ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2019年8月30日(金)
素敵な人との出会い

はじめまして、8月に入社した岩崎です。

入社して1ヶ月経ちましたが、
まだまだ色んな事を学ぶのに精一杯の日々を送っています。
そして、久しぶりにすごく濃い日々を過ごしているなと感じています。

丁寧に作られたカリキュラムと、進捗管理のおかげで、
自分自身が何をどう進めるべきか把握しやすく、
その点で迷ったり困ったりすることがほとんどなく、
安心して日々業務を進めることができています。

さらに、カリキュラムでの課題においては、
これまで経験してないことをしているので悩む部分もたくさんありますが、
先輩方の的確なアドバイスに毎日すごいなと感心するとともに、
私も早く的確なアドバイスをくれる先輩方のようになりたいと、
心の中でひそかに目標にて日々の課題に取り組んでいます。


話は少し変わりますが...
これは入社するにあたり応募したときから薄々思っていた事ですが、
それが間違っていなかったなーと感じた事です。

それは、Fの社員はみんな「素敵な人」。

先日、Fの全員で話し合いをする機会があったのですが、
皆の話を聞いていると、一緒に働くスタッフや、
これから一緒に働くかもしれないスタッフや、
今後のFを想っての声だと感じました。

それって普通じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、
私は、世の中には自分が良ければそれでいいと思ってる人や、
どうせ無理といった後ろ向きな考えしかしない人が沢山いると感じています。
それを考えると、Fの皆は全く正反対であって、
自分ではない誰かのことを考え、色んなことに向き合い前に進んでいるのだなと思いました。

そこでぶつかってしまったり、悩んだりしてしまう事もあるかもしれないですが、
結局みんな素敵な人だから、問題が生じてもきれいに解決できるんだろうな。と
ふんわりした感覚ですが...そんな風に感じることができました。

Fの中でも知らないことがまだまだたくさんありますが、
こんなに面白い環境で毎日を過ごせることが楽しくて仕方ないです。

上手くまとめることができませんが、
自分を奮い立たせることの出来る環境で、
日々色んな事を学び、これからどんどん成長していきたいと思います。


48280_500.jpg


写真はFからの帰り道の空です。
台風の後だったこともあってか、
めちゃめちゃキレイで思わず1枚ぱしゃり。

雲の無い晴れた日もキレイですが、
雲があってもキレイな空はとても素敵でした。

2019年8月28日(水)
土台あっての上物

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

先日、USJに遊びに行ってきました。
28767.jpg
私はアトラクションが大好きなので、テーマパークへ行ったら
パレードやショーを見るよりも、まずは乗り物に乗りまくりたい派です。

絶叫マシーンと呼ばれる乗り物は大体好きなのですが
どうして好きなのかと言われると、非日常感...でしょうか。
普段生活していて体が宙に浮いたり、旋回したり、ものすごく高い場所から身一つで
落下したりすることは早々ないと思うので、そういった非日常的な刺激が
楽しいと感じているのかもしれません。

ただ、楽しむためには安心・安全が前提になっているから楽しいと感じている
という感覚はすごく感じます。
確実に安心だと思える命綱、定期的に点検されてメンテナンスをされた機械、
いざという時の制御システム、バー1本に命を預けるわけなので
安全性という保証が土台にあって、初めて楽しめる気持ちが
わいてくるのだと思うし、アトラクションにも集中できるのだと思います。

結構どのアトラクションも乗り込む前に、ポケットの中に何も入っていないか
身体検査があったり、脱げやすい靴を履いている人にはバンドを着用してもらったり、
「アクセサリーは落ちたら戻ってきません」「こういう場合はアトラクションが停止してしまいます」等の
注意喚起があったり、安全に楽しめるための配慮があって
こういった事前の検査や説明も安心材料だなあと思いました。

土台の部分に心配な要素があったら、一見するとどんなに楽しそうな
乗り物に見えても乗って大丈夫なのだろうかという不安な気持ちの方が
勝ってしまって、体験することを躊躇うと思うし、乗ったら乗ったで
気が気でないと思うのです。
きっとそのアトラクションの本当のおもしろさって分からなくて
いつ安全バーが外れるか怖くて仕方がなかった、とか
本来のアトラクションの意図とは別の捉えられ方をどうしてもしてしまう。

アトラクションに限らず、例えば住宅やホームページでも
土台あっての上物というか、目に見える上澄みの部分だけを
よく見せようとしても上手くはいかないし、
本当の良さも伝わらないものなのではないかなあと思います。

土台って大切だな~、と感じながら、全力で楽しませていただきました...。

あと、印象的だったのが
お客さん参加型のミニオンのショー。

DJ役(?)のお兄さんが、お客さんとミニオン達にかける
掛け声に合わせて大量の水が放出されお客さんが両手を高々と挙げながら
自ら濡れに行き最後は人工雪と追い水でフィニッシュ...、みたいな、
水かけイベントの大規模バージョンみたいな感じだったんですが、
お客さんのノリが良すぎて風土性なのかな~と感じました。
(関東地域でやったらこんなに盛り上がらなさそう、ってくらい盛り上がってました。)
28768.jpg
有休を利用して遊びに行ったのですが、いつも快くお休みをくれる
会社や環境は本当にありがたいです。

楽しい時間を過ごし、関西にいる友人とも久しぶりに会えて、
英気を養えたので、また頑張ります!!!

2019年8月27日(火)
思われたら負け、思ったことは言う。Part2

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。

本人のいないところで言えば陰口ですが、
本人に面と向かって言えば陰口ではなく、注意やアドバイスになります。

思ったことが言えなければ愚痴が出ますが、
思ったことが言えれば愚痴は出ません。

だからFには、
思われたら負け、思ったことは言う。
という言葉があります。

陰口があるのも、愚痴が出るのも、
社会ではあって当たり前とされていて、
会社でも、部活でも、習い事教室でも、友達同士でも、どこでもあることですが、
陰口や愚痴がある環境はおもしろくないから。ストレスになるから。嫌だから。
陰口や愚痴を出さずにいられるように、Fは
思われたら負け、思ったことは言う。というルールでやってきました。


小島がブログでも書いていましたが、
Fの中ですごく大切な言葉で、
ずっと染み付いていたものでもあります。
けれど、最近の自分はこれができていませんでした。

進捗を守れていないから言えない。
自分が嫌われたくないから言えない。
言っても分かってもらえるか不安だから言えない。
不安や自信のなさから、言うことから逃げていました。

そして本当に、陰口や愚痴につながる結果となっていました。

そんな状態に、望月に喝を入れられ、
先日は、最近感じている問題に対して全員の前で話す機会をもらったのですが、
そこでもまた、言うことから逃げてしまう自分がいました。

全て伝えると決め、最大限自分の感じていたことを伝えた上で
1人1人に話を聞いていったのですが、
違う角度での意見が返ってきたことに対し、
分かってもらえなかったとあきらめてしまう自分がいました。

たとえ反対の意見が出たとしても
それに対してまた自分の意見を伝えればいいのに、あきらめてしまった。
しっかりと伝えて、問題を解消したいという決意が足りませんでした。

以前は
根本的な考え方や会社の大きな方向性は望月が先導していて、
私は古くからいるので代わりに伝える役回りも多く、
そういった内容は話し合うのではなく、伝える、ということが多かったので、
1回で伝えなければいけない、決定事項を話さなければいけない、
という意識が強かったのもあると思います。

でも、今はそうではありません。
引っかかることがあって、
解決策も考えられるのであればそれと合わせて話をすればいいし、
解決策がなくても、伝えることによって、みんな考えてくれる。

