個別記事のページです

2019年4月 5日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

効率を考えるため、さらに時間を認識する

こんにちは、ホームページ制作Fの小代です。

前回のブログにて、デザインの質を上げるために
時間を効率よく使う試みとして、普段の作業の中から
無駄な時間を知ることから始めようと考え、
こまめに作業時間を書き出してみる、ということを決めておりました。

しかし、これが中々上手くいかず、
再び皆様にご迷惑をかけてしまうことになってしまいました。
度々ブログの内容が反省文の様なものとなり
お恥ずかしいばかりです。

日々の業務の中で、少しづつ自分の役割というものが
増えつつあります。その中で十分に納得がいくデザインを
常に提供できるような状態を維持するために
自分なりに考え、いただいた助言などをもとに
行動に移しているはずなのですが、
どうにも結果として実を結ばないのです。

これまで何度も、先輩方に多くのサポートや助言などをいただいており、
少しずつ改善している内容のものも全く無い訳ではございませんが、
まだ、「F」としてのレベルに到達するための
作業スピードや質の高いデザイン制作へは手が届かない状態にあります。

そんな中、時間ばかりが過ぎゆき、焦りが募るばかりの日が続きました。
自分の中で、作業の優先順位を決めたり
デザインの内容について深く考えるうちに
いつの間にか自分の殻に閉じこもっている状態となり
周りを見る余裕が無くなっていました。

そんな私を気にかけていただき、
先輩や同輩含め、この上手くいかない現状について、
先日、貴重な時間をいただいき、私の問題について
ご相談させていただく機会をいただきました。

私自身、悩みについて声に出すことは苦手なのですが、
問題があれば即、解決に向けた話し合いで対応策を導き出し
次のステップへと進んでいくFのフットワークの軽さと
周りのスタッフに対する心配りの精神により、
救われたことで、今は悩みや迷いはスッキリとしております。

実際に、声を掛けていただくまで、
自分の状態に気づいておらず、一人でグルグルと
先の見えない問題に気を落としていた様子が
周囲に察知されてしまうほどのものだったのかと考えると
とても心苦しく、情けなく心境を表す言葉も浮かびません。

そんな中、問題について責めるのではなく
その問題を解消するための方法について
親身になって考えてくれる、そんな体制で迎えてくれる
心地の良い環境がFにはあります。

問題を指摘され、叱責を受けることで
解決するのであれば良いのですが、気持ちの方では
どこかで折り合いがつかず、さらなる深みへと
はまり込んでしまう時があります。

自分自身がその問題の本質に対して
どのように「気付く」ことができるのか。
問題に対して一緒に、解決策を導き出そうとしてくれる
気持ちに対して、自分が今後「どの様に」応えていけるのか。

自分が思っている以上に、さらに
・その時間で、どんな作業をしているのか
・その作業にどれだけ時間がかかったのか
・予定とする時間から溢れた理由はなぜか
・その問題を解決するには、どういう対策をとればいいのか
・その対策は今の自分にとって可能なものなのか...
など、より詳細に自分の中で認識をしながら、
しっかりと態度で示し、応えていきたいと思っております。

時間

本日、午後よりFの恒例行事(?)のお花見が開催されます。
お花見を、少しでも明るい気持ちで迎えてほしいという
スタッフたちの気遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識