個別記事のページです

2019年2月26日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Fの組織について客観的に見てみた

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

先週、弊社でホームページを制作したお客様と、
今回ホームページを制作する中国のお客様にお越し頂き、
2日間に渡りヒアリングをさせて頂きました。
190226_tuyosa_1.jpg
通訳して頂きながらの打ち合わせでしたので、
最初は2日間で終わるかな・・・
と心配していたのですが、
お客様の通訳レベルの高さと事前準備のおかげで
ヒアリング自体は1日で終わることができました。

通訳本当にありがとうございました!

2日目は、Fの組織について話したのと、
写真撮影して、お客様は府内城へ、スタンプ集めに出掛けました笑

お客様は4年ほど前に、古民家に移る前の事務所にお越し頂いており、
現状と見比べた時に「ものすごく変わりましたね!
静かで集中している空気感に驚きました。」と仰っておりました。

Fの組織は、他の会社と比べると特殊だと思います。

和気あいあいとしてる訳でもないし、
頻繁に打ち合わせをしてる訳でもないし、
お客様が弊社に来ることは殆どないし、
出張することも、外出することもないし、
営業活動しているスタッフは1人もいないし、
指示待ちのスタッフは1人もいないし、
俺が引っ張っていく!みたいなゴリゴリの上司もいない笑

こんな会社あるんかな?と思うほどに
面白い組織だと思います。

で今回お客様に弊社のことを話すとなった時に、
Fの組織を客観的に見てみました。

前回と同じような感じになるのですが、
Fの組織作りは2つのことを高めることで
他にはないような成長を続けていることに気が付きました。

1つ目は、ホームページを創る、会社をデザインするという、
職人として、ものづくりに集中できる環境作りです。

私達は、1人1人のスタッフにそれぞれのお客様がいます。

ヒアリングから把握、ラフ、デザインと、
基本的には1人のスタッフが最後まで制作をいたします。
セカンドデザインなどは、補助として、
他のスタッフと協力することもありますが、
担当は1人です。

前回も書きましたが、1人で一貫して制作するほうがクオリティは高まります。

1つの会社と向き合い、1日中考えデザインする、
それを、半年以上続けると、
もうその会社のスタッフとして仕事が出来るくらい、
それ以上に想いを伝えることが出来るくらい入り込んで
1つの作品として完成させていきます。

日本独特のものづくり、
最初から最後まで丁寧に手作業で創り上げる。
他のことが目に入らないくらい、
集中力を高め、時間をかけ創る。

唯一無二の作品を創るためには、
高い集中力でものづくりが出来る環境であることが必須です。
それ以外のことを考えてしまうと、
深い思考に行き着くまで時間がかかります。

今回、電話対応を無くす方針に変えたのも、
私達が好きなデザインに、高い集中力で取り組みたい。
さらに良いデザインでお客様に還元したい。
という想いがありました。

昔から日本の良さでもある、
細部までこだわり抜く職人気質であること。

Fのスタッフ1人1人が高い技術を磨き続ける職人です。

ものづくりに集中できる環境作りに取り組んできたことで、
社内の雰囲気に触れたお客様が
その静けさ集中力の高さに驚くほどの空間になっていると思います。

まだまだ、改善の余地は大きく、
一切の雑念が入ってこないような集中した空間を目指していきたいです。


2つ目は、情報を共有して、仕組み化して、
嘘をつかない、迷惑をかけない、頑張らなくていい
組織作りをしてきたことです。

Fは常に情報を共有してきました。
メールは社内全員で共有してますし、
何か問題があり、それを解消した出来事やノウハウは、
社内Wikiという形で、
過去遡って見れるように情報を蓄積しております。

制作の手順も過去の経験や実績から全て標準化しており、
穴が見つかれば改善するを繰り返してアップデートしております。

過去トラブルの種や、実際にトラブルに発展した問題もありました。
その度に、放置せずに問題に向き合ってきました。
進捗が遅れるよりも、問題を先延ばしにするほうが、
後々大きな問題になることを知っているからです。

1日中1つの問題について話し合うこともありました。
2日かけることもありましたし、社員全員で話し合うこともありました。

嘘をつかない、迷惑をかけない、頑張らない

これはFの理念みたいなものですが、
進捗で迷惑をかけたり、頑張りすぎて迷惑をかけたり、
基本的には個人の問題であることが多いです。

乗り越えるべき課題は、個人によって違いますが、
変わらないといけない、変わらないと迷惑をかけてしまう。
Fにいると個人の課題は浮き彫りになります。

変わることができず辞めてしまう社員もいました。

スタッフ1人の問題は、社内全員に影響を与えます。
だから、放置することはせずに、課題を本人に伝え、
解決策まで皆に話し合って決めていきます。

嘘をつかない、迷惑をかけない、頑張らない。
社員全員が持つ意識の共有です。

ここがFの強さなのかなと思ったりします。

1つ目は、ものづくりに集中できる環境作り(個人技を高める)
2つ目は、全てを共有する組織作り(チームワークを高める)

メッシという、世界一のサッカー選手がいたとしても、
ワールドカップでは、勝てませんでした。
個の能力だけでは必ず頭打ちになります。

クロアチアは惜しくも2位でしたが、
個の能力も高く、チームとしての統率力がある、
組織として強いチームはバランスがとても良いです。

職人技だけが1人飛び抜けていても、個人頼りだといつか無くなってしまう。
でも、職人として技を磨ける環境と、好きなことに集中できる環境と、
職人全員が意識を統一して、嘘をつかない、迷惑をかけない、頑張らなくていい
組織作りがされていくと、すごく面白い世界になっていくのではないかと思いました。

P.S.最近クルマを買いました!
全く興味がなかったんですが、
HONDA素晴らしいです。
高い技術に触れる楽しみ。
自分の技術も高めていきたいです。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識