本当にみんなにとって良いことであれば、
より気持ちよく働けるためのことであれば、協力してもらえる。

誰かの意見や行動に反対したり、
問題提起をしていくことはとても勇気のいることだと、
今回改めて感じましたが、
好きとか嫌いとかで賛成反対をするわけではないし、
反対したから敵になるとか味方になるとかではない。

言いたいことを言えずにいると、
どんどん言いにくい状態になっていってしまいます。

どんな時も、どんな状況でも、自分の考えをしっかり伝えていけるように
がんばっていきたいと思います。


写真はお盆休みに台湾旅行に行った際、
緑の雰囲気が好きで入ったカフェの写真です。
事務所の植物もこれくらい伸ばしたい。
植物

2019年8月26日(月)
凄いものに騙されていた-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

こうすることが正しくて、
それが楽しいと感じること、
必要のない事が必要と感じること。

分かりやすく言うと、
タバコを吸う。ギャンブルをする。
お金はこう稼がなくてはいけない。
仕事とはこうするべきである。
職場とはこうあるべきである。
年齢差や人種はこうあるべきである。

意味不明な情操教育の上、
人の集合体で考える結末に、
人の上に立つ者が下の犠牲を作り、
人をかき分けて、
上に立つ手段で世界を大きく騙していく。

そんなことに気がつくと、
何て言うものに騙されていたんだろうか。

大人なのになぜ気がつかないのか。

それが成功者と言うから、
すべてが進化しないし、
日々の空白から抜け出せない。

たいして面白くないことに夢中になる。
後悔を生む行動に対して全力で向かう。

一時の快楽を取得するために、
大きな凄いものに騙されにいく。

仕事で成功することも同じ。

自分を傷つけて、
相手も傷つけることがスタンダートに
なっているから、不幸せもセットになる。

そのセットがあるから、
人の進化はめまぐるしいが、
進化しすぎて貧富の差が解離している。

そのような植え付けられた進化をするから、
誰もが空白な日々を過ごし、
満たされないのに満たされる日々を、
待ち望みながら一生懸命働き。

病になりストレスを抱えて、
人と自分を傷つけながら生きていく。

どうやって幸せをそれで作れるのだろうか。

人と自分を傷つけながら、
環境を汚しながら、
頑張っていればいつか幸せが来るって、
そんな都合の良い話があるわけなくて、
人も自分も傷つけずに、
人も自分も喜べることをした先に、
結果のある幸せが訪れてくる。

世界すべての集合体が凄いものに騙されている。

騙されているのはわかるけど、
その方法がないから、いつもの日々となる。

その方法はティール組織になれば、
自ずと答えが出てきます。

人を傷つけない先には、
本来求めていた、いつか来る幸せがあります

今度一緒にビジネスをすることで、
どのような価値観でするのか、しているのかFacebookに書きました。

FACEBOOK
https://www.facebook.com/3008f/posts/161185981735276

インスタグラム(FACEBOOKと同じ内容です)
https://www.instagram.com/p/B1kT3QlHeIn/?utm_source=ig_web_copy_link

良けれお読み頂けると幸いです。

これからの日々の行動は、
この考え方をベースで生きていきます。

寿命を考えたら誰も傷つかないビジネスをする。

生きて終わりを考えたときに、
どうやって最高に自由に、
すべてのものを理解して、
自分の生き方を最高にするのかを考えると、
賛同者を全員幸せにして、
誰も傷つけずに仕事をしていくしかない。

報酬をとらない。

お金の無い世界をこの寿命の中で
一緒に創りませんでしょうか。

お金がないって、
お金があり余るほどあることでもあります。

お金に心配の無い状況を作るだけです。

結局一番儲かると思われるのも嫌ですので、
お金のない世界を創れば、
そんなこと思われずに、ただ単純に、
人が幸せになること以外に何が他にある。

と純粋に言いたいだけです。

誰もが幸せであれば心配する必要がなくなる。

騙され続けた人生を終えて、
次の新しい進化に向けた、
人が豊かになる普通に向かっていきましょう。

一緒に真剣に全力で幸せな日々を過ごしましょう。

賛同者をお待ちしています。

周りが全員幸せだったら、
その幸せを上書きしていくだけで、
最高を最高で上書きしてこそ、
人が楽しめる人生だと感じてます。

誰も傷つけないからこそ、
ストレスフリーでいれればこそ、
ただ透明に白く生きることができる。

#FFFFFF  = 真っ白

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

繁栄する会議のメルマガ登録URL
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

20190826_135622.jpg

2019年8月23日(金)
思われたら負け、思ったことは言う。

こんにちは。
ホームページ制作Fの小島です。

思われたら負け、思ったことは言う。
Fで浸透している言葉ですが、
頑張らなくていい。に次いで、
自分の人生の中で殿堂入りした大切な言葉になりました。

最近自分に至らない点があり、
多くの指摘を頂くことがきっかけでもあります。

7月中旬ごろだったかと思いますが、
それから毎日自問自答を繰り返し、
ブログにもその当時の思いを書いたりしていますが、
今週ある結論に辿り着きましたのでご紹介いたします。

人は誰しもが悪い面があり、改善するべき課題があり、
変わらないと成長できないタイミングがあります。

人の悪い面を指摘することは気分の良いものではありません。
だからこそ、自分の悪い面を教えてくれるという環境は、
とても有り難くて、貴重な場だと思っています。

Fの言葉を使うとしたら、思ったことは言うにあたりますね。

思ったことは言うの本質の部分には、
優しさや思いやりの心があります。

今日の朝ヤフーニュースで、
星稜のフェアプレーについての記事を見ました。
読んでて感動してしまったんですが、
まさしくあの相手を思いやる心ですね。

大人になって忘れがちになってた大切なものを教えてくれました。

仕事で言えば、お客さんも含めその人が好きだから、
その人とずっと一緒に仕事をしていきたい、
楽しく仕事をしていきたい、
より良い環境にしていきたいから、
支え合い、応援し合い、助け合っていく。

この世に完璧な人はいないと思います。
悪い面も良い面もあるのはお互い様です。

誰しもが我慢しない環境にしていくために、
求人ページにも書いているのですが、
1人1票の発言権を持つという環境を作るためにも、
思われたら負け、思ったことは言う。は、
必要不可欠な言葉でもあります。

ただ、
思われたら負け、思ったことは言う。について、
ダークサイドもあるなあと最近気が付きました。

悪い面を指摘することは必要ですが、
相手への思いやりが薄まったときに、
人を非難する言葉に変わり、悪口に変わり、
自分より下に見るようになり、
本人がいない所で陰口を言うようになり、
徐々にその人の悪い面を指摘し合うことが普通になっていきます。

指摘を受ける本人は最初は有り難い気持ちで受け止め、
自分の悪い面を改善しよう、自分が変わろうと必死になっています。

Fには、変わろうとしない人はいませんし、
Fに入社してくる人はすごく優秀な人が多く、
正直自分よりも圧倒的にいい人達です。

でも、誰しもが悪い面がありますし、
特に新人さんは世間一般から見ても独特な社風を持つFの一員として、
仕事ができるようになるまで時間がかかるのは仕方がありません。

