個別記事のページです

2018年7月 2日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

思いつくまま書いた話

こんにちは。ホームページ制作Fの植木です。
ブログ・・!お昼までは覚えてたんですが、色々していると抜けてました。

最近こまごまと対応が増え、あれもこれもと私の中であったりして、
そういうのが得意でないので、ちょっと最近は遅くなってしまったりして、
こんなことを続けたらきっと疲れてくるなぁと思います。

そして、書くことが・・ない!
ので思いつくままに書くことにします。

・最近社内では、slackというソフトを使って会話しています。
アイコンが自由に変えられるので、じわじわと個性のあるアイコンが増えてきました。
わたしは、最近知ったカラーフォントを使ってアイコンを作りました。
カラーフォントって色々あって、かわいくておしゃれです。
もうちょっと、色々カラーフォントについてしりたい。

・昨日西郷どんをちらっと見た時に、西郷どんも吉田松陰先生みたいに
投獄されて、牢の中で学問を教えていたんだなぁと初めて知って少し感動しました。
最近はまったく、松陰先生のことも考えもしないけど、
高校1年から大学生までずっと吉田松陰が好きで、
史跡をたどる旅をよくしていたなぁと懐かしく思いました。
箱根、長崎、萩へお墓参り、伝馬町、金子重輔と身を隠した祠、
なんて地味な青春を送ったんだろう。
思えば、松陰先生の亡くなられた年と同じになり、少しで1つ上になります。
そして私は、もう彼のようなストイックな生き方がつらく、
もうちょっと楽に生きていきたいと思ってしまいます。

・小島さんのブログで、すごく狭いところに入って取材しているのを見て、
小島さんすごいなぁと思いました。
何故かっていうと、私は小学生のころ、何故あんなことをしたのか当時の自分が理解できないですが、
確か、かくれんぼで絶対に友達に見つからない場所を開拓しようと
一人で公園にいき、大・中・小ある土管の、小に入りました。
それは小1くらいの子でもかなりきつい幅のものだったけど、
ここなら絶対に見つからないとおもい、ワクワクしながら入っていき、
そして足まで入りきって気づいた。
前にも後ろにもいけない。
土管に入り込んでる砂が摩擦を生んで、進めない、後ろにも行けない・・
土管の出口の穴が、光が、遠い。体が同じ体勢で疲れてきた・・
どうしてこんなことしてしまったんだろう。
私・・ここで死ぬんだわと思った。
それでも泣きながら数ミリずつ進んで、外が真っ暗になったころに土管から出て生還した。
それから狭所恐怖症で、小島さんの写真を見ただけで
息がハフハフとして辛かったです。小島さん、すごい。

でも、取材に行くと本当に、色々見えて楽しいと思います。
私も1日だけお客様のところに行けた時、何気ない、お客さんとスタッフの方の会話から、
人間関係を感じ取ったり、写真で見たら広かったけど、意外と狭いんだなぁとか、
こういう環境で皆さん、働いてらっしゃるんだなぁとか、
凄いなぁ、かっこいいなぁ、とか思いました。

それで、思ったのは、私が作ったもので少しでも成果が出て、
スタッフの皆さんの生活が少しでも明るくなったり、
ちょっとでも豊かになれば、嬉しいなぁと思いました。
どちらかというと、それまでは案件を依頼してくださった経営者の方を
気にしていたけど、ちょっと視野が広まった感じです。

ee130a2b53eab53677625c078a1cab80_s.jpg

今週一週間、がんばります。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