ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2019年5月31日(金)
性格診断してみた

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。
更新部門に移り、今後は月に1回のブログ更新となりました。
そうなると何を書こうかな〜せっかくだから人に役立つことを書きたい!と思い、
カメラの説明とかしてみようかな〜と思っていたのですが、
先日の丸井さんの性格診断が面白かったので私も試してみて、
思わずな結果が出たのでそれを書きます!

なみにこの診断結果、見覚えがあって思い出したのですが、
以前私がVIAテストをブログに書いた後で、高橋さんも性格テストを紹介していて、
それと同じものでした。その時もこの占いチックな診断をしていたのでした。

前置きが長くなりましたが、私はISTPというタイプでした。

実はコレ。面白かったのが、望月さん(社長と呼ばないのがまだ慣れない)が
テスト結果を教えてくれましたが、
正反対の性格だったんです!

外向型と内向型、直感型と現実型、論理型と道理型などなど・・
全て反対で、思わず吹き出しました。
真逆ってすごくないですか?
え〜〜〜!!そんなことある?!と思って、一人盛り上がり、
ある意味すごいし、なんて貴重な関係だろうと思いました。
きっと何十問かある質問に対して、ほぼ全て反対のアンサーをしたらこうなるのでしょうか?
ちなみにこれを私は面白い!と思いますが、
もしかしたら反対の感性の人は・・どう思うんでしょうかm(._.)m

でも一点共通していたのが、どちらも少数派の性格だそうです。
(アメリカの統計ですが)
中でも私のタイプは女性では珍しいらしく、
その部分だけはあっているのかな?と思いました。

と、ここまで書いておきながらなんですが、結局こういったテストよりも
周囲の人が判断や意見してくれる「私」というものと、
自分自身がしっかり向き合い思う「私」に依拠したいと思いますm(._.)m

実際、最初は面白おかしくみてましたが、やっぱり違うなぁと思う部分もあるし、
この種のものは一種のエンターテイメントとして、
または自分を客観的にみようと試みるツールとして使いたいなと思いました。
それにあえて自分というのをこういったものに当てはめて、
勝手に相性が悪いだの何だの思いたくないですし・・・

私はいま、更新部門になり
早二ヶ月経ちますがとても楽しく働いています。
性格テストをするまでもなく適性を見抜いてくれた知己である周囲のみんなに感謝して、
恩返しというべきか、1日でも早く役に立ちたいなぁと心から思ってます。

次回は簡単でも写真の話ができたらいいなと思います。
では、良い週末を!

116b5cbfe0820b8141b03401b2e31bfa_s.jpg

2019年5月29日(水)
16の性格診断

こんにちは。ホームページ制作Fのまるいです。

先日、16の性格診断という診断テストを
複数人でやってみる機会がありました。
(16の性格診断というのは、かんたんな質問に答えていって16のグループに
分類をするという性格分析ツールです。結構有名な性格診断らしいです。)


いくつか診断サイトがあって、人によっては
サイトによって診断内容が変わるという人もいたので
私も数個のサイトで診断してみたのですが
何回やっても同じものにしかならなくて少し残念でした...(笑)

というのも、私の診断結果はESTJ(指導者/責任を果たす人)という
グループだったのですが、自分で診断結果を読んでいて
え~、何この人きつい!と感じたので、
あわよくば、別のタイプの診断結果も出せたら
ああいう一面もあるかもしれないし、こういう一面もあるかもしれない
のように思えるかなと思ったのですが...。

結果の中に"自分の考えを押し付ける傾向がある"、とあって
自分と相反する考え方の人がいた時に
突っぱねてしまいそうになったり
合わない人だと思ったら、潔く距離を置いてしまうような
ところが自分にはあるし、短所だと思っているので
当たっているかも、と思いました。

最近、友人と何気なく会話している時に「今の言い方は
良くなかったかも。」「別の聞き方の方がよかったかなあ。」とか
反省することが多かったので、余計に刺さったのかもしれません。

相手に対して取り繕うとか、ご機嫌を取る、のようなやり方ではなくて、
純粋に理解する、理解した上で接し方を考える、ということをしたら、
もっと色々な人と交流できたり、感じ方が変わったりするのかなあと思うので
ホームページのデザインをする時のように
視点を凝り固まらせない、見る人のことやお客様が伝えたいことを
柔軟に考えて構成や文章・キャッチ・写真・色合いなどを
考えていく、をもっと実生活でも考え方として取り入れられると
いいかもしれないですね。

一緒にいた人にどうかな、と聞くと
「っぽいよ。」と言われたのと
自分でも、そうかもしれない、と思う部分があったので
全てを信じるわけではないけれど、自分を振り返る参考にするのに、
覚えておいても良いかもしれないなあ、と思いました。
51b323f63468b2ddfdd1adce113d9fc8_m.jpg

2019年5月28日(火)
社長が思う不安を解消できる最高な時間-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
ホームページ制作F望月聡です。

本日はやっと皆さんを楽にすることが出来る。
方法と手段を持ってきましたので、お読み頂けると幸いです。

私は不安を解消するために多くの事を
経験してきました。

どうしたら自分らしく生きれるのか。
隠して生きる自分に価値があるのか。

社会に溶け込めずに、
社会から逃げ出して、
自分の社会を創り走り続けてきました。

人生を一切妥協せずに、
思うままに生きて、誰にも気を使わない。

失うものもない。
自由とは解放とはどこにあるのか。

人生ここまで来て、
幸せにならないということは、
誰も人生を幸せだと思えていないはず。

有名になりたくて、
書籍も出したり、色々としましたが、
そんなことをして出会う人と話しても、
純粋に幸せな人に会う事が出来ません。

そもそも、
幸せだという人に会ったことがなく。

いつもなにかに不安を抱き、
満足していない仮面の自分がいる。

いかなるときも自分で生きる。
誰からも下げた目で見られない。

一変の塵無し。
そして毎日が最高である。

若くして死んでいく有名な人は、
そこまで歩いてたどり着いたときに、
思った景色と全く違い。

人生に光がないと悟ったのでしょう。

私もその場所に立ち気が付き。
人生には光がないと絶望しました。

そして私も思いました。
自殺しよう。27才の時です。

しかし、ここまでやっと来て、
希望と思ってた光が、
その場所に立つと絶望と知った。
そして、自殺を考えさせる。

この先に光なんてない。
結局人生とは汚いものである。

一生この下らない人生を過ごすくらいなら、
綺麗なときに死んでた方が楽である。

こんな思いで死ぬ人に対して、
私が光を見せれば、光を見つければ、
その人は死ななくてよいのでは、
もう、頑張りきった人に対して、
素晴らしい景色を見せることが出来れば世界はもっと楽しくなる。

格好いい大人をたくさん創りたい。
その為には格好いい大人になる。
ダサいことは一切しない。

私の生きる意味に変わりました。

もう、みんなが思い描いている、
成功の先に、
本当に思い描いている世界を見せたい。

そして、その光となり、
その人たちを生きながら楽にさせたい。

私のような人生を味わわせたくない。

だからこそ、
様々なことを勉強して最高になる。
光を見つけてきました。

誰にも迷惑をかけない。
思われたら負け。
自分らしく最高に生きる。
ストレスフリー。悩み0の状態。
いつも綺麗な楽しい映画を見ている生活。

これこそ私の考える。
生きてる。今日生きてて良かった状態。

この光をみんなに伝えたい。
できるようにしたい。

そんなことを27才の時に考え、
37才の最後の日にやっと形になりました。

結局10年かかりました。
短い方ですが、明日からもう38才です。

いつの間にか年を取りましたが、
27才の時にこれを経験したかった。

1つだけ思うとすれば、
目線を変えれば何歳からでも、
最高な人生を歩むことができる。

この知識を持っていれば、
27才の私だってその時から、
最高の光に向かって進めることができました。

私が生きるのには、
残りあと50年くらいしかありませんが、
この事実を皆さんに伝えて、
多くの方に自分の人生を最高に生きて、
多くの幸せを周りに与えたいと思います。

