個別記事のページです

2019年6月19日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソナルカラー診断に行ってきた話

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

以前、パーソナルカラー診断(PC診断)に興味がある、と書いたことがあったのですが

パーソナルカラー診断についての説明は前のブログにも
書いたので今回は端折ります。(^O^)つ【Google

以前のブログに書いたように、興味があり
セルフ診断も何度かやってみたりしていましたが、所詮素人判断なので
いまいち納得がいっていませんでした。

肌の色が黄味がかっていることと、秋の人が似合うと言われる
くすみ+濃色の組み合わせが顔色が悪く見える気がして苦手意識があり
(特に緑色とベージュはベーシックなカラーのはずなのに
私が着るとびっくりするくらい服が可愛くなくなる、という現象が多発しまくっていたので
買うの控えようかな...と考えはじめていたくらい。)
そうすると消去法でいくと春になるんですが、パーツパーツで見ると春には
該当しない部分もあり、一体自分の真の季節は何なんだ?と
気になる思いがピークに達したことと、自分で似合わないと思っている色が
本当に似合っていないのか確認がしたい&客観的に見てもらって
似合う色を見つけたい、という気持ちから

(前回のブログを書いてから)1年越しに重い腰を上げ、ついに診断に行ってきました。

当日、説明を受けて、イエローベースorブルーベース/
ソフトタイプorハードタイプの診断をしてもらい季節を絞っていきます。
季節がある程度絞られたらドレープと言われる単色の布を顔まわりに当てて
季節を決定→更に似合うカラーの絞込みを行っていき
最終的にベストカラー(顔色を綺麗に見せてくれたり、生き生きした
印象に見せてくれる色)の決定をして終了の流れです。大体1時間半くらい。

私は、季節を分けるための緑のドレープを当てた瞬間に、
自分の季節が何であったのか、直感しました。
顔色が全っっっっっっ然ちがう。
春の色のドレープを当てられた顔半面が発光してみえる。
他の季節の色を当てると一瞬で顔色が悪くなるし
たちまち生気が失われるのでナニコレって感じでした。

診断結果は春で、セルフ診断と一致する結果になりました。
私が診断前に感じていたことも全部合っています、とのことで
パーツパーツは春から外れているものもあるけど、トータルで見たときには春で
秋の色に苦手意識があったのは、肌質的にくすみ色が苦手で
顔色が暗く見えてしまうことが原因だということでした。
(秋の色もくすみのない色なら一部いけると言ってもらえたので
秋冬に着るものがなくなる心配から開放されました。嬉しい...。)

診断が終わってカラーリストさんから
ドレープを当てても違いが分からないという人も
いるけど、最初からわかっていたし
これだけ診断前から分析が出来ている人は
なかなかいないのでもっと自分の感覚に
自信をもっていいです。
今日のコーディネートも何も言うことがないので
今まで通りの感性を信じてください。
と言われてすごく驚いたけど嬉しかったです。
(究極に褒め上手な方だったのかもしれないけど
素直に喜ぼうと思います。)

自分では、普通のことと思っていたけれど
それがむずかしい人も中にはいると言われたり
当たり前だと感じていたものに自信を持っていいと言われたり

何を基準に考えるかってむずかしいし
自分を基準にするのが一番簡単なので、そうしてしまうことが
多いのかなあと思うのですが

人から言われて新しく気づけることがあるって
良いことだし、私はいつも自分の何もかもに自信がない人間なので
自分で良しと思えない分、そういう機会に巡り会えたり
言ってもらえたことは大事にしたいな、と思いました。

結構漠然と顔色が悪くみえる気がする、とか
似合わない気がする、という
『気がする』という感覚の部分で今まで判断していて
もやもやしていたところがあったので
プロに見えもらって、1つの診断結果に辿り着けて
確信が持てずにいた部分の靄が晴れた感じで
本当にスッキリしました!

メイク用品を買ったり洋服を買うのも
元々好きな方でしたが、以前よりもっと楽しくなりました。

行ってよかったPC診断。

もし迷われている方がいらっしゃったら
ぜひ受けてほしい、と思います。
超超超超おすすめです!!!
201944d31807c80e5cf4698b37a1a6db_m.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識