ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2018年12月27日(木)
2018!

こんにちは。更新管理担当のオカベです。
毎月月末がブログ更新日のせいで2018年ラストブログを担当することに・・・
来年からは月末固定やめてもらおう・・・

2018年のFを漢字1文字で表すなら、「激」でしょうか・・・・
激動すぎる1年、半年、1ヶ月・・本当に毎日が濃かったです。
6人退社をきっかけにF全体をかなり見直しました。
新人さんが社内の半分になり、これまでやってきたFのルールが通用しなくなったことを
痛感したり、ずっと問題だった新人さんに対する教育や対応の仕方も
毎週のようにルールを変えて実践して、を繰り替えました。
社内全体の解釈違いや意見のすれ違い等で本当に疲弊を感じた1年でもありますが
考え方の幅は広がったなぁと本当に思います。

来年も今年解消できなかった数多くの問題を解消するのに業務どころではないのだろうな~と
思いながらも、昨日の忘年会でも今後について話したりしたので
それが本当に実行されればまた今までにないFになることは間違いないな~!と思っているので
今年すでに体験しましたが、一ヶ月後の自分やFがどうなるかわからない状態でも
前に進んでいく姿勢を崩さずやっていこうと思います。

私が締めをしていいのか・・・?という感じなんですけど
2018年、大変お世話になりました!来年もどうぞ宜しくお願い致します!!!!


画像は珍しく写真をとったのでそれを・・・
有楽町のプラネタリウムにいきました~~最近のプラネタリウムおしゃれですごいですね!
181227-1.jpg 181227-2.jpg

2018年12月26日(水)
使わない力はそもそもいらない-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
安定した繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

もっと無防備にもっと力を抜いていく

火事場の馬鹿力。
人を殴るべき力と能力。
人を傷つける言葉の能力などなど。

何を恐れて、
使うことのない力に対して、
固執をしているのでしょうか。

私自身は睡眠障害から歯ぎしりがあり、
ストレスを寝てる間にも感じておりました。

意識では力を抜いているけど、
無意識では力を抜いているようで抜いていない。

意識と無意識どちらも、
綺麗にしておかなければ自然と生きる状態に
近づかないことを理解しました。

意識的に人を傷つけることはしていない。
しかし、無意識に人を傷つける準備をしている。

同じ自分なのに、
なぜここまで差があるのでしょうか。

起きているときのことばかり考えていて、
意識のあるときのことばかり考えているから、
寝ているときの無意識のことを考えていない。

意識でも自分がおり。
無意識でも自分が存在する。

意識している方ばかりにフォーカスするから、
無意識に無駄なことをしてしまう。

そもそも、
歯ぎしりをするような強力な力を必要とするのか。

火事場の馬鹿力を使うときは来るのか。
筋トレをして強くなっても戦うときは来るのか。
人を陥れることを考えて陥れるときは来るのか。
信頼できない人と付き合う選択をするのか。

そう考えていくと、
意識の延長線上から無意識に
力を入れている部分とは必要なく。

人生で使う機会がまったくないものに対して、
日々力を注いでいる。
もっと無防備に力を抜いて見よう。と考えました。

不安で力がはいるのか。
力が入るから不安になるのか。

結局はどんなときでも力を抜いて、
人は力を抜いている人が近寄ってくれば、
綺麗に救い助け合う能力を発揮します。

力を抜けば抜くほど、
どんなときもリラックスした状態でいれる。

力を抜いた生活をすれば、
日々健康で幸せな時間で過ごすことができる。

力を抜けば抜くほど、
相手との距離感もなくなり気持ちよく過ごせる。

力を抜けば相手を信じて委ねることができ、
相手に対して力を入れずに付き合うことができる。

意識をいくら変えても、
無意識にもとに戻り、人を無意識に傷つける。
そして意識的に自分も傷つく。

無意識の自分にフォーカスをすることで、
そもそも必要のない力を手放すことに気が付き、
本来の自分自身を愛せる状態になり、
本来の自分自身が輝く存在になると感じます。

力を使い生活する世界ではなくなりました。

誰も力を使わない企業が、
世界では優秀な企業として躍進をしております。

躍進
(伏せていた身を起こし、(躍り上がるように)駆けて進むこと。)

誰もが力を使わない企業こそ、
本来の人の力を発揮できる状態であり、
無意識に、無理をせず、忙しいをせず、
自分の本来の輝きを曇らせないようにした結果、
多くのものを手に入れられる状態となり。

企業とは組織。
組織が輝けば、その周りの人も輝く。

意識だけにフォーカスをする人生ですが、
実は無意識から変更したほうが自然と変わり続けます。

参考にして頂けると幸いです。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

年末年始のお休みは、
28日~6日までとなっております。

良いお年をお過ごしください。

20181226.jpg

2018年12月26日(水)
きよしこの夜のその後に

おはようございます。ホームページ制作Fの高橋です。

1ヵ月経つことなく、ブログ当番がやってきました。。

本当は昨日、クリスマスの更新担当だったのですが
色々と立て込んでしまい、朝の更新になってしまいました。

ブログを読んでる皆様はどのようなクリスマスを過ごされましたか?
お子様のいらっしゃる方はクリスマスプレゼントを買われたり、
サンタさんとしてのお役目も果たされたのかなと思います。

もう成人するとプレゼントをくれる人は早々にいるわけはなく、
自分が欲しいものを自分にプレゼントする感じになりまして。
今年はニンテンドースイッチの大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALと
好きなアーティストのCD(特装版)を購入しました。