社長が思う不安を解消する。
お金で買えるものに興味を持つことが辛い。

お金の先にあるものは孤独ですよ。
孤独を邪魔しているのは欲ですよ。

欲があるから、
ここまで来たのに欲があるから孤独になる。

お金がないと生きていけない世界で、
欲と孤独に挟まって動けなくする。

なんとも面白い人生の究極の仕組みであり。
ここからでるのに、
死にたくない。人生を壊したくない。
という更なる生存欲求が出てきて、
さらに、わかっちゃいるけど、
進めないという枠が生まれ続ける。

全部捨てたら良いじゃん。
と人は簡単に言うけれどそんなの出来てたら、
とっくの昔にやっている。

本質では、
愛と信頼しか残らないことを知っているが、
そんな世界は来るはずがないと信じている。

それが普通であり、
だからこそ、さらに深い孤独になる。

お金と言うものを愛しく思えば思うほど、
孤独が亡霊のように付きまとい、
社会の中で孤独な人生を歩む結末になる。

そこで考えたのは、
私は2年前に全部の給料を社員に全て渡す事をしました。

そのまま会社も全部渡しました。

自分で稼ぐから、
お金に対して執着が出てしまう。

稼がなければ自分のお金ではないので、
執着はなくなる。

極論ですが、自分を変えるためには
こんなアホな方法しか思い付かなくて、
実行しました。

すると、単純に孤独ではなくなりました。

単純な理論は合っていました。

しかし、お金が入ってこない不安と、
14年間やって来た会社が潰れるのでは。
という不安に追われる日々となりました。

後戻りすれば孤独があり。
前に進めば、潰れて自己破産で路頭に迷う。

様々なことをして、
結局はうまくいったので良いのですが、
多くの人にこの方法を進めても、
できるはずがありません。

簡単にいうと、
お金の事を気にしない仕組みを創れば、
愛と信頼しか残らなくなり、
本当は優しい自分に戻れるということです。

人生には多くの選択があります。
一方は給料を全て社員に還元する。

もう一方は、
貯めたお金を使って利回りで給与を取る。

結局私は、
2年ほど前から
今の収入は月利3パーセント以上の
運用をしてもらい。

年間40パーセント前後の運用益で、
毎月300万円以上の収入を頂いてます。

やっぱり世界は広い。
働いたお金は働いた人に返してもうまくいけます。

働いたお金に執着するから孤独となる。
貯めたお金を運用すれば世界は変わることが出来る。

こんな情報は大切な人だけに伝えていました。
誤解しか生まないからです。

今までに薦めたのは3人だけです。
1人は小学校1年生からずっと一緒の旧友。

あと2人は先月頼まれて、
30年以上の老舗の会社を経営している。
大分で親友と呼べる会社。
塗装屋さんと設備会社さん。
私自身が社外取締役になることとなり、
2社ともに大きくお金を入れてもらい、
社長の給料をこの運用益に変えるようにしました。

大切な人に紹介したということは、
どこまで紹介しても同じ結果です。

まずは自分で全て試して良いものだけをすすめる。
一番大切な人に薦めて効果のあった。最高の物を皆さんに告知する。

みんな大切ですから。
全員を愛してると言えるのが私の世界です。

全員から嫌われることなく、
全員と愛されている愛していると言って過ごす。

私が実践して全財産いれても、
安心して生活ができるそんな内容です。

もし、知りたい方がいましたらお気軽に、
質問などをお書きになりメールください。
500万円から受付する事ができます。

このビジネスは今年の10月から、
Fとして始めるビジネスですが、
ホームページはできていませんが、
受け入れる準備ができましたので、
大切なみなさまに先に告知をさせて頂きました。

14年間でやっと自分たちでやりたい。
人を本気で幸せにできる。
誰も傷つかない仕組みを構築することができました。

孤独な人生をなくして、
愛と信頼だけで生きる。
そんな世界を我慢せずに創るお手伝いの為に、
私が実践している仕組みを書かせていただきました。

まだ他にも方法はいくらでもあると思いますので、
お金の執着を消していきましょう。
どうせお金は40年後には世界からなくなります。

私は多くの人より
ちょっと先の世界を見ているだけです。

人生の参考になれば幸いです。

愛と信頼意外なにもないと言えれば、
全ては綺麗な映画を見ている人生がそこにあります。

それが光であり、
そんな人生を味わえたことに最高と感じます。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

20190528.jpg

2019年5月27日(月)
楽しさについて

こんにちは、ホームページ制作Fの穴井です。
早いもので入社してもう2ヶ月になろうとしています。
最初は、あまりうまく使いこなせずにいたデザイン系のソフトたちも
最近は、なんとか言うことを聴いてくれるようになってきました。

GWを過ぎた頃から、
実際のお客様のページのデザインに関わる機会をいただけている中で
このページを見てお客様にどう感じて欲しいのか?
この会社のこういう所を伝えるには?などなどを
考えながらデザインしている時の感情や、
何度もOKもらえずに、壁にぶち当たり、文章が思いつかない時のくやしい想い
そうこうしていると期限も迫り、焦ってしまう感情や
そんな中でも、丁寧に的確な、アドバイスいただける先輩への感謝の気持ちなどなど
様々な感情がありながらも、自分らしく楽しんでデザインをさせていただいています。

その中でも、1番嬉しいのは、最終のデザインチェックでOKをもらったときなのですが、
先輩からは、実際にHPがUPされるとそれいじょうに感動するよと教えていただき、
自分のデザインされたページ達がUPされるのを待っています。

こういった職場環境に、本当に感謝しているのですが、
さらに恵まれたことに、GWは10連休をいただけました。
今更、GWの事かよって自分でも書いてても思いますが、書かしていただきます。
最初は、どこにも行く予定も特になく、近場でって話をしていたのですが、
急遽、宮崎、鹿児島の知人に会いに行ってきました。
急に決めたので、ホテルも中々取れず、
1泊2日になってしまったので、もの凄い移動距離になり、
また、行きたい場所をかなり無理やり詰め込んだので強行日程となり、
ほぼ車の運転時間(移動距離500km)に費やされれてしまい、
知人に会う時間が短くなってしまったりもしましたが、
なぜか、楽しい時間を過ごすことができました。

で、うまくまとまってはいませんが、何が言いたいかというと、
仕事にしろ、遊びにしろ、楽しいことはきつくても楽しい。
今までの人生の中で、いつ、何を楽しんでたきたかな?って考えると、
あのときか?って思いつくのは、すごく体力的や、精神的にきつかったときなんですよね?
それでも、自分が好きだったり、やると決めたりしたことは、楽しめてやれてたし、
そいうときは成長できてるし、成果もそれなりに出せていたように思います。
なので、自分が働きたいって思った
この環境で好きな仕事が出来ることを楽しみながら、成長していきたいと思っています。



IMG_2798 (1).JPG
旅行でいった宮崎の写真です。
これを見てすごくはしゃぐ娘達と、
まったく無視して、1人亀に夢中な息子がいました。
子どもたちが好きなことに、夢中になって楽しみながら成長できるように、
僕も、好きなこと楽しむ背中を見せていけたらなって思います。




2019年5月24日(金)
自分とは何者なのか?

