ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2019年1月31日(木)
気になっていること

こんにちは、ホームページ制作Fの西です。

今年最初のブログを先日書きましたが、今日は最後のブログです。
しかもペナルティ分。さて、何を書こう。

最近ちょっとだけ気になっていることがあります。

地元の友人に皆でご飯を食べに行こうと言われていたのですが、
Cちゃんとはちょっといろいろあったので、Cちゃんがいない時がいいなと
SちゃんとKちゃんが今年に入って私に言ってきました。

深くは怖くて聞けなかったのですが
私の知らない間に、幼稚園からの30年もの付き合いに
何か亀裂が入ったようです。

他にもう一つ
私の誕生日に、おめでとうメールと共に、
妻と別居しました報告が兄からありました。

さすがに、何があったん?と聞きましたが、今度詳しく話すと言われ、
もう10日経過しました。その間、父や母から連絡が来ますが、兄の事は一切触れず、
私も何も聞いてないのですが、もう聞くのが怖いです。
もう、ただの家出だったのかもしれません。そう思いたい。

そんなことがありつつ自分の事で頭がいっぱいだったので、
よく考えたら自分の仕事の事を実家にまだ報告していません。

とりあえず、お休みの日に子供たちが絵画教室に行っている間、
一人でフラッと海を見に行きました。

こんな大自然に囲まれたら自分の悩みなんか小さく思えてくると
ドラえもんの映画の中で草原に寝そべったシズカちゃんが言っていましたが、
まさしくそれでした。

釣り人に挟まれて、ただひたすらに海を眺める西は
いささかやばい人ではありましたが、潮の香りがとても懐かしかったです。

子供たちがお母さん生まれ変わったら何になりたい?と言われますが、
以前は「貝」でしたが「マンボウ」になり、最近は「マンタ」と言っております。
ですが一匹狼なのでコバンザメはご遠慮願いたい。

今週末は親友とランチを食べに行くので、とりあえず顔を見てホッとし、
労ってもらおうと思います。

写真は、次男と一緒に遊びで作ったレゴの写真を。いつか出そうと思っていたので。
題して『組体操シリーズ』
気になっていること.JPG
徒競走
気になっていること2.JPG
騎馬戦
気になっていること3.JPG
ピラミッド

これからもFのみんなや、Fのお客様が幸せで健康でありますように。

2019年1月31日(木)
集中力と革の鎧の話

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。

月日が経つのはなんて早いんでしょうか、明日でもう2月になります。
2月はどうなるんだろうと、今からドキドキしています。
することいっぱい、そして遅れられないぞ絶対という気分です。
もう藁にもすがる気持ちです。
先日西さんから借りた本があるんですが、こないだの土日にようやく読み終わって、
内容が集中力を上げるものでした。
今の私にはとても大切な内容な気がしました。
この、何個かの案件をスムーズに熟さないといけない感じには、
大変ありがたいものでした。

特に、勝手に今まで思い込んでいた、
「集中力は無限に湧いてくる説」が全然間違っていたことがわかり、
選択や判断を続ければどんどん1日分のウィルパワーなるものが削られるとのことで、
いかに節約すべきか、または増やす方法を書いてました。
ウィルパワーって検索すると、本の内容を詳細に書いている方がいて、
え?いいの?と思うんですが、
手軽に知りたい方には、ありがたいかもしれません。

手軽に集中力を上げる方法として、デスクに水色のものを置くことが
書かれてあったので(色彩心理学的に)
早速机に敷く、水色の下敷きみたいなのを買いました。
藁にもすがるし、使えるテクニックがあれば、全部試したい気分です。

本を借りてなかったら、こういった知識も持てなかったわけで、
知れて本当によかったなぁと思います。
西さんありがとう!

何かを知った後に、こんなに便利だったらもっと早く知りたかったって思うことあります。
今回得た知識も、結果を生み出して
「もっと早く知りたかった」と言ってみたいです・・。

ところで全然話が変わりますが、
(もっと早く知りたかったで思い出したのですが、)
私はこれまでダウンの見た目がなんかもこもこしてるし、
それは筋肉の隆起なんか?と突っ込んでしまうところがあって、
絶対に買う気もなかったのですが、
先日、ほぼ9割引の激安ダウンを見かけ、勢いで買ってしまいました。
そんなわけで人生で初めてダウンを着てみたのですが・・
あまりの暖かさに衝撃受けました。
人類は冬に何を着るべきなのか、ようやく知りました。

確か去年かその前の冬は、薄いけど裏起毛だから
「あったかいはず」と思い込んでずっと灰色のパーカーを着ており
(社内でも何人かに「寒くない?」と言われていた。)
そのあと、母からおさがりを貰い、パーカーよりも起毛が激しい、
なんと言えばいいのかわからない形の長いのを着ていました。

ダウンを知った今では、あの灰色のパーカーには戻れない。
と言うことは、パーカーは寒かったはずなのに
冬だからこんなものでしょ?と信じており、
これは裏起毛だから大丈夫だ〜!とバカみたいにと信じ切っておりました。
パーカーはアイテム的に「革の鎧」だったんだとショックです。

最後よくわからない話になりましたが、もっと早く知りたかったって
結構あるものだと思います。
本を読むなり、人に話を聞くなり、拒否反応があるものでも
ちょっと関わってみるなりして、他にもあるかもしれない「革の鎧」を
金の鎧(金の硬度は低いけど・・(´~`))に変えて行きたいです。

ea89a934c1c9991bf2596962a64f5676_s.jpg

2019年1月29日(火)
子どもたちとの過ごし方

こんにちは、ホームページ制作Fの西です。

今月誕生日を迎えました。何十年前かの雪の降る一月でした。
母は産後すぐ起き上がれなかったのですが、病室に来た看護師さんが
「あら、寒いと思ったら雪が降ってるわ・・・。」と言っていたそうです。