時には性格の面で指摘することもあり、
人と人との関係性から見ると、
とてもシビアな環境だなあと思います。

悪い面が出てきたときに、みんな優しいので、
周りの人がどうしたら改善できるかを必死に考えていました。
でも、周りの人には、その人を変えることはできません。

変えれるのは自分だけです。

それでも必死に考えて、悪い面を伝え続ける。
改善するための提案をし続ける。
周りは変わらないのは何故?と懐疑的になり
さらに追い詰める行動をとってしまう。

言われる方は、こんなに変われない自分はダメなんだ・・・
と自分を追い詰めてしまう。
変わろうとするけど、そんな力はないほどに精神的にやられてしまう。

悪いことは重なることがあります。
それを指摘され、さらに自分自身を追い詰める。

こうなると負のスパイラルに陥り、
悪気のある人は1人もいないのに、
言われた人は辞めていく流れができていました。

自分自身を良い方向へ変えていけるのは自分だけです。
周りはサポートしかできなくて、悪い面を伝えることしかできない。
今回自分が追い詰められたときに、
どんなに考えても、どんなに周りが話し合っても
その人を変えることはできないと気付けました。

人は追い詰められると反発心が出てきます。
過去の実績や、案件を引き取ったり、別の面でやってきたことが頭によぎり、
こんなにやってきたのに何でなのか、
自分以外の、例えば会社や周りの人や環境が悪いという思いが沸々と沸き上がります。

そうやって心が荒んでいくと、辞める選択肢一本になっていきますよね。

僕がその方向に行かなかったのは、周りは何も悪くない、
会社も環境も仕組みも一緒に働いている人も、
自分自身が変われば良いだけのことであり、
自分自身を追い詰める必要もない。

逆に前向きになれたこと、吹っ切れたことで、
辞めずに済んだのかもしれません。

思われたら負け、思ったことは言う。はものすごく大事です。
その環境ができている会社はあまりないのかなと思ったりもします。
僕自身も言えない人間なので、言える人は尊敬していますし、
言えるようになろうと、自分を変えようと思っています。
これは自分自身の課題ですね。

でも、思ったことは言う。を実践するためには、
根本的にお互いが思いやる気持ちが無いと、
破滅の方向に行ってしまう危険性があるなと、
ここ1か月ほど自問自答を繰り返してきた結論でもあります。

追い詰めても良いことは1つもないことに気付けました。
周りは伝えてあげて、変わることに対して
応援してあげて支えてあげればいいんだなあと。

僕自身が周りの人に今までしてきたことに対して、
ものすごく反省する点でもあります。
支えてあげれてなかったなあと・・・。

良い方向に変わるかどうかは自分次第です。
その人を改善しよう!どうしたら改善するのか!
というのを考えるよりも、事実を伝えてあげて、
あとは見守ってあげるスタンスが良いのかなと。

それでも、迷惑をかけ続け、
その人に愛想を尽かしたのであれば、
辞めてもらうか、自分が離れるかどっちかになりますね。
そこで必死になってもお互いが傷つくだけかと思います。
交わらないものは一生かけても交わらないかなと。
好きな人と付き合っていきたいですね。

フラットな関係性、ティール組織、1人1票の発言権、
誰もが我慢しない会社になっていくには、
思いやりの心、温かい関係性、感謝の心とか、
その人と一緒にいたいとか、一緒に仕事をしたいとか、
もっと助けてあげたいとか、支えていきたいとか、
お客さんも含めて大切なことだなあと改めて思い知った1か月でした。

少しは成長できたかなと自分を褒めて終わります笑
190823_taisetunakoto.jpg
キャンプに行ったときの写真
やっぱキャンプの朝が1番すきや。

2019年8月21日(水)
休みについて

こんにちは、ホームページ制作Fの穴井です。

もう8月も終わろうとしています。
お盆休みの前に、みんなで川へ行った話は皆さんがすると思いますので
今回は、社会人生活で初のお盆に9連休もいただきリフレッシュすることができました。
その休み明けに、休みについて考えることがあったのでその話をします。


お盆に、このような連休は初めて出し
何をしようって
GWに引き続き、戸惑い悩みましたが、(贅沢な悩みですが...)
とりあえずお盆なので、
お参りなどの家族系の行事を入れ
空いた日に、一生懸命に遊ぼうと詰め込みました。

台風の直撃もあり、できなかったこともありましたが...
しっかり遊び、ゆっくり安め、家族との時間も取れ、
しっかりと自分自身はリフレッシュできたのですが、

休み明けに長女が、
『今日は、学校に行きたくない』
と言うので、理由を色々聞きましたが
『体がだるいので、動きたくない、ゆっくり休みたい』というので
本当にそれが理由なのか、
じっくり話しましたが、
どうやら、それが本当の理由なようで、
子供の体力的に、
少し、遊び過ぎたかなと少し反省しつつも、
娘には、それなら、休みの遊びは控えると伝えました。


みなさん、いろいろ休みの過ごし方があり
人それぞれ、色々考え方はあると思いますが
僕の中で1番重要部分なのは、

心も身体も
次の日から、しっかり仕事に挑めるようにすること。
これが重要だと思っています。

子供のやりたいことや遊びにも全力で付き合うし
やりたいことは全力でやるし、少し無茶してでも遊んじゃう
でも後悔はしないし、身体が少々きつくても
気持ちがリフレッシュできていれば、仕事も楽しめる
当然、本当に身体がきついときはゆっくり休みます。

でも、
これは、自分が今の仕事が楽しめているからなのかなって、考えました。

娘にとっては、
学校って、まだそんなに楽しかったり、
一生懸命になったり、
重要なものでは無いのかもしれないけど、
いつかそんなことがみつかった時のためにも
今は、そういう考え方を少しでもわかってくれればいいなと思いながらも
体力のコントロールも教えないとなって、反省もしました。

IMG_3675.JPG

小島がブログにあげていた
長崎鼻に、前の週に行った時の写真です。
家族とひまわりを見に行き、
この状態に全員でショックを受けました。
しかも、リベンジを予定していた日は台風が直撃して自宅で過ごしました。

大分には行くところが無いのかって思われがちかもしれませんが
たまたま、かぶっただけです。

ここの近くには夕日のスポットもありますので、
大分に来られた際は、ぜひ。
IMG_3782.JPG

2019年8月19日(月)
世界を本当に幸せにする-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

頑張れば頑張るだけ、
誰かが足を引っ張り続け、
決めたルールの隙間を突いては、
悪さをして停滞してくる。

どこまでも自分の事しか考えない人が多く、
謝ることや間違いに正直に向き合えない人が多い。

誰も得をしないから、
放置をして汚れていく様を眺めていく。

その結果は、ドブ川を綺麗にしようと思っても、
もう遅い。私には無理と感じるが、
100年経ってもそれはそのままだし、
今綺麗にすれば100年後も綺麗なままであり
生きている間だけでも、
汚水を見ずに健康で生きることができる。

どうせ生きるなら
金に頭も下げないし、権力に頭も下げない。

見栄も欲もエゴも全く必要なく、
正しいものだけに頭を下げる覚悟だけで生きる。

悪はどうせ滅びるし、
お金の価値はどうせなくなる。

無くなることがわかっているのに、
頭を下げるから進化は止まり、
流れなくなり日々の生活が腐り果てていく。

自分が生きた時間。
自分がこれから生きる時間は無くならない。

怖れていても、
失うものなんてなにもなく、
セミが死んでいく様と人が死んでいく様に
なにか違いがあることの方がおかしい。

生きている時間を輝かせれば、
何千年先の未来の世界も今から見れる。

どうせ世界は最高に向かっていく。

その最高に向かっていくのを、
不用意に自分で邪魔をするのか、
小さな自分で考え、躓いていくのか、
どんな自分で生きるのかは、
胸に手を当てれば、自ずと言わずともわかる。

