個別記事のページです

2018年4月 3日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自社のこと知っていますか?

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
春とは思えないほどの暑さで、ようやくヒートテックを卒業し、
長袖一枚だけの生活に入りました。


先週は、Fのお花見があったりお客様がいらっしゃったりと、
慌ただしく過ごした週でした。
今回は特に印象に残ったお客様の話を書きたいと思います。


先日、社員研修という形でお客様の会社のwebチームの方々3名と、
管理職の方が1名いらっしゃいました。
恐れ多いのですが、私が担当させていただき、
二日間みっちりとFのやり方を一緒に行ってもらいました。


事前にお客様の状況を聞いていて、
自社のことを知ることから始めるべきだ、と判断していました。
そこでいつもFが最初にやっている「ヒアリング」→「把握シート」の
流れを取ってもらうことにしました。


え!?お客様が自社のヒアリングをするの!?
と思われてしまいそうですが、
ホームページで第三者に魅力を語る上で、
自分が魅力に気付いていなのに惹き付ける出し方ができるはずない、
そう思ってこの流れにしました。


1.5日は、ひたすら管理職の方の話を聞き、
どういう思いでこの商品に興味を持ったのか、
なぜこの工場を選んだのか、
お客様に商品を使ってどうなってほしいのか、
一つ一つ丁寧に商品の説明を聞き、
ふか~~~~~いところまで一緒に掘り下げました。


途中、話が盛り上がりお互いが思っていたことを伝え合ったりと、
お客様同士の結束が深まるのをとても感じました。
日頃は、こんなに2日も掛けて話すことはないと思います。
ホームページ制作をしていく段階で、
社内環境も改善できる、そう感じた時でした。


そして、残りの0.5日で把握シートを書いて、
ヒアリングした内容をまとめてもらいました。
お客様からも嬉しいお言葉を頂き、
今回、この流れにして本当に良かったなあと感じました。


そして、改めて感じたのがお客様にも
感動して頂けたFのシステムの完成度です。
今思えば、全てのことに対するルールが確立されています。
しかも、日々悪い部分は改善していき、さらに研ぎ澄ましています。


ホームページ制作だけでもたくさんのルールがあるのですが、
メール対応、クレーム対応、残業をへらす方法......などなど、
本当に幅広いです。そのどれもが無駄なものはありません。
社内wikiというものがあるくらい、ルールがたくさんあります。
自分は良い環境にいる、ということを見つめる良いきっかけでした。


私は、お客様の話を聞いていると、自然とこの人の力になりたい、と思ってきます。
少し意味合いは違いますが、そういった意味でもヒアリングは大事だなあと思います。
私達は出し惜しみは一切しませんので、
今までのFの知識は全て伝えるつもりでお客様を
サポートしていきます。

ヒアリング

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識