個別記事のページです

2019年11月11日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉人をいなくする-過去の失敗-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

最近は量子コンピューターや英会話と、
人工知能の開発方法と共に
安田善次郎や渋澤栄一の書籍も読み、
どういった形で世界を形成していくのか。

今後の動向と自身の身の振り方を、
考えておりながら、
様々な会社のアドバイスも始めております。

世界平和や貧困を無くす。
貨幣を無くす。世界をティール組織にする。

喜びに満ちて、楽が生まれ、
人気が出て、誰もが幸せになり続けていく。
そのスパイラルで潔癖のまま生きていく。

こう言ったことは、
これからの世界でどんどん起きてくるのは、
もう確証がありますので、
その中でどう動くと効率が良いのか。

自然に流れに沿って、その中で中心に進みたく、
これからに向けてその状況を綺麗に創るために、
AIや量子コンピューターの分野を狙って勉強をしてます。

社内の体制も大きく変えて、
designer部門と戦略部門を分け、
私の出来なかった組織に変更することとなりました。

誰もが喜びの中で生きて、楽に生きる。
周りの人も中の人も付き合う人が、
ストレスフリーとなる世界へ大きくFも移行しました。

これでまた、多くのお客様と社員さんを、
喜びに包ませることができる。

1つ1つの積み重ねで、
良い流れが自然と流れてきております。

私は書籍をずっと読み続けており、
学生時代は1冊も読んだことがなく、
社会人から読み始めたのですが、
今でも、気になる書籍は全部読む状態であり、
結果的には、何千冊とビジネス書のみを読んでおります。

偉人の書籍も世界各国から過去のものまで、
名前を知っている人は全部読んだのではないのか、
というくらい読んでおり、その結果が出てきたので、
本日はそのお話をしていこうと思います。

書籍を見ると、知らないことが多くあり、
知らないことを知らないことが嫌であり、
体験しないと伝えることはできませんので、
偉人も含めて、私自身尊敬できる存在は全部コピーして来ました。

ですので、様々な偉人に、
非常に性格が似ていると感じる部分が多くあります。

その結果、どんどん真似をして吸収して、
尊敬を消していくので、
本来の私は誰なのかさえ関係なくなります。

高みを目指した人が、
どのような景色を見たのかに興味があるだけですから、
その景色を見ると、すぐに飽きてしまう。

その飽きてしまう理由は、
結局はこんな面白くない世界を、
面白いと伝えていた事実に、
最低な大人ばかりだとうんざりするだけです。

勝手に尊敬して、
尊敬できなくなるまで真似して、
好奇心が枯渇するまでそれをし続ける。

人物コピーをやり続けて、
最高の人を創りあげる人生ゲーム。

世界で1番幸せな人になると決めたので、
それも必要なことでもありました。

過去に偉業を残した、
それを体験した有名な人を真似て、
実行できればその先の景色が見える。

これをずっと繰り返してきたものですから、
頭がおかしくなり、
自我が解離して、お前は誰なんだ。

という。
多重人格錯覚ゲームを繰返してました。

なので、
全ての宗教と全ての経済。
全ての哲学者等々の人類とはという。

勉強と経験をずっと繰返しておりました。

ですので、
大体の人の性格と行動とパターンは、
すべて頭と行動に入っており、
どのような人物がどういった人なのかも、
その後の結末までも、
すべてわかった上で生活をしております。

そしてわかったことは、
どの偉人も闇を抱えていたし、
あまりカッコいいものではないという事でした。

そうしてきますと、
尊敬できる人というものがいなくなり、
やっと自分という本来の姿に返ってきました。

それが、最近元気になってきた状態です。

結局は本来の自分が1番素晴らしく、
ストレスなく動ければ良いだけであり、
人を押さえ込む意味すら価値を持ちません。

今月のニュースレターでも社員が社内の様子を書いております。

ストレスフリーを達成したさきに、ただただ楽しい世界がありました。
https://www.web-f.net/news/2019-11.html

この空白の10年間ずっとそんなことを考えてきて、
やっと自分探しが終わりを迎えつつあり戻ってこれました。

長かった自分探し。

結果的に感じたことは、
こんな無駄な10年を誰にも過ごして欲しくなく、
世界から偉人を無くしてみんなを偉人にしていく。

偉人ってふつう。

そんな世界を創りたいと思いました。

ローマは1日にしてならずですが、
気がついてたらローマができてただけであり
そんな無意識の先に渋澤栄一になり、
無意識に安田善次郎を創る環境を整える。

そもそも、偉人が普通ではなかったのは、
コピーを作れなかったところです。

分かち合う為には、
どんどん譲っていかないと世界は楽しくありません。

1人で焦って頑張って、
首絞めて、ご褒美あげて、ムチ打って、
人生のS○ゴッコは、
人がいない違うところでやってほしいです。

王様と呼ばせて、女王様と呼ばせる。
それは、本当に人を巻き込んですることじゃない。

趣味でやればよいだけです。

私ができることは、
コピーを沢山作れる能力を持ちました。

Fには望月が5人以上います。

コピーを作れなければ、
望月は偉人となり、
頼られてばかりでストレスフルとなります。

そのストレスフルで、
上がろうとすればするほど、
ストレスで死にそうになったのです。

そもそも、
ストレス耐性が無かったのは確かであり、
そのせいで大きく進歩できたのは確かです。

コピーを作れば、
普通の人になり偉人の権限を渡せます。

偉人の権限を渡すことで、
その人本来の偉人になる能力が大きく発揮されて、
望月以上の大きな人ができていきます。

そうすると、
ストレスフリーで偉人を周りに多く置けます。

その偉人もストレスフリーを回避する為に、
偉人を多く創る結果と自然となります。

偉人が多い中で生活すると、
生活は喜びと感動と楽に包まれていきます。

私が望んだ環境はここです。
みんなが上も下もなく天才で居続ける。

そこにこそ、
全ての光があると感じております。

ですので、これからは、
渋澤栄一を周りにたくさん作る方向に変え、
各業界で活躍して上場の鐘をならし続ける。

そんな状態を作っていこうと思います。

その方が、
世界から貧困もなくなるのが早く、
世界平和も貨幣もなくなるのが早い。

そして、私が死んだあとも、
誰も苦しまずに迷惑をかけずに、
ただただ、幸せな喜びの時が過ぎていく。

みんなが普通になれば、
普通の人生を普通の人として楽しめる。

私はどんな時も普通の人で生きる。
そんな喜びの中で生き続けたいと考え、
どんなときも最短の道で駆け抜けます。

一緒に普通から偉人になり、
偉人から普通になりたい方お待ちしております。

権限譲渡は最高に喜びに包まれる状態を創り、
小さな人をなくして、小さな人を造らない仕組み。

人の命をもっと楽しみましょう。
人って本来こんなものじゃない。

日々の状況を書いております。
https://www.facebook.com/3008f?ref=bookmarks

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

20191111.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識