個別記事のページです

2019年6月10日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

無理をしない

こんにちは、ホームページ制作Fの田中です。


今日は、ブログの当番だったということを失念しており、
昼に気づいて「何を書こう?」と静かに焦りました。

就業後に気づくよりは良いかと心を落ち着けつつ、
先週末の出来事を書こうと思います。

先週の土曜日は、祖母のお見舞いに行きました。

というのも、平日の時点で、少し倒れてしまったようで、
意識が戻ると自分で起き、母に電話で報告できる状態ではあったのですが、
念の為母が病院に連れていき、検査入院になりました。

お見舞いに行くと、症状は重くはないですが、倒れたときに打った部分が
むち打ちになり、ヒビも軽く入ったところもあるようで、身体を動かしたり、
食事をするのがきつい様子でした。

それでも家族で会いに行くと、とても喜んでくれました。

普段の祖母は、前から踊りをやっており、師範でもあるので、
地元の行事やイベントで披露することもあります。

また、最近はカーブスに結構な頻度で通ったり、友人と遊んだりと
割とアクティブに過ごしている人です。

踊りをやっていることもあり、今もですが、とても姿勢もよく、
小さい頃は少し姿勢が悪いと「胸を張りなさい!」とよく注意をされました。

とても身体が丈夫というわけではないですが、
自分より若いのでは?とたまに思うくらいのイメージだったので、
病室で少し弱々しい祖母を目にし、ショックもありました。

改めて、自分含め人間いつどうなるかわからないから、
自分を大切に思ってくれる人、大切な人との時間は
「大事にしよう」「感謝しよう」と思いました。

なかなか、こういう状況になったときにしか
何気ない時間の有り難みに気づけないことも多いですが、
日々、自分なりに感謝を示していけたらいいなと思います。

病室を出る前に言っていた
「大丈夫じゃないときに大丈夫っていうからだめなのよね」
という祖母の一言がとても印象に残りました。

人間ココぞというときに気丈に振る舞う時があると思いますが、
それも度を超えてしまったら良くないよなあと・・・つくづく言葉が刺さりました。

それは、心身両方に関して言えることだと思います。

私自身、「大丈夫!」と身体や心に嘘をついて頑張り通すことが
必ずしも良いことではないということに気づく様になったため、
何度も祖母の言葉が頭の中で響きました。

体調は尚更無理をすると、後悔先に立たずだと思うので、
今は、ただ回復だけを考えて安心して頼ってもらえるよう
力になりたいと思うばかりです。

IMG_1933.JPG




書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識