もう人生の半分を生きてそろそろ折り返そうかなといった所です。
体力はないけど、五体満足で産んでくれてありがとう。
それなのに、家でウォーキングマシンを頑張りすぎて膝を痛め、
せっかく右肩が良くなったのに、しばらくヨガを休みました、ごめんなさい。

先日、Fの育児を日々経験しているスタッフで話をする機会がありました。
西は家事育児に疲れている、デザインに集中できていない・・・。ということで

たくさんのアドバイスをくれ、子育てに関する悩みを聞いてくれ、
その後、早速実行して行っています。
色々なことが少しずつ変わりつつあります。

私と子供たちとそれぞれ直してほしいところを3つずつあげて、
お手伝いはその都度したらお駄賃をあげるようにして
一人で一時間でもいいから外出してもいいんだと思い、お出かけをして、
家庭での肩の荷が下りました。勉強を見てあげるゆとりもできました。
パソコンでのお絵かきツールの使い方も伝授。

少しずつレベルアップして、ゆくゆくIllustratorを使わせて、お手本を見せて
お母さんすごいと言わせたいですが、子供はすぐ追い越しちゃいますね。
ちなみに私への直して欲しいところは、

勝手にお菓子を買ってこないで欲しい。
頼んだものと違うのもを買ってこないで欲しい。
あと、まさかのガスコンロを買って欲しい。などでした。

心なしか最近、子供たちが素直になってきたような気がします。
いままで何年も頑張ってきたことは子供たちにとって私にとって
一体何だったんだろうと思いつつ、
何年も見守ってきてくれた友人にもそのことを話し、心配かけたねと、
ありがとうと言いました。

さて、新年はじめてのブログではありますが、1月早々ペナルティであります。
日にちを完全に間違って見落としておりました。いつ日にちが変わったんだ!!!?(泣)

新年はじめての写真は華やかに。先日子どもたちと蜷川実花展に行った時の物を。
子どもたちとの過ごし方.jpg


それでは皆様、インフルエンザにならないよう体調を気遣い、日々を過ごしくださいね。

2019年1月28日(月)
1つのボーダーラインを超えた組織体を創る-共栄する時間

いつも大変お世話になっております。
安定した繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

人生とは
走り出したら止まらない。

走りながら改善していくのか、
走る前に改善するのか。
どのレースを本番とするのか。

時は進むものですので 
走りながら変えていくことしかできないのかも知れません。

組織とは様々な要因が含まれ構成される。
一定のボーダーラインを超えることにより、
本来の自分が見えてきて、本来の機能を発揮する結果となります。

1つの組織体として、
全員がボーダーラインを超えた状態からやっと自由になれます。

ゴールした状態で、
誰かがやめることにより、
ボーダーラインから落ちるのであれば、
それは組織としてゴールをしているわけではなく、
ただ単に個人の力に頼っているだけです。

誰が抜けても、
そのボーダーラインから落ちない状態こそが、
組織として成熟した形となり、
組織として機能しているからこそ、
誰もが自由で各々のポテンシャルを発揮できる。

組織とは支え合いではなく、
能力をスムーズに発揮できる環境(ネットワーク)構築。

その結果、
本来の自分になり、
本来得意な事とやりたい事をすることで頑張らなくてよくなり。

キツイ思いをせずに、
自分自身が疲れずに汚れなくて済みます。

ボーダーラインの下で、
本来の自分でない人が上に立つことでは、
その下も本来の自分になることができません。

組織として成熟しない結果となり、
誰もが苦しいピラミッド型の状態となります。

多くの方が、今に対して責任感が強い為に、
本来の自分になることを拒んでいます。

しかし、本来の自分になればなるほど、
適材適所で必要な存在になるようにできており、
その人の能力が何倍にも結果的に発揮されていきます。

その役目を全うすることで、
仕事も私生活も機能的に回っていきます。

責任感もなく、
純真の愛がそのまま全ての人に、
ストレートに近づくように、なれば自ずと変わる人も出てきます。

誰を信じて進むのか。
結果的にいかに嫌なことをしない人生を歩むのか。
誰と付き合い続けていくのか。

誰を信じて期待を裏切らずに行動し続けていくのか。

他人が何を言おうと、
自分が信じる人に対して、期待を裏切らなければ、
いつかは自分がその人と肩を並べる時が来ます。

そのときに自分の目で、
その人を判断して、行動に移せば良いと考えます。

人に流されて結果的に損をしている人も多くいます。

人の意見と自分の中の弱さの意見。
いつも共鳴をして流されてしまいがちですが、
本来の自分は共鳴するのではなく、
ともに「共栄」することを望んでいます。

「共栄」するボーダーラインの組織体を創り続け、
「独裁」→「ワンマン」→「繁栄」→「共栄」に向かう方向を、
皆様に創り方をお伝えしております。

20190128.jpg

2019年1月28日(月)
今年から一歩踏み出すことに決めた趣味の話

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

去年、最後に書いたブログがカタイ仕事の話で終わっていたので
今年はじめてのブログは趣味の話にしようと思います。

以前にも、数回ブログで話題に出したことがあるのですが
趣味でダンスをしておりまして(お世辞にも上手いとはまだまだ言えませんが)
平日夜や休日に同じ趣味の仲間と集まって、披露する機会に
標準を合わせながら切磋琢磨しつつ練習に励む、ということをここ数年続けています。

(各々曲目の内容について提案したり、時に意見がぶつかりあったり、
練習後ご飯を食べに行ったり、都合がつく時はメンバー同士で集まって遊んだりなど...
ちょっと部活っぽいなと思います。私は帰宅部だったのでイメージですが、
部活ってこんな感じだったりするのかな、などと思ったりしています。)

周りについていくので必死、目の前の予定をこなすだけで精一杯という状態から
昨年あたりから、少しずつ視野が開けてきた感覚があり
もっと出来ることの幅を広げたい、スキルアップしていきたい
と思うようになっていたのですが、同じようにスキルを上げていきたいと
考えていたメンバーが大半だったことから
今年は今までやっていた曲目よりも難易度を上げたものに挑戦していこうと
目標設定をして活動に取り組んでいくことになりました。

