個別記事のページです

2019年6月 4日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の幸せを創りながら歩んでいく-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
人を支えるホームページ制作F望月聡です。

生きていく中で、
今日の自分より明日の自分を最高にしていくと、
パニックゾーンを通らないと行けない場所があります。

第2の自分を造らない。

自分の固定概念が邪魔をするから、
結局は自分の人生が、そこに生まれてしまう。

自分の常識を変えない限り、
望む場所に行けるはずはなく、
昨日までの自分で行けないのだから、
今日からの自分を変えていかなければ、
また同じ出来事が起きてきて、
望む場所まで行けない毎日を過ごすこととなる。

人の意見を聞くということは面白いことで、
1人で生きてきてわかったことは、
人生を1人で考えると、とてつもなく孤独となる。

全ては出来レースのような感覚に陥り。
誰もが劣って見えて、最高な映画を見ることができない。

最高な映画を見ても、
2人で見ると様々な気付きがあり、
同じ映画でも共感すると、そのあと何時間も楽しめる。

しかし、
1人で見てしまうと、
その時間だけで、楽しい映画とは終わってしまう。

同じお金を払って、
何倍にも楽しむ方法とは人と見ることではないのかと思う。

あの映画のあのシーンで、
あぁなってたよねぇ。私達の今と一緒じゃない?

わかる。わかる~!!

なんて、会話ができれば超幸せだと思う。

それは、人生でも経営でも社会でも同じである。
1人で映画を見たい人はいる。

だけど、凝り固まった概念で見れば、
あの主人公は好かん。というだけで、終わるかもしれない。

当然、一緒に見る人が悪ければ、
何を言っても、あの主人公は好かん。つまらん。と批判ばかりをする。

絶対に、この人とは、一緒に映画を見ることは、
やめようと、心に誓って、また一緒に行ってしまう。

どれだけ、自分に対して、マゾなのだろうか。

そんなマゾというのは、
すごい優しさでもあり、
本当に優しい人にしかできないことだけども、
自分が辛くなるのを知っていて、一緒に行くのは、
世界に対して、人生に対して、自分に対して失礼なのかもしれない。

どこかで、
憂さを晴らさなければ生きていけない反動が出てくる。

それが、仕事だったり、プライベートだったり、
結局は自分の人生を汚す結果となる。

そうなる仕組みさえ理解すれば、
そんな事をする必要すらないことも自然とわかってくる。

私が最近思うことは、
1掛ける1=50のような関係で周りの人といたい。

1掛ける1=マイナス5000くらいにする人もいるから人は信じられなくなる。

そのマイナス5000を解消するのに、
人生を消費してしまう結果に闇が生まれて、
不必要に良い人まで傷つけてしまう結果がある。

だからみんな、1だけで考える人が多い。
愛も信頼も全部、1(自分)だけで考える。

1(自分)で考えるから、
1掛ける1=0になる結果が永遠と続く。

そういう事をしていると、
自分の世界でしか生きれなくなるから、
1で考えるくらいなら、生きてないこと=だと私は思った。

想定内の事しか起きずに、
全部自分で決めなければいけなくなる。

全部自分で決めれるなんて最高。
と思う人も多くいると思うが、
プラスのことより、1掛ける1=マイナス5000の方が多く起きて、
さらに自分を守ることで精一杯になる。

それを極めたら、
本当に人生に嫌気がさした。

とどのつまり、
誰も信じない人生の先には孤独があり、
それを突き止めたら不幸せがあり、
それを「不幸せだ」とツッコミをすると、
いや「幸せです」と開き直り、
結局は誰の言うことも信じてなくて、
自分が大好きになり、孤独になるだけ。

あぁ。
こんな人生ではなかったのに。

と後悔あとを絶たずがそこに生まれる。

私は人生をやり直すために、
極限まで様々なものを整理しました。

もう、捨てることができない。
と思っても、結構捨てるものとはあるもので、
これ以上捨てると、死ぬ。と思って捨てたときに、
なんて、いらないものを持っていたのか。と気が付きます。

本当にもう捨てるものがない状態まで来たと思う。
いや、思いたいので、
これからは、増やしていきたいと思っています。

私は今連絡を取る人が、
「3人」しかいません。

それでも収入は年間かなりあるのではないでしょうか。

電話を持たずに、
友達を作らずに、
大好きな人とだけで過ごす。

それで5000万円ほど収入があり、
生活は習字と瞑想くらいでしょうか。

そんな生活をしております。

何曜日なのか感覚もありません。
時間も気になりません。
予定はありません。
仕事もなく、友達もいない。
予定も全くありません。

最近購入したものは、
事務所を社員から「出ていってください。」と言われたので
事務所の裏に土地を購入して、
自分の住むところにしようと、
土地と建物合わせて1億円の建物を建てることにしました。

