個別記事のページです

2019年7月22日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

苦手について

こんにちは、ホームページ制作Fの穴井です。

早いもので入社して4ヶ月になろうとしています。
毎回何を書こうか迷いますが、
先日、娘が通知表?いまは違う名前みたいですけど
を学校から持って帰ってきて
1年生のときからの苦手なものが克服できていたので
苦手について書こうと思います。


だれしもが苦手な科目ってありますよね。
僕は学生時代、英語が苦手でした。
外国人の先生と話す的な授業は割と大丈夫でしたが、
文法的な授業はめっぽう嫌いでした。


以前の職場での、
TOEICで何点以上取れとかいう
業務命令的なものにも、あまり興味ももたずに
強制的なカリキュラムも適当にやるだけでした。
それで点なんて上がるはずも無く...
ダメ人間ですね。。。

でも、興味持つというか必要にかられると違うんですよね。
英語が母国語の部下が出来たときや、
転職して社内の書類が、ほぼ英語になったときなど、
興味あることというか、必要にかられた時は
一生懸命というか、自然と調べたりする自分がいました。
すると意外と身につくというか、
それなりに、やっている自分がいました。


これも、今考えると
このFのルールにもある無理をしないって事や、
望月の言う、流れに逆らわないっていうのに近いのかなって
勝手に解釈しています。


そして、最近も、
弊社にご依頼いただいてるお客様の
ホームページを英訳するデザインのお手伝いをさせていただいた時に
(英訳と言ってもお客様に訳していただいた文章を入れていくだけですが...)

英語を、もっと勉強したいなって思い
家で、学習サイトやら勉強法を調べている自分がいました。
この歳で英語を勉強したいと思うタイミングがくるとは...
取り会えず、簡単な自己学習を
昔に貰った、英語学習のCDを聴くことから
初めてみようかなって思っています。
続くかな...。


まあ、そんな感じで、
人には
それぞれ得意なことや苦手なこともあると思います。

働く中でも、
苦手なことに直面したり、大きな失敗したり、
自分が他と比べてできないとか落ち込んだり
大きな壁にぶつかったりした時にも

その人らしく
得意な事を伸ばしたり、活かして働いて行く環境があれば
その中で、その人なりのタイミングが来た時に
その壁を超えることができたり、
思ってるよりも壁が低くなってたり、
無理に超えなくても、実は横から前にすすめたり
自然とできるようになるものなのかなって思っています。

無理をしない。
本当に、深くていいルールだなって思います。


IMG_3095.JPG

こんな親の子供達なので、
苦手なこともいっぱいあるけど
いつか必要になった時や
自分でやろうと思った時に
やってくれると信じて、
得意なことや、ヤル気のあることを
今は伸ばしていけたらなって思っております。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識