そんな混沌とした
この腐りきった世界を輝かせる。

すべては古くて、
誰も幸せにならないこの仕組みに
真っ向から向かい合いませんか。

10年前の自分にこんな世界を味合わせたくない。

「A」から「Z」とか古くて。
「あ」から「ん」とかさらに古くて。

本当に何に縛られてきたんだろうか。

国って戦争で人が決めた線であって、
資源はみんなのものなのに、
国が違えば種族は同じなのに、
違う人ってどういうことだろうか。

領土の線って古すぎる。

戦争したら領土の線が変わるって、
人の欲がもう必要のない世界なのに、
何にそんなに固執してるんだろうか。

フェラーリって乗ると苦痛だけど、
どこの快適を見つけて乗っているのでしょうか。

これ以上、人じゃない人と、
人と人を区別する理由があるのだろうか。

自分が苦しんだことを、
人にさせる理由とはなんでしょうか。

自分が幸せではないのに、
自分が幸せと伝えている人達とはなんでしょうか。

苦しまない方法を共有する。
そうすれば、ただただ感謝されて、
相手からは大きな人と見える。

それは大きな人と見えるけど、
中身は何も変わってなくて、
誰もが見えないなにかを考え続けている。

その見えないなにかを、
妬みや嫉妬や欲や我慢や差別などで埋めるから、
人間が生まれてきちがいが生まれる。

人と違うことをする事が格好いいと思い、
大したことないやつが偉そうにして、
そこに居座ろうとする。

その裏側にはなにもなくて、
空っぽの人生しかないんよ。

あるようで何もない世界しかない。

誰もそんな人になりたいと思ってないのを、
わかっているのに当人は無意識に応援をしている。

それは当人が1番よく知っていて、
ダサい大人になりたくないことで、
みんな必死に歩んでいる。

そこがまた、歪める人生となり、
多くの世界を歪めてくる。

自分1人1人が幸せであれば、
個々が満足できれば、
見栄や嫉妬や妬みや欲などは消える訳であり、
そういった人が幸せになるために、
人の好奇心を煽り「魔」におびき寄せていく。

悪魔なのだろうか。

誰も幸せにならない仕組みに
付いて行ったところで、
そんな人の寂しさを埋める側の人になったところで、
頂上の当人の裏側が汚いのですから、
結局は人生の遠回りで時間の無駄使いとなります。

憧れなんて幻想であり、
ただ綺麗なところに幸せがあり最高がある。

様々な頂上に登ってわかりました。
今の仕組みでは誰も幸せになりません。

憧れや理想と言うものを、
再度見直せば簡単にわかります。

そんな簡単なことに
気付きやすい日々がこの瞬間にも来ております。

なにに意地をはり、
誰のために生きているのか。

誰が幸せになることで、
人生が大きく好転して、
影響を1番受けることとなるのか。

そもそもは単純なことであり、
それがわかれば、
とにかく個々の世界は一気に変わり続けます。

そんなことを考えて、
おくすことなく突き進んでほしいと思い。

その先にこそ、
自分本来の姿があります。

私自身は絶好調になり、
自分本来をやっと取り戻すことが出来ました

人の仕組みは凄くて、
やはりあるべき理想の姿は実現できるようにあり、
自然の摂理と仕組みでなっております。

そんな日をあることを伝えたく、
そんな日を多くの人に体験させたい。

最高を最高で上塗りし続ける。
絶好調に白く生きていきましょう。

そんな賛同者を私は大歓迎します。

なにか一緒にできることを一緒にして、
多くの幸せと時間を共有して、
何倍もの楽しい時間を過ごしましょう。

みんなの時間が楽しければ、
何十倍にも1日1日が楽しくなる。

最高の24時間が集まれば、
密度の濃い絶好調の24時間が生まれる。

その24時間を、
みんなで分け合えれば、
更に濃い24時間が生まれて、
1日が想像を絶する日々が生まれる。

そんな日々をずっと過ごしていく、
残りの人生を一緒に創っていきましょう。

Fとはカラーコードで白という意味です。

#000000の黒から始まり#FFFFFFの白になる。

#FFFFFFのFをずっと増やして、
白く白くなっていく人生を歩みたく思います。

一緒に仕事をしていく人を前提として、
友達となるようにしております。
フォローしていただけると嬉しく思います。

なにか一緒にして行きましょう。
お力になれることは全力でしていきます。

FACEBOOK
https://www.facebook.com/3008f

インスタ
https://www.instagram.com/3008_webf/

この情報を広げて、
多くの気づきを伝えながら、
みんなで最高の24時間を創っていきましょう。

今後とも長いお付き合いをお願いします。


過去のバックナンバー
https://1lejend.com/b/ylTEvDpwmUIRnM/

20190819_151946.jpg

2019年8月19日(月)
連休明け初日

こんにちは。更新管理担当のオカベです。
お盆明け初日ですが、お陰様で年々お盆休暇期間中の急かすような対応依頼もなくなり
普段の土日明け程度のメール量でなんだか新鮮です。
土曜日くらいから「仕事か~・・」という気分でしたが出勤したらあんまり「まだ休みたい!」とかもなくスッキリしてたのが自分でも意外でした。

今年は16日を休みにするため10日が川出勤だったんですが、川に行くのもかなり久しぶりでした。
(去年はなし?で一昨年などは不参加)
記憶上、食材は当日寄ったスーパーで買い出しだったんですが、花見等での教訓等で前日に買い出し、
下準備までしていったおかげでかなりスムーズでしたし料理自体も凝れたのでは?と思います。
事前の買い出しは少ない予算でどれだけ買い物ができるか!?という挑戦で業務用スーパーに行ってみたり
安い食材を求め3、4店舗回って若干の予算オーバーをしつつも当日は食べ切れず持ち帰りが出たので
これもまた次回の参考にしたいと思います。花見よりもまたかなり人が減ったので普通に余りましたね。。。

前日の金曜は恒例のヨガだったのでヨガ前に!と川キャンプに行ってない残り組総出で
野菜切ったり串刺ししたりしましたが準備も楽しかったしスムーズにできてよかったです~
いつも焼き肉ですが肉を大量買する予算はない!ということで串のBBQにさせてもらいましたが
いつもと違ってよかったし食べやすかったし食材の組み合わせ含め個人的にはかなり良かったのでは?!と思っています。
焼いている光景もオシャでした。インスタ映って感じです。
190819-1.jpg いつもは火起こしで午前中が潰れ、調理時間が大幅に遅れてスタートだったんですが
火起こしの達人と化した小島のおかげでBBQやらカレーやらもすぐに作れたのでサクッとご飯を食べて
日焼けしたくない女組は足だけ水に浸かって川を満喫しました。水は本当にきれい!
家族連れやウェイな人たちもたくさんいて、前はF社員+1家族くらいだったのにいつのまに大人気スポットになったんだ・・と驚きました。

あと帰りにきよかわの道の駅でアイスも食べて夏っぽいこと全部した~!ってかんじでした。花火をしてたら完璧でしたね。
10日~19日までお墓参りとちょっとした買い出し以外引きこもっていたのでよい思い出になりました!

