個別記事のページです

2018年4月13日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真は引き算」という個人的衝撃ワード

こんにちは!ホームページ制作Fのたちばなです。
最近は毎日がとっても充実していて、いつ真っ逆さまに転落するのかと怯える日々です。
なんで、嫌なことの波に居る時はそれが永遠に続く気がするのに、
良い波が来ている時は一瞬で崩れ落ちる想像をしてしまうのでしょう。
逆ならいいのに・・・・・

私がFで身につけた術の中で結構最強だと思うのが、
「会社から出たら仕事のこと丸ごと忘却の彼方」という技です。
でも不思議と、お風呂に入っている時だけは絶対に会社のことを考えます!
それはFを離れていた8ヶ月間も変わらず、
お風呂だけではなぜかFのことを考えていました。不思議です。

メリットとしてはメリハリMAXであること、
デメリットとしては
会社で「印鑑を持ってこよう」と思う→会社出て忘れる→お風呂で思い出す
→お風呂出て忘れる→朝会社で思い出す というループを
かれこれ数ヶ月続けていることです。(社会人失格)


話が転々としましたが最近ついに一眼レフを手に入れてしまいました!!!
写真ってデザインと違って誰でもできるからシンプルで、だからこそ難しくて
ごまかしが効かなくてハマる人はハマるんだな~~~~と
写真の奥深さの深度におののいています。

写真って簡単じゃなくて、調べたり本読んだりして
へ~~そうなんだ~~~ナルホド~~~と思うことがたくさんあって
中でも私が一番、目からうろこだったのは「写真は引き算」ということです!
「人の周りに看板入れよっと!山もいいね空も入るかな、あ、鳥も飛んできたラッキー」
みたいな、要素入れまくるものかと思っていましたがまったくの真逆で、
いかに無駄な要素を排除して主役を惹き付けるように撮るかが最重要とのこと・・・
主役と同じだけ、もしくはそれ以上に背景に気を使う。

素人は足し算、プロは引き算という言葉がとてもしっくり来ます。

これはメイクの世界や生花、料理や建築、デザインなどどの分野でも同じように
言えるらしいのですからおもしろい!書籍とかメール文とかでもそうなのかも?

近所にある大人気の行列が出来るパン屋さんは「引き算」という店名で
いかに素材を減らして素材の味を楽しめるかに注力していてまさに「プロは引き算」の具現化で、
あとドラマの"過保護のカホコ"を最近今更まとめて見たのですが
主役のカホコは大学生で大学のシーンがたくさんあるのに
お友達が一人も出てこないんですよね。これも立派な引き算だと感激しました。

きっと、「お友達を出さずに違和感なく大学のシーンをつくる」よりも
「お友達グループを出して伝えたいことを会話させる」方がはるかに簡単だと思いますが
まさにプロのなせる技というか、引き算ってこういうことかと思わされます。
そうすることでテーマが家族愛と過保護で育った女の子の恋(自立)というテーマに
一気に絞られています。すごい。大学生でお友達出さないとか思いつかない。


望月もきっと引き算がうまくて、
webデザインの流行りものには見向きもしない、スーツなんて別に意味ない、
競合他社の存在なんて微塵も興味持たない、常識にとらわれないどころの騒ぎじゃない、と
随所に引き算を感じます。
これが足し算だったら、一気に無個性になるのでしょう。


私は今までデザインではずっと言いたいこと伝えたいことを盛り盛りと書くことがほとんどでしたが、
これからは「引き算」にもしっかりと目を向けていきたいと思います。
主役はどれかを忘れてしまったら一瞬で埋もれてしまいますね。
そうならないように、
素人は足し算、プロは引き算を頭に入れながら新鮮な頭でデザインと向き合っていきたいです。


写真は薬師寺に引き続き甥っ子です。
姉が結婚してから私も姉の料理が美味しくてたまりません!

甥っ子は本当にかわいいです・・・・・・
水を飲めと言われたから吸ったけど、でもい~らない。ってときに口からダバーーっと
出すところを激写しました。
S__149422122.jpg
こんなのでもかわいいんだから子どもっていいなあ・・・・

では相棒のカメラくんと、人生楽しみたいと思います~~!\(^o^)/
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