個別記事のページです

2019年11月27日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインの創造性は自分自身にあるデザインのストック数で決まる

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

デザインを考えるとき、
アイデアが勝手に降ってきて、
斬新なデザインが生まれる、、、

なんて事はほぼありません。

デザインの創造性を上げるのは、
自分自身の中に落とし込んでいる
デザインのストック数です。

WEBデザインだけに限定しても、
これまでに生み出されてきた
良質なデザインは数えきれないほどあります。

良質なWEBデザインを
一覧で見れる便利なサイトもあります。

流し見しても面白いのですが、
実際の現場に落とし込まないと
見るだけではあまり意味がありません。

WEB制作会社のサイトを見ると、
実績が見れます。

弊社もこれまでの実績を載せております。
https://www.web-f.net/ziseki.html

会社の魅せ方は様々です。

そもそもブランドのある会社は、
あれこれ情報を詰め込む必要がありません。

appleのサイトを作るのに、
情報量は重要ではなくなります。

デザイン性と機能性を上手く魅せることが重要になります。

ホームページにも段階があると思っています。
ブランドも認知もされていないのであれば、
自分達をしっかりと伝えるデザインが必要です。

事業の段階に応じて戦略は変わってきます。
戦略が変わればデザインも変わります。

なので、偏ったデザインの引き出ししかないと、
新たなデザインが生まれにくくなりますし、
対応ができなくなります。

ブランドもないのに、ブランドがあるサイトを真似しても
上手く行かない可能性が高いですよね。

ただ、マネできる部分は沢山あります。
自覚した上で、一部を参考にして、
デザインに落とし込めれば
新たな視点が生まれます。

チラシなどのデザインもWEBに活用できることもありますし、
デザインのストックが増えていきます。

デザインをしてて1番嫌なのはデザインのマンネリ化です。
もちろん過去の作品を真似すれば、
安定したデザインが出来るのですが、
あまり楽しくはないですね。

最近デザインの本も読むようになりました。
デザインの引き出しが増えてくると、
視点が増え、楽しくなるのは確かです。

デザインの創造性は
今までどれだけのデザインストックを貯めてきたか。
落とし込めてきたかに左右されるなあ。
と思います。

あとは、ストックしているデザインの引き出しを
状況に応じて使い分けられるか、、、

新たなデザインを生み出せるように、
吸収したものは現場でチャレンジしていきたいですね。
191127_design.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識