個別記事のページです

2019年9月13日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

隣の芝は青く見えるか

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

他スタッフのブログで書かれているように
先日から、社内で行われている話し合いについて
私もブログを書こうかと思ったのですが
まとまらなかったので、またいつかにしようと思います...。

趣味で旅行に行ったり、拙いながらダンスをしたり
私生活では何かしら動き回っているのが
性分というか、楽しいなあと感じているのですが

最近、新しいことをはじめようとしています。
はじめようとしているというか、1度きりの
予定なのですが...。

かれこれ1年ほど、熱心に誘ってもらっていて
最初は冗談だよね?、と言っていたのですが
何度断っても一緒にやろうよと
声をかけ続けてくれるので、
私自身はやったことのない未知のことだし、周りは
経験のある?人達ばかりだし、自分なんて
と思っていましたが、何度断り続けても
一緒にやろう、と諦めず誘い続けてくれた姿に
ついに心動かされ、お話を受けることにしました。

冗談だと思っていたのもありましたが
自分に出来るのか、出来る気がしない...という
自問自答の中での自信のなさだったり
どんな反応が返ってくるのか怖さだったりがあり
首を縦に振りきれなかった部分が大きかったです。

ただ、誰がどう感じるか、という
考えても仕方のないことを考えても
意味がないな~と思い、
そこでどう感じられても直接自分に関係があったり
迷惑をかけるような話なのかというとそんなことも
なかったりで...

だったら二度とない機会だと思うし、
どんなもんかやってみないと分からないし
やるだけやってみてだめだったらだめで
いいでしょ、と頭の中を切り替えて
やってみることにしました。
(半ばヤケクソのようでもありますが
本人は前向きなきもちのつもりです...。)

いざやります、と返事をしたら
少し楽しみにもなってきたというか、
知らないことを知れる機会ってわくわくするなあと
自然とプラスの感情がわいてきました。

そして驚いたのが、それまであまり関わりのなかった人達が
わざわざ時間を割いて練習の時間を取ってくれたり
協力してくれたりして、ありがたさと
申し訳なさがすごいというか...。
せめて極力自主練習もして、練習時間を
できるだけ確保して、貴重な時間を割いてもらった分
打ち込む姿勢で返そう、と思っています...。

隣の芝は青いということばがありますが
表面上のことしか(時には表面上のことすら)
見えていない中で、いいなあとか、
優れてみえていたりすることが大半だと思うので
そちらに意識を向けるよりも
自分自身と向き合ってみるとか、
思うだけではなくて、本当にいいものなのか
優れているものなのかを自分の目で確認しにいくとか
した方がずっと有益な気がします。
そうすると芝の色なんて気にならなくなるというか、
見えない潜在意識に振り回されなくなるというか。

自分が自分が、で周りが見えなくなるのは
違うよなと思うのですが
周囲の反応を気にしても意味がない中で
気にしてしまうのは、視野を狭めたり
巡ってきた機会を失ってしまう要因にも
なるので、自分は自分、他人は他人の
良い意味での割り切りは大事にしたいな
と思いました。

29290.jpg
写真は先日、阿蘇で食べたあか牛丼です。お肉が柔らかくておいしかった...。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識