個別記事のページです

2018年7月 4日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

時間をかけないためにどうすればいいか

こんにちは、ホームページ制作Fの西です。

パーソナルカラー診断について先日丸井が書き、花宮がその事に触れていたので、
私も気になって診断してみました。
女優のような気品さは全く無いですが、私のタイプはサマーでした。
個人的にはスプリングの華やかさや可愛らしさに憧れます。

私もパーソナルカラーについては気になっていた時期がありまして、違うサイトで
簡易診断をした事があります。
今住んでいる地域にも活動されている方がいるようで、検索をかけてみると
いくつかブログなどヒットするかと思います。

パーソナルカラー診断につきましては、学生の時に服飾デザインを学んでいたのですが、
先生がパーソナルカラーリストの方を福岡から講師として呼んでくださいました。

クラスのあやちゃん(たしかあやちゃん)をモデルとして椅子に座ってもらい、
タイプ別に色分けされた色とりどりの布をお顔の下、首元にあてていきます。
布をあてた時に顔色がよく見えるのがいいそうで、イエローベースなのか
ブルーベースなのかカラータイプはどの季節なのかを
それぞれのタイプの色をあてて見ていきます。
髪の毛が漆黒で、色白で青みのあるピンクががった肌のあやちゃんは
ウィンタータイプでした。
ああ、こんな職業があるのかと当時衝撃でした。

カラー診断だけでなく、メイクのアドバイス、さらには診断後一緒に街へ出かけ、
洋服を買うのにアドバイスをしてくださる方もいるようです。

西個人としては昔ほど洋服に対しての購入意欲が失われてきたので、
(というか買いに行く体力がなくなってきたので)自分なりのルールを決めています。

洋服購入の際、色に困った時は自分のパーソナルカラーの色味と色彩学を思い出します。
アウターやボトムなどはベーシックな色を基本に選び、
自分の体型や雰囲気を考えて形やデザインを決めます。
季節ごとに洋服のアイテムと数を決め、新しい季節が来たら洋服を出し、
リストをチェックし、ないアイテムや傷んだ洋服を新しく買い揃えるようにしています。

仕事用の服は大体の色を決めて似たような服を買い揃えているのですが、
むかしちらっとマンガで見たオバQのタンスのような気配を醸し出しています。

きちんとしているのではなく、時間をかけないためにどうすればいいかとあちこちから
情報を得た結果こうなりました。もちろんいまだに失敗はあるのですが、
必要なひとつのアイテムを色を決めて買いに行くので、買い物への労力は減りました。

ですが、時々は上質な素材と縫製の洋服を、的確なアドバイスをくれる店員さんの元で
購入する贅沢や、違う系統の洋服に手を出してみる事は大事かなと思います。
自分の中の意識が高まったり、違う雰囲気を感じることはいい刺激になります。

と、ここまで書きましたが、本当はもう毎日ジャージがいんじゃないかと思っています。
西はまだそこの域にはたどり着いていません。

最後に写真を一枚。春に子供たちと出かけた植物公園のお花の写真です。
時間をかけないためにどうすればいいか.jpg

今日という日が皆様にとって良き1日でありますように。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