すると、その建物をスタッフ達が、
事務所として欲しいと言ってきたので、
まぁ。いいか。どうぞあげます。と言いました。

別にお金で買えるものに興味がなく、
みんなが喜べば良いだけであり、
1人で見る映画に興味がないだけです。

メルマガを読んでくださっている方の中に
昔の私を知っている人がいると思います。

大きな事をして儲けたわけではなく、
地道に人との約束を守って、
地道に仕事をしてきただけでここまで来ました。

地道に人の幸せを考え続けて生きてきたら、
このような状態になっていただけであり、
起業して自分らしく、
人に迷惑をかけずに約束を守り続けてきました。

そんな先に何があるのか知りたかっただけです。

私がここまで来たということは、
お金というものが世界から消える日は近いなとも思います。

あったところで、
生活がなにも変わらないからです。

贅沢がしたくて生きてるわけではなく、
不安がない生活をしたいだけであり。

不安がなくなると、
人生をもっとみんなと楽しみたくなるだけです。

関わっている人を幸せにして、
楽しい景色をみてみたい。

欲のない人との関係で、
へぇーそんな幸せってあるんだ。
最高やん。面白い。
一緒に遊ばせてもらっていいかなぁ。

いいよいいよ。
最高に楽しいなぁ!

って言える毎日が一番幸せです。

そうなってくると、
一緒に仕事をしようか。

1掛ける1=50になる信頼となり。
まだ、そんな楽しいことあったの。

うわぁースッゲー。やっぱ世界は広い。
という世界が来る。

人生って登場人物が1人違うだけで、
それはそれは面白い世界になることをご存知でしょうか。

友達が3人しかいない状態で、
あと3人増えたら人生は何倍も楽しくなる。

人生とは捨てたものではなく、
まだ見たこと無い景色を、
素晴らしい人と一緒に見ることに価値がある。

映画を独りで観ても面白くないのではと考えています。

誰がお金持ちになっても同じで、
一緒に話せる人が同じ幸せを共有できないとつまらない人生になる。
 
3人の友達に対して、
どうせどの財布から出しても、
結局は同じなので、1人が幸せになれば、
私も幸せになるのでと言って、いつも私が出しております。

どこから出しても、
誰のお金でもないのですから、
誰もが幸せになれば、奪い合うことはない。

奪い合ったところでも、
1人では使えないので、
映画を一緒に見たいだけである。

そんな生活ができたら幸せであり、
そんな人を多く増やしたい。

このメルマガを読んでいる、
あなたの周りの人を幸せにしたい。

私は、
ホームページを創りその会社の社長ではなく、
その会社の一番下の社員を幸せにしたい。
そんなホームページを創るために生きて会社をしています。

全社員そう思って仕事をしています。
社長だけ幸せにしても、
Fは誰も幸せにならないことを知っています。

それは、本当の幸せというものを、
誰も理解していない中で進んでいるからです。

先週お伝えした月利3パーセントのお話ですが、
以前ホームページを依頼された、
数人のいつもお世話になっている大切な方から、
やるというお話をいただきました。

私を信じてくれている。
もう付き合って10年くらいなる方達ばかりでした。

メルマガだけで、
そこまで意思疎通できると素晴らしく感動して、
そんな人達だけに伝えてやってくれることを期待して出したメルマガが、
本当にやりたいと言ってくれた。

そんな状態に嬉しく思い。
やはりずっと大切にしている人たちは、
気づいてくれるものだなぁ。と感動しました。

私から個別に電話で勧誘することはなく、
そこまでして、する必要と理由がないです。
このようなメルマガを読んでくれている。
分かる人にはわかる。それだけで、幸せな毎日です。

資料も用意出来ておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

前回のメールに内容を書いております。
https://1lejend.com/b/detail/ylTEvDpwmUIRnM/3098443/

今までのバックナンバーです。
https://1lejend.com/b/ylTEvDpwmUIRnM/

また良い情報が出てきたら、
いつでも恐れなく伝えていきます。

このメルマガも10年間ずっと毎週出しているだけで、
新規の読者は毎月2人くらいで、ずっと同じ読者さんです。
読者人数もあまり変わらず、4500名の方に出しております。

内容が内容だけに、
メルマガを見る人口も減っているので、
増えることも減ることもなく継続しているからこそ、
大切にしたい人たちでもあります。

信じ会える仲間を増やすことが、
楽しいと感じれると思うことであり、
そんな人が増えたら、人生はもっと面白くなると思います。

なにかの参考にしていただけると幸いです。

今後とも長いお付き合いをお願いします。

20190604.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識