ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2018年6月29日(金)
1日体験取材で得たものは大きかった話

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。
昨日、日伸テクノ様に1日体験取材に行ってまいりました。
180629_syuzai1.jpg
担当部長原様と社員の皆様。

朝7時前に到着したのですが、
何名かすでに来られており談笑されておりました。
普段女性多数の職場で仕事をしているので、なんだか新鮮でした笑

取材が来ることも事前に周知され
とても前向きに写真撮影にご協力いただきました。
ありがとうございます。

7時30分頃にはみなさん現場に出られるそうで、
急いで撮影を行い個人カットなど終わらせ、
その後、土居社長と4時間ほどお話をさせていただきました。

人として成長できた秘書時代のエピソードや、
若い社員が全員辞めた会社の低迷期や
会社を立て直してこれたターニングポイント
業界の特性や会社の現状など。

話を聞けば聞くほど、
会社のいいところ、社長の悩み、社員に伝えたいこと、
業界のもどかしさ、会社や社長の軸になっていることなどが
鮮明に見えてくるようになります。

ヒアリングはホームページを作る上でとても重要なステップですね。


そして、午後から現場を体験してきました!
180629_syuzai.jpg
現場を案内してくれた工事課課長丸小野様。

マンション建設途中の建物内に入ることなんて無いので、
すごく新鮮な体験でした。

最上階で見た景色は何か分からないけど感動したほどです。
「すごい・・・!すごい・・・!」しか言ってませんでした笑

でも、炎天下の中屋根もない最上階でマンションを作るとか過酷すぎます。
見て回っただけでも汗だくだったので、もう頭が上がりません。
いつもエアコンのある事務所で座って仕事しているだけの
ひ弱な私には耐えられないなと思いました。ひ弱すぎて筋肉痛です笑
180629_syuzai2.jpg
鉄筋コンクリートのマンションですが、流し込む前ですので木がむき出しになっております。

そして、これも初潜入したマンションの地下空間。
普通のマンションなどであれば地下空間はなく土で埋めるそうなのですが、
地下空間を作ることで費用はかかりますがメンテナンス性が格段に上がるそうです。
180629_syuzai3.jpg
土居社長が一つひとつ丁寧に説明してくれました。

その後、2現場連れて行っていただき、貴重な体験が出来ました。
「全てはルールの上で成り立っており、答えはあるんですよ。」
と土居様のお言葉。

私たちの仕事であるホームページ制作は、
無いものを想像して作っていきますので明確な答えはありません。

でも、部品一つひとつにしても仕様があり、作り方のルールもあり、
すべてが決められている中で作っていくとなると、
効率化も求められますし、納期も絶対になります。

設計であれば、どれだけルール通りに設計図が書け、現場で作りやすい図面を描けるか、
現場であれば、決められた通りにどれだけミスなくスムーズに手際よく作っていけるか、
私たちの仕事と通じる部分も多いですが、
違ったところでの厳しさがあるなと思いました。

最後に、日伸テクノ様全員集合写真を撮り、
会議にも参加させてもらい、1日取材が終わりました。
180629_syuzai4.jpg

改めて1日の取材を振り返ると、
仕事を体験するということがどれだけ大切なのかということを考えさせられました。
聞いたこと、調べたこと、知識などではない最も重要な感覚の部分。

これが得られるというのはホームページを作る上でとても強いことだなと思います。
いい体験をすることが出来ました。
日伸テクノ様ありがとうございました!



PS.
日本代表はグループリーグ突破したけどあれは応援できない。とても残念でした。
ベルギー戦ボロ負けしたらどうするんやろう。

2018年6月28日(木)
伝える力をつけよう

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
昨日のブログで丸井がパーソナルカラーの事を書いてて、
なんだそれは!と気になったのでやってみました。

僕は夏タイプらしいです。ラベンダーとかブルーの濃淡が良いらしい。
ほうほうなるほど、確かにいつも着てる服の色がそんな感じだ。
当たってるすごいな~とか思っていると、このサイト、メイク関係?のやつなんですね。笑
道理で口紅がどうこうとか、上品な女優系美人。優しくフェミニンな印象が魅力!とか書いてる訳だ。
恥ずかしい限りです。

そんなどうでも良い近況ですが、最近は考えることがとても多いです。
特に、自分の気持ちを相手に伝えるのって本当に難しいなと考えます。

元来、喋るのが下手で伝え不足な部分がとても多いせいなのですが、
どれぐらいを伝えきれているのだろう。
数%しか伝わっていないのではないだろうか。と思います。
文章にすると伝えると思うのですが、言葉にするのがまあ下手なこと・・・。

伝える力がなければ、教える力ももちろんなく、
色々な面で損をしている気がします。
話すの苦手、伝えるの苦手、と言っているだけでは成長もなく、
苦手とばかり言わず、克服しないといけないと最近良く感じます。
こういう時はなにか本を読んでみよう。と思い立つ今日でした。

デザイン面では、スマホサイトの制作が連続して押し寄せています。
今まで、スマホサイトのトップページはやり直すことが多く、
今回もやらかしてしまいました。
いつものパターンにとらわれてしまった気がします。

関東や関西等では、割とメジャーになってきた業種ですが、
ここ大分ではまだまだ知名度は低いです。
だからこそ、先にどのくらいの料金が掛かるか知りたい、
というお客様の想いを読むことができなかったのかなと思いました。

個々のデザインでそこまで問題はなかったのですが、
構成に問題が多くありました。

PCでは画面が広く、その辺りがカバーできていたのですが、
スマホになると構成を変えないとやはりだめですね。
スマホサイト奥が深いです。

パーソナルカラー

2018年6月28日(木)
物事の準備で結果だけが変わる

いつも大変お世話になっております。
繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

よ~いドン!と言って走り出す。
ゴールは42キロ先。

年齢で言うと、
21歳がスタートで65歳がゴールの終着でしょうか。

走り出したときに、
あれ、なんか相手の靴よくない?
あれ、水じゃなくて。気の抜けたコーラ飲んでる?
あれ、みんな痩せ型の人ばかりじゃない?
あれ、みんな帽子かぶってる。。。
あれ、速そうな人は時計見ながら走っている。。。。

周りを見れば見るほど、
細部において工夫をして走っている人が多くいます。
細部にこだわっている人だけが上位入賞をしている。

もうスタートしたからゴールまで止まれない。
軽快に走る方法があるなら。勉強すればよかった。
もっと準備してくればよかった。

先週求人サイトを公開して、
1日で15万円ほど広告費を使ったのですが、
惨敗しました。

そこで初心に返り。
求職活動と採用における本を
アマゾンで8冊購入して、
全部読み計画と作戦を大きく修正することにしました。

3人入れば良いだけだからと、
軽い気持ちでお金を使ったことが悪く。

求人という現場は、
社会にある会社すべての人が、
良い人が欲しいという願う場であり、
求職者ももっと良い企業に入りたいと思う。

本を読めば読むほど、
最上級の戦いの場であることを痛感しました。

上場企業とも戦える。
戦いがいのあるマーケットで楽しくも思いました。

そして、良い人が入れば、
どんな未来も拓ける事もわかり。

人を育てて来た企業から。
育った人が入る企業に変わる新しい変革です。

しかし、そんな激戦区とは知らずに、
安易に考えて出発した広告費の15万円は無駄でした。
失敗事例がお客様ではなく私であったのは不幸中の幸いです。
本当に安堵しました。

ここで考えました。
準備をしていても、準備をしなくても、
マラソンを走る労力という物は変わりません。

準備をしていたほうが、
怪我はしないし。次の日も健康でいられる。
安全に暮らすことが出来ます。

一方準備をしていなければ、
足は壊すし。後遺症が残るかも知れない。
がむしゃらになって疲憊していくばかりとなります。

どちらも、
42キロを走る労力は同じなのですが、
結果が全く違います。

コースを知っていれば、
後何キロで坂道がある。
後何キロで海が見えるから気分転換になる。
時計があれば自分のペースがいつもより早いのか遅いのかもわかります。

コースを知らなければ、
いつも全力で走り。
あの電柱を超えたら。あの電柱を超えたら。と
ただ単に目の前の目標設定をして焦りを感じて面白くない走りになります。

今回の件で成長できた点は、
1番を狙っている人の考えを熟知して、
行動をする事が良い方法だと改めて気が付きました。

それは、
労力は同じということであり、
どの部分に最期を持っていくのか。

最初の段階で答えははじまっています。

走って考えようとしても、
息苦しさと精神的な苦しさと体力的な苦しさで、
まともな発想さえもできなく、
広告費が足りないから求人が来ない。

広告費を増やそう。
もっと広告費を費やそう。
もっともっと広告費を費やそう。

とギャンブル依存症になったのかと思うほど、
広告費をじゃんじゃん投入していました。

冷静な判断ができなかった自分が悔しかったです。
あぁ~情けない。

準備の段階で答えと結果は決まっている。
走り出すと、
狭まった思考の中で判断を下す結果となり、
1番を目指して準備周到な人には絶対に手が届きません。

走る距離は同じです。
価値観を周りの人とすり合わせて、
より良い結果を求め1位の人が見る道を選んで頂けると幸いです。

1位の人も最後の人も、
走る時間も労力も同じです。

1位の人が見ている景色を取り入れるだけで、
新しい価値観と新しい道が出てくると感じます。

人生は短いです。
知恵と情報と価値観を共有して
1位に見ている景色で動き出しましょう。

参考にして頂けると幸いです。

今後とも長いお付き合いをよろしくお願いします。

繁栄する内容だけを毎週読みたい方は、
下記よりメールアドレスを登録下さい。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