その辺、欲しいもののレベルが小学生ぐらいから感覚が変わってないと言いますか、
いつまでたっても欲しいものは欲しい!という欲望に忠実な人間だなと日々思います。

さて、先週は3連休もあり、世間はクリスマスムードだったと思いますが
基本人混みが苦手な高橋はいつものように友人と行きつけの
インターネットカフェのファミリールームを占領してプチクリスマスパーティをしてきました。

iOS の画像 (4).jpg

当日はこっそり特注メニューを頼んでおいたのですが(※といっても1500円と格安です)、
友人がそのサプライズにとても喜んでくれて本当に用意して良かったなと思いました。

損とか徳とか考えず、自分が楽しくありたいと思うためにしたことが
人に喜んでもらえるのは本当に嬉しいもので、自分自身にも返るものはとても大きいと思いました。
2019年になるにはまだ少し早いですが、来年の抱負は「自分の生き方を楽しむ」とかにしてみようかなと思います。

自分が楽しんで生きていくことで、周りにいる人の笑顔が自然と引き出せるようになれれば
それ以上の嬉しさはないと思いますし、
弊社メルマガやブログでも発信する、「愛深い」精神も自然と身につくのかなぁと考えています。

次は1月下旬ぐらい?にお目にかかることになると思いますが、
次回はもっと内容のあるブログを書けるようにしたいと思います!

今年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

2018年12月25日(火)
もうすぐ平成も終わります

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

今年も残り僅かですね。
2018年は人生最速で過ぎ去った感覚があります。
たぶん2019年も人生最速を超えるスピードで過ぎ去るはずです。

私は平成元年生まれですが、
もうすぐ平成も終わります。

2018年は時代の変わり目だから、
色々な変化があったのかもしれないですね。

出来事1つ1つを見ると
決して良いとは言えない出来事が多いですが、
1年を通して見ると、
次の時代に向けての準備期間だったのかも・・と思えます。

子育ても上手くいかないことが多かったですね。
1歳3歳5歳という、まだまだ甘えたい盛りの子どもたち、
そんな子が3人いると家は一瞬で戦場になります。

1歳の子は気が強いので、
上の子たちに向かっていって
返り討ちにあい
いつも泣いています笑

3歳の子は男の子でめちゃくちゃ甘えたいけど、
1歳の子がいるので我慢しないといけないことが多く、
いつも爆発してます笑

椅子やらおもちゃやら投げまくるので危険です。
3人いると愛情も偏ってしまい、
反省することも多いんですが中々上手くいかないですね。

ユーチューブ見せるとおとなしくなるんですが、
ずっとユーチューブばかり見るので、
家庭でもルールをしっかりと決めないとなーと思うんですが、
中々明確なルールが作れずに今年も終わりそうです。

仕事でも家庭の子育てでも、
問題の根本的な原因は一緒だなとつくづく思います。

場当たり的な対処で良くなったことがなく、
共有されたルールも曖昧だから、
それが延々と続くと疲れてきて空気が殺伐としてきます。

子どもたちが悪いわけではなく、
環境とルールを決めていないこと(共有していないこと)が問題なのに、
やっぱり場当たり的な対処だと上から怒ってしまうので
ダメだなあと思いつつ中々抜け出せない状況です。

これ自分がされたら嫌やろうなあーと後から思うこともあって、
何か怒ってしまうような出来事があっても、
視点をぐんっと上げて見れるようにしないと、
関係がどんどん冷めてくる感じがやっぱり嫌ですね。

だから

2019年は温かい関係を築くことを目標にしようと思います。
家庭も仕事もやっぱり楽しんだほうが楽ですからね。

181225_heisei.jpg
真ん中の子は写真でも生意気な顔してる笑

ブログ本当は19日に書かないといけなかったんですが、
今日になってしまいました。
これはペナルティですよね・・・

どこかで埋め合わせしたいと思いますm(__)m

ちょっと短いですが、
次回は、2019年に向けて書いてみたいと思いますので
ご了承ください。

今年も大変お世話になりました。
ありがとうございました。

2018年12月18日(火)
ストレスフリーの環境は育ちが良い-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
安定した繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

ストレスを軽減して、
愛深い先にあるものを考えて日々過ごしています。

企業という場所で色々なことを試して、
組織の中で色々なことを試す。

やってみなければわからないことも多いですが、
自然界に生きている私達にとって、
参考になるものがあることは必ずあるもので、
その参考になることを理解すれば答えがあるので安心できる。

水耕栽培を始めてみました。

植物はタネの中にすべてのエキスが入っており、
水と栄養と光と空気があると育ちます。

土が必要なようで、
実は土はストレスになることも多く、
悪い土の中では、育ちが悪く。
同じ種でも水耕栽培をすると育ちが全然違います。

人も同じと考えました。
実を成らせる。成長するのであれば、
良い環境でストレスフリーのほうが良い状態になります。

そもそもの役目。
実を成らせるということを放棄する人に対して、
ストレスフリーの環境を与えれば、堕落するだけです。

そもそも自然界では、
そういう植物は種をまいても発芽をしません。
チャンスを与えても発芽をしません。

発芽しても、
成長の悪い植物は間引きされていきます。

人の環境も同じと考えます。
成長をしようという環境に身をおいている中に、
ストレスフリーの状態で成長しない存在を置くと、
成長をしようとする存在に対してストレスでしかなくなります。

