個別記事のページです

2018年11月20日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

例えてみたい~その2

こんにちは!
ホームページ制作Fの長山です。

私の今回のブログは前回の続きで、好きな歴史上の人物をFのメンバーになぞらえ、
例えてみたいその2になります。
その2ということは次回のブログまでこの例えてみたいシリーズでお送りしようという
魂胆ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

Fのメンバーを歴史上の人物に例えてみたいその2~

Fの戦略家 センスの塊 丸井
丸井は私の中では、頭の回転が早く切れ者の黒田官兵衛に重なるものがあります。
黒田官兵衛は戦国の乱世で信長、秀吉、家康も恐れた天才軍師です。
攻めづらい城には兵糧攻めといって食料を
城に行かせないようにし、敵が自滅をするのを狙った作戦を使ったり、
沼に囲まれ、攻めづらい城には二週間足らずで堤防を作り城を水没させる水攻めといった
知略で攻めたりと頭の良さは底なしなのでは?と思うほどです。

丸井も作業や、会社の成長などでしっかり戦略をたててから
次に進めるという、スキのなさや頭の良さなども官兵衛と重なるところがあります。

また、信長が亡くなったと知った官兵衛は、
当時、仕えていた秀吉に「秀吉様の天下の道が開けました」と明智光秀を討つように促すのですが、
このエピソードは冷徹で悪いエピソードとして語られていますが、
私は、悪い印象は全くありません。
自分が天下をとろうと思えば取れるチャンスは山程あったのでは無いかと思うほどの
実力の持ち主が秀吉に天下を取らせたのは、官兵衛の実直で裏切りのない忠誠心がそこにあったからだと思います。

丸井は人の気持ちを汲み取るのも上手く、スタッフ、お客様、誰のことも裏切りません。
Fのスタッフを大事に思い、自分のためというよりは人の為に何かをしているという印象です。
関わった人すべてに実直だからこそ、お客様にも喜ばれる美しいデザインを作れるのだろうなと思います。
そこもまた、主君に実直で、仕えた人の頭脳となり功績を残してきた官兵衛と重なるものがあります。


意外と男らしい 薬師寺

薬師寺は一言でさっくり言うととても可愛いんです。
薬師寺をまとう周りのオーラはポワポワするお日様のような感じです。
でも、そんな見た目とは裏腹に何度くじけようとも立ち上がる根性があります。
まさに私の中での薬師寺は、雷も斬ったという逸話が残る、軍神と呼ばれた道雪です。
ていうか、雷斬った? 雷は切れるものかは疑問ですが、私は斬ったと信じています。
この雷を斬ったときの技?が雷切(ライキリ)と言われおり、
雷を斬ったとされる刀が千鳥なんですって!
漫画NARUTOに出てくるカカシ先生がよく使っている技が雷切と千鳥というんですが、
なんてどうでもいい記憶が一瞬蘇りましてNARUTOスキな私は興奮してしまいました。。。
話がそれてすみません。。。
その道雪なんですが、戦の戦歴が37戦無敗と言われているのですが、
実は、雷を斬りつけたあとから半身不随だったと言われています。
ですが、道雪がすごいのは、半身不随でも戦に出て、輿に乗り、指揮をとったとされていることです。
本当にすごい人ですね!
どのように自分が不利な状況でも戦おうとする所は軍神と呼ばれるだけのことはあります。
また、道雪は戦だけでは無く、かなりの人格者だったようで、君主、大友宗麟が大敗し力をなくしたあとも
宗麟に仕え続けたそうです。家臣にも手厚く接していたようで、戦も強いし、性格もいいなんてすごいですね!
戦の途中に亡くなった道雪ですが、敵、味方 関係なく帰っていくのを見送られたそうです。
「道雪の遺体を僅か1000人で立花に送る。國中野心の武士も、道雪開陣と聞いて、矢一筋も射ることなく」
道雪がどれだけすごかった武将なのかこの一文が物語っていますね。

薬師寺も、どんなに自分が精神的にきつい状況であっても、
辛い顔を見せずに困難に立ち向かっています。
半身不随でも戦を勝ち続けた道雪と重なって見えるものがあります。

薬師寺がいろんなことを乗り越え成長し続けている姿は周りを喜ばせ、
お日様の様な雰囲気は周りをほっとさせてくれます。
持ち前の優しさと根気強さで、Fにパワーをくれる薬師寺がとても大好きです。

今回は時間があまりなくて二人のメンバーしか書けなかったので次回は残りのメンバー全てを例えていきたいと思います。

先週の週末は家族で七五三のお参りに行ってきました。

DSC_0832-2.png

つい最近出産したかと思ったのに、気がつけば下の子も、3歳です。。早いです!

普段着ることのない服を着ていたので終始テンションマックスで、
カメラは全然見てくれないし、お経?の最中はじっと出来たのですが、
終わった途端、下駄を履いてるのにすっごく上手に走り回るので、
境内でコケ、石段で唇を切り、大量に口から血を流し、泣きながら家に帰るという地獄絵図になりました。笑

無事に七五三を終え、今年のイベントは残すところクリスマスのみとなりました。
子どもたちのサンタへのお願い事に今から恐怖しかないですが、いつもと変わらずにママはがんばり続けます!

ブログを数回書いていますが、全然文章構成能力が成長していない私ですが、
次回はもう少しうまくブログが書けるように、いろいろと考えながら書いていきたいと思います。

では、皆様、風邪などにはお気をつけ下さい!



書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識