個別記事のページです

2018年5月22日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の鈍感さが人を傷つけませんように

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。

先週私は、仕事というよりも個人的な部分でとても反省しました。
入社して間もなくて色んな緊張があろう人に、
何気なくお茶出しをしてもらおうと思って声をかけてしまいました。

まだ初日で色んなことが分からず心配という人に、いうべきじゃなかったのに、
悪気もなく言ってしまったのは
私の物差しだったなぁと思います。

私はFに入社した当初、お茶出ししている先輩を見ては、
「こんな仕事は私がしなきゃいけないんじゃないだろうか?」と
そわそわして過ごしました。
お茶を用意する先輩の姿をみては、そわそわしてしまい、
二間後くらいにもう、たまらなくなって自分から、
「お茶出しするので教えてください」と頼みました。
だからそんな風に思うんじゃないかと勝手に考えて何気なく言ってしまいました。

けれど、初日で色々と覚えないといけないこともあるのに、
そんなことをさせるのはおかしい、いじめだとも言われて、
そうか、と考えれば考えるほど、その通りだと思い、
また、私の何気ない言動のために
傷ついている人の気持ちを思うと、申し訳なくて悲しくて泣けました。
私は変なところでストレス耐性があったり、鈍感だったり、
反骨精神があることで乗り切れてしまう部分がありますが
それが良いように働くときは良いけれど、
悪く働くとこんなに人を傷つけるんだなと知りました。

自分が鈍感なために、人を傷つけることが無いようにしないと。
何かをお願いするときや、人を巻き込んで何かを行うときも、
相手が不安になったり、心配させてしまうことが無いように・・・。
タイミングを見計らったり、先回りして計画して説明してあげたりしたいです。
そういえば、周りの先輩を見てもそうしている人も大勢います。

今回のことは今回のことで受け止めて、次回から気を付けようと思います。
悲しいことだったけど、大切なことを学んだかと思います。

9aa7e627eac5e2a8ef89c40d1c0f6a05_s.jpg



書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