営利目的ではなくお送りさせて頂いております。

2018-06-28 10.jpg

2018年6月27日(水)
当てはめられてみたいという願望

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

最近、パーソナルカラー診断に興味があり
どこかで診断してもらいたいな~、と近所で
やってもらえるところがないか調査中です。

パーソナルカラーってこんなの

『パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)と雰囲気を
合わせて似合う色を見つける診断』

ということなのですが、ネットにセルフで出来ますよ~というサイトやページが
沢山あったり、雑誌などでもブルべかイエベか~なんて見分け方が載っていて
特集が組まれていたりするので、簡単に自己診断することも出来るようになっています。

私は、自己診断済なのですが、どう考えてもブルべでないことは分かる...。
洋服を買うのが好きなのですが、この色は顔色が凄まじく悪く見える、とか
凄まじく似合わないとかは失敗例からそれとなく察しているのと
化粧品もブルべの人向きと言われているものは悉く肌から浮く...、ので
おそらく春だか秋だかだな、と分析しています。

パーソナルカラー診断、少し前に流行りましたよね。
完全にミーハー心からですが、自己の分析が当たっているか答え合わせがしたいのです。

実際にやってきた人の話を聞いても「布を当てるだけで全然顔色が違って
見えるからすごいよ!」とか「クローゼットが全滅した!」とか
皆、口を揃えて言うので、どんなに凄いものなのか...
私のクローゼットは生き残れるのか...知りたい....。

デザインをしていても、ほんの少し明度や彩度を変えるだけで
同じ系統の色味でも、まったく印象が違って見えたり
途端にバランスが取れなくなってしまうようなことが
多々あるので、色は視覚で与える印象を左右する要素を%で
表した時に、大きく配分を取っているものなんだろうなあと感じますし
面白いです。

あと、余談も余談になりますが
業務中はブルーライトメガネをかけているのですが
ブルーライトメガネって少し茶色がかって見えるんですよね。
液晶の実際の色と色味が少し変わってしまうのが
私は気になってデザイン中、何度もメガネをずらしてしまいます...。
レンズが透明になると、ブルーライトのカット率が下がってしまうらしいのですが
裸眼に近い状態で見られて、ブルーライトカット出来たら最高なのに...、と思って
やみません。あ、これはわがままでした。

先日、ケーキバイキングに行って割にカラフルな写真が撮れた記憶があったので
本日使用しようかと思ったのですが、見返してみると
盛り付けが下手過ぎて人様にお見せしてはいけない仕上がりだったため
フォトジェニックな素材で失礼します。
20a21280aceb8ff1ae2e2d94eb6d438c_m.jpg

2018年6月26日(火)
最近のことじゃない話

こんにちは!ホームページ制作Fの薬師寺です。

最近の近況を書くととんでもなく暗くなってしまうし、
社内のことを書くと重くなってしまう・・・

最近のブログの流れで全然関係ない事を
書くと空気読めないやつ~って思われてしまうかもしれないですが
あえて空気読みません。ゴメンナサイ。

私にはいろんな夢があります。
大小あるかもしれませんが、人にはそれぞれ夢や目標があると思います。

「LAに住みたい」とか「世界一周旅行をしたい」とか「都道府県制覇したい」とか
現実味があるのかないのか分からない夢もたくさんあるんですが、
一番は「祖母のような人間になりたい」事です。

3~4年前に亡くなった祖母はとても温厚で明るく、
友人がたくさんいて本当にいつも笑顔で楽しそうでした。
そんな祖母が大好きで、幼いころからよく遊びに行ってました。

いつも祖母と一緒に寝ている祖父を寝室から追い出し(語弊)、女二人で夜中まで語ったり、
私の服を見て「かわいいねえ、小さくなったら頂戴」って言われたり、
エグザイルのDVDを一緒に見てどの人が好きか話したり、授業中って言ってるのに電話掛けてきたり(笑)
祖母との思い出は尽きません。

祖母は友人や親戚を本当に大切に想い、大切にしていました。
本当に優しく、周りの人を大切にしていた祖母への憧れはなくなりません。

祖母の通夜・葬儀には予定を100人以上上回るたくさんの方が来てくれました。
祖母のお葬式の時、私には知らない人から
「あら!あなたがまゆちゃんね!おばあちゃんからよく話を聞いていたよ」と
数えきれないほど言われ、孫のわたしのこともすごく大切にされていたんだと嬉しかったです。

亡くなった悲しみは時間が解決してくれますが、
楽しかった大切な思い出まで忘れたくないなと昨夜ふと思ったので祖母の話をしてみました。

20180626.jpg

写真は先日行ったライブの時のものです。
今をときめく竹原さんのファンはかなり渋い男性が多く、ちょっと浮きましたが
あんなにエネルギーに溢れるライブは初めてだったので行けて良かったです。

それと、サッカー好きを公言していたにもかかわらず
ワールドカップを全く見てないので次の試合は見ようと思います。
誰か、次の試合について情報を知ってる方いたら教えてください...

2018年6月25日(月)
ご挨拶再び

こんにちは。ホームページ制作Fの阿部です。

前回のブログが最後のつもりでしたので何とも言えない気分ではありますが・・・(笑)

最後に進捗を調整していただき、ぎりぎりまで働かせていただける事になりました。

しかも私の好きなSEOの仕事にしてくれる等、色々配慮してくれた岡部さんにはとても感謝しています。

岡部さんだけでなく、退職を決断した私の事を色々気にかけてくれる優しいスタッフのみんなには

感謝の気持ちでいっぱいです。

たった8ヶ月間でしたが、もっと長く感じる程Fでは色々な経験をさせて頂きました。

パソコンもままならない素人の私に1から教えてくれた先輩方ありがとうございました。

私のせいで仕事を増やしてしまったり、悩みを増やしてしまって沢山迷惑をかけてしまってすみません。


みなさんにとっては私は必要のない存在であったかもしれませんが、

私の人生にとっては貴重な経験となりました。

そして、社長が声をかけてくれなかったら私は前職を退職する勇気が持てず、不満を抱えたままズルズルと

働いていたと思います。こんな私を必要としてくれた事がとても嬉しかったです。

ポンコツといいながらもどうにかしようと考えてくれていたのに心がついていけず、

最後に傷つけてしまってごめんなさい。色々ありがとうございました。

ぶっちゃけ、何で私にそんな当たりが強いん!本当に嫌い!って思ってますが、

悔しいけどでもやっぱりすごい人だなとも思ってます。

Fがこれからどうなっていくのかも気になるし、みんなの事も気になるので

私はきっと退職してからもブログとかニュースレターものぞきにくると思います。

就職前からファンですし!(笑)

許されるならみんなに会いに遊びにきたいくらいFメンバーの事が好きです。


退職の決断を後悔する日がくるかもしれませんが、

私はわたしらしく輝ける場所をこれからも模索し続けたいと思います。


F社員のみんながこれからも自分らしくいられますように!
53ecbddea297a3a7224b7800f26284b5_m.jpg

2018年6月22日(金)
自分の考えも、人の考えも大切にしたい

こんちには。ホームページ制作Fのなかぞのです。

比較的に穏やかに過ごせたこの1週間。
抜け目なくデータ整理するのも楽しいし
こうしてたほうが後が楽がよな、とじっくり考えてできたのも楽しかった。

昔のデータをさわっていると、私を含め今のみんなのデータの作り方、
フォルダの作り方は、本当に見やすく丁寧になっていったんだなあ、と
今日やっていて思いました。

昔のデータってほんとに何が何だかわからないんです・・・
私も今回の以上にやっかいなデータをもっていたので全然マシに感じるのですが・・・。

自分勝手かもしれませんが、細かいものを拾うことで
少しでも支えになれてると思うと嬉しかったです。

進捗調整をしてくださって、細かい作業を振ってもらえるのは
ありがたいなあ、と思いながら作業してました。

そんなことをブログに書こうかと思いましたが、話が持たないので
最近の自分の考えを、ちょろっと書こうかと思います。

ある感情に対して思うことは人それぞれで、その人がいる環境で思うことも違うし
同じ環境であっても思うことは違います。

私は違っていてもいいと思うし、当然だと思っています。

それが受け入れられなかったら、それはそれでいいし、
どうしても受け入れてほしければ「なんでわかってくれないの!」ではなく、
考えを変えていく又は考えを寄せ合うしかない。
と、思っています。

