個別記事のページです

2019年3月 6日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

インコのたまごがコロンっ。

こんにちは!
ホームページ制作Fの長山です。

今月は特にご報告するような出来事も無かったので、昨日あったことを書きます。
最近、お友達に赤ちゃんが生まれまして、昨日生まれたてホヤホヤの赤ちゃんに会いに行ってきました。

産まれたての赤ちゃんって、小さくって小さくって、しつこいですが、
本当に小さくって最初は皆こんなだったよな~、かわいいな~っと思いながら、終始見とれていました。

うちの長女の方も「赤ちゃん、小さくてかわい~」と言いながら赤ちゃんをつついていましたが、
ふと、横を見ると、うちの3歳になる娘のほうは、赤ちゃんには全く興味がなく
赤ちゃんのお母さんにいただいたドーナツを頬張りながら
赤ちゃんキモチワル!っと
暴言を吐き捨てていました。。。(冷や汗)

まあ、正直といいますか、素直といいますか、赤ちゃんのお母さんに苦笑いで謝りつつ、
早々に産婦人科から退散したのですが、
その後、家に帰り、長女がいつもの様にインコと戯れていると、
「ママ~!!!コウちゃん(インコの名前)の家(鳥カゴ)の中に卵みたいなのがある!!!!」
っと叫ぶのですが、
私は「コウちゃん一人(一羽)だし卵なんか産まんやろう~」っと信じてなかったのですが、
実際鳥かごを見に行くと・・・・

コウちゃんの家の中に卵が"コロン"っと落ちているじゃありませんか!!

鳥類を飼うのは初めてだったので、
焦って、Google先生に 鳥って1羽でも卵を産む? と聞きました所、
産むんです!!とのことで、発情して条件が揃えば無精卵を産むんですね。。。
本当にしつこいですが、産むのか?! と本当に衝撃的でした。

うちの長女はと言うと、卵とわかってから、大はしゃぎし、
卵から雛がかえるのかと思い、早速、卵を温めていましたが、
あまりのはしゃぎっぷりに、その卵は無精卵なので、雛はかえりません。
との事実は伝えることが私には出来ませんでした。

長女が卵を温めている姿を見ると、とても切ない気持ちになり、ハッキリと言えないんですが、
今日は帰って卵から雛はかえらない説明をしっかりとしようかな。と思います。

昨日は卵を産んだことがあまりにも衝撃的すぎて写メを取り忘れたので、
写真はうちのコウちゃんの写真です。
今後ともどうぞよろしくお願いいします。

DSC_0475.jpg



書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。