個別記事のページです

2018年4月17日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

型にはめようとすることをやめる

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

対話をしていた相手の言葉が理解できなかったとき
すれ違いざまの些細な一言に面食らったとき、
垣間見た誰かの思考についていけないと感じたとき
それは知り合いだったり、初対面の人だったり、ネットで拾ってきた記事だっだり、
考え方や感じ方の違いに違和感を覚えて疲れてしまう瞬間が世の中には溢れていると感じていたのですが
なぜ違和感だと思うのか、疲れてしまうのか、これまではサッと忘れてしまうようにしていました。
が、サッと流すことにも疲労を感じ始めたので機会を設けてじっくり考えてみました。

私は、自分の中の『常識』、自分の中の『普通』、自分の中の『絶対』
そういった自分の中にある『型』にはめて考えようとし過ぎていたのかもしれません。

常識とは普通とは絶対とは、100人いれば100人の感じ方があって考え方があるんですよね。
全く同じ思考を持った人間なんていないのに、いるわけないのに
なぜ自分一人の基準に沿わせて考えようとしていたのか。
わかっているつもりだったけれど無意識に『型』の中に入れてしまいたいと
していたんですね。
もちろん全然はまらないから、違和感にしかならず。

意見の合わない人は「意見の合わない人」でいい。
なんで分かってくれないの、なんて思わなくていいし
分かってもらえないから意見が合わないわけであって
むしろ、そういう考え方もあるのだな、と自分の中の
引き出しにすればいい。
そんな考え方もあるのだなという考えるためのストックとして
頭の中の引き出しにしまって
必要な時がきたら取り出せばいい。

誰かを真似ようとしてなくてもいいし
同調出来ないものに対して無理に合わせたりしてなくてもいい。
そう考えたら、自分の考え方とは違う、なぜ!と思ったものに対して
変に執着しなくていいやと思えて、少しスッとしました。

みんな違ってみんないいと金子みすゞも言っていたし(そこしか覚えてないけど)
普通の人間なんか一人もいないのかもしれない、と思ったら面白い。
普通の人のスタンダードなんてありませんからね。

デザインするときにも、頭を柔らかくして
常に他方から色んな視点で考えられるのが
理想だなと思っているので、何事も型にはめ過ぎず
捉えてみるのも良いのではないかと思った次第です。

型抜いてるスコーンも美味しいけど
型抜いてないスコーンも形に愛嬌があって美味しい
みたいな。なんか違うか。

bc454ffe58782dee3f0f09dc61d6d0eb_m.jpg

※写真はイメージ、型抜かれているかは不明
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