年始からさっそく数曲、練習をはじめていますが、
まだAメロとサビの一部しか踊っていないのに
不安がすごいです。(出来てなさすぎて)
ただ今までにやったことのない動きを覚えるのは
とても新鮮で、これが身になって踊れるようになったら
きっと楽しいだろうなあというわくわく感があります。

また、これまで見よう見まねで踊っていて
基礎が不十分な部分が私はいくつもあるので
基礎練や柔軟をコツコツ続けて、技術向上のための土台作りも頑張ろうと思います。

先日、望月が「『どんなことも同じことを1万回やると人はその事柄において達人になれる。』
とテレビで検証含めやっていたんだ。」と何気なく話してくれたのですが
望月自身も、書道を始めて、同じ文字を書き続けてメキメキ字が上達し結果を出していました。
そういった過程を間近で見たこともあり、私もステップアップのための自主練頑張ろう
と、更に密かに決意を固め直している次第です。

今年は、今まで継続してやってきたことが花開く年、と
とある占いで言ってもらったので、そんないい年に出来るように
ダンスに限らず、目の前の物事を柔軟に捉えて
クサクサし過ぎず、自分を追い込み過ぎず、出来る範囲で対応する、
を心がけて過ごしていきたいと思います。

写真は最近行ってきた近所のアニマルカフェ、にいたコツメカワウソ。
ご飯を食べながら、元気に走り(動き?)回るカワウソやちょっと変わった
動物達(フクロウとかイグアナとか...)を見ることが出来る~という
カフェだったのですが、カワウソずっと動いてて写真ブレまくりでした。
そんな中で撮れた奇跡の1枚。奇跡の真顔。

弊社スタッフの高橋も先週のブログで豆柴をさわれるカフェに行ったと書いていましたが
アニマルセラピー、本当癒されるのでおすすめです。
20345-11.jpg
20345-1.jpg

2019年1月25日(金)
1月が終わってしまう

こんにちは。更新管理担当のオカベです。
こないだ年が明けたと思ったらもう1月が終わりそうなのでびっくりしています。
毎日の充実度とかはなく、なんとなく過ごしてたらあっという間に
日が経っている・・・みたいなのが多いので良くないです。
なにかしらの仕事は終わっているのでボーッとしてるわけではないと思うのですが・・

先日趣味で知り合ってもう10年近くになる友達と大阪に舞台観劇に行ったのであれこれ話したのですが
同い年なので30歳という節目だから!とジム通いやエステ通いを始めた上に
彼氏も出来たと報告されリアルが充実してる人ってこういう人のことなんだろうなぁと感心してしまいました。
私もなにか始めたいな~とおもったものの出てくるものは「健康」一択で・・・。
去年からの胃痛が治らず、最近はいろんな不調やら何かしらの痛みがあって
今年(むしろ来月あたり)は絶対人間ドック行く!!!!!と決意しているんですが、
病院に行くのも面倒だし身体の不調が多すぎて何科にいけばいいんだろうと考えると更に面倒ですし、
それを放置してもしかしてこの病気なのでは・・と考えているのも本当に馬鹿だなぁと我ながら思います。
仕事ではいかに効率を考えて最短ルートで仕事を終わらせて定時で帰るかを
考えているのに・・・・今年は病院に行かなくていい健康体を目指します。
社内ヨガも参加してみたら何変わったりするのかな~ときになっている所存です。(/ω・\)

画像は通天閣です・・新世界ひっさしぶりにいきました。
年末二週連続で東京に居たので大阪は暗くなるのが遅い!(九州に近い)と感動しました。
大阪も観劇で年1~2回行きますがだいたい着いたらすぐ観劇、翌日も朝から観劇、
終わったら速攻帰るパターンがおおくて粉物すら食べずに帰るのがデフォだったんですが、
今回は時間も合って観光という名の徘徊(1日で25,000歩・・)もたくさん出来たし
お好み焼きもですがだるま総本店で串カツも食べれたので食の充実がすごかったです!!!
また春にいくので次もなにか美味しいもの食べたい・・・・・!

190125.jpg

2019年1月23日(水)
お部屋をステキに飾りたい

こんにちは、ホームページ制作Fの小代です。

最近では新春のセールの活気が薄れ、店頭に並ぶ商品もどことなく寂しく佇んでいるように見えます。
田舎育ちのせいもあり、お店に立寄ると「何か買わなければ」といった使命感を感じていました。
「せっかく来たのになにも成果物がないとは...!」というふうに。
そういった生活をしていると自然とものに溢れ、執着心もあり手放せずに、
収納場所に困っていました。困りすぎて一周したところ
「(ものを)持たない生活」というものにも憧れたりしました。(失敗におわりましたが...。)
その流れもありで、「シンプルなもの」「多様性があるもの」など慎重になって買うものを選んでいました。

それは、無意識に自分の中でルールを決めつけ、
せっかく立ち寄ったお店でも実用性を選ぶことにこだわりすぎており、
初めて見た「かわいいな」「好きな形だな」といった小さな感動する機会を失っていたのです。

最近では身の回りに気を使う余裕ができましたので、
お気に入りのインテリアでも飾ろうかなと思い、雑貨屋さんをさまよっています。
実用性はあるといいけれど、心を動かすなにかがあるそんなインテリア雑貨を飾っていきたいです。
(増えすぎ禁物ですが・・・)

雑貨

みなさま、インフルエンザも蔓延しておりますので、どうぞお体にお気をつけください。

2019年1月23日(水)
会社の電話対応を無くしていきます-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
安定した繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

様々なことを乗り越える前に、
乗り越えられない壁がいつもあります。

恐れや恐怖。
不安や保身など多くのものがまとわりつきます。

私自身は変革と改革をずっと続け、
日々変わり続ける生活をしておりますが、
「とどまる自分」と「進む自分」の2人で、
永遠と終わらない、チキンレースをし続ける日々を繰り返し、
「いつも進む自分」がアクセルを踏み続けています。