今日からまた仕事がんばります!!
190819-2.jpg

2019年8月19日(月)
仕事を楽しむというテーマについて

こんにちは。
ホームページ制作Fの小島です。

お盆休みも終わりますね。
今年は9日の午後から有給を頂き、
Fでの初キャンプ、BBQから始まり、
長いお盆休みとなりました。

台風もあり、家で過ごすことも多かったですが、
海で泳いだり、長崎鼻のひまわりフェスタに行ったり、
比較的アクティブだったかなと思います。

長い休みが明けての仕事になりますが、
皆さんどういう気持ちですかね?笑

明日から仕事か~だるいなあ。
もっと休みたいけど仕方ないなあ。
みたいな感じでしょうか・・・

ツイッターでも
真夏にスーツ着て満員電車通勤はどうなの?
みたいな論争が繰り広げられてたり、
根性論や昔の価値観で
指導する人間が批判されてたりしますよね。

自分自身も最近は世間の声をSNSで見たりすることが増え、
時代の流れを微量ですが感じ取ったりしているのですが、
既存のルールや習慣を盲目的に従い、仕方なくしているのであれば、
そこに楽しさも発展性も価値も生まれないんだろうなあ
と思ったりしました。

真夏にスーツでビシッと決め、
満員電車通勤することも自分の意志で理由を持って動いている人は、
それがモチベーションになったり、
スーツを着ることが仕事スイッチみたいになっているのであれば、
全然ありですし、たぶん自分の意志で動いているのか、
他人の目や既存のルールに従い、自分ではなく他人や環境で作られる
集合的無意識によって動いているのか、
の違いが大きいのかなと思います。

根性論に関しても基本的に周りができることは、
環境を整えてあげたり、コンディションを調整したり、
改善すべき点や、伸ばすべきスキルを教えてあげたり、
精神的な面を支えてあげる、サポートしてあげることであり、

体調が悪いのに無理やり続けさせたり、
頭が痛いと泣く子どもに、
指導者である大人が勝手に仮病と判断して
練習を続行させたりすることは、
虐待やいじめと同じような気もします。

自分自身が奮い立ち、自分自身で決め努力を続けることが、
根性論であり、他人や周りの人間が根性論で支配し洗脳するのは
あまりにも残酷ですよね。

話を戻すと、
自分自身で仕事を楽しめているのか?
会社や世間に従い仕事をこなしているのか?
休み明けのモチベーションは、この違いもある気がします。

仕事を楽しむというのは
ここ最近の自分自身のテーマで、
例えばキャンプでの楽しさのレベルで
仕事も楽しめれば、人生変わる気もしますよね。

どんな仕事でも楽しんだもの勝ちで、
楽しみながら仕事をしている人は何か輝いてますし、
やっぱ発展性があります。

キャンプは原始的で快適さは無いのですが、
知恵と工夫次第で快適さを生むことができ、
キャンプする毎に常に新しい発見があり、
自分自身でレベルが上がっている実感もあり、
そこが楽しいですよね。

やらされてキャンプするんだったら、
同じキャンプでも全く楽しくない違ったものになるかなと思います。

仕事=楽しいものになれば、
休みと仕事の境界線が無くなるか、
全くの別物と考え完全に切り離すかの
どっちなのかなと思ったりしますが、
どちらも自分自身に意思決定があれば
どちらであったとしても良い方向に進んでいくのかなと。

何事も周りのせいにせず、批判せず、愚痴らず、
自分自身を中心に(自己中心的はダメですが)
レベル上げを楽しんでいこうと思います。

長崎鼻のひまわりフェスタ壮観でしたよ。
9月末までらしいので是非行ってみてくださいませm(__)m
190819_tanoshimu.jpg

2019年8月14日(水)
川にキャンプに行ってきました

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。

お盆休み初日はみんなで川に行くというイベントがあり、
私はキャンプ好きメンバーとして、さらに前日の午後からお休みを頂いて、
先に川に行かせてもらいました。

実際に使うことはあまりないまま
年々増えてきたキャンプグッズはなかなかの量ですが、
ここぞとばかりに持って行けるように、家から会社から掘り出し
数日前から少しずつ用意していました。

既に持っていたものだけでも結構な量でしたが、
さらにテンションが上った望月が新たに照明やベッドを追加で購入。
当日は、最近キャンパーな小島が何の予告もなくキャンプグッズフル装備で現れ、
私もテンションが上って食材をいろいろと買い込んで持ってきて、
何人で、何日行くんだ...というような荷物の量になりました。
完全にキャンプ初心者にありがちなパターンです。

しかしせっかくキャンプに行くのだから、
やりたいと思っていたことを全部やり、快適に過ごしたいと思い、
全て持って行くことにしました。

川に着いてからの荷物運びは
車からテントを立てる場所まで結構距離があるので覚悟していましたが、
石がごろごろの足場に足を取られて思った以上の消耗...
しかも、着いてささっと荷物を運んでささっとお昼ご飯を食べる計画だったので
空腹のまま、ゆったりバーベキューを楽しんでいる人を横目に行ったり来たり。
持てる限りの荷物を持って5往復か...6往復はしたでしょうか。

運び終えたらビール!と思って運んでいましたが、
設営をした後のビールが最高においしい、とテレビで言ってたという話により、
そこからさらに設営をし、
ビールに辿り着いたのは15時か16時か...というくらいの時間になりましたが、
このビールのおいしさと言ったらありませんでした。
そのまま川に入ってすっきりもして、きれいな川を眺めながらのビールは格別でした。
川

キャンパー小島の火起こしは早さも火加減も素晴らしく、
そこからはなかなか快適に、ゆっくりしながら
バーベキューを楽しむことができたような気がします。
調子に乗って、他の人があまり好きでないと分かっていながら
買ってしまったサザエなど、やっぱり買い出しは調子に乗りすぎたな、
と思うものがちょこちょこありましたが、
ホイル焼きなどなかなかおしゃれな仕上がりのものもできて、
おいしかったです。

全然寒くはなりませんでしたが、
焚き火を眺めながらのホットワインはまた心地良い時間でした。
焚き火

2019年8月14日(水)
間違ってない先にあるもの-繁栄する時間

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

人を傷つけない。
誰も嫌いにならない。
全て許せる。人にやさしく人に与え続ける。

これを実行すればするほど、
どうなるのかを実験して試してきました。

人のせいにするより、
自分のせいにする方がかなり改善が速い為、
全て自分のせいにして受け止めてきました。

何が起きても自分が悪く。
相手の環境が悪かったんだろうな。

自分のどの部分を変えれば、
良かったのだろうか。

相手が思うという事は、
自分を変えればスムーズにいく。

相手が喜びストレスにならないこと。

怒ることを辞めて、
不平不満を言うことを辞めて、
最高の人生を歩むとなると、
この選択しか残らずに、
世の中で絶好調に生きるためには、
1度望月聡は生まれ変わるしかないと考えました。

