個別記事のページです

2018年4月26日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

クレームに感謝すると以外と前向きになれるかもな話

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

今週2回目の登場です笑

最近肩書社長になったんですが、
よくよく考えると若干ではあるんですが
すごいことやなと責任を感じてきました。

望月からも、社長の出番やな。とか
これくらい出来るようにならんと。とか
ちょっと責任があることを頼まれるようになってきました。

先日ちょっとしたいざこざがあり対応したんですが、
相手の社長と話す役割を与えられ、
その日全く眠れないという貴重な経験をさせていただきました。

会話の展開を考えれば考えるほど頭がフル回転してしまい、
心臓もドキドキしっぱなしで、緊張感がずっと抜けませんでした。

1日だったんですが、これ続けたら死ぬな。と思いました。
あれは病みます。エネルギーの消費がハンパないです。
見積りでもあれだけ消費するのに、ちょっと比ではありませんでした。

以前と比べたらF社内も環境が整備され、
クレームはとても少ないと思うんですが、
まだまだ多少なりあります。

ただ、クレームに真正面からぶつかる必要はないのかなと思います。
理不尽なものを除いてですが・・・
クレームはFに残されている課題をクリアするためのイベントです。

相手は感情的になってクレームしてきますので、
それを感情で受けてしまうと心がやられます。

でも、感情ではなくただの情報だと思い処理すると、
あっこの人は、Fのこの問題を解消するために課題をくれたんやな。
良いやつやな。とまで思えるかは分からないですが、
前向きに対応することができますし、
今後もっとお客さんとより良い関係で仕事をするための
仕組みづくりやルール作り、環境づくりが見えてきます。

ただ、クレームの対応はきついし、嫌だし、心が疲れるのは確かですので、
その消費を極限まで下げる方法として
淡々と対応することが一番良いのではないかと思います。

望月もよく言うんですが、淡々とすれば良い。そこに感情はいらない。

その通りだなと思います。
理不尽なクレーム以外前向きに捉え
それでFがもっと良くなるんだから逆に感謝しよう精神ですね笑

火に油を注いでも逆に燃え広がるだけですので、
火には感謝を込めた水を与えましょう。
静かに鎮火するはずです。たぶん。

クレームが起これば、そのクレームが起きないようにルールを見直せばいい。
そして、見直したルールを社内で共有して必ず守るようにする。
それが出来ていれば、良くなることはあっても悪くなることはないのかなと。

Fが良いなと思うのは、それを社員一人ひとりが考えルールづくりを自分たちでするところです。
社員一人ひとりが自立するって簡単そうですが、中々できないのかなと思います。

Fに入ってからずっと激動の日々を過ごしていますが、
今年もまだまだ激動の日々が待っていそうです。

来年どういうFになっているのか今から想像もできないですが楽しみでもあります。
今年の1月に社長になるなんてこれっぽっちも思ってなかったですから・・・

今週2回目のブログはちょっと真面目に書いてみました笑

180426_cream.jpg
酔っぱらいの花宮氏と植木さん。
楽しい宴でした笑

それでは!あでゅ~
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