日々、見えないものに向かって、
度胸を試される状態で進んでおり、
変わるも変わらないも、
自分自身が決めるものであり、
選択の自由の先に未来が生まれると常に思います。

しかし、「悩む」ということは、
人生に対して必要のないことであると考え続け、
悩みのない人生を歩むためには、
悩みを消すために進まなければ消えないとも考えています。

その結果、
基本悩みのない生活をしております。
最近は書道をはじめました。
https://www.facebook.com/house0529

悩みがなくなれば、
今の自分の身の回りの世界は好転をしていきます。

そして、
いつも通過点を過ぎてみると、
「とどまらなくてよかった」と思うことばかりです。

悩みというものは、
基本的に必要のないことであり、
自分が未熟だからこそ起きてくる問題も多く、
未熟ということは、問題を先送りにしても未熟のままであり、
未熟なものは成熟させなければ結果的にマイナスとなり、

最終的に腐っていくのか、
枯れていくのか。大きな結末の違いがあります。

私は腐らずに枯れて行く道を、
進み続けて行った結果、
乗り越える前は必要だと思っていたことが、
乗り越えるとなぜ、必要だと思っていたのか、
本当に小さな固執が大きな足かせとなると感じます。

勝算はいつもありますが、
度胸試しをずっとし続けておりますので、
いつ崖から落ちるのかは、誰もわからなく、
いつもハラハラしながら見て頂いているお客様には感謝しております。

しかし、14年間それをし続けておりますので、
盤石な体制の中で考え行動をしております。

未熟な常識の中には、
成熟した常識を受け入れられないことが多くあります。

どちらも常識を振りかざして生きているのですから、
どちらが正しいということはありません。

どちらも正しい状態であり、
それを選択するのも自身の判断の自身の自由な人生です。

前置きが長く大きくなりましたが、
今回の大きな改革は、
電話対応をなくし、料金表も変更していくことに決めさせて頂きました。
詳しくは来月のニュースレターでお伝えさせて頂くのですが、

私たちは物創りをする企業であり。

全力で良いものを創り
その能力で更なる信頼を得るという。

更なるデザインの進化をして、
お客様に喜んでもらえるきめ細かいサービスを、
平等に徹底的に実践するために考えました。

WEB会社なのに、対応が良いということを、
ずっと真面目に、
対応が良いを当たり前にしてきました。

しかし、対応が良いの先には、
そのきめ細かい対応の良さをデザインで再現できる。
結果として返ってきました。

人の心の痛みわかる。
嘘を一切言わない会社。
基礎的な部分が普通にできる会社。

そういった対応ができる社員が、
対応ではなくデザインに力を注いでいきます。

最高に良いものだけが出来れば、
それが仕事になり、集中できる環境で、
今より何十倍も良いデザインができます。

素晴らしいデザインこそ、
お客様が心底喜んで頂ける仕事となります。

大きな変更のときには大きな不安や恐怖もありますが、
全てを削ぎ落として、本物だけをブレずに残し、
お客様に対して曲がらずに返していける日々を過ごしております。

今後とも長いお付き合いをお願いします

20190123.jpg

2019年1月22日(火)
問題を問題にしない

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。
先日長い正月休み明けにインフルエンザになってしまい、
3日出勤した後で約1週間お休みをしてしました。
(ブログ当番の日に書けなかったので本日書きました。)

子どもの時は、病院にかかることもなく、皆勤賞を貰ったりする子だったのに、
大人になって免疫力が著しく落ちたのか、ちょっとしたことで体を壊すようになりました。

あと、単純に手洗いが足りなかったのかもしれません・・
帰って必ず手洗いうがいするんですが、手洗いは30秒しないと意味がないそうなんです。
ハッピーバースデートゥーユーを2回歌う時間でちょうど良いらしく、
実際にやってみると結構長いです。

インフルになった後でこれを知って、
ぜーはー言いながらハッピーバースデーを歌い、手洗いをする
自分に何とも切ない思いになりました。


08e52cdf6522eafd070571b437159297_s.jpg
ところで最近、色々思うところはあるのですが
中々それらを何と表現すればいいのか難しい気持ちです。

例えば昨日、通勤途中に後ろから救急車が来て停車しました。
横断歩道の真ん中だったのですが、停車して救急車に道を譲り、
その間に赤信号になってしまい、横断歩道で立ち往生しました。

その後、救急車のいきさつを知らない自転車に乗ったおじさんがやってきて、
こんなところで止まりやがってと言わんばかりに、何やら口をパクパク動かしながら、
私を睨みつけ去っていきました。

そんな時の何とも言えない気持ち、
おじさんにわざわざ事情を説明るするには時間が足りないし、
私は悪くないのに・・と、なんか悔しい気持ちです。
その時の表情とか、脳裏に焼き付いて、
ばかばかしいとは思いながらも、しばらくイラつくのです。

あらゆる問題の殆どは人がもたらすと思います。
横断歩道の真ん中にいたとしても、問題は無かったはずなのに、
事情を知らないまま鉄槌を下そうとするなど、
問題を作り出すのは愚かな人ばかりです。

また、そんなのは放っておけばいいのに、
囚われてしまうことで、新たに自分自身で問題を作り出しています。
気にならない時や、ウケるなぁ~と思うときもありますが、
虫の居所が悪いときはダイレクトに影響を受けてしまいます・・。

このところ、そういうのが多い気がして気が滅入りながらも
何とかしたいなぁと思っていました。

以前、私が師匠と勝手に言っていた人がこう言ってました。
「問題を問題にするから問題になる。」と。

要は解決策があれば、問題になりようがないし、
問題と思わなければ、問題になりようがないってことです。

人によって問題になったり、ならなかったり、
問題の規模が大きかったり、小さかったりします。
師匠と仰ぐその人と、一緒に仕事をする時には、
トラブルが起こっても本当にすんなり解決してしまうし、
安心感は絶大でした。