人を傷つけない。
誰も嫌いにならない。
全て許せる。人にやさしく人に与え続ける。

当然ですが、
やろうとしてもできないから、
難しい選択肢をしたと考えましたが、
これが実行できれば、世界で1番幸せな人になれると思い。

1日に何十時間も考えて実行してきました。

友達は3人しかいなくなりました。
嫌いな人は世界に誰もいなくなりました。

FACEBOOKを辞めて気が付いたことは、
最高に無駄なことをしていた。

ただそれだけが残りました。

携帯電話を無くして気が付いたことは、
必要のない電話ばかり気にしていた。

私の電話番号を知っている人は、
私にとって必要ない人であり、
かかる意味のない電話を待つことに疲れます。

そんなこんなで、
2年前に仙人になると決めたら、
仙人以上になり、
最高に絶好調で戻ってきました。

すべてなくなったからこそ、
もう一度やり直して最高になる為に、
インスタとFACEBOOKを始めることにしました。

FACEBOOK
https://www.facebook.com/3008f

インスタ
https://www.instagram.com/3008_webf/

自分に正直に生きる。

人を傷つけない。誰も嫌いにならない。
全て許せる。人にやさしく人に与え続ける。

誰も嫌いになる必要がない。

これを実行すればするほど、
最高の人生が表れてくる結果が実証されました。

世界で誰かができれば、
他の人ができるようになり、
一瞬で世界は大きく変わっていきます。

誰か1人ができるようになれば、
全世界に一気に広がる。

人が文字を発明した時。人が電気を発明した時。

人が大きな進化をした時には、
歴史を紐解いていくと、
かならず多くの地域で同じことが起きています。

情報伝達をしていないのに、
自ずと伝わっていく。

それは、愛犬が飼い主が仕事が終わり、
帰ろうとした瞬間に家に居ながら気が付いて、
しっぽを振って待つ準備をする。

そんな何かリンクするものを、
人は持っています。

それが地球にも自然にも、
存在全てに対して、リンクするものがあります。

自分の為ではなく、人の為でもなく、
全てが最高になる為に歩む道がある。

そんな気付きが起きたのですから、
世界はこれから大きな最高が訪れてくると思います。

人を傷つけない。誰も嫌いにならない。
全て許せる。人にやさしく人に与え続ける。

これをできる人は大きく住みやすくなっていき、
身体の節々の老化や疲労も自然と取れていくでしょう。

そしてより良い人が集まり、巡りがよくなり、
多くの仲間とともに楽しく笑い合いながら流れで進む。

誰かが辿り着けば、
世界は大きく変わっていくそれだけのことです。

不用意に傷ついてしまう。
1年前のような世界はもうなくなりました。

これからは、
綺麗な人がさらに輝く世界になり、
生きてきた経緯はすべて理解され、
多くの巡りがよくなる結果となります。

そんな世の中が1か月もせずにくる。
だからこそ、
今までの人生を生きて来てよかったと思い。

人生に無駄なことなどなく、
人の為にした。地球の為にした。自然の為にした。
自分の為ではなくしたことが、
気持ちよく循環する世の中になってきます。

私のメルマガをここまで解除しなかった、
皆さんだからこそ、
この現象と私の言葉に気付いていただきたく思います。

意識で考えるとわかる世界がある。
良い人ほど最高な絶好調な世界が訪れます。
それを創れるだけの仕組みと方法を理解してきました。

今から世界を変えていきます。
最高はみんなで創ることができる人生に変わりました。

FACEBOOK
https://www.facebook.com/3008f

インスタ
https://www.instagram.com/3008_webf/

お盆休みは12日~18日までとなっておりますが、
毎週お送りしているメルマガは、
出そう思い、出社して書かせていただきました。

何かの参考にして頂けると幸いです。

今後とも長いお付き合いをお願いします。

20190809_164335 .jpg

2019年8月 9日(金)
カメラのお話~その3~【撮影ボックス】

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。

カメラのお話、第三弾。そして、今回が突如の最終回となりました。

最終回は、私が一人でコツコツ進めていた
撮影ボックスの紹介で終わろうと思います。

ダイソーの簡易棚をつかった撮影ボックスで
ネットで紹介されていたのを改良(のつもり)したのがこれです。

IMG_20190809_153109283.jpg

Fの定常光はオレンジ色のLEDなので
その影響を受けないようにボックスの周りを黒い紙で覆って
撮影の空間はカーテンを閉め切るようにしようと思います。

ボックスの上にLEDテープを張っているので
あとは電源にさして、モノを置いて、三脚に据えたカメラで
ホワイトバランスや絞り・シャッタースピード・ISOの設定をして
撮るだけです。
ちなみに高さのある被写体はボックスの高さを変えることが出来ます。

で、撮ってみたのがこれです。

215A9712-500.jpg

で、これでは左右に余計なのが映っているので
加工します。

ざっくり加工したのがこれ↓

215A9712-2-500.jpg


これなら簡易的なものなら誰でも撮れると思います。
撮ることはないと思いますが・・そんなのものが一応できたってことだけ
お知らせします。

ちなみに、LEDのライトに合わせてカメラ側である程度ホワイトバランスとったほうがいいです。
あとで現像するのもいいと思います。

個人的に先々月、プロのカメラマンに物撮りを教えてもらって
本当はもっとオープンな空間で、撮影ボックスを使わず
色々撮れるようにしたかったんですが、
そのためにはまだまだ時間と労力がかかりそうなので、これで一応最終回です。

おつかれさまでしたm(_ _)m

2019年8月 7日(水)
次は手のひらぺたーを目指します

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

社内で週に1回のヨガを取り入れはじめて1年?もっとでしょうか...。
(1年半~2年くらい?)
デスクワークで1日中座り姿勢になるため、スタッフの健康と
運動不足解消のため、と取り入れられたヨガも
すっかり社内の1週間の流れの中に馴染んだのではないかなあと思います。

そんなヨガ...
参加するようになって、最近になり気づいた変化がありました。

体が少し柔らかくなった気がするのです。

私は体が本当に硬くて、ヨガは会社ではじめるまでは
やったことがなく、ヨガに参加する前は
前屈して床に手が届かないのは当たり前、
長座前屈で手先が足先に触れないのも当たり前
という体のガチガチ具合でした。

元々腰が悪くて、ギックリ腰も何回かなっていて
腰はもちろん、膝や太もも回りなども数度痛めたことがあり
これまで柔軟性ゼロの体と付き合ってきていたかんじでした。

ヨガをはじめた当初は、何の動きをしても痛いな...とか
きつい...のような感覚が強く、やっぱり苦手な前屈や
長座前屈は全然手が足先まで届かなくて、我ながら体硬...(笑)
と思っていたのですが

次第に先生が教えてくれたポーズを少しずつ覚え、
ヨガをして痛みを感じる頻度も減って
慣れてきたかなと思い始めたのが最近です。

そこで、ふと前屈をしている自分に意識を向けると
手先が床に触れていました。
長座前屈も指先で足先を握れるくらいにはなっていました。

元々がひどすぎる...というのはあるかもしれないですが
目に見える変化を感じられたのは嬉しくなりましたし、
週に1回でも続けていたら効果があるものなんだなと
とても感心しました。

会社でヨガをするようになってから、
自宅でも出来る範囲でストレッチをしたりして、
自分の体に対して、気をつけるようにもなったら
怪我の頻度も減ったので、それも良い変化だなあ、と思います。

どの時点から体が変わってきたかは分からなくて
本当に徐々に徐々に変化してきて今現在に至った、と
いう状態なのかなと。

ヨガに限らず、長い期間かけて続けた結果
良い変化に繋がる『こと』や『もの』って
世の中に案外多いように思います。

長い間、時間を使って実にならなかったと思うことでも
それはそれで「続けられたという事実」にまた価値が
あるのではないかと私は考えます。

良くなる、良くならない、変わる、変わらないの
見極めってすごく難しいとも思うのですが
何かしら変化が起きたかもと思えるまでは
ひとつのことを続けてみるというのも
いいんじゃないかと思えた、というブログでした。
65fe523fa26a91e58c8d146a63d2c0cc_m.jpg
毎年、ひまわり畑に行こうと思って、いつの間にか夏がおわってるので今年こそ行きたい。

2019年8月 6日(火)
自分を褒めたり、自分に厳しくしたり

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

前回、全ては自分次第。というのを自分に向けて書きましたが、
何をするにしても1人では何も出来なくて、
自分以外の人がいて自分以外の人との関係性で
生きているんだなあとふと思ったりしました。

良い意味でも悪い意味でも忖度してしまったり、
自己嫌悪に陥ってしまったり、
承認欲求が強くなり悪い方向へ行ってしまったり、
周りの目を気にし過ぎて苦しくなったり、
悪気はないんですが何かそんな感じになってしまう。

