個別記事のページです

2019年4月 3日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にでもはじめてはある

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

4月から新人さんの教育担当になりました。
これまでFは、新人さんが入ったら、新人さん1人に対して先輩が
1人付いてマンツーマンで教える、というスタイルで来ていたのですが、
今年から新人教育の担当者を作り、1人が複数人を担当するという
やり方に変えました。
昨年から、新人さんに対してのカリキュラムを組んで取り組んでもきていたのですが
教える人が違うことで、同じ時期に入社をしたのに教わっていること・教わっていないことが
出てきたり、教わったけれど人によって認識がズレて伝わっていたりなど、
うまく機能出来ていなかった部分も多くあり、
1人が教えることで、伝える内容にバラつきをなくすという目的も含めて
今年から新たな体制に切り替えていくことになりました。

『将来何になりたいか』と誰しも子ども時代幾度となく話にのぼった話題があると思うのですが
私は、絶対になりたくないと思っていた職業が学校の先生でした。
1人で何十人もの生徒を抱えて人に勉学や道徳と言った人生に必要なものを教えていく仕事...
なんて大変そうなんだ、と思い、子どもながらにも先生たちはいつも忙しそうだと感じていました。
何より人に何かを教えるという行為が自分には向いていない、と思っていたので
大学へ通っていた時も、学部柄取る人も多かったのに
資格だけでも取る気にはなれず、教職は取りませんでした。

そんな私が、教育担当...。4月から入ってくれたのは3人です。
3人を同時に教えていくなんて私に出来るのだろうか、と担当になることが決まった
去年の終わりから、資料を作ったり、用意したり、出来るだけの準備はしてきましたが
私としても会社としても初めてのことなので、不足がないか、段取りはどうか
4月がくるのが実はとても不安でした。

今日は新人さんが入社してくれて3日目です。
新人さんはみなさんやる気もあって良い方ばかりだと思います。
たった3日の間に、自分がFに入ったばかりの頃のことを思い出して、
気付かせてもらう場面もありました。
まだまだはじまったばかりですし、暗中模索...といった部分もありますが
誰にでもどんなことにでも「はじめて」はあるしな、と
新人さん達がカリキュラムを達成出来るサポートをするのが自分の役目だと思い
出来ることを今はとにかくやってみよう、というスタンスでいます。


だんだんあたたかい日も増えてきて
我が家で飼っている猫も、冬毛から生え変わりの時期になり
抜け毛がすごいのでブラッシングに精が出ます。

後ろ足を触られるのが大嫌いで以前は触ると爪を立てたり噛みつくほど
嫌がっていたのに、最近、大人しく触らせてくれるので
心許されている気がします。
後ろ足の肉球が全てピンク色のぷにぷになのが彼女の(あ、メスです)
チャームポイント(勝手に)と思って愛でています。好きだ。
22918.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識