個別記事のページです

2018年11月 6日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

気づかせてもらえたこと

こんにちは、ホームページ制作Fの田崎です。

ホームページの反響が悪い時には
がんがん言ってくるのに、
調子が良い時は何も言わない。

どうにかしてほしいと言われて
数日前に対策をしてから全く音沙汰がないので
心配して連絡をしてみると、すこぶる調子がいい言う。

Fの嫌いなお客さんの典型です。


しかし...まさにこれを自分が望月に言われてしまいました。

「お前は調子が良くならん時はわーわー言うけど、
良くなっても何も言わんかったり、わからんって言って性格が悪い」

健康マニアの望月は、
社員の健康相談にも乗ってくれ、
アドバイスのお蔭で体調が改善することも多々あり、
これはアドバイスをしてもらった私の態度について言われた一言です。


確かに調子が良くても気づかずに過ごしていることがある。

言われて申し訳ない気持ちもありましたが、
正直、そうは言っても本当に変化がわからなかったり、良くならない時もあるし...
といまいち受け入れられないものがあったのですが、

ちょうど次の日、
朝ご飯を食べている時にふと、
テーブルの上に生けている一輪のバラが目に入り、
花びらの端がだいぶ茶色くなっているのを見て母に、

「これ家の庭で咲いたやつでしょ~やっぱバラはうまくできんね~」

と言ったら、

「もう1週間も前から生けてるよ。ちゃんときれいやったんよ。
きれいなのが当り前だからね。きれいじゃないと目につくんやろうね。」

と言われ、この時、
望月に言われた一言が蘇りました。

もともと私は、
家のじゅうたんが夏用から冬用に変わっていても3日後にしか気付かなかったり、
テーブルの向きが変わっていても気づかず1週間に1回しか来ない姪っ子の方が先に気付いたりするくらい、
家のことに無頓着だったりする傾向もありますが、
それは以前、家にいる時間が短かったせいも大きく、
最近は家にいる時間も長いので、そんなことはなかったのですが、

悪い時しか気づけない
悪い時しか言えない
良いことに気づけない
良いことに感謝できない

自分がとても残念でした。


江戸の暮らしに憧れている、と言ったりする程
小さな変化に気づき、風流な暮らしに憧れているつもりだったのに、
なんてかけ離れているんだろう・・・・



Fでは嫌いなお客さんを作らないために、
嫌だと思うことはお客さん本人にも嫌だときちんと伝えるので、
私も何度か伝えたことさえあります。

嫌だ嫌だと言ってきたお客さんと全く一緒でした。


社内に対しても、お客さんに対しても、
嫌いになってしまったら、その人の力になりたいと思えなくなってしまうから、
嫌いになりたくないから嫌なところは嫌だよとはっきり言う。

ずっとそうやってやってきたのに、
最初に望月に言われた一言だけでは素直に受け入れることができず、
自分の嫌なところを受け入れることの難しさも改めて感じました。

とても自分が残念でなりませんが、
今回気づかせてもらえたことに感謝して、
またこれから、素直に受け入れられるようになっていきたいと思います。

江戸
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