会社でも間引きが必要なのか、
それとも教育が必要なのか。

それは良い環境になればなるほど如実にわかります。

良い野菜や良い果物は、
良い環境で良いものだけが生まれるようになっています。

それが、市場では高く評価されて、
良い商品であるとみんなが欲しがるものとなります。

社会には適材適所という物が必要となります。
無理にこじ開ければ壊れるものばかりです。

無理をすればするほど、
傷つき使い物にならなくなる。

大切な種に無理をさせると、
最後の収穫のときにすべてが台無しになる。

人は誰でもできるようになる。
この誤った判断で強引にできるようにすると、
後で大きな事が起こることがあります。

人は誰でもできるようになる。
それは、確かなことだと思いますが、
基礎が1つでも抜けていればできないことも多くなります。

人は時間をかければ、
その人にあった時間をかければできるようになる。

このように考えなければ、
いけないのかもしれません。

その組織にあった時間軸というものがあります。
それは、組織で働く人が作り出す時間軸でもあります。

適材適所で働くことができれば、
得意なものだけをする環境であれば、
時間軸を合わせることもできます。

植物の間引きの理由は
発芽した苗をすべて育ると間隔が狭くなり、
日当たりや風通しが悪くなり、病気の可能性が高くなり、
強い株が成長する過程で弱い株が枯れてしまうことも起きます。

収穫するタイミングや時間や労力を考えていくと、
そこにあった時間軸で常識を間違った見識で考えると起きてきます。

どうにか全てをゴールさせようと考えれば考えるほど、
誰かを無理やり犠牲にしてしまう。

それが社会といえばそうですが、
誰も苦しまない適材適所で仕事ができる環境も、
社会には整っていますし、創ることも可能です。

どの場所で育つことも人は自由に決めることができます。
最終的に思うことは、ストレスを無くしたい。
自分らしく人生を歩んでみたい。役目を果たしたい。

という本来のことに気がつくのではないでしょうか。

ストレスを取り除けば、
環境を良くすれば種はよく育ち、
より良い品種が生まれて育つ文化が環境に培われる。

そうして培われた文化は、
決して壊すことができない箱となり、
常に安定した状況下で物事が進んでいく。

そういった組織が完成されつつ状態となってきました。
2018年は組織を創る上で土壌作りをしました。

2019年は素晴らしい環境の中で、
どういった種が育つのかを楽しみに過ごす年となります。

組織に対しての想いを書いております。
https://www.facebook.com/house0529/posts/2164074386989969

何かの参考にして頂けると幸いです。

今後ともFとの長いお付き合いをお願いします。

48387706_2158673460863395_52542499595485184_n.jpg

2018年12月17日(月)
来年の個人的抱負

こんにちは、ホームページ制作Fの西です。
今年もいよいよ師走ですね、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は、先日高橋さんがブログで紹介してくれた
性格診断テストをしてみたら、
恐ろしく当たっていた件の話をしたいと思います。

まずタイプは『危険やスリルを求める人』でした。

・何事も客観的に判断し、冷静沈着。危機に直面すると迅速に解決。
現実的で勘が良く、最小限の努力で最大の成果を上げます。

・生来の一匹狼です。

・大きなストレスを感じると、感情的に爆発し、激怒。
普段の落ち着きはらった態度からかけ離れた振る舞いをします。

・活動的で危険な事をしていると元気になります。
強風時に外に出たくなったり、ゲームでスリルを楽しむ人も多く、
この性格型は「武装型」と呼ばれる事もあります。

いや、これなかなか当たらずとも遠からずです。

運動神経は残念で、自転車に乗っている時と原付に乗っている時に
車に二回ほどひかれたことがありますが、切り傷程度ですんだとか、
ピンチの時の逃げ足とか、危機回避能力、ちょっと高いです。

家族でゲームセンターに行った時に
コインゲームをする主人と子供を待つのに飽きて、
格ゲーとゾンビを銃で倒すゲームをひとりでしていました。
毎年アイスショーをひとりで泊まりで観に行っていました。
バイオハザードの最終章もひとりで映画館で観ました。
子供の進路のことで、そこにある生活を捨て、
思い切って県外に引っ越したりします。

ちなみに一匹狼歴は結構長く、中1からです。基本群れません。
最近はそれに加えてプライベートでは何にも考えない事を
意識して生活しています。
長山さんの例えてみたいシリーズからもありましたが、
気を回しすぎてどっぷり憔悴するからです。
無理をすると、感情が爆発します(危険!!笑)

主人や親友、ついにはFのみんなにも
心配され、指摘されてきたので、
来年の個人的抱負はもう決まりました。

私だけでなく、今年頑張りすぎてしまった皆さん!
いつも気を回しすぎて疲れてしまっている皆さん!

来年はもっと自分を大事にしてあげて、
そして自分をまずハッピーにしてあげましょう。
あなたが全てをやらなくても、大丈夫なことは結構あります。

ここ最近Fで学んだことは
相手に任せる、信頼する。考える。考えさせる。指摘しあう。
原因を追究し、次に活かす。などなど...。

本当に感謝です。
日々気付かせて成長させていただいています。

では、今年最後の西のブログの写真ですが、
昨年の12月、子供たちと見に行ったイルミネーションです。
来年の個人的抱負.jpg
我が家の今の玄関です。100円ショップで購入した300円のツリー。
後ろは長男が絵画教室で描いた油絵『海ボタル』
来年の個人的抱負2.jpg
今年も一年、お疲れ様でした。
それでは良いお年をお迎えください。