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

自分自身を振り返ることはありますか?
自分は何者なのか、なんで今ここにいて、この仕事をしているのか。

今まであまり考えたことはないのですが、
自分自身を振り返ると
すごく冷めてるなあ・・・という感じがします笑

この前望月から言われたのですが、
小島は良くも悪くも空っぽなのだと。

ズバリ見抜かれていました笑


正直思うところなのですが、
自分はFの一員であり一員ではありません。

Fに選ばれた人にだけつくと言われる?
導き手みたいなものも自分には付いていません。
この話をすると訳がわからないと思うので置いておきますが笑

でも、Fのニュースレターは作れますし、
たぶんリニューアルは自分が担当します。
(時間は掛かりますが・・)

何か素材をもらってデザインすることはなんだかんだ得意です。


だから、お客さんのホームページであれば、
しっかりヒアリングさえすれば作れます。

ただ、自分のホームページを作れと言われたら
たぶん作れません笑


お客さんのヒアリングをしている時も感じますが、
やっぱり経営者には想いがあり情熱があります。
ヒアリングするとすごく伝わってきます。

自分もFのことを書くことはできますが、
内側からにじみ出るような情熱とか想いで書き上げていると言うよりは、
これまでのFという場所で働く上で学んできたこと
知っていることを書いている感じです。

だから何かと表面的であり、
深さがないのかなと理解しました。

でも、深さを出すことはできます・・・
時間がかかったり、情熱ある人からの言葉が必要だったりしますが。


そう考えると自分は何者なのでしょうか?笑
これが自分なのだ!
というのを作っていくことはできると思いますが、
そもそもそこに対する情熱がありません。

この人みたいになりたい!という理想像的なものもありません。
すごいなー。かっこいいなー。みたいな感情はありますが、
それは、一時的であり、憧れを抱くこともありません。

参考にしたり、勉強したりすることはありますが、
崇拝するような人もいません。


Fの代表取締役になってますが、
他の人に譲るのも全然大丈夫です。

これ言うともっとしっかりしろよ!的な事を言われそうですが笑
執着や執念みたいなものがないような気がします。


無理もしたくないし、頑張りたくもない。
これも言うともっと頑張れ的な事を言われると思いますが笑

無理をすると続かないし、心が壊れます。
ということをFで学びました。
頑張らないというのは、
自分の人生の大切な言葉でもあります。
それもFで学びました。

自分はこんなに頑張った!だからもっと褒めてよ。
なんで感謝せんの。自分だけ頑張ってるのに。
とか変な欲求が出てきて、これも心を壊す原因です。

なので、何事も無理はしたくないですし、
する必要はないと思うようになりました。


でも、岡部のブログでもありましたが、
好きなことは極めたほうが良い気がします。

好きなことだから無理がない。好きだから続けるし没頭する。
好きだから情熱が溢れてくるし、そこに想いが出てくる。

逆に無理があるならやめてもいいし、
やり方を変えたら良い。



と・・・前置きが長くなりましたが
ということで、
自分はキャンプにハマりました笑
唐突すぎかな・・・

田崎のブログの写真を見て、
興奮してしまったくらいハマりました笑

この前、城ヶ原オートキャンプ場に、
子どもたち3人と自分だけで1泊初キャンプをしたくらいです。
今考えると無謀すぎましたが、
それだけキャンプ熱があったのですね笑

しかも、田崎のテントみたいに立派なやつじゃなくて、
アマゾンで2000円位で買ったピクニックで使うようなワンタッチ式テントです笑
190524_camp.jpg
自分はキャンプに対してド素人もいいとこなんですが、
テントを立てる過程も、火をおこす過程も、
知らないこと、できなかったことができたときの喜び的なものがありました。

達成感と言うか、自分で自分の意志でやってるという、
誰から言われるでもなく、自分の意志で動いて自分の意志で決断する。

逆にキャンプはキャンプでも、
誰かと一緒に行って、
テント設営や火起こしを任せて自分はちょっと手伝うみたいなことだったら
多分一生キャンプ行ってないと思うのですが、
自分でやるから楽しかったです笑


自分で考えることや、自分の意思がなくなった時点で、
何も楽しくなくなって、続けることが苦痛になり無理が出てきます。

自分って言うのはすごく大切だと思います。
自分中心でも良いんじゃないかなと思うくらい自分が大切な気がします。


今は空っぽの小島ですが、
自分を持つことを意識し始めました。
自分とは?を考える0歳の赤ちゃんです笑

自分って楽しいですね(^^)


今週は、糸ヶ浜海浜公園にキャンプでお邪魔してきます!
1つの事が好きになると、キャンプめしや、温泉とかいうのも関連してきて、
それもまた好きになっていきますね。

2019年5月24日(金)
趣味の話

こんにちは。更新管理担当のオカベです。
今年暑すぎて毎年7月位からしかしない日焼け対策をすでに始めた自分が居てびっくりです。
毎年社内で熱中症になるので今年は気をつけたいと思います。

4月半ばからGWを挟んでGW明け、と約一ヶ月の間で舞台を見に行きました。
連休前、連休明け等毎週のように金曜半休を頂いて遠征させていただきました。みんなありがとう。
おかげで約1ヶ月の間飛行機3往復、東京大阪と行きまして10公演以上見ました。
よく同じ作品を複数回見るのすげーなっていわれるんですけど、全然見れます!!!
ライブ・舞台だと日替わり、同じ公演内容でも演者のコンディションとか見る場所で違うものがあるし、、とおもうと「見たい!!」てなってしまいます。
ガチ恋系ではないので演者を見たい!というより公演内容にいろんな解釈をしたい!感じです。
めんどくさいタイプです。

今でこそ所謂舞台俳優に推しがいて、の舞台観劇オタクですけどそれまでは
割と音楽系(バンドとかアイドル)が好きで、やっぱりその頃も全通とかめちゃくちゃしたし
基本的に「行かない後悔より行って後悔」なのでちょっと無理してでも行ったり・・
あと好きなコンテンツにはお金を落としたい欲がめちゃくちゃ出てしまうし空席を埋めたい欲も・・・
超人気!とかじゃない限り東京でも平日夜は空席が目立ったりするし、でも私は大分にいる限り
一番埋めてあげなきゃいけないその空席を埋めてあげれないんだ~~という悲しみで鬱になるほどです。
一般の人には理解してもらえなさそう。。

K-popを好きな時期もあって2週連続韓国に行ったときもあったし、そのときも引かれましたが
大分からだと東京行くより韓国行くほうが近いし安いんですよ!て返したりしました。
けどそんな当時好きだったK-popアイドルもグループは解体しましたし現在兵役に行ったりしていたりとか、
高校時代は九州のV系バンドに通っていたんですけど、好きだったバンドのメンバーがサラリーマンしている姿とすれ違ったり。
あの頃はステージで輝いていたのになあっておもうし、アイドルもバンドマンも役者も本当に
いつ何が起きてどうなるかわからないなあというニュースが多くて、明日は我が身でもあるんですけど
やっぱり推しは推せるときに推せ、に尽きるなあと・・・!

昨日年金のニュースもあったし、長生きするつもりなら自分で蓄えを作らないといけないていうのが明確になってきて今を楽しく生きる生活も変えていかないとなぁと思うけど、やっぱり今楽しく生きたい。。。。
仕事だって基本的には楽しいけどやっぱりクソくらえだなぁっておもうことだってあるけど、
推しを見るために働かないと・・・ていう働く意義をくれるものでもある。
先々週も遠征から帰って来てロス状態になりながらも推しの次の舞台のチケットを入金したし
楽しみがあるから頑張ろうって思うしそれが支えなのは明確なのでもう少しこのままでもいいかな?とか。
少し前まで植木の趣味の話もありましたが、Fって結構パワーのある趣味を持ってる人が多いし(まあオタクが多いっていう話でもあるんですけど・・)その趣味のために仕事頑張ってる人が多いし。

Fで結婚ラッシュが起きたら見直そうとおもいます。(多分無い)


写真は大阪の帰りの飛行から!
大阪半年に1回くらいしか行かないけどほんと食べ物が美味しかったな~

190524.jpg

2019年5月22日(水)
心穏やかに

こんにちは、ホームページ制作Fの田中です。

あっという間に入社してから一ヶ月と半分ほど経過しました。
日々、新しいことをするたびに要領を得るのに必死なところも多いですが、
過ぎてみると本当にあれよあれよと一週間が過ぎてしまいます。

GWを過ぎ、いよいよ実務に携わるチャンスも頂けるようになり、
初めての納期のある仕事にワクワクと不安入り交じるスタートでした。

作業をするにあたって、楽しさもある反面、
「失敗したくない」気持ちや焦りにより、
必要以上に身構えてしまう瞬間もありました。

しかし、そのたびに先輩にアドバイスや温かい言葉かけを頂き、救われつつ、
改めて取り組む姿勢やペース配分を考える時間だったと感じています。

焦りや不安から方にぐっと力が入り、本来なら出来るはずのことも
ぎこちなくなってしまう時があります。

以前Fの話し合いの中で、
「人と比べなくて良い」という言葉を頂いたのですが、
自分らしく働くことを勧めてくれている環境なのだからこそ、
誰かと比べて自己を否定したり、持っているものを発揮出来ない状態なのは
もったいないよなぁと気づくことができました。

