個別記事のページです

2018年9月 3日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単に見る事ができる情報ばかりに惑わされない

こんにちは!
ホームページ制作Fの薬師寺です。

最近、ひとつ思うことがあり、
社内を見てという訳でも、誰をという訳でも全くなく、
ネットサーフィンをしていて思うことなんですが
私たちの生活は情報に左右されすぎなのではないかと思います。

大勢の人にとって感じている常識だと感じさせ
あたかも真実のように情報操作だってすることができる。

多数の人が自由に自分の意見を言うことができるのは
とても素晴らしいと思いますが、
大勢の人から支持されている書き込みをみると
それが正論・真実であるかのような錯覚を起こし
自分の意見と違えば、自分は間違っていると考えてしまう、
そんな世の中の事を最近ちょっとだけ考えるようになりました。

LGBT等の、今まであまり理解されていなかったことが
理解されてきたことはとても素晴らしいと思いますが
世の中に広まっていく際にこんな考えはハラスメントだ!と
様々な考え方まで拡散されるようになりました。

セクハラやパワハラ、は絶対に許されないことだと思うけれど、
おばあさんの3人の子供を育てるお母さんに気遣って言った
「男の子ばかりで大変ね、えらいね」という発言に
「男の子だからという理由で男女差別されたと思った」と
ネットで拡散される必要はあるのだろうか・・・
おばあさんは単に、その子たちのおかあさんを気遣っただけだろうに・・・
そういう手の情報をいくつか見ていて、
自分達の手で、善意を無駄にしてどんどん生きづらくしているなあと感じました。

美しいものは美しいと思う、
優しさはお節介や差別などではなく優しさとして受け止めることができる
そんな世の中ではダメなんだろうか・・・

インターネットで何でも知ることができる時代だと
幼いころから教えられきましたが、そうだとは思いません。
人の楽しいと思う感情や、繊細な感性、
本当に大切なことはインターネットではなく
実際に見て、体験して得られる事ではないかと思っています。
私は、誰もがSNSを活用しているだろうという世代ですが
一番大切にしたい思い出や、忘れられない事はネットにあげないし、写真も撮りません。
インスタ映えを意識して写真を撮る暇があれば
その分、忘れないように心に刻んでおきたいなと感じています。

情報操作が容易にできる時代で
ホームページの制作に関わらせて頂いているからこそ
自分で見て聞いたことの真実を伝えていくことが大切だなと考えています。

・・・ちょっと、熱くなりすぎました。
普段、当たり障りのないことや、ぽわ~んとしたブログを書かないのに
わりと刺激のある内容になってしまいドキドキしています。

20180903.jpg
これは先日、陶芸教室に行ってきたときにつくったお茶碗です。
右が薬師寺作で、左が植木作。
作った時にはすごく満足していたのに今見ると歪んでいてショック・・・

初めてのろくろは難しく、作業に没頭していたので
制作後に先生に「写真は~、、、」と言われ慌てて撮りました。
2時間くらいはかかるかと思いきや、30分で終わってしまったので
次は2つくらいつくれたらいいな、、、
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