個別記事のページです

2018年5月18日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の性質を知った上で前を向く

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

もうすぐ、趣味でやっているダンスの本番が間近に迫ってきたので
少しでも練習をしておきたくて、この頃は会社近くで
お昼休みにひっそりと練習していました。
今までもお昼休みに利用できそうな練習場所を
探し求めて会社まわりをウロウロしていたのですが

なるべく会社から近く(少しでも長く練習出来るように)
ほどよく人の目があり(緊張しぃなので日頃から人目に慣れるために)
床がコンクリートで(土だと砂を巻き上げまくり靴が可哀想なことになるので)
全身が確認できる鏡代わりになるものもあり(どんな風に動いているように見えるか確認したい)
日陰(あっという間に汗だくになるので出来れば涼しい場所が良い...)

という探し求めていた条件ピッタリの場所を、最近、やっと見つけ当てることが出来ました。
ここや!私の探していた場所は!という感じで(普通の公園なのですが)
おじいさんおばあさんの生ぬるい視線を感じながら
時折「いや、自分は何をしているんだろう」と何かから醒めたような気持ちにも襲われながら
ひっそりと汗を流しています。

何故少しでも練習をしておきたかったのか、というと
自信のなさと不安から来ているのですが
私は何をするにも自分になかなか自信が持てない質で
アレコレだめだなと感じるところが目について仕方ないのです。
今回も不安要素がたんまりありすぎる、と少しでも解消したくて
お昼休みに練習するかと決めた次第なのですが
あまりマイナスな気持ちに囚われすぎず、今より良い形に...という
プラスの気持ちを持ちつつ取り組むようにしています。

以前より何度か、(仕事でも趣味でも)自分では全然だめだ!全然よくない!と
思っていることが、他の人から意見をもらうと、むしろいいと言ってもらえたことがあり
意外と自分で気にしているほどなんてことないものなのかもしれなかったり
褒めてもらえるのは、その部分を見ていてもらえたということで嬉しいことですし
あまり自信が無いという気持ちをネガティブに持ちすぎるのもよくないかも、と思ったので
それ以来、自信が持てなくても前向きに考えることを思い出すようにしています。

何事にも闇雲に落ち込んだり振る舞うのではなく
自分なりの理想の形を思い描きながら取り組んでいきたいなあという話でした。

写真は先日、友人と食べに行ったランチのフォトジェニックなサラダです。
わざわざ開いて配置された豆があざとくないですか。
それでは、良い週末を~。
11772.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