1つのものだけを見ようとすると1つのもしか見えないけど、
その1つに対して思う気持ちも特に大きい。
周りのものも見ようとするとたくさんの情報が入ってくるから、考えも広がる。

信念を貫いて1つのものだけを信じていたい大切にしたいのか、
こういった考えもあるのか、ともっと周りのことを知って蓄えていきたいのか。

私も自分を失くしたくないので自分の価値観を大切にしたいし、
周りが見えなくなるのも嫌だから、周りの人の価値観も知っておきたい。

私はどっちでいたいか考えたときに「周りも知りたい」でした。
1つのものだけを見るというのが、必ずしも悪いわけではないし
私が選んだものも必ずしも良いわけでもない。

これも私の考えであって、正解でも何でもないし、一時の考えかもしれないですが
今強く思ったこの気持ちは自分が大切にしなければ行けないなと思いました。

「価値観」ってワードを見たので、最近考えていたことの一部をちょろっとだけ書きましたが
いや待てよ・・?とブログ読み返したら、望月のメルマガにも似たようなことを書いてました。

しまった・・・・まあいいや・・・(笑)

次の当番からは、また業務の話とかしていきますね(・ω・)وグッ
望月から仕事とはちょっと違う頼まれたチラシを
合間に少しずつ進めていたのを見られて
「そんなに時間かけんでいいけんな」
って言われましたが、これがですね、楽しくてしょうがないから
気づいたら18時過ぎてただけなんです。
隙間時間でしてただけなので許してくださいm(_ _)m
なかなかまとまった時間が取れなかったので
伸ばし伸ばしになって申し訳ないなあと思いつつ
やりたいと浮かんだことを最後までしますので少々お待ち下さい・・・!

ん~写真なににしようかなと悩んでいたのですが、最近撮った写真はまだデータを移してないので
1ヶ月前にタイミングを見事に外したポピーを、いかにタイミングぴったりのように撮る、
とチャレンジした煽りの写真。ごまかせてないなんて、知ってる・・・
180622.jpg
私の行きたい場所候補に御裳神社が追加されました。
私の大好きな紫陽花が水に浮かんでいる・・・・最高にきれいでかわいい。
今年初めて知ったので来年行きたいと思います。絶対行く。

今週はようやく飲み続けていた薬も飲み終わって解放感がすごいです。
食前・食後両方に飲むって大変で疲れますね(´・ω:;.:...
薬を飲む動作が疲れるって初めて思いました。でも粉薬に少し慣れました(苦手)
では、今週もお疲れ様でした!

2018年6月21日(木)
名探偵コナンになりきり今回の事件を解決してみる

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

今日は名探偵コナンになりきったつもりで
Fでの出来事を勝手に解決していこうと思います。

5人が辞めるという事件

望月がFacebookなどで発信していますが、
長年一緒に仕事をしてきた仲間が
5人同じ時期に辞めるという事件が起きました。

前触れは、ほんの少しだけ(100あったら1くらい)感じてはいたんですが、
急な話しすぎて驚きを隠せませんでした。

えっ!いま・・・5人同時に・・・
みたいな。

私はと言うと、その事件が起きる前日
USJでのんきに子どもたちと戯れながら
エルモやクッキーモンスターたちと写真を取ったり
キッズエリアで遊んでいました。
180621_konan.jpg
みんなが、そんな人生を変えてしまうくらいの決断をしているとは・・・

今考えてみますと、
5人それぞれ辞めるという気持ちに大小はあったかと思います。
大きくなっていた方も入れば、
まだまだ火種の段階であった方もいたかと思います。

ただ、そういった辞めるという気持ちを持った5人が集まり
辞めることについて話したことで
5人が、そうだ!会社辞めよう。という気持ちが固まってしまい
今回の事件に発展したのかなと推測いたします。

一人ひとりが辞めたいという気持ちを言い合うのだから、
みんな同調して共通意識が高まり辞めるという意見を固めてしまいます。

でも、5人の中に1人でもいいから、辞めるのを引き留めようとする人がいたら
結果は違うものになっていたかと思います。

「いや。でも考えてみて。18時帰りも出来るようになったし、
環境はどんどん良くなると思うよ。」
「給料も上がっていくと思うし、週休3日になったら本当におもしろいと思わない?」

みたいな。
これは、辞めるって決めてしまった後に説得してもあまり響きません。

辞めるって決めたから辞める。
いい意味でも悪い意味でも、
人は決めたことに対して一貫したい思いがあります。

いま辞める確固たる理由がないのにです。
辞めるって決めてしまうと、必死に辞める理由を探します。
自分は何で辞めるのか?これが嫌だから辞めるんだ。


私は会社を辞めることについては全然いいとすら思っています。
辞めることでその人が輝くのであれば歓迎したいですし、応援したいです。

でも、辞める人の話を色々聞いても、
いま辞めなければならない確固たる理由が見つからないのです。

以前「みんなに惜しまれつつ一人の社員が辞めていきました」という記事を書きました。
彼には、いまFを辞めるという決断を下さないといけない理由がありました。
だから、盛大に送りましたし、応援もできました。

でも、今回の5人辞めます。というのはちょっと違います。
消化しきれない何かが残りました。


5人で集まり、辞めるって決めたから辞める。
というのは本当にもったいないことだと思います。

それは、辞める人もですし、残る人もです。

望月は「週休3日。17時帰りを目指してる。給料ももっと上げたい」と皆の前で宣言しました。
宣言したということは達成しなければなりません。
意見を変えるということは、約束を破るということです。

私の勝手な意見ですが、たぶん2年後か3年後かには達成しているはずです。
Fの成長は予想を遥かに超えてきますので、もしかしたらもっと早いかもしれません。


でも、今回の事件が起こりました。
辞める理由に、成長についていけない。というのもあったのですが、
私からすると、辞める人のデザインは素晴らしいし最高です。

対応力も半端ないですし、物腰柔らかくて
お客様問わず周りの人からも愛されています。

デザインを見せることもありますが、
的確に指摘してくれますし、
なんでそこが見えたの!すごい!
とすら感じていました。

本当に頼れる人たちです。

望月は大卒を入れたら大丈夫と言ってますが、
Fで4年必死に働いてきた人と、大学で4年過ごしてきた人の成長度合いは
比べ物にならないと私は思っています。

もちろん最初のスタートラインが同じで、
Fで1年働いた大卒と高卒を比べると
大卒の方が上に立っていることは容易に想像は付きます。

でも、もうFで4年働いているのです。
その差を埋めるには、優秀な大卒であろうと多分1年2年はかかります。

辞める人は、一人でも何でもこなせる優秀な人材です。
その優秀な人材が5人も辞めるんです。

望月が宣言した「週休3日。17時帰りを目指してる。給料ももっと上げたい」
というステージに行くのに少し遠のく結果になったのかなと思います。


辞めるっていう決断は最後でよかったはずです。
最初に決めちゃうと、周りの意見を柔軟に聞き入れ判断することができなくなります。

だからこそ。
1つ提案したいことがあります。

「辞める」ということを一旦横に置いて、
自分が本当にしたいこと。
自分が輝けること。
自分がもっと成長したいこと。
自分が何かの役に立てること。

を考えてみませんか?


昨日望月がメルマガでも書いていましたが、
価値観や概念は固定しないほうがいいと思います。

望月も優秀な経営者の価値観にふれることで、
その価値観を受け入れ、自分のビジネスに落とし込み
もっと一人ひとりが輝ける環境にしていくための道を作っています。

社員の給料を上げるためにどうしたらいいか?
社員の休みを増やすためにどうしたらいいか?
社員一人ひとりが輝くためにどうしたらいいか?


ホームページで売上を上げれるというのはある意味最強です。
どんな業種でも役立ちますし、どんな業種からも求められます。

だから、したいことがあるならFでしたらいいのではないでしょうか?