良い人の近くで働くっていうのは、そもそも問題が起こらないのだと知ったし、
もし自分の周囲で問題が多発するようなら、
それは自分が問題を作り出してしまってはいないかと
顧みることが必要だと考えるようになりました。

例えばよく怒る人がいますが、その人は"偉い人だから"
"なにか他の人を怒れるような能力があるから"怒るのではなく、
その人自身に問題がありすぎるから
部下を怒る、世間を怒る、と怒ることに忙しいのだと。

その師匠的な人は、誰かを怒る前に
怒ることが起こらないように指導をしてしまっていたのではないかと思います。
なので、人を怒る前に自分の能力の無さを顧みたほうが良いはずなんです。
反省します。

突然降りかかってくるものはさておき、
問題を増大させないために努力が必要だと感じてます。
というのも、私の場合心の状況が良くないと、
パフォーマンスも悪くなるからです。なんて未熟なんだぜ・・。

効果がありそうなのは例えば、
怒った時に自分の怒りバロメーターを図ってみる(一瞬客観視して冷静になるように心がける)とか
誰か他人に起きた問題として、その人のために自分だったらどう助言するだろうと
問題と自分の感情を切り離すようにすることです。

2月になると更に忙しくなりそうで、上手く乗り切っていくためにも
問題を問題としない精神と、問題と自分の感情を切り離すことを心掛けて
取り組んでいきたいと思います。

2019年1月21日(月)
キャパシティを知ること

こんにちは。ホームページ制作Fの高橋です。


前回、小島のブログにて、頑張らないことの意味という内容の投稿があったかと思います。

私自身も家庭持ちではないものの、同じようにどう自分の持っている力を仕事:プライベートなどに
割り当てるかということを考えさせられた日だったのでそれについて書こうと思います。

Fに入社してここまでとある事情で、毎週1回、半日お休みを頂いておりました。
私が仕事というものににつかえる能力が100あり、プライベートに使う能力が50としたら、
(※なので、高橋のキャパシティは総計150ぐらいとします。)

入社してすぐはFに慣れることというカリキュラムのおかげもあって、
Fに70、その事情に50、プライベートが大体30ぐらいの割合で進めていました。

それからFで任せていただく仕事が増えるにつれ、
Fが100になるようにして、事情については慣れてくるからと
どんどん使う力を減らそうと努力していたのですが、
そもそもFの仕事にまず110、その事情が50のまま、プライベートが10ぐらいに
いつの間にか12月中旬~今までにかけてなっていたことに気付きました。

Fでは頑張りすぎたら大変と、小島が書いていましたがその通りだと思います。
それを「仕事はすごく楽しいし、いいや」と私は110のままで過ごそうとしてたので
案の定今日、今現時点で体調を崩しております。

これが不要な力で頑張りすぎたという結果なんだろうなぁと。

それに、この110、50、10で頑張っている間というのは
とある事情の事を家に帰ってもずっと考えていたし、Fの終業時刻が終了したとたんに
考えだしてしまうような感じだったので、正直プライベートの10も無理矢理
何も考えないために作った10だったと思います。

思えば、最初からその事情に50使っていたのが間違いだったと今は思うので
来年度からその事情ついてはお断りをしました。

1月初めの頃は少し未練がありましたが、自分の仕事に掛けられる力の割合について
望月から話を聞いて、

いつか私のキャパが増えたときにやればいいものだし、
まだ今の私には、この経験がFの業務で得られる経験より有益なわけではない。
今回断ったからといって今の関係性が終わる相手でもないという事を思い、
お断りする結論となりました。

2月にはその件について全てが片付くので、
2月からは仕事につかえる100の力をFの仕事に。
そして100を超えないように、抱えすぎたらまずは相談する。

自分1人で仕事してるわけではないし、
それが出来るFなので。そこはしっかり甘えるべきだなと思いました。

片付いてからは、プライベートの50もしっかり使って、次の週の仕事のキャパが
70とかから始まらないようにリフレッシュすることを目標に過ごしていきたいと思います。


最後に、話はプライベートの件になりますが
この前の3連休に友人と湯布院の金鱗湖周辺に遊びに行ってきました。
写真はその時に言った豆しばをさわれるカフェの写真です。

その日は朝8:30から車で湯布院にいき、
昼に大分に帰ってきて映画館でライブビューイングをみて腹筋崩壊するぐらい笑い転げ
その場のノリとテンションで映画まで見て帰るスケジュールを過ごしました。

笑う事と動物と触れ合うことはすごくリフレッシュされるものだなぁと思います。
今後も笑顔でいられるよう、楽にすごしていきたいです。


IMG_5183_500.jpg

インフルエンザも蔓延し始めてますし、だいぶこの頃気候の変動が激しいので
皆様どうぞ体調にはお気をつけてお過ごしください。

2019年1月19日(土)
仕事も子育ても家事も頑張らない。の本当の意味

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

あなたは家庭と仕事どっちを大切にしていますでしょうか?
私はどちらかと言うと仕事を優先してきました。
残業は苦ではありませんでしたし、
前職では、ほぼ出張で、
家にいることが珍しい時期もありましたし、
どこかで仕事さえ頑張っていれば
給料さえもらえていれば
家庭も幸せになるだろうとさえ思っていました。


大きな勘違いでした。


自分は仕事でこれだけ頑張っているから、とか
時々皿洗いとか洗濯とか手伝っているから、とか
土日は子どもたちと遊んだりお風呂入れたりしているから、とか

それだけを切り取り、
それだけを理由に
平日は残業をして遅くに帰り
家庭のことを丸投げするのは
全くの間違いでした。


先日、Fで子持ちのスタッフが集まり話し合いが行われました。
僕にとってはものすごく良い時間でした。
やはり実際に仕事もバリバリして子育てもしているママさんスタッフから
話を聞くということがこれまで無かったので、
一つ一つの言葉が本当に身にしみました。