2018年12月16日(日)
1人1票の発言権を持つ

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。

1人1票の発言権を持つ。
長くいる社員も1票しか持たないし、新人も1人の人として同じ1票を持つ。
その1票に力の差はない。

そう言われて、新人であっても意見を求められながら、
これまでずっとやってきていましたが、
最近のFでは新人に意見を聞く、ということがなくなってしまっていました。


・中間層が抜けて新人との社歴の差がぐっと広がったこと。
・早急に決めなければいけないことが多くあったこと。
・望月に頼らずにうまく回るようにと気負っていたこと。
・新人の成長について問題を多く感じていたこと。

新人に意見を聞く、という発想が抜け落ちていた原因は多くあります。


でも結局一番は、
「新人を信じることができていなかったこと」だと思います。

当然、いろいろなやり取りの中で、
その言動では考えられないだろうとか、きっかけがあってそうなってしまったのですが、
業務のこれこれができないから意見を聞かない、という発想が
違っていたのだと思います。

Fに入社する時点で、
考えていける人、一緒にやっていける人だと思って入社している、
ということを忘れ、新人との信頼関係や成長を妨げる結果となっていました。


昔から思うことですが、
仕事を任せることは勇気のいることです。
人に仕事を任せることは自分でやるよりも難しい。
任せる勇気。信じる力。
120%できないことを任せても苦しめてしまうだけですし、
何を任せるか、どこまで任せるか、どうやって任せるか、
というのは任せる側の手腕が問われると思います。

その人が超えられるぎりぎりのラインで渡せる程、成長できていく。
望月はそれがすごくうまく、少し超えすぎと感じることもありますが、
創業の頃から、その任せられる勇気、度胸はすごいなと心底思います。

新人に意見を聞くことは
仕事を任せるということと比べれば簡単なことかもしれませんが、
やっぱり同じように、どんな時に聞くのか、どんな内容について聞くのかによって
新人が考えていけるようになる力、視野は違ってくると思うので、
「これは長くいる社員だけで決めることではないのではないか」と
問いかけながら、できればなと思います。



今年も残り半月となりました。
毎年とにかく必死で走りきって終わるようなイメージですが、
次のニュースレターで来年に向けた内容をかくために
全員で話し合ったことで、今年はこの1年についてすごく振り返ることができました。

振り返っていろいろ考えていくと、あまりに考えすぎて
なんだか頭が重たくなっていってしまいましたが、
最終的に感じたのは、
大きな変革の中で会社のことをすごく考え、行動し続けた長くいる社員のすごさ、
疑問や戸惑いを感じることが多くありながらも乗り越えようとしてきた新人のすごさ。
本当にどちらもすごくて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ちょっと早いですが今年も1年、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

一票

2018年12月15日(土)
例えてみたい~最終章

こんにちは!
ホームページ制作Fの長山です。

私の今回のブログは前回の続きで、好きな歴史上の人物をFのメンバーになぞらえ、
例えてみたい最終章になります。
が、しかし、新人さんはまだまだ性格や特徴など諸々わからないことが多いので
児玉、高橋、小代の三人はまた番外編で書きたいと思います!

Fのメンバーを歴史上の人物に例えてみたい 最終章~
やっと終わりを迎えます・・・(忘れた頃に番外編あり)

まずは、
Fの縁の下の力持ち 田川
田川は私の中では緻密に正確に物事を進め
スタッフのため、皆のために裏でFを支えている人物だと思っています。
その姿はまるで豊臣秀吉の正室 おね(ねね)と重なって見えます。
おねはかなりの美人さんで、信長が縁となり秀吉の妻となったそうです。
おねは秀吉の妻というだけではなく、秀吉の側近の様な役割を
担っており、政治的な交渉も得意とし、正室としては珍しく、
夫、秀吉の出世を手助けした数々のエピソードも残っています。
また、ヨーロッパからの使者には
「大変な人格者であり、彼女に頼めば解決できないことはない」と評されています。
田川の凄いところは限られた短い時間の中で作業をしているのにも関わらず、
対応もし、作業に関してはミスをする姿をあまり見ません。
"仕事が完璧な田川"と言うイメージがぴったりです。
無茶振りをしても田川ならやってくれる!と言う期待感が半端ありません。

私の中で田川は会社の根を支えて持ち上げている印象です。
美人な所も含めてですが、おねが秀吉を裏で支え続けた姿が、
Fの根の部分をしっかり支えている田川と重なるものがあります。


2代目社長 小島

私から見た小島は人徳のある前田利家です。
前田利家といえば加賀百万石でお馴染みですが、
若い頃は信長に仕え、槍の名手で傾奇者と呼ばれ素行も悪くハチャメチャでしたが、
歳をとるにつれ、洗練された人柄がとても魅力的です。
信長亡き後、秀吉に仕えるようになってからは大事な交渉を数々担い、
仲裁する役などに長けていたそうです。
利家は自分が天下を取るという考えでは無く、自分に託された役目を勤め上げることに尽力しました。
「家康より位は低いが、人徳は家康よりも上」と言う表現をされるほど人望の厚く人気があった人物だったそうです。
ケチであったという説もありますが、一方で大名達に多額のお金を貸していたそうですが、
お金を返せないようなら催促はするなと遺言に残したそうで、何とも面白い人物です。

利家の豪快なエピソードは他にも多々ありますが、それは置いておいて
小島も利家の様に人からの信頼が厚いのです。
いつも人と話す時には笑顔で物腰が柔らかく、それは誰に対しても態度や姿勢が変わることはありません。
一見頼りなく見えるときもありますが、彼に裏か表なんかは無く、常に表を向いている状態で人と接します。
そうやって接してもらうと、人は自然と自分も表を向くものです。
小島の担当のお客様が小島に絶大な信頼を寄せているのは、
小島が常に表でいるからと私は勝手に思っています。