以前家庭教師の会社をやられている方がFに来られ、
望月と何年後かはわからないですが、
タッグを組みビジネスを一緒にやりましょうと約束したそうです。

それが出来るのも売り上げを上げてきたホームページ制作会社だからです。
ホームページ制作会社だから家庭教師の業界に参入することも出来るんです。

どんな業種ともタッグを組めますし、
採用するかは別として
概念を固定せず色々な価値観を取り込んでいくことで
アイデアはたくさん出てくると思います。

アイデアと提案力しだいで、
自分のしたいことが形になる会社です。
だと私は思っています笑

社員(自分自信)が輝き
お客様が喜び
会社に利益が残る
そして、世の中のためになること

それさえあれば、本当に自由に発想していいと思います。

辞める人も残る人も本当にもったいない事件だと思うから
今回名探偵コナンになりきり解決できてないですが
解決したい思いで書きました。

この出来事は今後の教訓にしたいと思います。


言いたいことは、
辞めるっていうのを一旦横において
自分が1番得することを考えて決めてほしいということです。

m(__)m

2018年6月20日(水)
価値観の境地について


その物の価値はいくらでしょうか。
本日は悟りの境地には何も無い事を伝えます。

ヨガに夢中になり、瞑想を高めることで、
一切空という状況を自分自身に創りあげ、
無価値の境地まで辿り着くことが出来ました。

私が1つ辿り着きたかった場所であり、
瞑想の奥深くであり、釈迦(ブッタ)が
到達していたという場所を1日ほど味わいました。

怪しい話ですが、
きっと大丈夫な気がしますので聞いてください。

それはヨガの最中に、
意識と無意識を全て捨ててみるという出来心から
始まりました。

意識と無意識を捨てていく上で、
願望というものが残っていきました。

人は願望があるから、
それを叶えるために、人以外にお願いすることがあります。

その願望を消していくと、
多くの者が消えて孤立した「人」だけが残りました。

人以外については下記の書籍に内容を書いております。

幸せになれる不幸せな人へ
https://www.web-f.net/2018/06/post-35887.html

「人」の中に最後に残ったものは、
物事の価値というものが残りました。

価値観を無価値にしていくと、
全てのものには価値はなく、
私が決めた金額で高いか安いのかを決め、
私が美味しいと思った価値観で話をして、
私の歩んだ人生で価値観を押し付けて、
私の価値観で全てを見定めていたことがわかりました。

この価値観を無くした状態が、
一切皆空・諸行無常という全ては何もないという状態であり。

「人」の価値観を無くすと、
全ての価値ある物は、
人が決めたも価値観だから無価値である事がわかりました。

その瞬間に、
頭を剃りたくなり、
公園で生活をしよう。と決意するほど、
衝撃的に全ての価値感が無くなっていきました。

髪を生やすことも。
お金を稼ぐことも。
豪華な家に住むことも。
誰の価値観で幸せと言っているのか。
価値観が無ければ必要がないことに気が付きました。

瞑想や修行の上で1度は到達してみたかった心境は、
何もなさすぎて、自分だけの世界になり、
正直まったく面白くありませんでした。

ブッタのような静寂な環境を5時間ほど過ごさせてもらい、
大きく成長したことがあります。

それは、自分の価値観は人には関係ないことであり、
決めつけた価値観を埋め込むことは良くないことである。

豊かな人生を歩む人達は、
価値観を決めつけずによく話を聞き、
会話の中で価値観を決めていき、
自分にあった価値観を創り上げていく柔軟な心を持っており、
自分の狭い価値観だけで考えをしないような人です。

あぁ。
価値観とは本当に無駄なものと1度気がついた上で、
相手の価値観を聞いた上で、
自分の経験した価値観のすり合わせをしていく。

どんな人に対しても、
それをしていかなければ、
自分の器での範疇でしか物事を見ることが出来ません。

人はみんな生きているからこそ、
全員が価値観を持って生きています。

その価値観は正解であり。不正解でもあります。
すべての価値観を理解しなければ、相手に伝わることはありません。

価値観を無くせば、
全員が公園で寝ても良い状態となります。

私が1つ目指していた場所。
価値観を一生持たない生活は、
体験してわかりましたが、まったく面白くなかったです。

価値観を持たないということは、
全ての成長を止めて、静寂の中で、
入ってきた価値観をどうやって自分の中で無価値にするのかという
修行を己の中で自己処理をし続ける作業になります。

そもそも価値を全てに持たない心なので、
無価値にする必要がない状態でしたが、
全てに価値がないということは、全ての出来事が灰に見えます。

そして、全て不必要なものとなります。

食べることに価値を見い出せないので、
何を食べても良い状態となります。

喜怒哀楽も必要がない状態です。

一切皆空・色即是空の極みの境地は、
自分の意識が無価値であれば「空」を創り続けることが出来ます。

しかし、価値を見言い出すことができれば、
それは空ではなくなります。

すべては、自分の意識と無意識から、
価値観を無価値にするだけの状態なのです。

私が想うことは、
価値観を持っても良い。
価値観に意味をもたせてはいけない。
全員が十人十色の価値観を変えながら寄り添って生きている。
そうやって人は成長を遂げて新しい価値観を生み出している。

誰に対しても、どんな人に対しても、
その人の価値観があるから、価値観を聞いてから、
話をしていくほうが何事はとてもスムーズです。

精神の病は精神の病院でしか治せない。
私は昨日こう思いました。

精神の病は精神の病院では治せない。
精神の病は精神の世界で治すことが正しい。

かなりぶっ飛んだ内容ですが、
私が元気になった方法を
私が考えていることをPDFにしました。

社員さんや経営者の原因不明の体調不良や、
過去のトラウマを消してほしくて書かせていただきました。

私自身が自殺を回避して、
毎日楽しく生きているのはこの方法でした。

困っている方に知って頂き、
私のような生活をして欲しくないと思い書きました。

もしよろしければ、
読んでいただき楽になって欲しいと思います。
https://www.web-f.net/2018/06/post-35887.html

今後とも長いお付き合いをよろしくお願いします。


2018-06-20 19.jpg

2018年6月20日(水)
カフェに行った話を書くつもりが違うことに

こんにちは。ホームページ制作Fの西です。

先週から自分が社内でする業務が少しずつ増えています。
時期的に妥当なのかそれとも時期はまだ早いが人数の関係からそうなのか、
よくわからないのですが、
西は入ってまだ間もないから出来るだけ余裕を持たせて少しずつ与えようと、
皆が考えてくれているのが伝わってきますし、分からないことは
優しく教えてくださるし、任されないことには成長していけないので、
いろんな物をありがたく頂戴しています。

ただ、どうしても電話口で会社名を流暢に言えないです。
いやはやこんなに苦戦するとは。車の中で練習したんですけどね。
本番になるとどうしてもつまづきます(練習量が足りないのか、舌が短いのか)
間違えたときは笑ってやって下さい。

とにかくFに入社してから毎週色々と変化が起こります。
そして時に意見を求められ、意思確認をされます。
西はFの社員としては新入社員だけれども、
社会人としてはそこそこの年数という微妙な位置の社員でもあります。

あまり良いことでもないので言いたくはないのですが(テンションも落ちますし)
ざっくり言えば、結構ずっと歯を食いしばり
仕事や仕事以外でも雑草のように生きてきたなと思います。ですので、
会社や仕事のことがこれまでも割といろんな事が許容範囲内でありまして。
何が正解で不正解なのかということに悩む日もありました(今でもあります)

ただFは、私がこれまで勤めてきた会社とは違う面白さが確かにありました。
そして、信頼できる上司と仲間がいました。もちろん、辞める人も残る方も含めて。
そして言わずもがなFのお客様も素晴らしいのだろうと。
私がこれから携わらせていただくのが楽しみです。

こんな時だからこそ、追い詰めて追い詰めてこなそうとせず、
慌てず、周りの皆に聞きながら淡々とやっていきたいなと思っています。
まずは自分が楽しまないと。

なんだか書くつもりではなかった本音を熱く書いてしまいました。
数日前までは次男とカフェに行ってきたよレポをする予定だったのに。

写真だけでも。
カフェに行った話を書くつもりが違うことに.JPG
長男が塾でテストを受けている間に次男と日頃のご褒美と称して行ってきました。
特別にブレンドしたコーヒーと、特別なところから仕入れたジェラートを食べ、
私はぼーっと、次男は持参した紙と鉛筆でカフェ内をスケッチしていました。

そういったおしゃれ親子気取りの時間を持てたのはよかったです。

今日という日が皆様にとって良き1日でありますように。

2018年6月19日(火)
4年ぶりにブログを書かせて頂きます

こんにちは、ホームページ制作F田崎です。

これまで本来の業務になかなか入れない状況があり、
ブログを免除させてもらっていましたが、最近は以前より時間を取れるようになり、
本来の業務にもだいぶ入れるようになってきたので、
私もブログを書かせて頂くことになりました。

振り返って見てみると、4年ぶりのブログになるようです。
4年前は10行くらいの内容でとにかく更新すればいい、
という感じだったので、みんなのようなブログが書けるのだろうかと緊張しますが、
今月は6人がやめたいという状態となり、私もいろいろと考える日々を過ごしているので、
そのことについて書きたいと思います。


「仕事が楽しい。やりがいがある。」

それだけが唯一の良いところだったと思います。

その唯一の良いところを武器に、
こんなにやりがいがある仕事は他にないから
残業あっても仕方ないでしょ、給料低くても耐えられるでしょ、
と無理矢理全てをオッケーにしていました。
(私も誰よりもそれに染まり、最後まで抜け出せずに迷惑をかけたと思います。)

けれど今は
18時帰りを達成して時間という最大の難関をクリアし、
給料も多く頂けるようになり、有給休暇を取れるような環境となりました。
やりがいがあるんだから我慢できるでしょ、と抑え込んでいた問題の
多くが解消されていると思います。

ブラック時代と比べて良いところを並べても、何でもよく見えて当然ですし、
人によって良いと思える環境、自分に合うと思う仕事は違うので、
絶対的にFがいいと強制すべきではないというのも分かっています。

特に私はF以外で勤めたことがなく、
他の会社のことを知らずに、良くないと思っている会社も
良いところかもしれないし、意外と楽しいと思える環境かもしれないとも思います。