そして、
仕事を優先してきたツケなのですが、
最近家庭が上手く行っていないことも相談でき、
18時帰りを徹底することを義務付けられました。

家族にも18時に帰ることを伝えましたし、
僕自身も絶対に守るべきルールとして位置づけました。


家庭が上手く行っていないのに、
仕事が上手く行く訳がないことを
最近身をもって体感しております。

私自身はこれまで仕事を優先してきたので、
子育てでエネルギーを消費することがあまり無かったのですが、
その負担を妻にさせていたことと、
子どもたちも甘えたいざかりなこともあり、
膨大なエネルギーが家庭から消えており、
常に疲弊感が漂っていたなと思います。


もちろんすぐにめちゃくちゃ順調にうまくいく訳ではないですが、
先日の話し合いは私にとってすごいタイミングでした。

今週18時帰りを実践しましたが、
改めて妻にはすごい負担を掛けていたなと反省しました。

18時帰りをすれば、
子どもたち3人をお風呂に入れることもでき、
一緒にご飯を食べることもでき、
子どもたちと寝ることもできます。


でもやっぱりまだ今週しかしていません。
いままでの蓄積や負担は大きかったので、
来週からも、今後絶対に18時帰りをすると決めました。


で、
何で仕事を優先してしまうのかを考えると、
仕事で結果を出せば誰かが評価してくれます。
結果を出せば出すほど、
喜んでくれる方は増えていきます。
やりがいもありますし、
喜ばれたり評価されたりするとものすごく嬉しいです。

仕事は、後からご褒美がついてくる感じでしょうか。

だから家庭よりも子育てよりも仕事を優先してしまう。
家庭や子育てから目をそらしてしまう。


逆に、子育てや家事とかどれだけ一生懸命やっても
基本的に誰も評価してくれません。
給料を貰えるわけではないし、
昇給するわけでもないし、
誰かから喜ばれることもないし、
完全奉仕です。

でも、やっぱり家庭持ちで仕事をバリバリこなすには、
家庭のバックアップや、家庭が幸せでないと、
仕事をどれだけ頑張って結果を出しても虚しいだけです。

何のために仕事をしているのか?
を考えると、やっぱり周りの近い人に喜んでほしいから、
自分ももっと良い気持ちで働きたいから、
子どもたちに愛情を注ぎたいから、
一緒に働きたいと思える方、助けたいと思える方に力を注ぎたいから、
冷めた関係ではなく温かい関係性を望んでいることに気づきました。


子育てや家事はものすごく負担が大きいです。
その割に、ご褒美はありません。
だから絶対に息抜きは必要ですし、
遊んだり楽しんだりしないと続きません。

Fでもよく言われますが、
頑張ったら本当に心が折れます。


仕事も子育ても家事も頑張らない。
幸せに生きる、楽に生きるための先人の知恵みたいなものですが、
心に刻んで進んでいこうと思います。
190119_ganbaranai.jpg
店内で泣き散らす長男・・・笑

2019年1月15日(火)
銀座の老舗喫茶店から感じた今年の目標

ホームページ制作Fの田崎です。

私の今年一発目のブログとなるので何か目標を書くべきかとぼんやり考えたりしていましたが、
先日の3連休で東京に行ってやっぱり素敵だなあと感じ、今年の目標のひとつともなった、
銀座の喫茶店の店員さんのことについて書きたいと思います。

銀座の老舗喫茶店
銀座への憧れが強い私からすると、この存在自体が素敵な場所ですが、
一人の店員の存在によって、さらに雰囲気のある、気持ちの良い場所になっていて、
人の雰囲気、立ち振舞でこんなにもお店の印象が変わるのかと驚いた出会いでした。

そのお店に行くのは今回3回目で、
今回はその店員さん自体はいなかったのですが、
去年一昨年と、兄家族と母と家族旅行に行った時、気に入って2年連続行ったお店で、
お店の雰囲気もさることながら、その店員さんの魅力は印象深いものがありました。


家族で2回行った時は朝食を食べに。
お店は濃い茶色の、重厚感のある雰囲気で、
テーブルや椅子もアンティークな感じで席によってちょっと違っていたりして、
1人でゆっくりとお茶をしている人や、タバコをふかしながら新聞を読んでいる人がいて、
昔ながらの雰囲気がありながら、すごく落ち着いてゆっくり過ごせる、お店自体もとても魅力的なお店です。

席は20テーブル近くあるでしょうか。
朝なので比較的人が少なくはあるのですが、結構な席数をウェイトレスは1人だけで回しており、
家族全員で大絶賛する店員さんはこのウェイトレスの方です。

30代後半ぐらいかのきれいな方で、お店の制服も喫茶店らしくて素敵なので
純粋に見た目の魅力もあると思うのですが、とにかくその店員さんの動きを
ついつい見てしまう程、惚れ惚れしてしまいます。

リップサービスがすごいとか、
すごくサービスがいいとかいうわけではなく、考えてみれば特別なことは何もないのですが、
声のトーンも速さも言葉遣いも、動作のひとつひとつも、
全てが丁度よく、心地よく、お店の雰囲気をより楽しませてくれる存在となっています。

老舗喫茶店らしい、分厚い白いお皿で、
朝食と言っても、結構な重みがあると思うのですが、
全く重そうな感じも無理をしている感じもなく、たどたどしさも一切なく、
優雅に3、4人分をまとめて持ってきて、きれいにテーブルに置いてくれます。

ゆっくり丁寧に置く感じでもなく、ささっと置いていくのに
急いだ感じもガチャンと音を立てるようなこともなく、すごく心地が良いです。


朝でお客さんが少ないとは言え、立て続けにお客さんが入ってきたり、
注文のタイミングが被ったりすることもありますが、
そんな時でも一切慌てる様子がなく、お待ち下さいとさらりと言いながら、
ひとつひとつを手早く、スムーズに行う姿は、
すぐに慌ててしまう私にはとても憧れです。
1人だけで回しているのに、お客さんがそんなに待たされる感じもないのがまたすごいです。

