個別記事のページです

2019年3月29日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいを極める

こんにちは、ホームページ制作Fの高橋です。


3月に入り、気候の変動も激しくなったからか、
ここ最近疲れ果ててしまい、
良いデザインができない、良い対応もできない日が続き
ジレンマに陥っていました。

何が正解だったのか、どう行動することが正しかったのかとか
考えても考えても何もできないばかりか、むしろ悪化していく一方で
正直、Fを辞めることも考えました。

望月がよく写真で紹介している「ティール組織」という本では
自律・自立している社員がのびのびとできる環境というのが
ティール組織にはある。
だから、そうでない社員というのは自然と辞めていくものだという内容があり
自分は自律心がまだFの社員としては足りてないのに
今のままでは改善する見込みも見えないから、やめるべきなのではないかとも思った日もありました。

その一部を田崎に相談した次の日、
同じくジレンマに陥っていたらしい小代と一緒に望月の話を聞き

前回の小代のブログにもあった
「汚れている状態では良いデザインはできない」

「疲れている、無理をしている、そんな状態ではお客様に喜んでいただけるような
デザインができるはずもなく、自分としても納得がいかないままとなり、
誰もが幸せではありません。」
という内容とともに

「早く出されるけれど、まずいコーヒーを何杯飲むよりも
 少し時間はかかるけど美味しく飲めるコーヒーを飲みたい」
といった話を頂き、今までの自分は何度も「まずいコーヒー」を出そうとして
ずっと失敗していたのだなと思いました。

期限を守ること自体はもちろん大事な話ではありますが、
デザインにきちんと力を費やせたときと、
その他の事に時間を取られて時間と気力を費やせなかったとき、
勿論それは「きちんと費やせたとき」のほうが何倍も良いデザインが出来ます。

そのことを忘れてしまって
あれも【しなければいけない】、これも【しなければいけない】と
デザイン以外の事に力を割くことを強制をし
自分はあのくらいのことも【できない】、このくらいのことも【できない】と
思い続けていたのは誰でもなく、自分だったと反省しました。

まだジレンマに囚われておらず、デザインを楽しめていたころに比べると
完全回復には届きませんが、1つ1つ【きちんとできる】を増やして
次のデザイン力へのステップを踏み出したいと思います。

前回の記事でテレビを買った話をしましたが
最近、ポップコーンメーカーも安かったので買ってしまいました。
とうとう自分の部屋でプチ映画館気分が味わえる日が近づいてきました。

次に目指すは映画館のポップコーンを再現することですが、
ポップコーンメーカーを買っても
意外とその味は再現できないもので、こんな単純な食材なはずなのに
上手くできないものなのだなと思い、
お風呂で「美味しいポップコーンを作るにはどうしたらいいか」を考えるのが
最近の趣味になっていました。

結論としてはメーカーで作った後、溶かしバターをかけてから
シーズニングを振りかけるのがよいと、
映画館のポップコーンを買って家でずっと分析してみたので分かったのですが
まだそれからは試せていないので今度の土日で試してみようと思っています。

美味しいポップコーンにたどり着けた時、
今のジレンマがポップコーンのようにはじけて
「美味しい」デザインに繋げられたらと思います

11a62f697b2d19e814f09e7d0ec3c3fe_s.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識