でもやっぱり
こんなに言いたいことが言える環境
お互いに尊重し合える環境
お客さんの言いなりではなく、お客さんと気持ちの良い関係がある環境
楽しいと思える仕事ができる環境
全力で仕事に向き合える環境
はなかなかないのではないかなと思います。


今回、突然6人やめてしまうという事態に驚きとショックで
先週末でやめた下川ともあまりきちんと話をして終わることができず、
もやもやした気持ちを抱えていましたが、
今思うのは、やっぱり感謝の気持ちの方が大きいということです。
この環境を作るためにがんばってくれたこと、本当にありがとう。

気持ちの整理がつかず、完全に退職してからの送別会開催となりますが、
送別会では楽しく飲みましょう。


写真は昔、毎月消しゴムハンコを作って
ニュースレターの封筒の裏に押していた頃の写真。
昔はこんなことにも時間をかけてたりしました。

IMG_0845.jpg

2018年6月18日(月)
出来れば一度見たらすぐに忘れてほしい話

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。

(先に言います。長文になりました!)
前回フィリピンのことを書いた時くらいからFではいろいろな事が起こりました。
問題と思えば問題だし、問題じゃないと思えば問題じゃない。
これは大変だなぁいう事象に対して、私が取る態度は大抵二つです。
一つはユーモアで乗り切ること、笑いに変えること、
二つ目はあるがままの事実を受け入れ、対処することです。

大抵は笑いに変えられます。笑いの基本は不合理、不条理だからです。
でも、笑いに変えられないレベルの時は、
ポジティブにもネガティブにもなろうとも思わず、
まずはただ、あるがままの事実として受け止めるように努力しています。

例えばある事象が起きた時、それを問題だ!と捉えたら問題になり、
チャンスと捉えたらチャンスになる。
結局その人の思考次第で変わり、ポジティブな人にとってはチャンスに、
ネガティブな人にとっては問題になり得る。
私はポジティブになれるほど強くないので、
まずは、ただ何が起こっているのか、原因は何で、何通りあるのか、
これからどうなる事が予測されて、それに対して
どう行動する事が求められるのかくらいは考えます。

でも、こんな風に冷静に考えるためには、体調が良くないとできないし、
事象から物理的、時間的に距離をとることが必要なこともあるし、
夜じゃなくてなるべく朝に考えるなど自分なりに工夫しないといけないです。

わたしが大好きな丸井さんが言っていたように、やっぱり今回のことは
ちょっとショックだったし、自分の無力さをすごく感じたし、(省略)
もっと正しい行動がとれなかったかなと反省しました。
どこで間違ったかなと思ったりしました。

胸襟をひらくというか、もっと対話の時間が必要だったんじゃないかと思うし、
自分から積極的に話していくことができたんじゃないかと思うし、
私もここではまだまだ分からないことだらけだけど、
一応年齢だけは上なわけで、そこそこ嫌な思いを色々と経験してきているし、
底辺を見てきたようなとこもあるから、時々は、一瞬だけ冴えるように、
大局的に見えることもあったのに、
いや、そんなのは何てオコガマシイ謙虚じゃない態度だろうとも思ったりするけど、
とにかく、そんな何とも言えない気分を抱えながら、
結局皆が、いつか落ち着くところで幸せになってほしいと思います。
塞翁が馬、あとになって分かるしかないのかとも考えます。

でも、オコガマシイが、一つだけここに書かせていただくと、
私が明らかに間違ったと思うことがあって、
私が思ったことをちゃんと言えばよかったと思うことがあって、
もし、だれかが見てくれたらと思うからすみません、書きます。

考える上で言葉がとても大切で、
言葉をないがしろにして考えることなんてできない。
情報は情報そのものではなく、誰が語っているかで信頼おけるかどうか
判断してほしい。
それから出口が見えないような問いに対しては、
まずはデータを集めてぎりぎりまで具体性をもって考えてほしいとはおもう。

ネットには、本当にわけのわからない人が、わけのわからないまま
書きなぐって、それっぽく見せていることがあるっていうのは、
私たちが(お客さんとみっちり話して制作している私たちだからこそ)よく分かっているはず。

だから聞きかじったくらいの知識を持った人間が、意味しり顔で書いている文章を
鵜呑みにしてはいけない。
そんな適当な文章を拾って信じてしまうなんて
多分、私たちのプライド?としても、許しちゃいけない。

それなのに、著者の名前も明かしていない、得体のしれない情報を読んで信じてしまっていないか?
それから、言葉を大切にするということで言えば
例えば、ある事象に対して「洗脳」といってしまうのか、
「バイアスがかかった確証」と言うのかでもずいぶん印象が違う。
言葉が変わるだけなのに、事象は同じでも認知がかなり変わるはず。
認知が変われば行動ももちろん変わるはず。
歪んだ言葉を使えば歪んでしまう。

「あの人は、洗脳されている!」と言うと、
洗脳がいかに悪いか、洗脳されている人とどう付き合えばいいかと言った話になるが、
あの人はバイアスがかかった確証をしがちである、といえば
どうしたらバイアスを回避できるだろう
どの様な行動がバイアスがかかっているだろうと、もっと具体的に観察し、
全体の行動との割合をはじき出すなんてことができるかもしれない。
そうなればもっと前向きで具体的な議論ができるはず。
はたまた、これ以上考察する必要が無い、意味がない、生産性もないなら
「わからない」と潔く手を挙げて、自分がすべきことをしたほうが良い。
自分が考えないといけないことや、しなければいけないこと、
取り組まなければいけないことがあって、時間は有限だから。
「わからんなぁ~」とニコニコしとけばいいときもある。

言葉一つによって、事実を事実として受け入れやすくなったり、
極限まで具体的に考えることで、面白くなって笑えるレベルになることもある。
真剣に考えた結果、私は何をそんなに考えてんだろうと、笑けてきます。
笑えるようになればこっちのもんです。

出口が見えない問いに対しては「どうすればいい?」じゃなくて
現状はコレ、今後したい具体的数値目標はコレ、期限はコレ、といって
具体的な判断材料をもてば大抵の人の頭は勝手に理性的に働き始める。

・・・なんだか、書いてて疲れてきました。

後ろを見ると、ほとんどの人が帰っています。
植木は熱くなりすぎたようです。
すごく尻すぼみになりましたが、
本当に私がこんな文章を書いてすみません。来週から弁えて無言になります。
これ後日すごく間違っていることに気づいたり、
気付かされたり、恥ずかしくなったりする気がします。
どうしよう・・・
ebcbd40d2ca5f0e88f8d49a013853077_s.jpg

長文失礼しました

2018年6月15日(金)
ちょっと自信が持てるようになった話

こんにちは。ホームページ制作Fの花宮です。
最近の嬉しかったことを少し書きます。

ちょっと前に隣の席だった通称こじこじ君から、
「最近花宮さんにチェックしてもらったデザイン一発OKです」という嬉しいお言葉を頂きました。
9割方は、こじこじ君のデザインが良いからですが、
今まで何度もそのことで苦労してきた私からしたら、とても嬉しかったです。

ちょっと前までは、チェックしていた時に
正直何を言えば良いのかわからないという状態で、
他の人にも見てもらっても良いかな、とか
いいんじゃないかな・・!といった曖昧に返すことが多かったです。
結果、やり直しをさせてしまったことが多々あります。
(この間もありました。その節は申し訳ないです。)

これは自分の中で何が変わったんだろうと
ちょっと前にずっと考えていました。

一番は、自分が感じた違和感を伝えきれていたかです。
前までは、違和感を感じても答えまで出さないと
アドバイス出来ないと思っていた節がどこかありました。

でもそこは、デザインをする本人に任せる所であり、
見せている側からすると第三者目線からの意見が欲しいだけで、
本来は私の考えることではありません。

自分だったらこうすると思いついた所は、、
大体のイメージは伝えまずが、あくまでも一案として捉えてほしいです。

前に失敗した時に、答えを言うのではなく作っている本人に任せる。
という話がありましたが、ようやくその話を実践できているような気がします。
チェックしたデザインがOKをもらえる時は、
自分のデザインがOKもらえるときより何倍も嬉しいです。
自分の成功もですが、人の成功も喜んでいきたいです。


話は変わりまして、最近復活をしてライブの抽選先行販売があった
ELLEGARDENですが、私見事にはずれました!!!!!!
3000人キャパの会場に70万の応募があったとかなんとか、、
二次先行が始まったのですが、取れる気がしないです泣
デザインチェック

2018年6月14日(木)
ライブたのしみだなあ

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

私は出来た人間ではないので、ここ数週間すごく落ち込み...(端折ります)
心身共にあまり健康な感じではないので、触れるもの皆から優しくしてほしい...
と思いながら日々を過ごしています(笑)

私の使ってきた時間って無駄だったんだなあ
信用されてないんだなあ
嫌われてたのかなあ
とか

自分が損をしたことが嫌だったのかもしれないし
話してもらえなかったことが悲しかったのかもしれないし
とか
(端折ります)