小島の書いたニュースレターなどを読むとFへの想いなど、
人を大事にしたいなど色々な想いが伝わってきます。
もっともっと発言して良いのでは無いかと思います。
これからのFを担うリーダーとして利家のように人と人とを繋いで行ってほしいです。


気が利きすぎる 西
西は私の中では利家の妻のまつです。
まつのエピソードの中で一番印象深いのが
秀吉、利家亡き後、家康が加賀征討を行おうとします。
前田家滅亡の危機ですが、まつは家を守るため自らが人質となり、前田家を守ろうとします。
まつさん。。。あなた、なんて肝っ玉なのでしょう。
とういか、自分が人質になることで家の危機を回避するなんて気の利き過ぎな方ですね。
このあと、15年もの間 人質として過ごしたと言われています。

西もまつと同様に気が利きすぎます。
西は手を抜いてもいい箇所があったとしても手を抜きません。
大雑把な性格な私からすると、細かすぎだよこますぎくん!と叫びたくなる位です。
西はとても面倒見が良く困っている人はほっとけずに、
他人のことなのに自分の事のように悩みます。
母特有の母性の塊の様な人と私は勝手に思っていますが、
お客様の要望も100%で返そうとする西。
自分の損得など関係なく、自分を犠牲にして進むタイプなので
まつの、自分を犠牲にしてもいいよ精神と重なって見えます。

これからはもう少し自分を大事にしていって欲しいなあと思います。

ここまでが最終章となりますが、しつこいようですが、忘れた頃に番外編がやってきます。
このシリーズ、しつこくてごめんなさい。

先週は次女の誕生日プレゼントを兼ねてハーモニーランドへ行ったのですが、
上の子がジェットコースターが好きすぎて、何度も乗るのを予想して
※私は高所恐怖症でジャットコースター乗れません。
年齢制限で保護者同伴の決まりがあるため
私は助っ人を呼んでいたのですが、10回を超えた辺りから助っ人も、もう乗りたくないと。。。
まだ乗りたーい!と泣く長女を引きずりながら車に押し込み無事帰宅しました。(笑)

当分、遊園地系は勘弁です。
写真はハーモニーランドで撮った写真です。

DSC_0890.jpg

どこもかしこもクリスマスムード一色ですね。

そして、今年最後のブログですので、少し早いですが 皆様良いお年を過ごされてくださいね。

2018年12月11日(火)
最後の最後のその先にあるものは自分の中にあるもの-繁栄する時間

いつも大変お世話になっております。
安定した繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

先週お送りさせて頂きました内容の1文に
フォーカスして書かせて頂きました。
https://www.web-f.net/2018/12/-88-14.html

最後の最後のその先にあるものは自分の中にあるもの

何をしても、どうしても、
人に頼っても、人を信じても、
人生の最後に問うものは自分の中にあるものです。

0からスタートして、100がゴールとして、
100までたどり着いたときに、101ではなく、
0として、スタートになります。

0は結局は自分なのです。

0 → 100 → 0 → 100 → 0

これが繰り返されており、
0スタートのときに-1をして気がつくことが一番早い方法です。

色々やったけど、
結局は自分の問題だったよね。

という現象で世界は切磋琢磨しており。

0からスタートして、
0に戻るときは、何かを死に物狂いでしたときに、
すべて失ってもよいという状態の時です。

10億円の宝くじを当てた。
全部使って破産して借金が残った。
お金持ってても無くても何も変わらない。
また0から頑張ろう。

ここが0のスタートです。
宝くじを買う前からわかることでもあり、
買う前に-1をして気がつければ、破産した後の0に到着しております。

-1をして宝くじが当たると、
慎ましい生活の中で幸せを創ることができます。

ブラック企業をしてお金を稼いだ。
しかし、孤独になりました。
散々お金を使ったけど、何も残らなかった。
今は欲しいものがなく人を幸せにしたいだけである。
0からホワイト企業を創ろう。

0からホワイト企業を創り続けると、
ホワイト企業ならではの、
苦しいようで苦しくない悩みが出てきます。

ここがゴールというわけではなく、

0 → 100 → 0 → 100 → 0

結局は自分がどのように行動するのか、
成長するしかない状態で進んでいきます。

それは人が重なり合い、
人が触れ合い時間軸で物事が進んでいるからです。

時間が止まっていれば、
0のままでしょうが、時間が動いているから、
きれいな0に向かって行くだけであり、
すべての人がきれいな0に近づくことで、
みんなが幸せになれる状態になることができます。

結局はどんなことをしても0になるのです。

これを何度も何度も繰り返すことで、
人としての器や幸せ度数が上がり、豊かな生活と
豊かなことしか起きない人生と世界が出来上がってきます。

私自身も含めて、
人類としてこのようなことを何千年もやってきて、
中々進歩しない。情報共有していない。と常に感じます。

あと何千年かすれば、
0のベースが上がり、
幸せな0からスタートをした世界があると感じ。

その世界はとても幸せであるがゆえに、
最初からそういった状態で人生を歩むほうが幸せで良い感じます。

想像できる未来はすぐに実現できる。

全ては経験と情報共有と、
自分自身の問題で世界は明るくすることができます。

王の首は切られ、ホワイト企業は生き残る。
ローマ帝国の時代から何も変わっていません。

0のベースが高い人と0のベースが低い人。
人は何度も死なないとわからない存在です。

馬鹿は死ななきゃ治らない。
死ぬような経験をした人がやはり人徳が高い。

私も何度も死ぬような思いをして、
やっと気が付きました。凄い馬鹿でした。

自分を変えるということは、
新しい0を創ることであり、自分らしさは残ります。

頑張ることは良いことですが、
我武者羅にしても結果は出ません。

次の0に向かって、いつからでも、
何をしても自分の人生を謳歌してほしいと思います。

20181211.jpg

2018年12月11日(火)
悔恨

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。
先月私は大きな失敗をしでかしました。

Fのみんな知っているし、ニュースレターのネタにもなってしまったので・・・
あの、「F創業以来初めての」とか「最大の過ち」のデザインを作った張本人です。
この表現は、本当に強烈です。
そんなこと言われて立ち直れる人居るんでしょうか?

