個別記事のページです

2019年5月 9日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分らしさとは

こんにちは、ホームページ制作Fの小代です。
これまでにない長期のゴールデンウィークでしたが、
皆様はどのように過ごされましたでしょうか?
新しい元号に変わり、よりいっそう身の引き締まる思いです。

さて、さっそくながら連休中は季節外れの大掃除をしておりましたので、
これといって華々しい出来事がございませんでしたため、
自分のことについて書こうと思います。
令和の始めのブログということで、なんとも恐縮です...。

先月から引き続き、なかなか調子が整わず、
多くの方に迷惑をおかけしてしまう事がありました。

そのたびに反省し、次はこうしよう、ああしようを考えます。
1回でうまくいくこともあれば、なかなかうまくいかないこともあり
ミスがミスを呼び、どんどん上手くいかないループから
抜け出すことができなくなっていました。

Fでは、ミスをすることが許されません。
それはどこの会社でも当たり前な事かもしれませんが、
効率よくデザインなどの制作に時間をとる体制である
ミスをしてそれに関わる時間が効率の妨げになるからです。

電話での対応を控えさせていただくなど、お客様からの協力をいただきながら、
さらに良いページを制作する事で応え、お客様を幸せにしていきたい。
そのページを喜んでいただけると、自然と私たちも幸せになっていく。
その繰り返しの中で、ミスに囚われる時間が無駄なものであると気づき、
自然とミスをしない流れが「良いデザインをする体制」へと変わっていくのです。

そこで私は「ミスをしない」に囚われ過ぎて、
朝から終業まで「ミスをしない」という意識に多くの力を使っていました。
「ミスをしない」ように気をつけるからこそ「ミスをしてしまう」という
なんとも皮肉な状態にありました。
ミスをしないように気をつけているから、いつも不安で心配な状態。
改善をしようとして「ミスがミスを呼ぶ状態」を作り出していたのです。

ミスをしないように気をつけるのではなく、未然にミスをしない状態にする。
そうして、その分に振り分けられていたエネルギーをデザインの方で発揮できる。
その流れがとても大事なことだと気付く機会をいただきました。

また、なんで自分だけができないのだろうかと反省することも必要ですが
それだけでは、前進する事ができず自分の足元を見つめるばかりでした。

高い目標に対して、背伸びをすると体がひきつってしまい動けなくなる。
多くの階段を駆け上がろうとすると、足が絡まりつまずいて転げ落ちる。
そんな状態の中で、今一度自分いうものを見つめなおす事が必要でした。
自分ができること、自分が無理をせず人のためにできること。

それは、ただ楽を選ぶということではなく、等身大の自分と向き合うことで
今の自分に必要だと考える明確な目標を設定し、無理をせず健康な状態のまま
自分のペースで一歩一歩を確実にこなしていく事が必要だと言うことです。

こんな自分にも良いところが必ずあるはずで、その光る場所を大切に育て
苦手な事をカバーできるくらいのものになれば、誰かに迷惑をかける
そんな事もなくなってくるのかもしれません。

急ぎ焦る事で、つまづく事が多い平成でしたが
また、新たな志を抱え一日一日を大切に過ごしていきたいと思っています。

梅
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識