個別記事のページです

2019年7月 5日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

娘と平日にデートしたお話

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

心のケアって大事ですよね。
先日保育園から電話があり、熱でも出たのかな?と思ったんですが、
熱はないけど横っ腹が痛い、元気もなく食欲もないから、
このまま様子を見ようと思うけど報告で電話しました。

逆に熱が出たとかよりも心配になり、
午後お休みを頂き長女を迎えに行きました。

小島家は6歳の長女、4歳の長男、2歳の次女がいます。
やはり3人いると1人1人しっかり見てあげれないこともあり、
話しも聞かずに上から怒ることも多く、
長女だからしっかりしてというスタンスで接してしまい、
精神的にストレスが掛かっていました。

保育園でもしっかり者でいようとしてるので、
それもキツくなったのかもしれないなあと思います。

保育園の先生からも、抱きしめてあげて、褒めてあげてください。
とアドバイスを頂き、家でゆっくりするのもあれなので、
パークに行く?映画(アラジン)見る?ゲームセンター行く?と聞くと、
「家におるのも暇やから良いよ」と、
「でもアラジンは今度ママと見るからゲームしよう」と、
少し元気になってくれて行くことにしました笑

娘と二人っきりでデートするって記憶にないぐらいなかったので、
父としてもすごく楽しい時間を過ごせました。

ゲームセンターでは、UFOキャッチャーで娘がアリエルをゲットして、
テンションMAXになり、スポーツオーソリティ?で
キャンプ用品を一緒に見て楽しみ(自分が)
サーティワンで3段アイスを一緒に食べるという、
2時間くらいの時間でしたが、
人生の中でもものすごく大切な時間だったなあと思います。
190705_date.jpg
これからも定期的に時間を作って、
子ども1人1人をちゃんと見れるようにしていきたいですね。

相手のことを知ったつもりにならず、
知らない前提でちゃんと見てあげて知っていく、
自分がやってるつもりにならず、
何もできていない前提でできていないことを素直に受け止める。
親子であったとしても、関係性を作るのは簡単ではないから、
青色の関係ではなく温かいオレンジ色の関係を築いていきたいなあ。
と色々と気付きがありました。

以上娘と平日にデートしたお話でした。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識