まだまだ勉強過程で序章に過ぎないとは思うのですが、デザインのことはもちろん、
自分との向き合い方や良さを見出すための学びも多いと思うので、
どんな時も楽しむ心を忘れずに取り組もうと決意を新たにしているところです。

GWは大学時代の友人と久しぶりに合うことができ、
福岡の糸島に初めて行くことが出来ました。

海沿いにおしゃれなカフェやかき小屋、バーベキュー施設など
たくさんあったのですが、どこも空席待ちの状態で
のんびりというわけには行かなかったのですが、
気候も暖かく、きれいな海に癒やされました。

海をバックに、全員で一斉ジャンプ写真を撮ろうとしましたが、
なかなか揃わず・・・・。

取り終えた後、友人の一人がぼそっと
「うちらもまだ若いよな・・・」と言っていました。

皆それぞれ仕事の大変さややりがいを持っていて、
再会した瞬間学生に戻ったように変わらず接する反面、
学生の時とは違う大人な表情があるのを感じました。

少しその感覚に寂しさを覚えたりもしたのですが、
社会人としての苦労や楽しさを分かち合ったり、
励まし合うことが出来るのは、ありがたいことだなぁと
感慨深い一日でもありました。


海.jpg






2019年5月20日(月)
光り輝く場所になるとは-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
人を支えるホームページ制作F望月聡です。

すべてを無くしてから考えよう。

人の命が始まったときから、
もう宿命と運命が決まっており、
何かが汚れたままはじまっている。

そのはじまっている段階で、
汚れているから、汚れが激しくなり、
歳を取るごとにどんどんきつくなっていく。

好きな仕事をしても、
自由に会社を起こしたとしても、
自分の持っているもののままではうまく行かず、
自由になるためには、削ぎ落としていかなければいけないものがある。

欲とか忍耐とか苦悩とか、
人に付きまとう執着のようなものが残ります。

しかし、自分ではそれを普通と思っていて、
身体の一部だと思っているので、
腕が切り落とされるまで、その腕が必要かどうかはわからない。

それくらい、
大切なものだと思っていたものは、
手放したらただの執着だったと気がつきます。

気がつける瞬間とは一瞬しかなく、
その一瞬で大きく気がつけば、大きく成長できるが、
例えですが、腕を一本無くすのではないのか。という恐怖も付きまとう。

大きく自分を変えていくというのは、
非常に簡単なようで一番難しいことであり、
自分の身体はエゴでできているのか、
欲でできているのか、光でできているのか。

この思考を形成している身体は、
どんなことを元にして形成されているのか。

その形成しているものが、
エゴや自己欲であれば、
本当に自分とはそれで良いのか。

今までの自分を変えるなんて、と思っても、
エゴでできていた自分を守るなんて必要があるのか。

自分とはほんの小さなもので、
大半はマイナスかプラスの中身によって形成されています。

欲が大きければ、
老いが激しくなり、人のことを妬むばかりとなる。

プラスが大きければ、
自分と乖離してどんどんきつくなり、
身体がついて行かない状態となる。

そんな大切な大きな事に気がつくのに時間がかかり、
なにもないところにこそ、
大きな光というものは生まれるのだと気が付きました。

そんな事を考えていくと、
5000年経ったときに、私のほうが5020歳年上だ。

ということを言わない事実が在り、
100年後にはみんな死んでいる。ということでもあり、
色々と小さなことに執着をしていると感じました。

なにもないのに何かあるのに見えていない。

何も無くすと見えてくるものがあります。
先程書いた、必要だと思っていた腕が本当は必要ではなかったり。

自分を守るためにだけ使っていたんだ。
守るって、戦うって事があるから、
守らなければいけない結果となる。

そうすると、
相手も守るために何かを持つ。

人とはよくできていて、
バランスを取りながら、
マイナスとプラスの反作用で真ん中を取れるようになっている。

反作用がなくなったときに、
摩擦がなくなり、真空の状態となり、
一気に加速した成長がそこであらわれて、
次の摩擦がある部分で止まり成長がゆるやかになる。

そして、何もなくなったときに、
また一気に摩擦がなくなり、見えてくる景色が変わってくる。

ストレスフリーになれば、
どこまでも伸びやかに成長していくことができる。

大切だと思っていたものが、
本当に不執拗だったということがわかる。

常識過ぎて新しい常識が見えない、
当たり前すぎて新しい当たり前が見えない。

日々勉強をしていれば、
わかることも多くあるのですが、
本も読まず、勉強もせずに、
自分が見たものを自分の判断で決断するから、
成長することがなく、常識を枠(格)で捉えていく結果となる。

なにもないには、
本当になにもない心地よさがあり
なにもない汚れない光となる。

有るけどなにもない。
なにもないけど有る。

無いがゆえに創れるものがあり、
統べてなくなったときに光が生まれる。

それが本当の光である。

考えるから人になり、
光は感じるものである。

感じたままで生きる最高の自由とは、
そういうことだと気が付きました。

なんて無駄な生活をしていたのだろうか、
無駄に持っているものも、必要と感じたときに
全てはあとから綺麗になってついてくる。

なにもない世界で光るもの以外必要なし。

感謝しかなく、素晴らしい時間であり、
お金って下らん。と言う答えもありました。

誰かが嫉妬みたいな常識と固定概念で、
お山の大将が出てきて俺の方が出来ると言って張り切って、
この状態を崩して現実の枠に戻してくる。

その存在の目線が低く、
視野が狭すぎてお山の大将になろうと変なマウントを取りに来る。

これこそ、自分達を越えさせないように
足を引っ張る形となり形成される。

相手のことを考えずに作業をして、
この思いやりのなさで、
相手が成長できていなく、
目線が目先の煉瓦を積み上げるだけになっている。

誰も悪気はないのですが、
なにかそろそろ余裕と視野の広さが欲しいところです。

思われたら負であり、人に迷惑をかけない。

そうなると良いと思う景色を見ているのに、
いつも自分の中にある、
お山の大将に流されて足を引っ張られてしまう。

新しい世界には、
愛さえもない、心地よい新しい光の空間がありました。

人生は短いがゆえに、
1日1日を素晴らしい自分で生きていく為に、
5000歳生きた次の日から明日をスタートしたい。

そんな世界を見てみたいと考えております。

しかし、歳のことを考えている時点で、
なにかある世界になっているので、
0歳で人生を生きてみたい。

ということのほうが、
永久に幸せに近づくと書いていて気が付きました。

5月は大きく成長することができた月となりました。

内容は理解が難しいかもしれませんが、
書いていることは事実であり、
そこに私が体験してきたもののすべてがあります。

生きる上で参考になり、
苦しく遠回りした人生を歩まないために、
何かしら参考にして頂けると幸いです。

今後とも長いお付き合いをお願いします。

配信登録URL
繁栄する会議のメルマガ登録URL
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

20190520_215058.jpg

2019年5月20日(月)
別れと成長

こんにちは、ホームページ制作Fの高橋です。

GWの10連休、皆さまどうでしたでしょうか?

