと説明できるくらいの理解をしようと思いました。

ティール組織を3つの言葉で説明するならば、
「自主経営」「存在目的」「全体性」です。

自主経営はセルフマネジメント、
存在目的は、組織の存在目的のことで、使命みたいな感じ、
全体性は、仮面をかぶらず自分らしくいることみたいな感じ。

それぞれの説明はより内容が奥深くなります。
例えばティール組織では
「どうすれば全員が同等の権力を持てるか」と考えるより
「どうすれば全員が強くなれるか」という問いを立てます。

また、意思決定の方法も
必ずしもコンセンサス(合意)によるものではなく、
信念に基づくもので、それをして事態がどう考えても悪くなるということでなければ良いとなります。
ガチガチに将来の予測を立てた取り決めに固執するよりも、
新しい情報があればすぐに改善・判断をします。
確かにFがティール組織なんだってことは理解できたし、
また、細かい部分では違っていると思うこともありました。

新年からティール組織の考えをしっかり理解した上で
話し合いに望んだつもりでしたが、
どこかにコンセンサスを求めがちな自分がいることに気付き、
なかなか至らない部分もあり、反省しつつ、
まぁでも、何度も繰り返さなければいい話でもあり、

これから良いスタートをみんなで始められるように、
しっかりと着実に進めていきたいと思ってます。

これまでの人生はロジカルシンキングこそ全てみたいな面がありましたが、
これからはもうちょっと生き物らしく、あまり考えてこなかった
愛とか思いやりとかを意識して1年過ごしてみようと思います。

良い一年になりますように。

ちなみにラバーバはこんな楽器です。
(やっぱり謎です。)
20200108.jpg
https://youtu.be/aQbmlx_5DRg

2020年1月 6日(月)
仕事始め

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。
今日から仕事始めです。

Fにいると本当に1年が一瞬で、もう年明けかあ...、
という感じで、一瞬の延長のような感覚なので
個人的には、一新して、とか気持ちを新たに、という
感じにはあまりなっていなかったりします。(なっていた方がいいのでしょうか...)

とはいえ、せっかくの新年なので何か目標を立てようかなと。
あまり気負いそうな目標はすぐにバテてしまいそうなので
達成できそうな範囲で立てようかな、と思います。

個人的に、去年はトータルしたら充実していたと思いますし
新しいことにチャレンジしたりと、色々と発見もあった年でした。

その中で、人との感覚の違いや考え方に
違和感を感じる場面が多々あって
決定的に違い過ぎて分かり合えそうもない
と感じた時に、今までは、そういう考え方もある、とか
自分が悪いのかもとか、理由をつけて
それでも上手くいく方法をみつけようと
一緒にいられる方法を探す、という方向に向かっていくことが
多かったのですが、必ずしもそうしなくてもういいや、と
考え方が変わってきました。
(こういう考え方がある、やり方があるんだなと勉強にはなっても
長く一緒にいる必要はないなと思うようになった感じです。)

諦めた、というのも違うし
吹っ切れた、というのも違うし
自然とそう考えるようになってきました。

一緒にいて良い刺激をもらえるとか、成長させてもらえるとか、
楽しいと思える人といた方が楽しいに決まっているというか
色々な面で感覚が近い人と一緒にいた方が気楽でいいなと思います。

無理して付き合う、を潔くやめて気持ちの整理をつけたら
楽になったと感じたことも多かったので、今年も引き続き
人付き合いに関しては、無理をしない人付き合いを
していけたらいいなと。

人付き合いの話は目標って感じではないので、
目標は別に立てようと思いますが、誰にも話さずひっそりと立てひっそりと達成したいので、
不言実行でいきたいと思いますm(_ _)m

画像は年末年始に食べたそばです。
年を越してから食べたので、ただのそば。きもちは年越しそば。美味しかったです。

33748.jpg
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年1月 6日(月)
これからの新しい価値観と文化に向けて-繁栄する時間


いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

F = #FFFFFF いつも白くあり続ける。

世の中を変えるためには、
何が必要なのかと14年前に考えました。


その結果。
経済を学ぶとともに、行動を促せられる。
マーケティングとデザインと広告を仕事にして、
学び極めることに決めました。

人の「行動真理」と「なにを求めている」のか。
人の心はどういう気持ちで動くのか。

どういうデザインでその結果が出るのか。

人の無意識の奥底にある心に興味がありました。

勉強も多岐にわたり、
日々追及をしていくものですから、
お客様のホームページを作成しても失敗することはなく。

結果を出し続ける状態でFとして存在させて頂いております。

結果を普通に出せるようになり、
それが当たり前となってきましたので、
様々なことに気が付く結果となりました。

1つ1つ形を付けながら、
基礎を固めていくと次のステージが見えてきます。

利用される。
利用するを無くすことを繰り返していくと。

経済に捕らわれていると気が付くことが多くなってきました。

最終的には、資本主義社会に飲み込まれて、
大きな人生の失敗をすることにも気が付きました。


今年は60年周期で訪れる。始まりの年でもあります。


資本主義社会は終焉に向かい。
ボロボロと腐敗を巻き続けて、
人々の目を目先の大変さと苦しさでで盲目にしています。

見えないようにして、
資本主義を終えた者たちが、
目の前から、資本主義の世界から退場していく。

世界から消えていくので、
中の人は気が付くことなく、小さな資本主義が繰り返され、
腐敗と汚れの中で、窒息死していく結果となります。

人は死ぬまでわからない。

この言葉の意味が一番残酷なのかもしれません。

考えればわかることを、
盲目となり、選択をできずに、決断の時まで待つ。

人とは知恵と知識を、
欲にかき消されてしまう習性があります。

人だから仕方ないのか。
人だから抑制することができるのか。
人だから選択をすることができるのか。

12年(干支)の始まりの年でもあります。

私は資本主義は昨年にもう終わりを迎えたと思います。
どこの世界経済を見ても、明るいニュースはありません。

日本の国内を見ても、
明るいニュースは全くありません。

汚い腐敗と汚れに麻痺をしているだけで、
盲目となり、それが普通と感じているだけです。

見るもの聞くものが汚れています。

資本主義とは、探れば探るほど、
人としての生き方はできずに、豊かさとは程遠い。

自由や希望というものは、
剥奪されていると気が付きます。

この内容がわからない人。
この内容がわかる人。
この内容がわかり行動できる人。
この内容が当たり前と思っている人。

4つの格差が生まれ、格差社会という。
今までとは違う格の違いで世界が分かれております。

2019年までの格差とは、貧富の差でありました。

2020年以降の格差とは、徳の差で積み重ねられていきます。

本来の格の違いとは、
揺らぎないものを持った時に生まれるものであり、
人が支配の為に作り出した模造品では、
豊かな世界とは無縁の現代の世の中という。

格差社会が生み出されていきます。
その格では豊かに快適になることはありません。

そういった世の中に対して、
本来の格差社会を取り戻し、
人がそれぞれ豊かに幸せで、実りある世界を創る。

資本主義ではない。未来の子供たちに胸を張って、
枠から抜け出した新しい文化と価値のある世界を創る。

そういった事業を始めていくことにしました。

2020年1月のニュースレターに書かせていただきました。
https://www.web-f.net/news/2020-01.html

人が誕生して、枠を抜け出すまでかなりの時間を要しましたが、
枠を抜ければ新しい価値観が生まれるだけです。

新しい価値観の中で一緒に過ごしていけるとうれしく思います。
お気軽にメールやご相談をください。

費用はニュースレターに書いておりますが、
お気軽にスタッフに相談をして頂けると幸いです。

小さなことから大きな積み重ねになって行きますので、
小さなことから積み上げて、世界を変えていきましょう。

相談窓口 TEL:0120-398-826 小島・田崎・植木

私自身はいつも変わらずに、
一緒に仕事をできることを心からお待ちしております。

人は豊かになるために生まれた。
ただそれだけが、世界における重要なことです。


今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

IMG_20200105.jpg

2020年1月 4日(土)
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
ホームページ制作Fの穴井です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年の初ブログとういことで新年の抱負というか
昨年を振り返って書いていこうと思います。

昨年のブログにも書きましたが、
Fに入社してたくさんの気づきがありました。
そして、年末にかけて様々なことに直面して
自分自身の中でも色々な変化がありました。

その中でも今年は何をすべきなのか
どうすべきなのかを考える休日でした。

その中で考えたことは
もっと自分を持つというか
自分を出していこうということでした。

今までは何か意見を求められると
良いことを言おうと考えてしまったり
思っていることを言うと
違うと思われるのが嫌だとか
どう思われるかを気にして、当たり障りのないことをいう自分になっていました。
そしてそれが、なぜか当たり前になっていました。

もしかしたら、
他の組織、他の会社では
それが、いいのかも知れません。
でもFではそれでは意味が無い。

どんな意見でもその理由や考えがあれば正解も不正解もない。
そこには、色々な意見をぶつけながら最善の方法ややり方を
一緒に考えてくれる仲間がいます。

だからこそ、もっと考えて自分なりの発言をしたり
質問をして意見や考え方を聴くことで
学んでいかなきゃいけない。

そして何より
これからもFは成長していく中で、
新しいことをどんどんやっていく。
その中で、意見を言うにはそれなりの準備も必要で
勉強も必要になってくる。


そんな環境に自分がいるためには
今のままのスピードでは追いつけない
頑張っても追いつけないかもしれない。
でも、選んだ以上はやるしかない。
今年の暮れにはいい年だったと言えるように


今年こそ
こういった風に自分自身に大きな
変化を与えてくれるこの環境で
会社の成長のスピードに負けないように
そしてより自分らしく働けるように
成長していきたいと思っています。

iOS の画像.jpg