今回の旅行で1人で行った時には
お昼時に行ったせいなのか、違うウェイトレスが2人でやっており、
ほぼ満席の中でそれを卒なくこなす2人も素晴らしかったですが、
あの憧れの店員さんに感じる雰囲気はなく、
やっぱりあの店員さんの存在が、また来たい、素敵なお店だな、
と思わせる存在になっていたと思います。

話す内容が良いとかではなく、美しいということだけでもなく、
立ち振舞や雰囲気でこんなにも素敵だと感じ、
お店全体の良さにつながると感じることはなかなかないことだと思います。


あの店員さんを見ていて、
自分も普段の立ち振舞をもっときちんとしていきたいとか、
Fでもそんな風に思われるように行動していけたらいいなとか、いろいろ思いますが、
一番真似したいのは、焦らず対応すること。

自分ではひとつずつしかできないし、重なったら誰かにお願いするという方法もあるし、
一呼吸おいて考えてみれば焦る必要はないことばかりなのですが、
いつもすぐ焦ってしまいます。


何か聞かれた時にもきちんと冷静な判断ができるように環境を整えること。
癖のようになっているせいもある焦りを意味のないものとして定着させていくこと。

がんばってみたいと思います。



こんなに大絶賛したもののお店では写真を撮っていないので、
全く関係ないですが、友人が住んでいる青梅で行った赤塚不二夫会館での写真を1枚。
赤塚不二夫ワールドも楽しんできました。
赤塚不二夫会館

2019年1月15日(火)
古くなった大いなる父親理論-繁栄する会議

いつも大変お世話になっております。
日々進化を考えているホームページ制作F望月聡です。

つい1ヶ月前に下記のことを書き、
真面目に取り組みました。大いなる父親理論の経営。
https://www.facebook.com/house0529/posts/2157172497680158

会社は家族と考え、
里子と養子など関係なく。
すべての社員を平等に愛するという考えです。

この考えの先に大きな物があると考えて、
チャレンジをしてみましたが、
その結果古いと感じましたので報告をします。

大いなる父親理論を発表する時、
全社員の前で私は今から「大いなる父」になります。

古参社員としか話さない環境を、
新入社員との壁も取り、全員を平等に可愛がる。
なんでも頼ってきてください。
全部まとめて面倒を見ます。

と、恥ずかしながら大真面目で言いました。

その行動の結果、
望月さんに話す怖さがなくなり、
すべての社員が相談しやすくなった。
責任が分散されていき、
大きく会社は成長することができました。

風通しが良くなり、
子が成長してきたことをきっかけに、
大いなる父理論は古くなっていきました。

新しい理論で組織を編成し直していきます。

家族理論というのは良いようですが、
穏やか場面も多くありますが、ために機能不全に陥る場合もあります。

父親というのは献身的にフォローをしており、
下に育つリーダーが父親の役目になりたいと思いません。

母親のポジションも変わらずに、
結果的に必要のない父親と母親の存在となり、
「意味を持たない権力」が、
組織が大きくなってもはばかる結果となります。

子が親を超えていく。

新しい組織は子が成長したことにより、
独立した生命体となり、新しい進化に向けて
改善して維持し続けてくれます。

人という生命体が何千年かけて、
幸せな世界を創ってきたように、
生命体が知恵を使い改善を図り続け実践し続け、
本来の住みやすい場所を創り続けていく。

人として本来の働き方をできる。
誰もが役職のない役目のある組織になります。

そういった環境こそ、
職場でのストレスは軽減して、
TVゲームは自由だから熱中でき、
仕事も自由だと熱中することが更にできます。

環境を整えストレスフリーにすることが、
熱中できる環境を作り、
創出と改善を繰り返すRPGのような状態となります。

レベルを上げ続けクリアした時に、
多くのことが楽になっている状態こそ
人として見てみたい風景でもあり進化があります。

私としては1ヶ月で、
大いなる父としての役目を終えました。
会社とは生業から始まり家業 → 事業 → 企業
と発展をしていきますが、労働環境や人の考え方など、
企業の在り方に変化が訪れています。

この括りで考えると、
私達はやっと事業になる状態であり、
私達の先にある企業というものを見るために考え、
変革を起こしております。

今より楽になるには先に行くしかない。

参考にして頂けるとより良い円滑な人生があると感じます。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

SEOマニュアル高評価を得ております。 https://www.web-f.net/seo/

20190115.jpg

2019年1月10日(木)
今年の目標!

明けましておめでとうございます。
ホームページ制作Fの長山です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年、私の一発目のブログですので、
今までを振り返りつつ、今年の目標などを書きたいと思います。

昨年は年末にミスがあり、今年のスタートも昨年を引きずる形で良くはなく...
つまづきながら年末年始をまたいでしまいました。
そして、ミスする度に会社を辞めてしまいたいなぁとか、誰にも会いたくないな~とか
自分に甘い考えが沸いてくるのですが...

例えその時に会社を辞めてしまったとしても、私の代わりなんてザルでいます。
そんな事は百も承知です。
けれど、私が突然辞めてしまえば私の担当のお客様をスタッフで振り分ける事になり、
自分は楽になれど、周りに負担が増え結果迷惑をかけることとなります。

20代までは、人が嫌いで、他人や自分の事すら興味が無かった私でしたが、
周囲の存在に目を向け、誰にも迷惑をかけたくないと言う感情を知ったり、
誰かの事を大切に想えるようになったのはFで出会った沢山の人達のおかげです。

Fで働くまで、誰のことも信頼出来ずに生きてきたおかげで、
その温かい人達の中にいると自分がどれだけ荒んでいて、どれだけ、汚い人間だったのかわかるようになりました。

一番はいつも隣にいてくれる岡部の存在がとても大きいと言うことで、
岡部本人にも冗談半分で言いますが、岡部がFを去れば私もFにはいません。
岡部は裏も表も無く、感情で流されない。
私の中で唯一100%信頼できる存在であり、とても頼もしい存在です。
それ故、今の私は岡部におんぶに抱っこ状態で何かがあればやはり頼ってしまう。
他人と比べ成長が遅い私はこのままでは足を引っ張るだけの存在になってしまいます。
それだけは避けたい。
ですので、このまま自分に何の変化も無く、昨年のように居心地の良い場所で
ただただ流れに身を任せるだけの年にするのはやめようと思います。
現在進行系でFがどんどん変化しているように、
自分自身もFと共に成長させなければ、Fに釣り合うスタッフにはなれません。