私は序盤に山口でドライブに行ったり、平成最後の日は友人と令和までのカウントダウンをしました。
いつも通りいつも遊ぶ場所で迎えた令和でしたが、テレビで放送されていたカウントダウンと一緒に「5!4!3!2!1! 令和〜!」と
数えた時間は、きっと何年たっても忘れないだろうと思います。

iOS の画像 (10).jpg

山口といえばフグ。唐戸市場でフグをしこたま食べた後、
フグを見るという暴挙にでました。フグかわいい。


さて、久しぶりのブログ当番。先週は私にとって寂しい別れがありました。

まだ別れた実感がわかないですが、なんとなく自分が一番最初に勤めた職場で送別会をしてもらったときのことを思い出します。
後輩が完全に酔いつぶれながらも、泣きながら「自分では後輩たちをまとめ切れる気がしない。もっと居て欲しい」と言われ、
出て行く身としてはそう言ってもらえて嬉しくてその時は一緒に泣きました。

今まで、自分にとって思い入れのある人を、きちんと見送ったことがあまりなく、
自分が見送られるばかりでしたが、今回の別れを通して、
「人がいない事への寂しさ」や「自分のスキルが足りない事への焦りの気持ち」を感じました。

もちろんその後輩とは違って、まだ今は私自身まとめる事や仕事配分を考えることなど、
できない事やしなくても良い事の方が多く、しかも頼れる先輩方がいます。
これでもなおを不安や焦りを感じたということは、当時の後輩は自分が一番上の役回りになることから
さぞかし辛かっただろうなと思います。

こんな自己顕示欲の塊のような話を最初にしてしまいましたが、
GW以前は不安とか焦りとかを人に話すこともあまりなく
ただの愚痴になっていたと思います。

仕事を辞めるということについて、GW前のブログでも少し書きましたが
私自身もFを辞めようと思っていました。

今までは自分で決めたから、誰にも邪魔はさせないし、
1度決めたんだから今後は誰にも頼らず、辞める事を突き通すということが大切で
今回もそのポリシーに則り、辞めるだろうと自分の中でも感じていたほどです。

でもそれが自分にとって嘘であったり見栄であったり、
その場の利益での決断であればそれは綺麗な事ではありません。
結局また自分が汚れて潰れるだけなのだと今回気付く事が出来ました。

以前から望月から「お前はオールマイティのカードだ」と言われる事がありました。
オールマイティのカードというと、トランプのジョーカーの事がよく思い出されると思います。

大富豪では基本的に最強です。何かしらのカードの不足を補うカードでもあります。
ポーカーも同じく割と強いカードの扱いです。

でも、その強さは本当なのでしょうか?
スペードの3には負けてしまうし
同じくジョーカーのカードを持っている人がいたとき、相手の組み合わせの手札が
自分より強ければ、意味をなしません。ましてやババ抜きに至っては邪魔者です。

つまるところ、オールマイティに何でもできるということは何にもできない事と一緒だなと。

環境にあった手札でなければオールマイティのカードなんて意味をなしません。
ジョーカーのカードは最強なんて言いますが、
身の丈に合わない動き方をすれば、世界は52枚のトランプでできてるわけではないので、
当然何回も弱点が出てきます。

だからこそ今自分にとって大切なのは、出会った環境の中で、どういった動きが
求められてるのかを【頑張らずに】判断し、自然体で動く事だと最近思うようになりました。

嘘はつかない。
思われたら負け。思った事は言う。
人に迷惑をかけない。

「人がいない」と自分は何も成すことができない自分だからこそ
オールマイティの手札である以上、Fのルールは守らないといけない
最低限の大事な要素なのだと思いました。

この2〜3ヶ月間自分の中に合った問題に向き合い続け苦しみましたが
その問題の根本が人ではなく自分であって、
打開策が自分ではなく、周りにいる人だったなんて思いもしませんでした。

全ては自分の主観が悪い方向に決めてしまっており、
きちんと周りを見渡して一緒の方向を向いていけば必ず打開策があると気づくことができました。

時に正反対の人と真っ向から向き合うことも必要です。
やめようと思ったことで、以前の自分なら考えられないような人に相談を持ちかけることができ、
「人を変えようとするんじゃなくて、もっと自分がやるべきことが沢山あるやろ」
「前は、全部ナチュラルに対応してくれてたのに、何で今はそんなに変な気を使ってるん?」
と言ってもらえたこともとても大きかったです。

Fにはきちんと解決できる環境があるのに、自らその道を閉ざしていたんだと気づき、
もう少し自分の「伝えること」についてを改善していこうと思いました。
人の時間を使わない質問の仕方とか、他人まかせにするのではなく
自分の考えを乗せて提案をするとか。


今回別れた彼女にも、知人のように真っ向から言ってくれる人との
新たな出会いがあれば良いなと思います。
まだきっと迷いや不安はあるでしょうが、今後が明るい未来であって欲しいです。

私も寂しさばかりにとらわれず
まずはミスを作らない仕組みを自分の中に整えて、時に先輩方のお力に甘えつつも
Fに関係する皆さんを不安にさせないよう自分の足でしっかり立てる、制作陣の一人になりたいと思います。

きちんと変わっていけれるかはデザインや対応にて向上を
務めてまいりますのでブログなどを通し暖かく見守って頂ければ幸いですm(_ _)m

2019年5月16日(木)
忙しくならないことの大切さ

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。
GWはビールフェスタに行ったり、庭で念願のテントを立てたり、
遠出はしないものの、地味に楽しく過ごしたのですが、
個人的に受けたチラシ作成でストレスを感じ、
Fという環境のありがたさや、自分の苦手なところを再認識させられる、
すごく勉強させられたな、というのが一番残る連休となりました。


Fという集中できる空間の中でデザインをし、
周りの人にアドバイスをもらえるから良いデザインができる。

もう7、8年前くらいになると思いますが、
当時Fのデザインを引っ張ってくれていたスタッフがやめ、
独立してデザインをするようになってから、
「望月さんのアドバイスがないと、どう進めていいか、何が正解かわからない」
と言っていた言葉がずっと残っています。

美術大学を出て私生活でも絵を描き続けていたスタッフで、Fにいた頃は
なんて良いデザインをするんだろう、
なんておもしろいデザインをするんだろう、
と思っていた、当時のFのデザインを大きく成長させてくれた人でした。

そんなスタッフが良いデザインができなくなってしまったのは衝撃的で、
あのデザインができていたのはFの環境があったからこそなのだと痛感しました。
なので自分も、機会はあっても個人的に仕事を受けたりは絶対にしなかったのですが、
友人にどうしてもと頼まれ、Fでは予算も合わないし、
10連休だしと思い、チラシ作成を初めて受けました。

結果、後からの構成変更、次々と来る追加修正。
当初言われていた納期を超えての追加追加の修正。

Fのお客様がいかに良い方たちで、ありがたいか。
見積り金額を理解してくれて、
きちんとした理由があれば追加費用にも納得してくれて、
気持ちの良い関係でいさせてくれる。

もちろん、F自体がそのようになっていけるよう、
仕組みを作り上げてきたからこそで、
今回の自分自身の振る舞い次第でもう少し防げたこともあるはずなのですが、
今のように気持ちよく仕事をさせてもらえるのはお客様のおかげだと、
改めてありがたく感じました。


今回の自分自身の振る舞い次第でもう少し防げたこともあるはず...
これは振り返ればそう思えますが、
納期に間に合わせなければと焦っている状態
最後の修正と言ったのにどうしてまた修正が...と思っている状態
ではなかなか思うことができませんでした。

休日なのになんで...遊びに行くのを断ったりしたのもあったのに...など、
完全に自分のせいであることまで友人のせいにしてしまう程になっていました。

忙しくなると自分に余裕がなくなり、
周りがみんな嫌な人に見えてきたり、信じられなくなったり、
そんな状況にさらに自分が嫌になってきたり。

「忙しい」は心を亡くすと書く。
忙しくならないように、
常に人のせいにするのではなく、自分の行動や発言を振り替えれるように
していけたらと思います。

写真は去年(もしかしたら一昨年)買って立てず終いだったテント。
GWに庭でですが、念願のデビューを果たすことができました。
兄一家4人と入って昼寝をしても十分な広さ。次はぜひキャンプ場で立てたいです。

テント

2019年5月13日(月)
人と仲良く

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。
制作(デザイン)ではなく更新となって約1か月経ちました。
まだまだ簡単なモノだったり、制作の作業内容もありますが
「性分に合っているんじゃないの?」とアドバイスを貰って始めた更新は、
実際にそんな気がしており、少しずつ、そして前向きに取り組んでいます。
自分の出来ることを増やしていきたいです。

前回、何を書いたかなぁ~と思ってブログを読み返すと
「お花見の幹事だったけど、祖母のお昼の準備があるからと
買い出しは誰それにお願いして私は楽な幹事だった」と呑気な文章を書いてました。
あぁ、そうだったなぁと、
一月前はまだ祖母があちこち悪くはあったけど生きていました。
でも連休前に祖母の様態が急変し、生涯を遂げました。
最後は深夜にもかかわらず親戚が多く集まって
みんなのありがとうの言葉に包まれた最後でした。