自分以外の人からの言葉は自分に投げかけられている助言(メッセージ)だと捉え、
自分自身は自分を褒めてあげるのが心に余裕を与えてくれるのかなと思ったりもします。

自分が主人公になりきり、
どんなに悪いことが起こったとしても
最終的にはハッピーエンドになると思えれば、
もっと楽に生きれるような気がしました。

やっぱり全部自分次第ですね。
自分に厳しくして、自己を磨き上げることも一つですし、
精神的に追い詰められているのであれば、
周りに対しては感情を無にして、自分は自分を褒めてあげるとか。

自分が自分をコントロールできるのが一番良いかもですね。
穴井もブログで書いてましたが、
まずは、レベルあげよ。。。



なんか8日間で3回ブログ書くと、
本当に書くことが無くなりますね・・・笑

望月のメルマガをもじった感じになっちゃってますね笑
もっと面白いブログを書けるように
日々を楽しみたいと思います。

190806_control.jpg

2019年8月 5日(月)
仕事について

こんにちは、ホームページ制作Fの穴井です。

もう8月です。
早いもので、入社して4ヶ月になりました。
子供たちが夏休み真っ最中なので、
天気のことなども考え、
先週末に、海・花火・BBQなどなどを詰め込んだら、
身体がアチコチやばいです。
筋肉痛もですが、日焼けした背中は、
なにかが触るだけで痛く、
椅子の背もたれにすら、つけれない状態です...

そんな中、回ってきたブログ当番
今回はこの4ヶ月の仕事を振り返り、
いま、一番感じている仕事についてを書こうと思っていたら
小島が書いたブログ『全ては自分次第』がそのままでしたが
僕自身の考える、仕事についてを書こうと思います。。

みなさん、いろいろ働く理由はあると思いますが
僕の中で1番重要な部分は、

それが、本当に自分がしたい仕事なのかだと思います。

その気持ちがなければ、
僕はできないと思います。
少し言いすぎかもしれませんが...

自分が、本当にやりたいから、
指示を待つんじゃなくて、
自ら考えて動くことができる。

言われたことだけじゃなく、
自分に何ができるか考える。

自分で考えて、動くことができるから、
さらに仕事が楽しい。

自分が、できるようになりたいから
できない理由じゃなくて、
できる方法を考える。

失敗しても、言い訳じゃなく、
次にどうすればいいか考える。

同じことは繰り返さないから、
新しい役割や仕事ができて楽しい。

自分から
動かなきゃ、何にもならないし
仕事を、楽しめないってことです。

できないことが、
いきなり、できるようになる魔法なんてないし、
だからこそ、自分で考えるし、努力もする。

与えられたことだけやっていても、
自分は成長しないし、楽しくない。
だから自分で取りに行くし、
新しいことができるように準備する。

環境が変われば、
いきなりできるなんてこともない。
環境だって、自分の見方次第で変えることもできるし
しんどいかも知れないけど、自分で変えることだってできる。

全ては、自分次第。
深いくていい言葉だなって思います。


仕事だけじゃなく、
人生の中で、本当に大事な考え方になりました。
自分が主人公になって、これからも更に楽しみます。
まずは、レベルあげよ。。。



IMG_3714.JPG

週末、たくさん遊んだ中での一枚です。
娘たちが勝手に、僕の携帯で
ポーズを話しながら写真を撮りあっていました。
今どきの女の子なんだなって感じていますし、
可愛い写真を撮りたいって気持ちで考えるからこんなポーズ?

次女は、本当に写真撮るの好きだし、意外と才能あるかも...
将来はカメラマンか?
親ばかです。。。


2019年8月 5日(月)
不平と不満を持ったリーダーは後悔を生み続ける-繁栄する時間

100年後の未来の子供の為に。

この言葉が先走り過ぎて、
やっと私自身が追い付いてきて、
こんな言葉を掲げられても辿り着くはずのない。

いつもありがとうございます。
ホームページ制作F望月聡です。

人生において、
この言葉がいかに難しい言葉なのか。
理解するまでにかなりの時間を要しましたが、
やっと少しは理解することができ、
多くの方にこの言葉に近づく方法があることを、
本日は伝えていこうとメルマガを書き始めます。

後悔と進化がセットになっているからつまらない世界になる。

人の進化は後悔と懺悔がセットになり、
痛みを伴いながら進化をしてきました。

今の世界で分かりやすく例えますと、

銃もプルトニウムも、
後悔を残した上で進化する。
今の世界に後悔と懺悔を残した結果があります。

銃犯罪が起きると、なぜ造ったのか。
プルトニウムを無害にできないのに、
人が操れないのに、私が造ったことで、
多くの犠牲が生まれて、
利権が生まれて戦争にまで使われる結果となる。

その結果、時空が歪められて、
自分だけが上がっていくから
誰かが落ちていく仕組みとなり、
大きな貧困が生まれて、正義と正されて、
全く正義ではない存在が生まれてくる。

強ければ正義なのか。
そんなわけではなく、
そんな進化はまったく必要がなく。

自分の生きている100年では良いが、
その先の自分の生きていない100年に、
後悔と失望を残してしまう。

後悔と失望を残した人生では、
生きる上で楽しいことも起こるはずもなく
次の100年を生きる人が
喜びに満ちた生活になっている訳もなく。

銃とプルトニウムを例えてとしてあげましたが、
何でもそうですが、後悔を残した上で進化したり、
人生を歩んでいくと、今の世界に懺悔を残した結果が生まれます。

そんな懺悔を造らなければ、
進化できない統治できない世界に未来に最高はなく。

そんな仕組みは必要ないことに気が付きました。

本来の進化とは、
誰のスピードでもなく、
後悔のない進化でなければ、
人は胸を張って生きることができません。

不平と不満を持ったリーダーは後悔を生み続けます。

あれが足りない。これが足りない。
足りないものが、足りることはないのです。

そもそも全てあるのですから。

足りてないのは、
自分の思考だけです。

視野の狭さであり、
不用意に100年後を見つめて見たり、
不用意に10年後を見たりするから問題が起きます。

人間は4年くらい先を見て、
人は10年くらい先を見て、
綺麗な人は100年先を見て、
誰もが今を見て、出来ることに、
目覚めれば良い今と良い未来は来ます。

普通の人が100年後を考えたところで、
何をしても変わりません。

それより、周りの人を大切にする方が大切です。
そして、一緒に周りの人と最高になる方が大切です。

4年後を見れる人が10年後を見れるようになり、
10年後を見れる人が、その先も見れるようになる。

しかし、全員が、
今を見なければ、何も変わることはありません。

誰もが今の積み重ねで、
その先の光を楽しんでいるのです。

今日、人を傷つけなければ、
今、人を傷つけなければ、
後悔と懺悔が生まれることはありません。

変な不安も生まれることはありません。

その今を誰のために生きるのかを、
繰り返していき、幸せにする人が周りに居なくなれば、
幸せにしてほしい人が寄ってきて、
そういった繰り返しの中で、100年先まで考えられる結果となる。

たかが人生100年です。
人生100年で、有名人になったり。
人を傷つけて幸せになったり。

お金をたくさん。名誉をたくさん。
集めたところで、30年間くらい幸せであっても、
何も必要性を感じずに、世界の一瞬を、短い100年後には、
誰も知らないそんな世界で人を傷つけても意味もなく。