そこで、私の今年の目標は、私自身も変わりたいと思う事です。
たぶん、望月にはバレていると思いますが、
今まで、Fや周りが変わっても自分にはどこか関係ない気持ちで
外から物事を見ている感じでした。
本当にごめんなさい。
同じ方向に向かおうとするのか、しないのかでモチベーションも変化します。

まだ、私自身どうありたいのか明確には決まっていませんが、
初めの一歩ということで、今年の暮には自分が変化したいい一年だったと言えるように頑張りたいです。

写真は下の子がはじめて自分でお化粧したときの顔のドアップです。
ひどい顔です。ごめんなさい...

musume.jpg

では、今年一年皆様にとっても良い一年となりますように...。







2019年1月 8日(火)
2019年は我慢をしない-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
安定した繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

あけましておめでとうございます。
今年も変わらぬご愛顧をお願いします。

大晦日を1人で過ごし、
年を明けても誰とも逢わない。

こんな生活がいつまで続くのかと考えるのですが、
会社は7日から始まりましたが、
私の予定はずっと空白のままで、
2019年はずっとこのような生活です。

予定のない1日をずっと過ごす。
映画を見てはアマゾンで3本追加の映画を買う。

エンドレスに増え続ける、
ブルーレイの山を見て、これは意味がないと気が付き。

組織を変えられる場所にいるのだから、
組織を変える本を読もうと思い。
世界で活躍している組織の本を読み進めました。

ティール組織という類の書籍です。

書籍を読めば読むほど、
私が実践してきたFの組織と同じことをしており、

このようなところに答えがあり、
やっと同じ組織を見つける事ができました。

読んでみても、
やっていることは同じなので、
何かを見つけたわけではなく、
いつもこのメルマガに書いてあるようなことを書いていました。

ただその先には素晴らしい組織と会社があるという、
世界で良い状態の企業が取り入れているという事実が知れて嬉しかったです。

人、1人の力とはもろくて弱いものです。
頑張れば折れる。我慢すれば溜まる。張り切れば落ちる。

私の今年は、
頑張らない。我慢しない。張り切らない。

もう我慢することもなく。
頑張ることもありません。
張り切ってすることもありません。

そこまですることもありません。
流れに身を任せてすることをする。

弊社の社員も同じ事を考え、
賛同頂き働いていると感じております。

2018年でこのような組織になりました。
https://www.web-f.net/news/2019-01.html

私の中で考え行き着いたことは、
私達の会社に仕事をしに来る社員はいらない。

それはお互いに時間の無駄となります。

人としてストレスのない環境を創ることしか、
考えていないから職場の人を愛せる環境の先に、
自己が羽ばたく環境がある。

会社として仕事をするなら良いが、
人として仕事をするなら感情を出さないといけない。

私達はそういった会社として仕事をしていない。

だからこそ、乗り越えないといけないことも多く、
自分を出さなければいけなくなる。
しかし、それが結果的に本当の自分に出会える最善の方法であり、
人として組織として仲間からも愛される方法である。

2018年は壮大な企業メイクが終わり、
社員すべてが白くなり、
企業として優遇された労働環境も整えられてきました。

人が人を信じ、
人が損得無く動ける環境の先に、
最高の仕事ができる環境というものが生まれ。

最高の仕事の先に、
最高の自己を愛せる安定した環境が見つかる。

自分の役目を終えたときにこそ、
頑張ることが必要のない世界が広がり、
そのときに最高に輝ける人生が生まれます。

私利私欲のない先にある。

私利私欲の関係のない素晴らしい世界。
難しいようで生まれたときのような身近にある綺麗な存在。

私が望んでいた世界がそこにあります。

それを達成できる組織と仲間がいるこの会社で、
愛の深さの先にある世界を見れている状態が幸せです。

私自身は一切の我慢をしない年として、
その先に何があるのかを興味津々で、
日々の生活を歩んでいきます。

人本来の幸せというものを追求していきます。

お仕事を多く頂いており、
いつも誠に感謝しております。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

20190108.jpg

2019年1月 7日(月)
明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。ホームページ制作Fの小代です。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
2019年、初のブログということで、ほどほどに張り切って行きたいと思います!

年始は、天気予報で耳にした寒波の影響で路面の凍結など
心配しておりましたが、そういうこともなく良いお天気だったかと思います。
今年も寒さに震えながら、「オシャレ<防寒」の装備で初詣に向かいました。

小さな鳥居が連なる参道を通るのが好きで、
本年も不審な姿のまま通り抜けさせていただきました。
二礼二拍手一礼に全力で取り組むために、
祈願することを忘れるのも毎年のことです。
全力で参拝させていただきました。

初日の出を拝み、帰りには炭酸温泉にて身も心もぽっかぽかに温まり、
また新しい年の始まりを感じました。

驚きの9連休ということで何をしようかと考えていましたが、
特にこれといった出来事はございませんでした。
忙しない日々を忘れ、日頃手の届かない箇所を掃除したり、
洋服の断捨離に取り組んでみたり(失敗)、炬燵でお餅を食べたりと、
のんびりとした時間を過ごすことができました。

昨年は社会的にも個人的にもいろんな事が起こった一年でしたが、
こんな時間を過ごせるという幸せを感じながら過ごす9日間でもありました。

ちなみにおみくじは「小吉」ということで、可もなく不可もなくといった内容でした。
できる事に精一杯取り組むことで、成長できるというようなお言葉がありましたので、
その成長する機会を与えてくれる「F」という環境で、すくすく伸びやかに、
より良いデザインができるようになる年にしたいと思っています。

2019日の出