何回考えても視点や考え方が違うので全てを許容したり納得出来ないのは仕方ないのです。
早く割り切ってしまうべきなのです。
なのに出来ないことが、また悲しい。

今ある事実に抗いたいとか、否定したい、というわけでは全くなく
ただただ私個人の感情として目の前のショックの方がバカデカく
今の現状を踏み抜く力が湧いてこないことがまたショックで
進めるべき業務が様々な事情で滞ってしまっていることもショックで
自分の気持ちに蓋ができね~となったので毛玉吐きの如くペッと書いてしまいました。

※誰かに宛てているわけでも、何かを感じ取ってほしいわけでもありません。
※人間なので、こんなブログをつける日もある、ということで勘弁してください。


先日、行く予定のなかったライブになんとなく応募したら当たってしまって
慌てて航空券を取ったら、その後、(2daysあるライブだったのですが)
友人から2日目のチケットがあるんだけど...と誘われて
せっかくだし、誘ってくれたのも嬉しいし、またとない機会だし、ということで
航空券を取り直して2日とも行くことにしました。
直近で取ったので交通費+宿泊費で気絶しそうなほど費用がかさんでしまいましたが
その分楽しんでこようと思います!
59d60994fc0336e4e14f74cd8f946e85_m.jpg
↑ここが目的地。アクセスめちゃくちゃしずらそう。

では。

2018年6月13日(水)
梅酒を仕込みました

こんにちは!ホームページ制作Fの薬師寺です。

最近、毎週末は祖父の家に行くことにしています。
行っている理由としては愛犬に寂しい思いをさせたくないからなのですが、
その話はまたいつか機会があれば触れることにします(既に何度か触れている)

祖父の家の庭には梅の木が数本あり、
毎年、立派な梅が出来るんですが、今年は初めて梅酒を漬けてみました!
20180613.jpg
左はブランデーで、右はホワイトリカーで漬けました。
ブランデーは祖父や父の為、ホワイトリカーはお酒が苦手な私と姉のために甘めに漬けてみました。

なんだか愛おしくてしょうがない。
漬けているうちに楽しくなってしまって余っている梅と角砂糖で
梅シロップも漬けてみました。
早くできないかなあとワクワクしながら、じっくり育てていきたいと思います。


憧れのアイドルやモデルはいませんが、
女優の石田ゆり子さんのような価値観とゆとりを持っていきたいと
日々、インスタグラムを眺めながら思っています。

私はずいぶんガサツなところがあるので、暮らしをていねいに生きていき、
自然の力や季節の変わり目を感じながら生活している人に惹かれます。

ぬか床もしてみたいな~と思いつつ、飽き性なのでまだ手を出せていません。
梅酒だけはなんとか、毎年続けて行けたらなあと思います。

本当はもっと社内のことについて書くべきなんだろうけれど、
こんな時だからこそ、なんにも関係ない事を書いてみました。

2018年6月12日(火)
梅雨の貴重な晴れ間

こんにちは。ホームページ制作Fの阿部です。
梅雨に突入して雨が降り続いていましたが、今日は久しぶりの晴れ間となりました。
今日が晴れとわかったので朝から溜まっていた洗濯物をわっせわっせと干してきました。
やっぱり朝から青空だと気持ちが良いですねー!
梅雨になるとぜん息症状が出て来る息子は、最近特に朝が起きれずぐずり、朝ごはんもほとんど食べず、
遅刻ギリギリで泣いて登校することもしばしば...。
でも今日はシャキーンと起きてお野菜スープをペロッと食べて元気に登校してくれました!
おかげで私もとてもシャキッと出社する事ができ、自然の力の偉大さを改めて感じました。
S__7307283.jpg
写真は別府のスパビーチで遊ぶ息子達です!


自然の偉大さといえば、明け方5時頃に九州や関東で震度4規模の地震がありました。
地震が起きた時に緊張したからなのか動悸がして目の前が赤くチカチカ光って
「あっ、私死ぬかも!」と一瞬思ったけど普通に生きてました(笑)

生きてたから笑いごとですが、南海トラフ地震はいつ来てもおかしくないといわれているので
それなりの備蓄や避難経路等を再度家族と確認し合っておこうと思いました。

人生何が起こるかわからない!だからおもしろい!(ジャンポケ斉藤さんの名台詞)

とはちょっとニュアンスが違いますが、人はいつ死ぬかわからないから一日一日を大切に
生きていかなきゃなぁとよく思います。

私は息子とよく寝る前に、「今日も楽しかったねぇ。幸せだねぇ。」
と言い合います。時には「ママの息子に生まれてくれてありがとう」
と言いながら自分で感極まって泣いちゃう事もあります・・・笑
そうやって親子で生きてる事の大切さを感じて毎日を過ごすようにしています。


私は不器用な人間ですし、これと言って特技がある訳でもなく、人に誇れるものも特にありません。
そんな自分が大っ嫌いでしたし、自分なんか死んだ方が世の中の為だとか勝手に思ってる奴でした。
でも最近はそんな自分を、少し好きになれる様になりました。それは私の周りにいる人達が
懸命に私の事を認めてくれたからです。
Fのメンバーも、どれだけ失敗して迷惑かけても、「阿部さんはがんばってるから大丈夫!」
「ちゃんと出来てるよ」と何度も励ましてくれました。本当にありがたかったです。


でもやっぱり出来てない事は当然指摘されます。そして不器用な私は良いことよりも悪いことの方が
強く残ってしまうタイプなので、ポンコツだ、お前はダメだと言われたらそれが頭から離れず、
劣等感に押しつぶされました。
励ましてくれたメンバーへの恩をあだで返すような事になってしまってはいけない、
認めてもらえる先輩達のレベルまでいこうと、何とか自分を奮い立たせていましたが
心と身体に限界がきてしまいました。頑張れなくて本当にごめんなさい。


Fで過ごしたのは経った10ヶ月間でしたが、とても濃く貴重な経験となりました。
最後となりましたが、大好きなFのメンバーのこれからのご活躍を祈っています。
本当にありがとうございました。


2018年6月11日(月)
先のことを考えて、今に「手間」をかける

こんにちは。ホームページ制作Fのなかぞのです。

今日から別案件のサポートに入ったのですが、流し込みをするようなページを
きれいに整理して作っていくということを今日はしていました。
構築時に流し込みすればいいじゃん、とか思われがちですが
これで以前の案件で苦労しました。

当時はスマホサイトを作る予定ではなかったのでその方法でよかったかもしれません。
でも、後にスマホサイトも作ることになり結局流し込みのページを作らなければいけなくなりました。
あのとき、先のことまで考えれていればスムーズに進められたな、と思うと
今は大変で手がかかるかもしれないけど、先のことを考えるとやっておくに越したことはないなと思いました。

今回はスマホサイトを作る、と初めから決まっていたので、スマホサイトを作るときに
面倒だと思わないように、しっかり作っておこうと思い、今日は作業をしていました。

私にとっては、こういう作業が気分転換になっていいので半日くらいで終えることができました。
明日も似たようなページをしていくので、今日の調子で終わらせて次のページへと進みたいです。

あと他の人のデータをさわると、「この人はこんな風につくってたのか」と
デザイン面ですごく参考になります。
小さなところでも、デザインの引き出しが増えるってことはいいことです。
軽ページだと、似たようなデザイン・構成になりがちなことがあるのですが
そうやって蓄えていって、似たようなところでも違う引き出しを使って、
唯一無二のデザインをしていくことを意識して、引き続きサポートを頑張っていきます。

その後は前回も書いた、楽しいチラシが残っているので
これは思いっきり楽しんでやっていきます!

前回のブログで、花ばっかり撮って・・・と書いてたのですが
結局また花を撮影してきました・・・。
曇りの日に撮影するのがベストらしいですが、珍しく晴れた。なんで。
180611-1.jpg
私は花の中で一番あじさいが好きで、あじさいは必ず見ないとダメ、と決めています。
こんな青と紫で囲まれた素敵な景色を見ないなんてもったいない・・・
180611-2.jpg
将来は家の敷地内にあじさいを植えるという夢を抱いているので、実現できるようなお家に住みたい(願望)
では、本日もお疲れ様でした。

2018年6月 8日(金)
フィリピンに行ってきた話こじま編

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

最近はフィリピンツアーに参加したり、有給をいただきUSJに行ったり、
有り難いことに公私共になんかいろいろなイベントを経験しています。

180608_usj1.JPG
フィリピンツアーについて、植木がブログでも書いていましたね。

光の部分もありましたし、闇が垣間見えた瞬間もありました。
ツアー参加者は、会社の経営者や富裕層の方々で、
フィリピンには何回も来ている方もいらっしゃいました。

長く話す時間はあまりなかったのですが、
その中でもいろいろと教えていただきました。

フィリピンでは、中絶が禁止されているそうです。
その方もおっしゃっていたんですが、
ある意味日本よりも健全なのかもしれません。

ただ、小さい子どもが車が行き交う道路の上で
お金を稼ぐために花を配っていたり、
日本人の周りに集まりお金を貰おうとする子どもたちを見ると
なんとも言えない心が痛くなる気持ちになりました。

