個別記事のページです

2019年5月13日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

存在を疑うのではなく仕組むを疑う-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
人を支えるホームページ制作F望月聡です。

人は変わりたいと願う一方で、
変わりたくないとも、変われないとも思う存在です。

そのジレンマをこじらせればこじらせるほど、
自分を傷つけるのか、人を傷つけるのか。

攻撃対象が目先のものになってしまう。

目先のものを変えて、
一事が万事に見えればよいですが、
一事が一事さえ解決しないことばかりな生き様です。

目先のもののほとんどが、
表面的なものであり、その先に根深いものがある。

根深い奥底の問題を解決しなければ、
いつの間にか吹き出物はその場所に出来てしまう。

表面だけ綺麗にしても、
内面はうごめいているので黒いままで在り続ける。

内面と外面に軋轢ができて、
自分らしくないものが出来て溝が生まれる。

この溝にはストレスや闇が入り込んで、
さらにその溝を引き裂こうと泥を入れてくる。

精神薬に手を出すと溝は埋まるが、
本当の精神という傷口は悪化していく。

悪化したときに蓋を開けると、
やっと気が付く出来事がある。

最初から知っていれば、
ここまで汚くなることはなかった。

結局自分を苦しめたことは、
そんな簡単なことだったのか。

下から見ると見えないことは多く、
山登りは大変だが、
1度登った山を降るのはとても簡単にできる。

上から見れば、
その道ではないとすぐに言えるが、
下から登っている人はこの道が頂上に一番速く着くと思っている。

どちらも楽しんでいるわけではなく、
悪気があってやっていることなどなにもない。

みんなが喜びに満ちて、
幸せになれば良いと思っているだけである。

下から見れば、頂上の人は良いなと思い。
上から見れば、今から登る人は楽しいだろうなと思う。

頂上を登った人は、
自分が無駄だった部分に、
看板を立ててそっちは死ぬよ。
けど、エキサイティングだけど、リスク多いよ。
こっちの道の方が多くの人が幸せになる。と伝えることが、
頂上まで登った人ができる唯一のことだとも思う。

登ることは無駄ではなく、
上りに無駄が多くあるから、頂上まで来れないだけ。

上から見ればよくわかるが、
下から見ると全然わからない。

わからないから溝が生まれて、
葛藤が生まれてリタイアしていくこととなる。

目先のことで解決できなければ、
その問題の解消方法は違うということで、
考えている。完結している。仕組みに問題がある。

どこから始まってどこが終わりなのか。

その問題はどこの小さな、
「ほつれから歪み」が出てきたのか。

それをいつも考えれば、
物事の問題というのは比較的簡単に理解できます。

狭い視野で考えれば考えるほど、
完結しないので同じ問題にすぐにあたる。

同じ問題でいつも悩む人生は素晴らしいと思うのは、
そこにはコンフォートゾーンがあるからです。

コンフォートゾーン(安定)
ラーニングゾーン (成長)
パニックゾーン  (限界突破)

この繰り返しで自分の枠は上がっていきます。

結局大きな物事の視野で見るには、
パニックゾーンの先にある。

蓋をしている問題に、
手を突っ込まないと解決できないことが多いです。

それが良いとか悪いではなく、
人生は自分がなりたいように生きれる
素晴らしい選択が日々そこに生まれることにも気が付きました。

そこに行くためには、
コンフォートゾーンだけでは辿れないだけで、
昨日楽しかったことが、
楽しくなくなる人生を永遠に歩んだ先にこそ、
楽しい最高のまたなにかがあり、
その最高を捨てた時に、また次の最高がある。

ずっとコンフォートゾーンにいれば、
安定した永遠の人生がそこにあるが、
人生とはいつになっても理想に刺激され、
苦しいものであり、
それを自分の人生のせいにするのではなく
自分の世界の仕組みのせいにするのも楽である。

付き合う人を変えてみる。
携帯電話を無くしてみる。
Facebookをやめてみる。
会社をやめてみる。
そのポジションを譲ってみる。
1番嫌な存在と仲良くしてみる。
1番大好きなことをやめてみる。

上記は私がこの1年間でやった大まかなことです。

自分で変われないと思ったら、
心地よい習慣を変えてみる。

心地よいからこそ「枠を格」を止めているものでもある。

しかし、そこまでして変える必要があるのかはわからないものであり、
その存在の幸せはその存在が決めればよいだけである。

誰もがコンフォートゾーンが好きだが、
その先にある1周回ったコンフォートゾーンも好きである。

理想があるからその先を見る。
理想がなくなったときには、
最高の場所が手に入っている。

理想が上塗りされて行く私の生活の先には、
今でも日々パニックゾーンを走る道しかありません。


その道を足掻けば足掻くほど、
誰かがパニックにならなくなる道があらわれる。

周りの人だけでも幸せになれる。
私1人の人生で多くの人が幸せになれるのなら、
やったほうが良い人生が私の道である。

どこまで身を削ってこの命を多くの人に対して、
引き換えに幸せな喜びを振りまくことができるのか。

そんな場所に立つという考えで、
誰もが喜びあえる状態を尽くして、
何者でもない本当の喜びを感じさせて生きてます。

いつなくなったも同じ命だからこそ、
恐れて自分を守っても仕方なく、
命としてできることをやれば、
そこには輝く光が出てくる状態となり、
その光こそが、私だなぁと感じる場所だと思います。

知れば知るだけ世界は広く。
無駄なことで悩んでいたと気がつく日々であり。

ちょっとずつですが、
進歩しておりますので、
多くの方に楽に喜びを見いだせるようにしております。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

過去のバックナンバー
https://1lejend.com/b/ylTEvDpwmUIRnM/


配信登録URL
繁栄する会議のメルマガ登録URL
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

20190509_180037 .jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識