個別記事のページです

2019年12月11日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

全て意味を持って進んでいく

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。

既にブログで何度も話に出ていますが、
デザイン部と戦略部で部署を分けることになりました。
(最近名称も正式に決め、デザイン部とディレクター部になりました。
更新管理を行う部署は更新システム部です。)

Fはいつも社内の変革を繰り返していますが、
この部署分けを通して改めて感じたことは、
Fは全て、意味を持ってルールを決める、意味を持って実行していく、
ということです。

残業をなくすための方法を考えた時や
ストレスをなくすためにどうすればいいかを考えた時など、
これまでも部署を分ける、分業をする、という話は
何度も出てきていました。

他の会社はたいてい分業しているし、うちもそうした方がいいのではないか。

しかし、今まで実行に至らなかったのは、
Fの強みである、
デザインをするスタッフが見積りをするから見積りの時にしっかりとした提案ができる。
デザインをするスタッフがヒアリングをするからお客様の話をしっかりとデザインに反映することができる。
デザインをするスタッフが公開後のサポートをするからお客様との信頼関係が続いていく。

がなくなってしまうと考えていたためでした。

分業した方が効率はいいだろうし、
新人を育てるにも、全部を覚えてもらうより育てやすいし続けてもらいやすいだろうし、
分業した方がいいのではないか、という思いもすごくありましたが、
それで良いものが提供できなくなっては意味がないからと、
ずっと変えずに来ていました。

それが今回分けるに至ったのは、大きく2つ理由があります。

1つ目は、これまで以上に幅広い内容でご相談を頂くようになったことです。
以前であれば、大変ながらもデザインと対応を両立させることができていましたが、
相談頂くことの規模や範囲が大きくなって対応にかける時間や労力が大きくなり、
その中で大きな案件のデザインを行うことは難しくなってきたためです。

そして2つ目は、Fのデザインとして、今の形を定着させるのではなく、
もっと殻を破っていきたい、もっと他に良い方法はないのかを模索していきたい、
という思いからでした。
ホームページの構成を白黒で書いたラフは、
他社であれば契約前に作成して作る会社もありますが、
Fではお客様のお話を徹底的に掘り下げてお聞きして会社のことを理解し、
市場調査やライバルサイトの調査もしっかり行った上で、
ターゲットはどういう人なのか、この会社様の強みは何なのか、どう出していくのがいいのか、
といったことを全て洗い出して整理した上でラフを作成します。
サイト構成やSEOのキーワードなど、サイト全体のことも細部までしっかり考えてから
作成していくため、白黒のラフといっても、それまでの工程は考えることがかなり多くあります。
細部まできっちりきっちり考えていかなければいけない中で
のびのびとより自由な発想で考えていこうとしても無理が出てきてしまう。
以前望月がラフを書いていた時のように、
おおまかな方向性を考える人とそこから詰めて考える人を分けることで
よりのびのびとラフが書けるのではないかという考えに至り、
部署分けに踏み切ることになりました。

また、これが実行できるのは、
引き継いだ案件に対し、聞いていない部分までも汲み取って
作成してくれるスタッフがいるからこそです。

今回の部署分けによって
より自分が輝く場所を作ることができる方向へと
加速しているのを強く感じました。

他がやっているから。という理由だけでは決して変えない。
全て意味を持って、納得してから進むからこそ、
良い変化を繰り返していけると感じます。
加速
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識