正直言って、言われた日の夜から今もずっと、
この表現とか「使い物にならない」とか言う言葉が残っています。
でも日が経ち、今はそれを現実そうであったと思うし、
感情や自我がいかに傷つけられても
言われても仕方ないものであって、
至極真っ当で、当たり前であり、
悪い原因があって悪い結果があっただけであり、
そう言う意味では「正しい結果」が当然出たのだと思い、真実だと思います。

私は立ち直ったわけではなく、これからもこの言葉を持ち続けて、
確かにそう言う私がいることを自覚して、
ただ、目の前の仕事を丁寧に、誠実に、なるべく迷惑をかけないように
黙々とやっていきたいと思っています。

この様な心構えでいても恐らく、これからミスを一つもしないと言うことは出来ないと思います。
けれど、間違いはできるだけ早く正すようにするし、
躍起になって我武者羅にしていたのも、方法を変えて
一旦立ち止まるくらいの余裕を持って取り組むようにしたいと思います。
頑張りすぎや、我慢もできるだけやめるように、
例えば違うことに時間が取られて制作できなかったのであれば、
残って取り返したり、休みにでて取り返すことは辞めたいです。
我慢に我慢を重ねても、何も生まれないと痛いほどわかりました。

それに今回のことで、自分や他人へ向けていた妙な期待?もなくなりました。
自分はそこまで出来がいいわけじゃ無いから、
人の意見を柔軟に聞き入れないといけないし、
かと言って、言われたことは最終的に「答え」でも「正解」でも無かったし、
結局、自分がたどり着けるものであるなら、
正義をぶつけ合っても何もならないのだから、
自分の考えも相手の考えも大事にして、自分でも無く、相手でも無い、
もう一つ上のステージでデザインを作らないといけない。

実際、色々話し合いがされていく中で、
もう辞めようと考え、「自分」も「F」もどうでもいいと吹っ切れた時に、
ようやくデザインが完成しました。

デザインを提出する前の日に、お客様からのメールをいただきました。
提出するのが遅くなっていたのに、「できる」と信じてくださっていて
励ましの言葉をくださり、
感謝と申し訳なさで泣きました。
私はなんて恵まれていたんだろうと思ったし、
信じてくれていたのは、お客様だけでなく、Fもなのに
自分だけが「できない」と信じてなかったんだなと気付かされした。

この数カ月は出来ない・もう無理と考えながらも、元々の責任感と、
お客様を人としても絶対に裏切りたくなく、やってきてました。
しかしそれも正解ではなくて、その間はただただ辛かったし、
むしろ暗い気持ちで働いている私の存在が周りに悪影響を与えたろうなと思うし、
色々残念な気持ちでいっぱいです。

424741af5d4289b7a54f61bf8ae197d8_s.jpg
これからどのように進んでも、どうせ働くなら明るい心でいられるようにしたいし、結局、
自分を信じるとか、意見を聞き入れるとか、頑張りすぎないとか、
精神論になってしまうかもだけど、
この大失敗から学んだことを忘れないように、
言われた言葉の良いことも悪いことも、どちらも私自身と捉えて
実直に取り組んでいきたいです。

2018年12月 7日(金)
寒さは期間限定のスパイス

こんにちは。ホームページ制作Fの小代です。
12月とは思えない温かい、いや暑いほどの日もありました。
本日はめっきり冷え込んでおり、急激な気候の変動に
うまく対応することができず、もどかしい日々を送っています。

私は、眼の前のことばかりにとらわれる事が多いため、
どれだけやっても周りの人のように上手くいかない事が多いです。
方法が違うのかと、やっと気づいたところで、
今度は時間に追われてしまい、右往左往してしまうのです。

その度、何度も救いの手を求めてしまいました。
その未熟な態度にも、嫌な顔一つせずに対応してくれるFのスタッフ。
「迷惑をかけない」というFのルールを守れていない自分がいるのが、
ひどく情けなく感じています。

Fのルールは一つ崩れてしまうと、それを引き金に
ずるずると他のルールも守れなくなってしまいます。
良い環境で、良いデザインをするためのルールなので、
「良いこと」を生み出している輪から外れてしまうからです。

「迷惑をかけている自分」を情けなく感じ、
自信を持てなくなり「言いたいことも言えなくなる」、
意見を言わないままでいると自分の中にも、
もやもやが溜まりどんどん良くない方への連鎖が止まりません。
Fに入る前の私は特にそういうところがありました。

「迷惑をかけている」という事実を素直に受け止め、
「今度こそは計画的にやりとげる」とか、
「いつかは誰かの力になりたい」というような
捉え方ができるようになってからは、
目標としていることを実際に行うことの難しさや、
思うようにいかない無力さを感じながらも、
前向きに考えることができるようになりました。

