個別記事のページです

2019年5月29日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

16の性格診断

こんにちは。ホームページ制作Fのまるいです。

先日、16の性格診断という診断テストを
複数人でやってみる機会がありました。
(16の性格診断というのは、かんたんな質問に答えていって16のグループに
分類をするという性格分析ツールです。結構有名な性格診断らしいです。)


いくつか診断サイトがあって、人によっては
サイトによって診断内容が変わるという人もいたので
私も数個のサイトで診断してみたのですが
何回やっても同じものにしかならなくて少し残念でした...(笑)

というのも、私の診断結果はESTJ(指導者/責任を果たす人)という
グループだったのですが、自分で診断結果を読んでいて
え~、何この人きつい!と感じたので、
あわよくば、別のタイプの診断結果も出せたら
ああいう一面もあるかもしれないし、こういう一面もあるかもしれない
のように思えるかなと思ったのですが...。

結果の中に"自分の考えを押し付ける傾向がある"、とあって
自分と相反する考え方の人がいた時に
突っぱねてしまいそうになったり
合わない人だと思ったら、潔く距離を置いてしまうような
ところが自分にはあるし、短所だと思っているので
当たっているかも、と思いました。

最近、友人と何気なく会話している時に「今の言い方は
良くなかったかも。」「別の聞き方の方がよかったかなあ。」とか
反省することが多かったので、余計に刺さったのかもしれません。

相手に対して取り繕うとか、ご機嫌を取る、のようなやり方ではなくて、
純粋に理解する、理解した上で接し方を考える、ということをしたら、
もっと色々な人と交流できたり、感じ方が変わったりするのかなあと思うので
ホームページのデザインをする時のように
視点を凝り固まらせない、見る人のことやお客様が伝えたいことを
柔軟に考えて構成や文章・キャッチ・写真・色合いなどを
考えていく、をもっと実生活でも考え方として取り入れられると
いいかもしれないですね。

一緒にいた人にどうかな、と聞くと
「っぽいよ。」と言われたのと
自分でも、そうかもしれない、と思う部分があったので
全てを信じるわけではないけれど、自分を振り返る参考にするのに、
覚えておいても良いかもしれないなあ、と思いました。
51b323f63468b2ddfdd1adce113d9fc8_m.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識