個別記事のページです

2019年6月25日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を飼って3ヵ月

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。
3月下旬、お花見の下見をかねて運動のために歩きに行っていた
会社近くの公園で一目惚れした野良猫を拾い、
飼い始めて3ヵ月が経ちました。

思えばあの頃、自分の中で運動するぞブームが
巻き起こっていましたが、公園を歩き始めて3日目に猫に出会ったので
全然歩かずじまいで終わってしまいました。

私は小学生の頃から犬を飼っていて、
完全なる犬派。
犬が好き過ぎて高校の頃は犬の訓練士になろうと、
犬の訓練所に泊まり込みで体験に行かせてもらったりした時期もあったくらいですし、
飼っていた犬は18歳とご長寿犬だったので、
もう他の犬は飼えない、ペットを飼うことなんてないだろう、
と思っていました。
なので、まさか猫を飼うことになるとは思っておらず、今でもなんだか不思議に感じます。


18年生きた犬は外で飼っていたので、
ペットは外で飼うもの、というのが染み付いていましたが、
猫は外に出したら戻って来なくなりそうですし、
住宅街なのでご近所にいろいろ迷惑をかけてもいけないし、
と完全家の中で飼い始めました。


飼って2週間くらい。
1階の空いていた部屋を猫の部屋にし、
人がいる時はリビングダイニングまで行けるようにする。
行動範囲はここだけ、と決めていました。

猫を飼っている友人に話すと、
「絶対そのうちどこの部屋でも行かせるようになるよ」
と言われましたが、
「いやいや、うちはペットは外って概念が強いからそれはないよ」
と話していました。

それから2週間。
人がいる時にはどこの部屋にでも行かせるようになりました。

でも人がいない時や寝る時は
猫の部屋に入ってもらって、別々に寝る。
これだけは絶対。

またもや友人に、「時間の問題やな」と言われ、
「いやいや、本当にそれだけはない」と言っていましたが、
それも束の間。

それから3週間。
一緒に寝るようにさえなりました。
一緒に寝ると言っても、日によって好きなところで寝ていて、
ずっと同じところにもいないようですが、
たまに暗闇の中で物音がして、かわいい肉球が顔を踏んでいき。
眠くてあまり取り合う気力はないですが、至福の一時となっています。


猫を飼っている友人は
お姉さんも猫を飼っていて、
「うちの猫、『ごはん』って言うんよ!」という話に
友人が見にいくと、完全に「にゃお」と言っていたとのこと。

「そのうち『うちの猫、おかえりって言うんよ!』とか言い出すよ」
と言われましたが、そろそろ否定できません。

「うちの猫、『おかえり『って言うんよ!」と言う日も近いかもしれません。
恐るべし、猫のかわいさ。


電気が眩しいのかよくする、寝ている時のお決まりポーズ。
猫1
猫のお決まりの座り方。
香箱座りと言うそうです。
猫2
カメラ目線をバッチリ決めてくれる時もあります。
眠っていたカメラの活躍の場がぐんと増えました。
猫3
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識