大型連休のほぼすべて、弔問客がいらっしゃって
その中で色々声かけを貰って、
受け入れがたいものを、少しずつ肯定的にとらえています。

入院はしたものの、退院したらまだまだ一緒に暮らせると思っていたけど
祖母は違うことを考えていたのか、
「おかあさんとなかよくね」とまるで最後みたいなことを言い、
私は何を最後みたいにと冗談をいったけど、
約1か月前のあの日から、私の人生観がやや変わって
ただ純粋に人と仲良く過ごしたいなと思い、
宮沢賢治の雨にも負けずの
「北に喧嘩や 訴訟があれば つまらないからやめろと言い」が自然と出ます。
人は皆いつかいなくなるのだから、その残り短い時間を
言い争いに使ったり、自分の正義を振りかざしたり、
そいういったものは本当につまらないと思います。

Fでは多くの変化が起き、そのたびに正直傷つく人もいるかもしれません。
成長のためには仕方ない、
誰も傷つけたくて言っていないのだから受け取り手が間違い
みたいな考えもできるけど、
やっぱりでも、どうしたら辛くならずにその人が
自然にいい方向へ進んでいけるんだろう?とよく考えます。
ついこないだも、話し合いがあって、私はそんなことを発言しました。
きっとFなら問題とすることはいつか解決されていくので、
こういったことも解決できるだろうと思います。

実際には私が今できることは、自分のすることをまずは一つ一つ丁寧に
しっかり向き合うことばかりです。
でも、人の言葉一つで辛いことも乗り越えられたり、
また一つで傷つけてしまうのを身をもって知っているなら
もうちょっと何かできないかなと思います。


4033b640d163475a55dc3cebdbb1643c_s.jpg

2019年5月13日(月)
最近の話。

こんにちわ!ホームページ制作Fの長山です。

先週、長かったGWが終わりを告げました。。。

Fのみんながどの様に過ごしたか気になるところですが、
私はと言うと、GW前半は家の大掃除や実家のおまんじゅう屋のお手伝いをし、
前半と後半の間に子供が嘔吐の症状で寝込み、子供が治ると私にうつり、
残り3日間を切った時点で体調が悪いままなのに勢いだけで鹿児島まで行ってしまいました。

体調悪すぎて鹿児島で何をしたか、
ほとんど記憶に残らず、一番の思い出は遠かったと言う事でした。(笑)

5月5日のこどもの日に娘たちにコアラを見せてあげたかったと言う理由だけで遠出をしたのですが、
コアラは一日20時間ほど寝るので、丸まって寝ている姿しか見れず、顔さえも見えず、
「こんなん、見たうちに入らんわ!アフリカンサファリで良かったやん!」と長女に怒られました(悲)
次女はベビーカーに揺られ爆睡していてコアラの姿さえ見ていなくて・・・
なんだか私が切ないこどもの日となってしまいましたが、
子どもたちは意外にも楽しかった様なので良かったですが、
来年は絶対にアフリカンサファリにしてやります!

写真はもちろん寝ているコアラの写真です。

koara1.png


さて、少しGWの話題が長引いてしまいましたが、ここからが書きたかった事です。

岡部も前回のブログで取り上げていましたが、
先日、望月からの宿題で「Fとは?」と言う質問の紙を書きました。

普段から考える事が苦手で、自分の考えを書くのも苦手で、
とにかく得意なことの方が少ない私が、そもそも何でFで働くことが
出来ているんだろうと、紙を書きながら別の疑問が湧いてきました。

最近のFは、求人も多くなり、Fで働きたいと思っても働けない人がたくさんいます。
そんな職場で働けている誇りはあるものの、
ミスはするし、小心者だし、困ったら助けてと言い出すし、
会社側からしたらもっといい人材おるやろ?と思われても仕方ないですが、
Fの最大の魅力は、そんな私でも見捨てられないと言うか、
ちゃんと変わろうという思いがあり、働きたいと思って向き合えばいつでも向き合ってくれます。

今後も、今以上にFは進化をしていくのだと思いますが、
私もできるだけ、周りと足並みを揃えられるようにしていきたいと改めて思いましたし、
今回の宿題はみんなの考えがわかって、すごくいい機会となりました。

これからもFの一員でいれるように、ストレスを溜めず、
肩の力を抜いてミスを減らしながら仕事をしていけたらと考えていますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。










2019年5月13日(月)
存在を疑うのではなく仕組むを疑う-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
人を支えるホームページ制作F望月聡です。

人は変わりたいと願う一方で、
変わりたくないとも、変われないとも思う存在です。

そのジレンマをこじらせればこじらせるほど、
自分を傷つけるのか、人を傷つけるのか。

攻撃対象が目先のものになってしまう。

目先のものを変えて、
一事が万事に見えればよいですが、
一事が一事さえ解決しないことばかりな生き様です。

目先のもののほとんどが、
表面的なものであり、その先に根深いものがある。

根深い奥底の問題を解決しなければ、
いつの間にか吹き出物はその場所に出来てしまう。

表面だけ綺麗にしても、
内面はうごめいているので黒いままで在り続ける。

内面と外面に軋轢ができて、
自分らしくないものが出来て溝が生まれる。

この溝にはストレスや闇が入り込んで、
さらにその溝を引き裂こうと泥を入れてくる。

精神薬に手を出すと溝は埋まるが、
本当の精神という傷口は悪化していく。

悪化したときに蓋を開けると、
やっと気が付く出来事がある。

最初から知っていれば、
ここまで汚くなることはなかった。

結局自分を苦しめたことは、
そんな簡単なことだったのか。

下から見ると見えないことは多く、
山登りは大変だが、
1度登った山を降るのはとても簡単にできる。

上から見れば、
その道ではないとすぐに言えるが、
下から登っている人はこの道が頂上に一番速く着くと思っている。

どちらも楽しんでいるわけではなく、
悪気があってやっていることなどなにもない。

みんなが喜びに満ちて、
幸せになれば良いと思っているだけである。

下から見れば、頂上の人は良いなと思い。
上から見れば、今から登る人は楽しいだろうなと思う。

頂上を登った人は、
自分が無駄だった部分に、
看板を立ててそっちは死ぬよ。
けど、エキサイティングだけど、リスク多いよ。
こっちの道の方が多くの人が幸せになる。と伝えることが、
頂上まで登った人ができる唯一のことだとも思う。

登ることは無駄ではなく、
上りに無駄が多くあるから、頂上まで来れないだけ。

上から見ればよくわかるが、
下から見ると全然わからない。

わからないから溝が生まれて、
葛藤が生まれてリタイアしていくこととなる。

目先のことで解決できなければ、
その問題の解消方法は違うということで、
考えている。完結している。仕組みに問題がある。

どこから始まってどこが終わりなのか。

その問題はどこの小さな、
「ほつれから歪み」が出てきたのか。

それをいつも考えれば、
物事の問題というのは比較的簡単に理解できます。

狭い視野で考えれば考えるほど、
完結しないので同じ問題にすぐにあたる。

同じ問題でいつも悩む人生は素晴らしいと思うのは、
そこにはコンフォートゾーンがあるからです。

コンフォートゾーン(安定)
ラーニングゾーン (成長)
パニックゾーン  (限界突破)

この繰り返しで自分の枠は上がっていきます。

結局大きな物事の視野で見るには、
パニックゾーンの先にある。

蓋をしている問題に、
手を突っ込まないと解決できないことが多いです。

それが良いとか悪いではなく、
人生は自分がなりたいように生きれる
素晴らしい選択が日々そこに生まれることにも気が付きました。

そこに行くためには、
コンフォートゾーンだけでは辿れないだけで、
昨日楽しかったことが、
楽しくなくなる人生を永遠に歩んだ先にこそ、
楽しい最高のまたなにかがあり、
その最高を捨てた時に、また次の最高がある。

ずっとコンフォートゾーンにいれば、
安定した永遠の人生がそこにあるが、
人生とはいつになっても理想に刺激され、
苦しいものであり、
それを自分の人生のせいにするのではなく
自分の世界の仕組みのせいにするのも楽である。