なににそんなにしがみついているのか。
死に絶えては行くけど、生きて繋がる部分もある。

ゴキブリのような人生に対して価値を感じずに、
どのような今後の人生があるのかを、
理解しながら、今を生きるというものは面白いと感じました。

物語のクリアに勤しむのは良いですが、
誰もが敵ではなく、全員が主人公であり。
その主人公が輝く世界は待っています。

自分の最高と誰から見た最高は全く違います。
だからこそ、分け与えても、多くを幸せにしても、
多くを最高にしても誰もが主人公になれます。 

全ては自分が輝く場所を用意されている事に気が付くことで、
緊張が取れて敵対もなくなり、
誰もが上下関係のない世界が徐々にやってきます。

物語は多く用意されて、
その最高なキャラクターで
最高な日々は構成されています。

勇者 賢者 僧侶 遊び人 戦士 等々

当人がどのような職種は決まっております。

その物語を進むうえで、
様々なパーティーを組めるから、
攻略の意味と価値がでてきます。

勇者が僧侶になりたいと思わず。
僧侶は勇者になることは難しい。

勇者が僧侶になっても良いですが、
かなり修行と我慢をしなければいけないので、
途中で挫折する人も表れて苦行となります。

僧侶は僧侶の最高があり続けます。

同じ目標で歩いていくけど、
昔の古い一辺倒なゴールなんてありません。

だからこそ、
みんな違ってよくて、
勇者1人で戦う理由もありません。

勇者が1人で魔物を倒して、
お金をたくさん稼いでも、ついてくるのは、
魔物くらいであり、パーティーは全員魔物となり、
いつしか、勇者がダークサイドに落ちて、
世界を汚す人になるだけです。

そういったことで物語を進めると、
本当に面白くなく、
最後のハッピーエンディングには辿り着きません。

これが今までの日本を支えてきた。
というか、
世界を支えてきた貧困を生む縮図です。

そういう物語ではなく。
僧侶が欠けたら冒険は成り立たないから、
僧侶も勇者な訳であり、僧侶も主人公となる。

そして、敵がいなくなっても、
僧侶のままで最高な人生を歩み続ける。

キャラクターを変える必要は一切なく。
性格を変える必要もありません。

悪いものだけを消していけば、
枠が取れて創造を越える事が起きてきます。

自ずと誰もが主人公になり、
僧侶として見たことないものを、
目の前にしながら
最高の映画のような、
最高の人生が目の前に表れてくる結果があります。

待ち望んだエンディングを自然とみることができます。

自身の枠で全てを決めるなんて、
常識やしきたりや決まりや世間の目、
これから生まれていく次の世代は、
こんなつまらない枠でしか文明は進化しないのでしょうか。

そんなことはありません。
100年後には新しい最高の世界があるだけです。

知らないことは知らない。
決めつけない。

何一つ知らない事実を理解して、
次の世代まで続き続ける道を理解して、
小さな人間をやめれば、
1000年後に来る枠も理解できて、
その枠も壊すことが今の世界でできます。

枠で考えると、
ショーもない過去の人生しか出てきません。

枠を無くすと、
時間さえも超越した世界が倍速で向かってきます。

それを造っているのも、人の今の瞬間です。

あんな過去は嫌だからこそ、
人は創造と明日に向かって生きている。

だからこそ、枠なんて取って良くて、人として格好いい。

ダサくない生き方を、主人公のためにする。

そうすれば、
パーティーを組むときに、
最高のパーティーしかいなくなり、
全員がレベル99でクリアできる。

レベル99の人と一緒に居たら楽しいです。
そして、誰も自分が自分がとは思っていません。

もうレベルが上がらないから、
育てて新しいゲームを創り、
またそこで主人公として登場して、
新しい物語をはじめたいと考え始めます。

ドラクエ1がドラクエ2なるように、
どんどんシリーズを重ねていきます。

ドラクエ1が1番好きな人はそこで止まって、
ファミコンにカセットを差してフーフー言って、
復活の呪文を紙に書き起こして、
紙がなくなったといって、誰かに怒り散らしとけば良い。

最新のドラクエはどこでもセーブできて、
データもバックアップできて消える不安もありません。

誰に怒る必要もなく、
誰かが決めた物語から自由度が増しています。

そんな人生のRPGという、
バーチャルリアリティを理解して、
世の中の冒険をしていくと、
歩くだけで幸せが来るようになってきます。

そんな社会の仕組みを伝えながら、
私は私のキャラクターを活かした、
主人公の日々をこの世界で過ごしています。

後悔のない生き方の進化とは、
人の意識の中で分かっているものであるからこそ、
多くの最高な幸せはすぐそこにあるものであり、
それが手に入るくらいすべては裕福な世界になっております。

気付くか気付かないかで、
人生を何倍にも楽しめる結果がそこにあります。

このような話は何か変な話と感じますが、
人生を振り返ってみると、同じことが起きております。

これが人生であり。
現実であるとわかればわかるほど紐がほどけてきます。

参考にしていただければ幸いです。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

過去のバックナンバー
https://1lejend.com/b/ylTEvDpwmUIRnM/

毎週読みたい方は
繁栄する会議のメルマガ登録URL
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

20190805_133720.jpg

2019年8月 2日(金)
子供は夏休み中です。

こんにちは!
ホームページ制作Fの長山です。

前回、長女の宿題のせいで寝不足だった話をブログに書いたのですが、
実は、学校で教わってない算数なのに、ただ、ドリルを早く終わらせたいと言う
変な使命感で無理矢理宿題をしていた事が発覚し、
私も、知らないなら、知らないなりの教え方をしたら
長女もあっという間にスラスラ問題が解けるようになり、
ドリル睡眠不足事件も、無事に数日で解決しました。

が、しかし。
前回は睡魔が襲う中書いてしまったブログなので、
後でなんだか後悔しました...。
でも、逆に訳もわからず書いたことで、
望月が長女の事でアドバイスをしてくれたり
その時、席がお隣だった植木が心配してくれたりと
悪い事ばかりじゃないなと感じました。

そんな長女も先々週から夏休みに入りましたが、
夏休みは楽しいだけではない!
問題は宿題です。。。!

私から見ても結構な宿題の量で、
昨年は夏休み終了間近に全て私が代わりに宿題をしたので、
そろそろ本人の事も考えて、
今年はなんとか自分でさせたいと言う想いがありました。

家で一人、宿題をさせると遊んでばかりで絶対に終わらない自信があったので、
"Fに長女を連れてきて夏休みの宿題をさせていいか"とスタッフに尋ねると、
連れてきよ~!、いいよ~と皆2つ返事でOKしてくれました。
本当にこの会社は神々の集まりかって位に皆優しい・・・
普通に考えて子供を連れてくる私も私ですが、
受け入れてくれる会社も懐が深いと言うか、寛大です。

そのおかげもあり、長女は3日程で、夏休みの宿題のほとんどを
終わらる事に成功いたしました!

長女が数日間、会社でガサガサと落ち着きが無く、
チョロチョロと動き、鉛筆を何回も落とし、穴井には掃除の時に水をかけ、
非常にご迷惑だったかと思います。
植木なんて、長女の雑音がBGMに聞こえるとか言って和ませてくれたりで
皆さん、色々お世話になりました。
ただ、一つだけ最終日に
岡ちゃんともっと話したかったなあっと帰りの車で言っていて、
親子揃って岡部が好きと言う変な感じ(笑
いつか、絶対岡部に遊んでもらいます!

そして、今日ブログにのせる写真が無いと私がずっと嘆いていたら
植木がスッと送ってくれた・・
なんて優しい+本日お客様にいただいたお土産の写真撮ってる事にびっくりした。
いつの間に・・・

でも、私はこっちをブログ画像に使います!

kyapucya.PNG

植木、ほんと、優しいよ、

そして、いつもいつもセンスの塊かっていうくらいのお土産をいただくお客様も
本当にありがとうございます!

では、皆様良い週末を過ごして下さい!