そうやって一歩一歩踏みしめて、Fの輪に入りたいと思っています。

そして「自分のために、自分の人生を豊かにするために働いている」と
自信を持って言えるようになりたいです。
よりよいデザインを目指した制作姿勢でいるために、
まずは基本的な体調管理からしっかりしていこうと思います。

先日、初めて「モツ鍋」を食べました!味噌味だったようです。
お肉も柔らかく、スープも濃厚でたいへん美味しかったです。
もりもり食べてシメをする前に満腹になってしまいました。残念。
やはり寒い時に暖かいものは体に染み入りますね。
食わず嫌いは貴重な機会を逃すのでもったいないと思いました。
※写真はお借りしたものです

モツ鍋

2018年12月 5日(水)
同じ1日なら

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。
今日のブログ担当は誰かな~、と呑気に更新を待っていたら自分でした。(すみません)

ここのところ、追われる仕事になってしまっていて
時間にも心にも余裕が無い状態になっていた、と思います。
オンタイム中に入った割り込み業務分を取り戻して、進捗を回収するために
残業をして、帳尻を合わせたり
家に帰っても土日の休みも仕事のことを考えてしまってモヤモヤしたり
現状をどうにかしたい気持ちで無理をすればするほど、
その分、苦しさが積もり...。
自分のために働きなさいと言ってもらえるFですが、
自分はなんのために仕事をしているのかわからなくなる、
そんな瞬間がどんどん増えていく状況に
さらに苦しくなって、より強くなっていく追ってくる何かに
引きずり込まれていくような感覚でした。

落ち着くまで耐えようか、自分で抑えられないものかと
ぐるぐると考えていましたが、このまま溜め込むままでは
どうにもならない、と観念し、自分の中で何が問題点になっているのか
整理をして、整理をした上で周囲のスタッフに相談をしました。

話を聞いてくれた人達は、休もうと言ってくれ、
悩んでいる内容に対しても、新たな提案を出してくれたりと
代休を取らせてもらって、進捗も調整してもらい
相談をするまでに自分の中で上手く消化出来なかった申し訳なさと
困った時にフォローしてもらえる環境を改めてとてもありがたいな、と思いました。

私がFに入社して、ちょうど3年半が経過しましたが
入社してから今日まで、たくさんの仲間に助けてもらいながら過ごしてきた、と思います。
入社してしばらくは全くと言っていいほど使い物にならなかったであろう私を
見捨てず指導してくれた先輩、同僚から励ましてもらった日には、また頑張ろうと思い直せたし、
自分で担当案件を持つようになってからは、後輩にサポートについてもらうことも増え
フォローしてもらったらフォローしてもらった分、
自分も返していきたい、といつも思いながら過ごしてきました。

「何か失敗をしたら同じ失敗をしないように自分でルールを立てて守る」
「上手くいかなかったらやり方を変える」
「出来ている人の仕事のやり方を真似る」
「時間を割いてもらう時は、相手が一番少ない時間で自分とのやりとりが
完結出来るように前準備をする」

振り返れば、感謝の気持ちを仕事で返すことが、信頼関係を強めてもくれたし
自分自身の成長を促してくれるもののひとつであった、とも思います。

私は失敗をすること自体は、悪いことだとは思っていません。
初めから成功出来たことよりも、失敗から学んだことの方が
記憶にも鮮明に残って忘れないからです。
次に同じ失敗をしないよう対策を立てたり、未然に防ぐことが出来れば
それは意味のある失敗だったと思えます。
悔しい気持ちや情けない気持ちになりたくない、とも思うし
同じ作業を行うにしても、より慎重に行動に移せます。

落ち込むことは簡単だし、落ち込もうと思えばいくらでも落ち込めるけれど
同じ1日を過ごすなら実になったなと思える1日を過ごしたいです。
意識次第で、実を付けていける環境がFにはあるので
改めて良い環境に身を置けていることを思い出しながら
日々の過ごし方を考えていきたい、と思いました。

この頃、家の猫が私のことを好きすぎるんじゃないかと思い込んでしまいそうになるほど
私が帰ってくると、私のアウターの上で寝たがって服をねだられます。
どんなにゴワゴワの服でも、気づくといびきをかいて仰向けになって寝てる。愛されている気がする。
19173.jpg