フィリピンの子どもたちは、目がくりっとしてて、本当に可愛らしいです。
ただお金を恵んであげるだけでは何も変わらないから、
名前を聞いてあげて、一緒に写真を撮ってもらい、
その対価としてお金を渡すとかできたら良かったのになあと後悔しました。

180608_usj2.JPG
夜のお店も体験しましたが、
ドレスコードのきれいな女性がずらっと並んでいる中から
1人を指名するという経験はたぶん日本ではできないかなと思います。

仕事だからですが、気配りもできるし、楽しませようとすることもできる、
英語も普通に話せるし、日本語もちょっとは話せたりする。
それだけ、ポテンシャルの高い女性なのに、
お店までバスで片道2時間かけて通ってたり、
すごく健気で、頑張っている姿を見ると、
男の日本人はハマっていくのかなと^^;

それも分かっているから、ツアー主催者はお店とも良い関係を作って、
お客様に最高のサービスをしてもらえるようにしているのだなと
すごく腑に落ちましたし納得できました。

毎月100万円を預けている方や、
2ヶ月に1度1000万円を預けている方など、
ツアー単体で見ると
5つ星ホテル・飛行機往復・高級レストラン・夜の接待など
完全な赤字なのですが、
何十倍も膨らんで利益を回収できる商品があるからこそ
成り立っているのだなと、お金の流れを掴むことができました。

ツアー参加者も喜ぶし、お店も喜ぶし、商品を展開する会社も喜ぶ。
感謝の輪が広がるような、その循環は本当にすごいなと。
それでいて、主催者は考えられないくらいの利益を上げている。

本当に面白い。

話は聞いていたつもりでしたし、分かっていたつもりですが、
全然分かっていませんでした。
感覚が一番大事という言葉を身に沁みて実感しました。

フィリピン=怪しいというイメージはあると思います。
実際に妻も即答で怪しいって言ってました笑

ただ、怪しいからこそ価値があるというか、
普通なことをやってても大きく稼ぐことはできないんだなと思います。
金利14%なんて日本では考えられないですからね。
普通だれも信じないし、1000万円という大金を預けようとは思いません。

大前提として、本当に良い商品ということは絶対です。
詐欺はダメですから・・・

自分の価値観は、変えることができます。
逆に固定してしまうと成長もそこで止まってしまう気がします。
価値観は選ぶものですし、
何かの経験がその価値観をがらっと変えてしまうこともあるのかなと。

もっと自由に発想しても良いような気がします。
そのためにも、いろいろな感覚を学ぶと言うか、
ステージの高い人の話を聞いたり、成功している人の話を聞いたり、
実際に体験してみたり、やってみたり、
固定概念にとらわれないように、
成長していけたらなと思います。

いま悩んでいることが、実はステージが上がるとそれは悩みじゃなかったみたいな。
なんであんなことに悩んでいたんかなみたいな。

ベースがしっかりしているからこそ(重要)
もっと自由に一人ひとりが心地よく働ける
そんな環境が良いなあと思います。

○○は好きだけど、○○は嫌いだから離れるというのはもったいないですよね。
考えることを止めなければ、突拍子もない変なアイデアだけど
なんか良いなと思えるようなものとか生まれないかな笑

180608_usj3.JPG
写真は記事とは関係のないUSJでの2ショット自撮りです笑
失礼しましたm(__)m

2018年6月 7日(木)
環境の変化に対応できているか

こんにちは、ホームページ制作Fの新入社員の西です。
最近なんだか雨がよく降るなと思っていましたら、数日前に母からの
梅雨入り宣言を受けた事を思い出しました。普段あまりテレビを見ないので、
ワイドショーなどの巷のニュースを母が教えてくれます。

季節の変化もですが、私事でも色々と環境の変化がありました。
3月下旬に鹿児島から十数年ぶりに故郷の大分へと転居しまして、
新しい土地で新しい住居に、子供たちの新しい学校や習いごと、
そして新しい職場と、この2か月で環境が急速に変化しました。

隣町に引っ越した程度ではないので、文化や習慣、言葉などに違いも多くあります。
以前住んでいた鹿児島では方言がまず独特で、南国育ちの温和な方が多く、
生粋の大分人の私は大分弁を話すととても浮くような気がして、
怖気づいた結果、結局標準語を話して過ごすという少し奇妙な生活をしていました。
おかげでたまに東京の人だと間違われる始末。

鹿児島は本当に土地も食べ物からいいところでしたので、
そのうち鹿児島での日々のエピソードなども書ければなと思います。

Fには入ってまだ日も浅いですが、Fの皆の技術力はとても高いです。
まだまだ私はレベルが足りないので、デザインも行き詰まることが多く、
そういう時や分からないことなどを日々皆に助けてもらい学んでいます。
年齢的にも若いとは言えないこの歳でFに入り、多くを吸収出来ることが嬉しいですし、
デザインが何よりも好きです。そしてのびのびと仕事をさせていただいてます。

環境の変化に対応していくということは、
その先の新しいステージへ行ったということなのかなと感じています。
今回はじめてのブログということで正直何を書けばよいのか、かなり迷いましたが
(ちなみに自分の自己ブログは何ヶ月も放置)
何でも書いたらいいよとありがたいアドバイスも貰い、
日々感じたことを肩の力を抜いて書いていけたらと思います。
まるで優等生の豊富のようになってしまいました。これからFの西もよろしくお願い致します。

さて、最後にカフェの写真を一枚。
環境の変化に対応できているか.jpg
最近行ったところの話を書いてもいいんだよと言ってもらえたのに、どこにも行っておらず、
そろそろカフェに行きたいと思っていましたので、その思いを込めて。

どうぞ今日という日も皆さんが健やかな日を過ごされますように。

2018年6月 6日(水)
事前準備の大切さ


こんにちは
制作のしもかわです

昨日のブログでフィリピンに取材に行った話がありましたので
社で通常業務をしていたときのことを書きたいと思います。

3名がフィリピン出張で週明け2~3日間不在ということで
いない間の業務・対応の引き継ぎをしなければと思い立ちました。

3名の不在中の心配事も軽減できるし
社に残っている社員の、あれどうしたらいい?これはどうしよう?
という不安や時間を割く行為が減らせると考えたからです。

出立2~3日前から
引き継げる業務を聞いて、内容量によって
居残り組各人に振り分けて大事起りませんようにと
ドキドキしながら週明け出社しました。
結果は思っていた以上に対応による問題などは起らずに
スムーズにフィリピンから帰ってくる
3名を待つことが出来たのではないかと感じました。

もしも引き継ぎをしていなかったら...と思うと
ゾッとすると言うか、時間がかかってしまいそうだな
と思うことはありましたが、その問題を拭い去ることができたんだと思います。
何事もほんの少しでも、事前の準備や対策が必要なんだと改めて気づかされました。

そして書きながら、植木のブログを読み、深いな...と思いました。
じっくり読みたくなるような、夜の街を考えるそんな気持ちになりました。

201806061.jpg

2018年6月 5日(火)
フィリピンに行ってきた話

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。
先日取材、というか写真撮影のためフィリピンへ行きました。
DSC_2311-500.jpg
2泊3日は結構タイトなスケジュールで、ロングスリーパーな私にとって
フィリピンの夜が思いのほか長く、睡眠不足で疲れました。

というのも、社会見学の為?フィリピンの夜の店に2夜連続して行きました。
女性がずらっと並んでそこから指名してお酒をいただくということです。
普段、思考が鈍るだけだと思って嫌煙しているお酒ですが、雰囲気にのまれてテキーラを飲みました。
ただ、慣れないなかで酔うこともなく、(多分酔ってないはず)クリアーでいれたと思います。

ありがたいことに、国は違っても同じ性別っていうのは、分かり合えるものがあるようで、色々な話ができました。
一生会うことが無いだろう人たちとの会話は、社会見学にちゃんとなり、学ぶことが色々とあったと思います。
人との出会いで人生が変わるといいますが、そこまでは無くても、確実に新しいものが入った感じです。

私は2日目のお店で、正直またこの時間が始まるのかぁ~~(泣)と思っていましたが、
何となしに、お姉さんの瞼が腫れていたので、それどうしたの?と質問したのをきっかけに、
いろんな話が始まり、深く考えるきっかけになりました。

DSC_2307-500.jpg
その瞼は、マスカラを若い子から借りたけどイミテーションだからこんなになっちゃったと言っていました。
マスカラに良くない成分が入っていたのか、何なのかわからないけれど、
日本では何も心配しなくて買い物ができるからいいねと、という話をされました。
そうか、確かに何も心配しなくて当たり前に買っているものがあるなぁと思いました。

お姉さんは以前日本で働いていたから、日本の素晴らしさを知っていると言い、
食事はいろんな種類がある、治安がいい、安心して買い物ができる・・
豊かで安心できて夢のようだと。
もしも日本にいたら、例えば病気の母は助かっただろうか・・
話はどんどん深くなって、気が付くと日本とフィリピンの医療の違いや、
お姉さんが考えるフィリピンの経済格差の問題や、
なんの為に働くのか、神を信じるか、どんな風に生きていくことが幸せなのか、
夜のお店とは思えない話を二人でしました。
まさに、本当に、社会見学になりました。

