個別記事のページです

2019年10月21日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

王道を極めたあとの広がる世界-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

1+1は2そんな単純な世界で生き続け、
喜びを与えると喜びが循環する。

そんな単純な世界で生きる。

自己流ではなにもなせない。

生きるのも。息を吸うのも。
会社で仕事をするのも。
生活するのも。経営するのも。
自分の人生を設計するのも、
本当は教えてほしい部分を自己流で極めたがる。

基礎がないまま、自己流で勘違いするから、
基礎と王道を嫌いになる。

そもそもの影響力にも問題があり、
基礎に光があたっていなく。
自己流にばかり光が当たるから勘違いを起こす。

その結果の人生が不平不満が出る。

歪みとひがみがでてネジ曲がり、
要らない正義感がただただ漂い。

王道をダサいと言う。

不常識が常識とまかり通る。

王道も目指すべき位置の問題で、
王道は今の位置から見るとダサいと思う。

自分が満たされていない人が、
世界平和と言う王道を実直に捉えても、
志は分かるけれど、今の王道は、
自分が平和な状況になることが、
回りにとって幸せになると思う。

出来ることをせずに、
願ってばかりでは何も変わらない。

自分が幸せでない人に、
世界平和と言う王道は高すぎる世界であり、
ネジ曲がり、自己嫌悪になり、
自分が精進すれば良いが、人を傷つける結果があり、
自分が最終的に傷ついた世界が生まれ続ける。

それは、中学生に地道に頑張れと言っても、
意味がわからない事だと同じとも思う。

真面目になればなるほど、
泥の田んぼの中で取っ組み合いの喧嘩をして
なにも前に進まなくお互いに怪我をする。

なんて不効率であり、
俺はカリスマ美容師になる。

と、テレビで見た短絡的なイメージで、
見識の浅さで、王道からはみ出た、
勉強をせずに有名になりたいという考えで、
今思えばカッコ悪く、美化された闇の深い問題。
その結果意味のない人生が続き、ふて腐れた存在が生まれる。

これは17才の頃の努力をしない私の実際の話です。

そんな人生を作りたくもなく、
王道が素晴らしいことを伝え続けたい。

人は王道の先に、
それぞれが輝く場所が用意されている。

私ができることは、
環境を変えることを伝えることしか出来ないが、
その時の王道は誰もが知っている。

努力とか才能とか、
向き不向きとか全く関係なく。

地道に良い成績を取れば、
中学でも高校でも自ずと王道で広がる世界がある。

私生活も会社でも、
人生はいつだってそれの連続です。

人は寿命があるから、
後世に対しての責任もあります。

自身が幸せになることも責任としてあります。

次の人の為に綺麗にしておかなければいけなく、
次の人が快適になるだけの世界を創らなければならなく、
自身が満たされて行かなければ、創れない世界であり、
人が1つとなり世界の平和が自然と訪れ、
1つになれば上も下もなければ、
傷つけることは自分を傷つける事となる。

今までの世界のあり方自体がおかしかっただけであり、
どこか壊れてただけでしょう。

そんな身近な世界に、
気がつけば直っていくのも良いところです。

しかし、王道ではなく、
自己流でやるとどうでしょうか。

たどり着く高校や大学は、想像つくだろう。
そして、王道の高校生を馬鹿にするだろう。

馬鹿にする方はいつかは、
ゆでガエルとなり、井の中の蛙となる。

結局は自分に返ってくる。
それが社会という現実でもある。

寿命という時間軸の中で生きており、
毎日が新しい日々の連続なのだからこそ、
人と分かち合える喜びだけで、
進化をし続けなければおかしな状態となる。

自分だけだったら良いのだが、
同じ人なので良い人の足も引っ張る。

そして、全員が王道が見えなくなり、
悪と闇に染まり、世界を濁していく。

染まっても一時の快楽だけなのに染まる。
それで人間が出来上がる。

人間とは中々、業の深いものであり、
私は人間を無くし、人としていきたい。

人の喜びと楽しみの進化を見てみたい。

貨幣を無くして、
車はすべて自動運転で死亡事故を無くして、
街中には緑もきれいな川も流れていて、
誰もが信頼と愛だけで生きられる世界。

そんな世界をどこに行っても体験できる。
それを創り見て見たいだけで生きる。

人はいつでも変わることができる。
高校で変わり、成績をあげる。
そんな王道を行くとどうだろうか、
世界が楽に広がり友達も周りも、
良い人しかいなくなる。

片方の人生では、闇や悪が蔓延して、
ダークヒーローが誕生して、
また、王道を貶すのではないのだろうか。

王道ではない無い人が、
自己流の正義感を振りかざしてわめく。

そこに、正義はあるのだうか。
人が喜び続ける仕組みがあるのだろうか。

いつの時代も王道とはダサいが、
結果が出るものだとわかりきったものである。

それは、何十年も先になる。
自分が苦手なことをしないといけない。
しかし、世界は毎日広がっている。

毎日世界が動くから、
人は動きに合わせて、
進化を続けなければ、心地よく生き続けれない。

自分の身近な世界から貧困と格差が無くならなければ、
人は1つになることができずに、
またいざこざや戦争が起きるから、
不安や恐怖から逃れられないから、
地球の災害や異常気象が起きるから、
食料問題や原因不明の病気が蔓延して、
お金持ちしか助からないと言う、
カースト制度のような古いものがあるから。

誰もを特別な愛する人と思え、
誰の子も自分の子と思えるそんな世界はすぐに来る。

それは、人が1つになったときの通過点で過ぎず、
自然と起きる現象だからです。

そんな当たり前の世界ではなく、
その先の世界を見て見たい。

人の世界の未知な光だけの部分を見て見たい。

トップの失敗からすべてが被害にあう。
私はトップが変われば、
誰も苦しまない世界はすぐに来ると考えます。

自分がよろこぶ事と相手が喜ぶことを、
同時に考えて楽しんで実行するには、
誰もが幸せになる環境と仕組みを理解して、
常に王道を目指し、平和になったときに、
自己流を発揮したときに、
自分探しの旅は終わり、自分自身として、
伸び伸びと喜びと楽しみの進化で生きることができる。

自分と言う存在で人を愛して幸せにしていこうと思います。

ここに書いてある、この先の世界の方が、
最高に楽しいのは確かだということを、
心の奥底で全国民が知っているからです。

有限な人生を最高に、
無限に楽しい人生に変えていきましょう。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

20191021_170857.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識