個別記事のページです

2019年9月 4日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

組織について

こんにちは、ホームページ制作Fの穴井です。

もう9月ですね。
あっという間であまり実感がないですが、入社して半年が経過しようとしています。
すごく良い時間を過ごしたから、時間の感覚があまり無いのかなって思っています。

今回は先日、Fの全員で話す機会があって
現状の会社の問題点やそれぞれの思いみたいなのを
出し合ったのですが、その場に居て、
良い組織だなって感じたので、
その時の話を書きます。

自分も、今まで色々な経験をしてきて
色々なチームに属したり、見たりもしてきたし、
自分でチームを作ったりもしてきたんですが、、
まさに理想形がココにあると感じています。

全員がお客様のこと、会社のこと、そしてみんなのことを本気で考えている。
その中で、各個人に、いろいろな考え方や思いがあるけど
お互いのことを尊重しながら意見をぶつけ合える。
そこには、好き嫌いとかではなく、
みんな組織を良くしようとする想いだけ
Fに入れて本当に感謝しています。

入社前に読むように言われた、
ティール組織を今回の話し合いの後に
再度、読み返してみると
答えはココにあったなって再認識できました。

ティール組織は大きく3つのポイントがあると言われていて、

①進化する組織
これは、生き物に生きる目的があるのと同じように、
組織が生きているため、目的を有しているという考え方で
それが成長するために変わっていくということ。

②セルフマネジメント
これは、社長や管理職からの指示命令系統はなく、
組織の進化する目的を実現するために、
メンバー全員が信頼に基づき、独自のルールや仕組みを工夫しながら、
組織運営を行うというスタイルを取るということ。

③ホールネス
メンバー全員の能力が存分に発揮されていることや、
個人的な不安やメンバーとの関係性の上での気になること等に
組織として寄り添うことがとても大切ということ。

今回の話し合いで課題として上がっったことは
全部ココに通じてるなって思いました。

Fとしてやることの大きい軸は変わらないけど、
日々進化する組織の中で
目標も、短期、中期、長期と変化したり、進化する訳で
そうすると、個人毎の目線がズレてくる。

見るところがズレると、
行き先がズレてしまう。
そうなると揃えないといけないし

行き先が一緒でも道順が違うと
到着までの時間も人それぞれで変わってくる
だから、通過する場所も決めていかないといけない時もある。

ここの目線を揃えること。
全員で共通認識することが重要なんだなってことの
再認識ができました。

そして、
小島や田崎がブログで言っていたような
思われたら負け、思ったことは言うてっことも
ホールネスやセルフマネジメントに通じるのかなって思いました。

みんなが、お客様や会社のことを考えて働く中で
ちょっとした思い違いや、
目線、考え方のズレってでてくるもので
それはそこで、お互いに埋めていく。
ここが、遅くなると、ズレが大きくなる。
目標達成も遅くなる。悪循環
だからこそ、思ったことは言う。
そして、このズレを埋めて行く。

そうすることでお互いの理解が深まる
そういったズレが無いから不満も無い
だから、自分の力、強みを最大限発揮できる。

そして、今のメンバーでは埋めきれない、足りない問題が発生したら
そこに強みをもった、新しいメンバーに入ってきてもらって
チームとして更に強く進化していくのが
良いのかなって思いました。

なんかみんなで話した会社の問題点も、
ティール組織として、進化しながら、
ひとつひとつ解決していけるのかなって感じています

その先に、ティール組織を超えた
新しい組織のかたちも見つけられたら
もっと楽しいだろうなって感じています。

でもまずは自分が、
この組織で能力を発揮するためにも
更に、レベルあげなきゃなって感じてます。

IMG_4008.JPG

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識