付き合う人を変えてみる。
携帯電話を無くしてみる。
Facebookをやめてみる。
会社をやめてみる。
そのポジションを譲ってみる。
1番嫌な存在と仲良くしてみる。
1番大好きなことをやめてみる。

上記は私がこの1年間でやった大まかなことです。

自分で変われないと思ったら、
心地よい習慣を変えてみる。

心地よいからこそ「枠を格」を止めているものでもある。

しかし、そこまでして変える必要があるのかはわからないものであり、
その存在の幸せはその存在が決めればよいだけである。

誰もがコンフォートゾーンが好きだが、
その先にある1周回ったコンフォートゾーンも好きである。

理想があるからその先を見る。
理想がなくなったときには、
最高の場所が手に入っている。

理想が上塗りされて行く私の生活の先には、
今でも日々パニックゾーンを走る道しかありません。


その道を足掻けば足掻くほど、
誰かがパニックにならなくなる道があらわれる。

周りの人だけでも幸せになれる。
私1人の人生で多くの人が幸せになれるのなら、
やったほうが良い人生が私の道である。

どこまで身を削ってこの命を多くの人に対して、
引き換えに幸せな喜びを振りまくことができるのか。

そんな場所に立つという考えで、
誰もが喜びあえる状態を尽くして、
何者でもない本当の喜びを感じさせて生きてます。

いつなくなったも同じ命だからこそ、
恐れて自分を守っても仕方なく、
命としてできることをやれば、
そこには輝く光が出てくる状態となり、
その光こそが、私だなぁと感じる場所だと思います。

知れば知るだけ世界は広く。
無駄なことで悩んでいたと気がつく日々であり。

ちょっとずつですが、
進歩しておりますので、
多くの方に楽に喜びを見いだせるようにしております。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

過去のバックナンバー
https://1lejend.com/b/ylTEvDpwmUIRnM/


配信登録URL
繁栄する会議のメルマガ登録URL
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

20190509_180037 .jpg

2019年5月 9日(木)
自分らしさとは

こんにちは、ホームページ制作Fの小代です。
これまでにない長期のゴールデンウィークでしたが、
皆様はどのように過ごされましたでしょうか?
新しい元号に変わり、よりいっそう身の引き締まる思いです。

さて、さっそくながら連休中は季節外れの大掃除をしておりましたので、
これといって華々しい出来事がございませんでしたため、
自分のことについて書こうと思います。
令和の始めのブログということで、なんとも恐縮です...。

先月から引き続き、なかなか調子が整わず、
多くの方に迷惑をおかけしてしまう事がありました。

そのたびに反省し、次はこうしよう、ああしようを考えます。
1回でうまくいくこともあれば、なかなかうまくいかないこともあり
ミスがミスを呼び、どんどん上手くいかないループから
抜け出すことができなくなっていました。

Fでは、ミスをすることが許されません。
それはどこの会社でも当たり前な事かもしれませんが、
効率よくデザインなどの制作に時間をとる体制である
ミスをしてそれに関わる時間が効率の妨げになるからです。

電話での対応を控えさせていただくなど、お客様からの協力をいただきながら、
さらに良いページを制作する事で応え、お客様を幸せにしていきたい。
そのページを喜んでいただけると、自然と私たちも幸せになっていく。
その繰り返しの中で、ミスに囚われる時間が無駄なものであると気づき、
自然とミスをしない流れが「良いデザインをする体制」へと変わっていくのです。

そこで私は「ミスをしない」に囚われ過ぎて、
朝から終業まで「ミスをしない」という意識に多くの力を使っていました。
「ミスをしない」ように気をつけるからこそ「ミスをしてしまう」という
なんとも皮肉な状態にありました。
ミスをしないように気をつけているから、いつも不安で心配な状態。
改善をしようとして「ミスがミスを呼ぶ状態」を作り出していたのです。

ミスをしないように気をつけるのではなく、未然にミスをしない状態にする。
そうして、その分に振り分けられていたエネルギーをデザインの方で発揮できる。
その流れがとても大事なことだと気付く機会をいただきました。

また、なんで自分だけができないのだろうかと反省することも必要ですが
それだけでは、前進する事ができず自分の足元を見つめるばかりでした。

高い目標に対して、背伸びをすると体がひきつってしまい動けなくなる。
多くの階段を駆け上がろうとすると、足が絡まりつまずいて転げ落ちる。
そんな状態の中で、今一度自分いうものを見つめなおす事が必要でした。
自分ができること、自分が無理をせず人のためにできること。

それは、ただ楽を選ぶということではなく、等身大の自分と向き合うことで
今の自分に必要だと考える明確な目標を設定し、無理をせず健康な状態のまま
自分のペースで一歩一歩を確実にこなしていく事が必要だと言うことです。

こんな自分にも良いところが必ずあるはずで、その光る場所を大切に育て
苦手な事をカバーできるくらいのものになれば、誰かに迷惑をかける
そんな事もなくなってくるのかもしれません。

急ぎ焦る事で、つまづく事が多い平成でしたが
また、新たな志を抱え一日一日を大切に過ごしていきたいと思っています。

梅
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年5月 7日(火)
どこまでも思い通りになる人生を歩んだ先に-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
人を支えるホームページ制作F望月聡です。

人生を思い通りに演出したい。
自分の人生は自分で決めて生きていきたい。

そう考えていく中で、
どんどん思い通りの人生が生まれてきました。

しかし、突き止めていくとわかることは、
追い求めていたものとはとても小さく。

結局は欲で動かしていたものは、
世界が汚く見えていただけで、
私が見ていた世界とはとても小さなもので、
世界とはこんなに広く、
楽しめる空間があったんだと気が付きました。

どの目線から見るで、世界は大きく見え方が変わり。
世界とはとても綺麗なものだと気が付きます。

「自然」「死」「時」「光」など、
厳しい世界だと思っていましたが、
摂理を理解することで大きな世界のルールがわかりました。

何が悪で何が良いのか。
何が欲で何が欲ではないのか。
どのようなところに光というものが現れて、
自分自身の心が表れて、自分が形成されるていくのか。

欲はとても奥深く、
良いと思ってやっていることが、
ただの欲であったり、人生を大きく狂わせる。
欲をすべて無くすというのは大変な作業でした。

「自然=生きるための欲。」
「死=死にたくない欲。」
「時=自由を縛る。老けたくない欲。」
「光=闇。希望。願望。欲望などの欲。」

こういった摂理の中で欲があればあるほど、
辿り着きたいところにはたどり着けない状態となり。

欲をすべて消した状態にこそ、
心の中にある想像している状態が形成される世界があり。

純粋な自然。純粋な死。純粋な時。純粋な光が生まれ、
純粋な状態にたどり着くようになる。

そういった事を知らずに、
あがいた人生を勿体なくも思い、
それを知ったように語っていたことも申し訳なく思い。

私自身の人生を終わらせようとしていたことが、
どこまでも怠慢で井の中の蛙だったのかもわかり、
世界というフィールドは壮大で、
私が見てきたものがどのくらい視野が狭いのかよくわかりました。

純粋な状態で世界と遊んでみたい。

ストレスフリーで摩擦(欲)のない世界は、
成長度合いも非常に高く、
誰ともぶつからずに伸び伸びと伸びていく結果となります。

愛と信頼しか残らない状態になり、
その信頼を高めて愛の種を撒いていけば、
思い通りにすることもなく、描いた世界がそこに表れて、
すべてを忘れた上で人生を楽しめる。

ガチガチに人生を決めて生きようとしていましたが、
結局は人生とは自分でなんとかするものではなく、
周りの存在も含めてなんとかしてくれる状態こそが自由であり。

そんな理想とする状況を作るということが、
人生における葛藤との戦いとなり、
自我を捨てるものであり、
自分とは何でできているのかを考えると。

自分とは欲でできている。ということに気が付き、
欲でできている自分を、
本来の自分だということに気がついたときに、
自分を捨てるって、そもそも欲が自分なのかと気が付き、
つくづく自分とは何もないモノだと気が付きました。