私たちがそんな真面目な会話をしていると、周りの男性は知らないのだろう、
お姉さんが笑いながらキワドイ接客して、私の席に戻ってきたあとで、
声を落としながら話してくれることに、心底同性で良かったと思いました。
逆に私がお姉さんを癒してあげたい気持ちでいっぱいになりました。
それでもう会うことがなくても、幸せでいてほしいと思いながら別れました。

そうしてお店を出たところで、突然
お店の前に子供たちがきて、お金を頂戴と言われました。

子供の姿を見かけて、え?だって今何時、とおもってすぐ時計をみて、
深夜12時で、こんな時間まで子供たちが何で居るのか茫然としてい内に、
お金を渡している人を眺めながら、一人だけ混じっている女の子が10年後
どこでどんな仕事をしているのか、考えているうちに、
タクシーが来て乗り込んで、ホテルに帰りました。
DSC_2336-500.jpg
数時間のうちに色んな考えや色んなものが目に入って、考えもまとまらないまま日本に帰りました。
まだ、頭が遅くて、なんといえばいいか分からない感じです。
でも、突然ですが、幸せや不幸せについて考えてない時が一番幸せなんじゃないかと思うことが前からあります。
あぁ~幸せだ~と思うのも、不幸なんじゃないかと思うんですが、
それが何と言っていいか、自分でも良く分かりません。

例えば、何が幸せであるか何が正しいか、考え続けていた時が若いころ?ありました。
頭が若干おかしくなるほど考えて、認知行動療法の本を片手に、自分で自分を治療しようとしていた時、
もう考えが行き着くところまで行ってしまったとき、ある時から幸せも不幸せも考えず、ただ目の前のことや、
1秒ごとに求められるものに応えることを決めて、行動することにしたというか、余儀なくされました。
それが良いことか正しいか分からないですが、そんな風に続けていくとだいぶ楽になったのは確かです。

フィリピンに行って、成長ってどこまであるのかな~と思いました。
DSC_2207-500.jpg
綺麗なビル群がある街からちょっと外れたら、全然違う国みたいな町が広がっているのを見て、
経済成長がどこまで必要なのかなぁ、いつまで幸せを追い求めたり、
幸せであるか考えないといけないのかなぁ、と思った時に、
そういえば、お姉さんが望んでいる国に、
幸せだとも不幸せだとも考えず過ごしている自分の有難さをしみじみ感じました。

短い時間でしたがいい経験をさせてもらえたと思い、感謝し、
私の良く分からない気持ちですが、いい機会なので、書かせていただきました。
・・失礼しました。

2018年6月 5日(火)
仕事量は変えず利益を2倍にするホームページの作り方-繁栄する会議

いつも大変お世話になっております。
繁栄を創るホームページ制作F望月聡です。

私が日々考えるホームページの創り方で、
取材を受けさせていただきました。

インタビュー動画付きで、
私自身がずっと考えている。
知って頂きたい内容が掲載されております。

会社が輝くお話をさせていただいておりますので、
参考にして頂けると幸いです。
https://visiovo.com/2018/06/01/satoshi-mochizuki/

ホームページに対する考え方が変わると、
大きく色々なことが変わります。

初めて取材を受け、
多くの人にこの事実が伝えたいと願います。
https://visiovo.com/2018/06/01/satoshi-mochizuki/

私がずっと考えている。
人生を変えるホームページの創り方です。

今後とも長いお付き合いをよろしくお願いします。

2018-06-04 15.jpg

2018年6月 4日(月)
Fは考えることに特化した会社

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
あっという間にブログ当番が回ってきました。なんかココ最近月日が過ぎるのが異常に早い。
最近、遊びのことばかりをブログに書いていたので、
今回は仕事に関することを書こうかなと思います。


最近は、デザイン面で昔よりはるかに一発でOKが出る確率が上がりました。
トップ・セカンドページ問わず、良い感じで出来ているので、
これは本当に嬉しいな~と思う部分です。


少し前に、昔と何が違うんだろうと考えました。
毎日毎日デザインやお客様への提案に向き合い、
考えに考えることで、物事を深く考えられるようになったのかなと思います。
相手の考えている裏を読むと言いますか、
お客様目線を考えることが少しはできだしたのかなと。
何度もやり直したあの頃の積み重ねは決して無駄ではありませんでした。


私は、Fに入る前までは自分の意見を言うのがとても苦手でした。
意見を求められてもすぐに自分の頭の中で処理して、
言葉を発するということが本当にダメでした。
なので、考えるということから自然と逃げてきたような気がします。
そんな私が変われたのは、結構大きな成長だと感じています。
色々な会社がありますが、ここまで考えるに特化した会社はないんじゃないかなと思います。

話は代わり、プライベートも少し書きます。
先週行ってきた日田市の花火大会です。
この大会なんと!屋形船に乗って花火を見ることができるんです!
(だいぶ値は張りますが・・)


いつか乗りたいな~と友達と去年から話していて、
早めに予約した所、最前列でとても良い場所から見ることができました。


料理もお酒も美味しく、とても綺麗だった・・・・・気がします。
気がしますというのも、屋形船に乗った記憶はあるのですが、
花火を見た記憶がほんのちょっとしかなく、気づいたらお家でした。笑
これじゃ居酒屋と一緒じゃん!!!もったいね!!と思ったのが後の祭り。


写真フォルダには記憶のない写真が大量にあり、
知らないおじちゃんとのツーショット(なんかライブの話ですごい盛り上がったような)
友達と僕と女将さんとのガッツポーズ(女将さん騒がしくてすみません)
友達が腹を出して寝てる写真(セクシー)
あとは薄暗い謎の写真が50枚ほど、、、(花火を撮ろうとしたのでしょうか)


唯一撮れていたブレブレの花火写真を貼っときます。
お金達よ(;´д`)トホホ...まあ楽しかったと思うのでOKですね!お酒はほどほどに
結局、プライベートの方をいっぱい書いてしまった・・笑
教え方

2018年6月 1日(金)
懐かしさから自分を紐解く

こんにちは、ホームページ制作Fの足立です。
本日から6月ですが、暑い日寒い日と結構ばらつきがある感じが続いており、
せっかく今年夏用にと買った服をなかなか出せずにおります。
そろそろサンダルも出してしまいたいところです、
F事務所内は裸足に夏スリッパでないともうつらい時期です...。
でも梅雨か...サンダル...

最近は週末出かける日が多かったのですが、
いろんな懐かしさにたくさん出会った日が多かった気がします。

友人と一緒に出かけたとき、彼女が小さい頃に一度だけ
訪れたことのある食事どころをたまたまみつけて、
その頃は高級というイメージで、それ以来そのイメージのせいで
中々入れなかった、ということでした。
そこでいい機会なので2人で一緒に行ってみたのですが、
リーズナブルで美味しいお店で、友人も何だか意外そうでしたが、
二人揃ってまた行こうと大変満足して帰りました。

他にも、私が昔、家族のイベントで毎年行っていたレストランに
数年ぶりに行く機会があったり、
何年も前に読んだ大好きな本を読み返したり、
いつも友人と遊んでいたゲームに久しぶりに触れて熱中したり、
数年ぶりの友人と会ったりと、
ほんとうにそういった懐かしいタイミングに恵まれた5月で、
同時に自分のこれまでを見返すような、
気持ちの引きしまる時期だったように感じます。

そういえばFに入って今年の9月で2年目になると思うと、
早いものだと感じます。

当時の自分のブログを読んで、きっと何時間も書き直し書き直し
必死に書いていたあのブログを読んで、
ああ、めちゃくちゃに頑張っているなあ、と思えるのは
自分が今、ガッチガチに肩肘張らずに、自分らしく余裕をもって
過ごせるほど変われたということでしょうか。
仕事、技術といったものは回数や慣れ、勉強である程度進むという
ことは間違いないと思うのですが、内面的な部分で
それだけ、自分を変えていけるFの環境というのは
凄いんだなあと改めて思います。

といっても、今でもまだ「緊張している」「テンパってる」
と言われるのですが、そんな時期も懐かしく思えるように
ゆっくり克服していきたいです。


20180601.jpg

そういえば、冒頭でしたなつかしエピソードのひとつに、
10年くらいまえよく通っていたパン屋さんに本当に久しぶりに入って、
当時毎回のように買っていたパニーニがまだ当時のまんま売っていたことが
すごく嬉しかったのがありましたので、そんな画像を。(写真を撮りそびれましたのでイメージ)
味も見た目もまるでかわらないなつかしさに感動しつつ、
当時のようにおいしくいただきました。また買いに行こうかなあ。

簡単無料お見積もり

お問合せ内容
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • 無理なく持続する経営がしたい
  • 現状を維持しながら息の長い経営をしたい
  • リスクを回避するための線引きをしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容