2018年12月 5日(水)
今の現状を理解し変わる意味を見つける-繁栄する88メルマガの時間

いつも大変お世話になっております。
安定した繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

人生良いときも悪いときもある。

人は前に進み。学習するからこそ、
日々の暮らしが良くなり。過ちに気が付き。
日々の生活が健康になっていく。

全てにおいて、人は自ずと高みを目指す。

仲間。金銭。精神。環境。身体。
全てにおいて最高の健康の環境を望み、
潜在的に日々切磋琢磨している人が多いと思います。


私は世界一幸せな人になると決めて、
何をすればよいのかと考えました。

幸せは、
自分で作り出すものではなく、
人から与えられるものであるがゆえに、
世界一幸せになるには、世界一愛深い人になる。

愛深く相手のことを見返りを求めずに考えていれば、
いつかはお互いに幸福が訪れてくる。

そういう人にこれからもずっとなり続ける。

そうすれば、
いつかは世界一幸せな人になっている。

世界といえど、
私が生活をする上で出会う人だけが、
私の世界であり。

私の知らない人がいる場所は、
私からして世界ではありません。

自分が良い人になり、
周りが変われば、世界は変わったな。と思うだけあり。

私の考える世界は、
私の行動範囲が人生のすべての世界です。

自分中心に世界は回っている。
以前のメルマガで少し書きましたが、

すべての出来事は、
自分を中心に物事が起きています。

今日食べる食事も。
目に入る景色も。
人とのコミュニケーションも。

あなたの目から見たものと感じたことは、
あなたを中心とした場所から起こっています。

すべての現象は、
自分のために起きていることであり、
世界一幸せというのは、
自分の目から見た中心からの幸せです。

ワンネスや全ては一つという考えの先には、
自分の幸せがどのようにしてあるのかわかります。

世界の果てを突き止めても、
最後の最後のその先にあるものは自分の中にあるものです。

人は現状の苦しさを理解していなければ、
楽になったときには最初からこうだったと言います。

最初からこうだったと言ってもよいのですが、
自分の頑張りに気が付けない勿体無い状態でもあります。

良いときに悪いことを考えるのは難しいです。
悪いときには悪いことしか考えれません。

日々キレイな生活をしていれば、
昨日には絶対に戻りたくなりなと日々感じるようになります。

私は毎日日記をつけて、
そろそろ5年となります。

振り返るとよくわかります。
昨日の自分には戻りたくない。

日々の自分の状態を理解すればするほど、
今日という日を最高に楽しみたいという勘定が芽生え。

人々が日々犯した過ちを情報共有しながら、
新しい今日を迎えていることに素晴らしさを覚え。

今日の自分にも反省をしながら、
さらなる明日の知らない自分で世界を謳歌する。

毎日人は成長して、
生まれ変わるからこそ、
そこには出会いと素晴らしい世界が生まれる。

毎日を生まれ変われるほど幸せなことはない。
今日生まれてくる子は素晴らしい環境で育ち、
明日生まれてくる子はさらに素晴らしい環境になっている。

そういった価値観で、
人の人生とは進み、いつ生まれ変わっても、
今日という日は今日のあなたに接してくれる。

誰も過去のことなんて気にしていないので、
今日という新しい自分でのんびり行きましょう。

何かしらの何かしらの参考にして頂けると幸いです。

今後とも長いお付き合いをお願いします。


毎週お送りしておりますこの内容を読みたい方がいましたら、
下記よりメールアドレスを登録下さい。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

20181205.jpg

2018年12月 3日(月)
協和音と不協和音

こんにちは。ホームページ制作Fの高橋です。
あっという間に11月が終わり、12月に入りました。

12月というのに、意外と気候が暖かく、まだまだ秋の恰好でも
過ごせそうだと感じています。
でも、、今年はホワイトクリスマスは望めなさそうですね。。


ブログ当番について、いつも1週間以上前から
何を書こうかと模索はしているのですが
結局今日も決まってないまま当番がやってきました。

とりあえず思いつくままに、趣味の話でもしてみようと思います。

今現在の趣味は専らゲームとか犬の散歩ぐらいなものでインドアを極めてますが、
高校2年生~一昨年ぐらい前までバンドをしていました。
特に高校~大学の間はバンドが生きがいみたいなもので、
あのころの自分にとって切っても切れぬ存在であったことは確かです。

これはどんなバンド、音楽にも言えると思うのですが、
ひとつ、しかも微々たる範囲でもピッチやチューニングがずれると
その音楽は不協和音に変わってしまいます。

それだけでなく、その時の空気感、気分、体調でも
ニュアンスを変えてしまうのが音楽だと私は思っています。

一度がっちり合ってしまえば本当に心地いい音楽が生まれるのですが、
合わない時は本当に合わなくなる。歯車が狂ったように、ガタガタと崩れ落ちていく。

意思疎通ができなければ成り立たないし、誰かがピッチやチューニングという
ルールを破れば瞬く間に崩れていくのがバンドだと感じることも多々ありました。

最近のFでは先日のブログにもある通り、
ルールに翻弄されてしまったため、一度整理の時間を設けていただきました。

この大原則さえできていれば、私自身も悩むことも迷走することもなかったのかもしれない
2ヶ月でしたが、ルールが見えた今、バンドと同じだなと少し思いました。

誰かがルールを破ればそのバンドはなくなるか、迷走し始めるかのどちらかです。

会社はそこに金銭が発生するか、お客様という待っている人がいるか
人数がバンドよりも多いという規模の違いや目的の違いなど多々違いはありますが
迷走しないためにルールがあるし、人も自分も苦しめないためにこの大原則があることをしっかり認識することができ、
自分のあり方について考えさせられた先週一週間でした。

さて、話は変わりますが前回のブログでVIAテストが流行ったので、
第2弾的にはやればいいなと思いながら性格診断を載せてみたいと思います。

この性格診断、たまたまtwitterで、「性格別ハリーポッター寮分け!」
みたいな感じでバズったツイートを見かけたのと
先日本屋で求職中の友人と共に立ち読みした適職診断に使われていた内容が
同じだったので、何か私に縁があるのだろうと思っています...。

■16タイプ別性格診断テスト

私の診断結果としては
「INFP 人生の意味を追い求める者」
心の調和を大切にし、自分の価値観にあった生き方を追求する理想主義者です。
だそうです。

ちなみに、本屋で立ち読みした時は、
INFP一文字それぞれに意味と相反するタイプがあって、

チェックリストの中のどちらの数が多いかによって
性格を決めると言うものでした。

最初のIであれば相反するのはEで
Iは内向型、Eは外向型だそうです。
(あとは忘れましたすみません...。)

この診断では同じ性格型の可能性がある有名人も一緒に載せてくれるので是非やってみてください!

以上! 皆様体調にはお気をつけてお過ごしくださいね。

2780204f580b55ed6ca3f962cd4ca76f_s.jpg