今まで形成された自分とは。
個性なのか。欲なのか。闇なのか。光なのか。

今まで形成された自分とは。
という「問いを自分にできる」ということは、
自分とは何にでもなれる状態であるという意味するものであり。

何で自分は形成されているのか。何を持って自分というのか。

どこに向かっても、
自分というものは消えないものだと気が付きました。

自分を形成しているものが、
自分の世界(人生)を形成している結果となる。

自分自身を変えれば、
どこまでも楽しい世界があります。

それだけの世界であり、
それが世界であると感じました。

私の世界の光の中心となり、
多くの方に光を提供しながら、
周りの人が勝手に信頼と愛で自然と動いてくれる、
光り輝く世界を歩いていくことができそうです。

全社員が

F=自分自身と思える環境。

そんな状態までやっとくることができました。

F=自分自身と思える状況こそに、
どんなことだって大きく成長できる。

まわりが変わるのではなく、
自分自身が何でできていたのかを知るだけで、
世界は大きく変わり続ける。

その大きく変わり続ける世界を見ることが、
人生という道が続く。

F=自分自身と思える人々と、
一緒に同じ方向向いて歩ける価値観に、
大きな原動力を感じて、一人では成し遂げれないことを
みんなで楽しくストレスフリーに達成をしていくようにします。

来週はどのようなことを書いているかはわかりませんが、
過去の内容を見ると、まだまだだった。と感じますので、
日々成長していると実感できます。

振り返って感じることができるので、
どんな状態でも自分とはあると感じます。

なにかしらの参考になれば幸いです。

GWの休み中は何も問題がなく、
過ごせましたありがとうございます。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

配信登録URL
繁栄する会議のメルマガ登録URL
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

過去のバックナンバー
https://1lejend.com/b/ylTEvDpwmUIRnM/

20190503_090828.jpg

2019年5月 1日(水)
自然で終りと考えた先には光が-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
人を支えるホームページ制作F望月聡です。

前回のメルマガで自然の先には自然しか無く、
自然としばらく遊んでいようと思ったのですが、
自然と仲良くなればなるほど、
自然の先に光が見えてきてしまい、
その光についてわかったことがあったので書いていきます。

前回の自然と暮らしていくというメルマガ↓
https://1lejend.com/b/detail/ylTEvDpwmUIRnM/3057750/

自然に暮らしていくには、
自然が生き生きとしていなければ、
自然の魅力を堪能できないという事に気が付きました。

自然が生き生きと生きるには、
光がなければ自然は生きてきません。

自然の脅威を目の前にしましたが、
その上には光の存在が必要と気が付きました。

その光には種類があり、
その光を間違った光で自然を育てているから幸せになれない。

欲の光を浴びていたり。
希望の光は絶望の光だったり。
光と思ってた場所が闇だったり。

欲深い人が輝く世界に私はいたと感じました。

欲深く輝く光というのは、
永遠に幸せになれない場所だとも気が付きました。

欲があると年収も、自分の器も上がらず、
大きく稼ぐことも応援もされることはありません。

足を引っ張られるだけで前に進みません。

欲とは自分の器を小さくし、
結果的に人生も小さくするものだと同時に気が付きました。

小さい人間の出来上がりを欲心するものであり、
人ではなく人間として辛い日々を過ごし
一時の快楽だけを求めて生きていく結果がありました。

寂しい人生でもあり、
哀れな結末がそこにあり、
世界から愛される存在から遠い存在ともなります。

足掻いても足掻いても、
目先のものを攻撃するだけで、
一向に自分自身は成長をしないスパイラルとなり。

そんな先には自分の器の世界しかなく。
自分の器の小ささは自分がよく知っているけど解消できない。

1人の力では限界しかなく。
欲が押さえ込む孤独の人生を突き進む結果となります。

欲の正体とは、自分の保身であり、お金でもあります。

私はお金がなくなる世界が、
あと40年ほどで来ると予想をしております。

エネルギーの革命が起き、
イーロン・マスクなども研究をしておりますが、
化石燃料を使用しなくなり、
ライフラインそのものにお金がかからなくなる状態です。

自分の保身。自分を守るために欲がある。
お金はたくさんあったほうが良いなど。

それは、自分を守るための1つですが、
生きるということにお金がかからなくなれば、
保身ではなく、人に愛を渡せる能力を惜しみなく発揮できる状態が来ます。

私自身は、
働かなくても良い状態になりましたが、
なぜか、GWは毎日会社に来て色々と考えており、
メルマガを出さなくても良いのに、なぜかこのメルマガを出しております。

結局、自由になっても正しい光が心にあるから、
人のためになることを見つけ自然と愛だけで生きる。

世の中からお金がなくなり、
だれもいがみ合わない信頼が対価となる世界がきます。

そんな世界が来ることを知っているからこそ
このメルマガを読んでいる方も多いと思いますし、
そんな世界が来るからこそ、先に動いている方が楽だと感じます。

今の状態ではまさか、、と思う方もいるでしょうが、
ポケベルがあるときにスマホが出ると予想していた人は大きく進歩しましたし、
最後までポケベルを持っていた人は要らない苦労をしていたと思います。

曲げても曲がらないものがそこにあるからこそ、
それに向かって動く方が自然にうまくいきます。

本来ある自分の中の光を信じて欲ではない、
器を大きくできるようになれば、もっと楽になれる。

どの存在も自然も全て生きている存在、
存在しているもの全ては、思っていたことがあります。

あの光のような世界で生きてみたい。
それが欲に邪魔されたり、
挫折して魔が差して苦が生まれたり、
人の足を引っ張りあいしたり、
光に行くために我が身を守ることで精一杯だったり。

だからこそ、プラスマイナスゼロでそこには永遠にたどり着けなく、
死んだあとの永久ではたどり着くことができると言われている。

そんな常識のなかで生きてきたけど、
永遠の場所でたどり着いてみたい。

希望の光の先には地獄しかなかった。
闇の光が強くて正しい光は見えなかったです。

しかし、正しい光というものは
自分の中に消せずに誰もが持っていました。

それこそ自分であり、
自分とは自を分けることでもありました。

自分を持ちすぎると、
自分にはならなく、自分がなくては自分にならない。

様々なことを綺麗にしていくと、
ずっと描いていた純粋な世界が
ふと表れて世界が光のような状態になる。

そんな光のような状態を何度も何度も繰り返すと、
自ずと自分が光の中心にいることに気がつく。

そして気がつく、
なぜか知らないが、この場所に来たかったことを。
懐かしいようで、新しい場所がある。

光は分けても減らないので、
その光を分けて、自分の光が消えるのではなく、
渡した光を消している自分自身になっていない、
自分を綺麗にしていかなければいけない。

光とは反射させていけばずっと何光年先でも光は光のままです。

光は綺麗なところから放ち
ストレスフリーに光を放ち、
周りの存在をすくすくと自然に幸せにできる。

自然のその先には光がありました。

今の自然が不自然であれば、
光の種類がおかしいのかもしれません。

自然は光がないと生きていけなく、
自然と遊ぶには光になった方が早い。

自然の驚異を感じる前に、
正しい光で自然を脅威に変えないことが、
より自然な日々を歩める方法だと気が付きました。

正しい光を浴びた、
本来あるべき自然の中で生きていく。

そんな世界が訪れることをわかっているからこそ、
自ずと自分を見つけることができ、
ストレスフリーの場所を見つけることができる。

多くの方にストレスフリーを提供できるために、
私は新しい光になって生きていこうと思っております。

よくわからない話でもあり、
よく分かる話を読んで頂いてありがとうございます。

誰がこんな話をわかるのだろうと書いておりますが、
少しでも伝わり、人生の先にはそんな物があると思って頂けると幸いです。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

4月のニュースレターです。
https://www.web-f.net/news/2019-04.html

GWのお休みのお知らせです。
4/27(土)~5/6(月)の10日間となっております。

過去のバックナンバーです。
https://1lejend.com/b/ylTEvDpwmUIRnM/

いつもお読み頂きありがとうございます。
何かの参考にして頂けると幸いです。

20190501_101059.jpg