個別記事のページです

2019年2月 8日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご安全に!

こんにちは。ホームページ制作Fの高橋です。


小島さん、毎回深い記事を書かれるというか真意をついた
記事を書かれるので、小島さんのあとはなかなかのプレッシャーを感じながら
ブログを書いています。
こっそり順番変えようかな...(笑)とか思わないこともないですが
冗談にとどめておきます。

タイトルは、工場に出入り等する人の挨拶として良く使われるものです。(たぶん)
いってらっしゃいとか、お疲れ様です。みたいな意味合いとしてよくつかわれるみたいですね。

今回なぜこんなタイトルにしたかというと、
最近、きちんと自分のなかのタスクがきちんと時間通りにこなせてなくて
無理にこなそうとしたせいで、大事なところで見落としがあったり、ミスがあったりすることが
多かったと感じたからなのです。

工場で使われるご安全に!もなんとなく、そんな行動を注意する意味で
そういった言葉も使うのではないかな~?と勝手に解釈して
今回使用してみました。

もちろん、どんな仕事でもミスはいけないものといいますか、
仮に不可抗力だとしても防いでいかなければならないと思います。

それが大きな工場ともなると、1つのミスが命に関わるものでもあると思います。
Fに入社する前、工場で使用するシステムを作るのに携わっていたのですが、
その際1個バグがあったために機械が止まり生産がストップしてしまうようなこともありました。

納品テストの段階だったので、特に生産に影響が出ると言ったことはありませんでしたが
もし、それが見逃していたらどうなっていたことだろうか、といつもひやひやしていたのをよく覚えています。

だからこそ、ちょっとしたこともきちんと配慮できるぐらい心にゆとりをもって動こうね!
とか、ミスがないようにきちんとチェックしていこうね、というご安全に!なのかなと思います。

心にゆとりがないと、ミスも多くなるなぁとひしひし感じたこのブログ当番までの日...
2月こそは!進捗守る!!とか定時で帰る!!とか思ってたのに
中々守れていない上にミスやら勘違いを連発してしまっている現状にとても心が苦しいです。。
Fの皆さんは大丈夫!!って言ってくださるので本当にありがたいを超えて
なんとお礼を申したらいいのかとスライディングで土下座をして回りたい気分です。

でも今週は3連休なので
しっかり休んで来週からばりっとミスなく仕事ができるようにご安全に!したいですね。

Fは変化が当たり前のようにやってきますが、最近、前の会社も激動の時期を迎えたらしく?
複数の後輩から連絡が来るようになりました。
Fに入社してしばらく経ちますし、仕事に関する引き継ぎ足りなかったものももうなく、
もう関係ない者なのですが、、どうしたんでしょう。ちょっと心配です。
来週ご飯に誘ってもらったので聞いてみようと思います。


そしてブログ恒例の画像は先月末、大分で雪の降った日に泊まったホテルの写真です。
IMG_5202.JPG

部屋しか写ってないのと荷物が散らかってますが
ダブルベッドが2つに、見えているドアの奥は出入り口ではなく、洗面所と室内風呂、
右側のベッドの横には露天風呂に出入りできるドアがついています。

その日は福岡の筑紫野に車で4DXの映画を観に行っていて、
帰りは雪がすごすぎて普通2時間で帰れるところ4時間かけて大分に帰ってきてから
ここに友人と泊まったのですが

部屋に入るなり暖房がついててとても温かいし、
シャンパンとかビールとかジュースが部屋代に込みになっていたり
露天風呂&室内風呂の2つの天然温泉までついていたり
テレビも60インチ型の割と大きいもので、ブルーレイディスクプレイヤーまで貸してくれるという
大盤振る舞いなホテルですっかり疲れ切っていた身体の眠気も覚めました。。

朝食・夕食はついてないですが、出前をたのめば部屋までもってきてくれますし、
1つ1つの部屋が離れているので隣の音で目が覚めることもありません。

Fから大体車で20分ぐらいのところにあるのと、中心部から外れるので
観光や飲み歩きといったことはできませんが、広いベッドでゆっくり温泉には浸かれるかと思います。
この日は休日で1万3000円/1人ぐらいだったので、平日だと8000円/1名ぐらいだったかと思います。

お打ち合わせに来られる方、ちょっと割高にはなりますが、離れたところでくつろいでみるのはいかがでしょうか?
流石にお名前まで出して宣伝はできないので、気になる方はこっそりご連絡くださいませ。

インフルエンザの流行期はだいぶすぎたかなぁと思いますが、
まだまだ寒い日がつづくので皆様どうぞご自愛下さい。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識