個別記事のページです

2018年4月18日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

優しさだけではダメ

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
先日、「形式的ではなく感情を伝えるメールを送りたい」というタイトルで、
テンプレメールではなく、しっかりと自分が思ったことを返すと書きましたが、
逆に対応に時間が掛かりすぎ!という問題が起きてしまいました。なんと本末転倒な。
これは、つい最近というわけでもなく、前からずっと思ってきたことではあります。


どうやって解決すれば良いのか。いままで色々なことを試してきました。
・午前中は対応しない
 →緊急で入るから結局対応することがある
・対応は朝礼後、昼礼後、終礼後の間の3回にまとめてする。
 →これも上に同じ
・1日の同じ人への対応リミット30分
 →返事がくるメールに返さない訳には行かない


などなど、なかなか根本的な解決ができませんでした。


そこで、先日社内で回している日記のお悩みを書く欄に、
早い人はどうしているのか知りたい、ということを書きました。
ありがたいことにすぐに返事が!!感謝です。


みんなから頂いたアドバイスには、
花宮さんは自ら対応を重くしてしまっていることがあるということでした。
ああ・・・確かにその通りです...。と思いました。


これも言わないとわかりにくいかな?という事や、
何か質問やアドバイスを求められると全力で返してしまうこと自体は
悪いことではないのですが、限度があると感じました。
例えば、一度説明をしたことをまた聞かれた場合、
超簡単に概要だけ話して、後は前のメールを参照してもらう、等
時間をかける部分が悪かったことを再認識しました。


再認識と言ったのは今まで自分でもわかっていたことなのですが、
ついつい相手がわかりにくいかと思ってやりすぎていました。
自分の中ではっきりとしたルール決めが出来ていなかったのだと思います。
その線引を一つずつ作っていこうと決めました。


対応時間が削れればもっと違うことに使うことができます。
最終的には、デザインに使える時間を増やすことが
一番のお客様のためとなります。
優しさだけではダメと感じた日でした。

対応を早く

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