個別記事のページです

2018年4月 2日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

18時帰りで160万円赤字+ギスギスになりました-繁栄する会議


いつも大変お世話になっております。
繁栄する企業を創る望月聡です。

私達の業種(WEB業界)というのは、
業種で言うと、待遇がワーストに入り、
かなりブラックな破天荒な職場だと思います。

多くの業種に抜かれて、
いつの間にか121位と129位の最下位となっています。
https://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_46

私はいつも思っていました。
この業種はかなり不利なのではないのか。

他の業種だったら、
そこそこの会社になっているのではないのか。
と感じながら、よりよい会社を創ってきました。

過酷な環境で鍛えられたからこそ、
先日は創業116年の他社の社員研修をさせて頂くと、
2日間の研修で簡単に良い方向に行く結果ができました。

役員の方
http://uri-uri.heteml.jp/kakunin/kose/kujimeyasama/koe2.html

3年目の社員の方達
http://uri-uri.heteml.jp/kakunin/kose/kujimeyasama/koe3.html
http://uri-uri.heteml.jp/kakunin/kose/kujimeyasama/koe4.html
http://uri-uri.heteml.jp/kakunin/kose/kujimeyasama/koe.html

感想を見る限りやってきたことは間違いではなく、
どこの社内でも通用する物だと実感しました。

その人が楽になる方法しか言わない為、
社員が永続的なやる気を出してすぐに心から変わる。

私達が楽になれば、
お客様は楽になり、社員が楽になるとお客様が楽になります。
最後には私達が自然と楽になるために道なき道を歩いています。

社長も交代できるような環境になり、
ホームページ制作Fは企業としては1つの完成体に近づいてきています。

しかし、1つ1つの経験と知恵の積み重ねで
環境の良さを積み重ねているのですが、
各々の社員が同じことをやっていても、
同じ作業で5%の違いがあると結果は大きく違ってきます。

18時で帰れる人と21時になっても帰れない人。
同じ8時間の進捗の中で仕事をしているのですが、
残業をする人と残業をしない人が出てきます。

作業の中身が5%でも違うことで結果が全然違う結果となります。

建築で例えてみると
基礎工事を90度で家を建てる人。
基礎工事を85度で家を建てる人。

85度で家を建てる人は、
高い家を建てるほど、必ず欠陥住宅ができる結果となります。

最初の基礎作業をしっかりとする事で、
自ずと後の軌道修正が楽になって来ます。

ここからが本題ですが、
18時帰りを推進して3ヶ月が経ちました。
結果は、進捗を守れない人と進捗を達成する人が真っ向から割れました。

そして、納品の速度が遅くなり。
毎月160万円という赤字を打ちながら会社は進みました。

赤字でもデザインのクオリティを一切妥協せずに、
赤字でも関係ない。やり直してという日々を繰り返しているという。
この異常なこだわり方も赤字の原因とは気が付いています。

また、新規のホームページ依頼が来ると、
制作着手するのは8月からしかできないです。と開口一番にいう。
赤字なのに社員が新規受注を率先して断っている現実の心強さ。

この矛盾に葛藤を覚えながら、
今やっている仕事を丁寧に丁寧にクリアしております。

その中でも、8月まで待つのでお願いします。
1年分の3つ頼むという予約も頂いており、
嬉しいお声も頂いており大変感謝しております。

そうは言っても、
18時帰りは私自身がやってみたいという想いから、
Fで達成して多くの企業にも導入できると良い。と考え。
社内で勝手にやっている為、
赤字でも手出しすれば良いので全然大丈夫です。

このような状況の中で、
18時帰りの目標を達成するために日々奮闘しており、
夜明け前が一番暗い。自転車に乗れる前が1番難しい経験を糧にやっております。

社員に任せて3ヶ月放置してみたのですが、
どうも社内がギスギスして20時帰りに戻る結果となりそうだったので、
私が1つ提案をすることにしました。

それは、この進捗の紙を描いてもらうことです。
書き終えると全員で回してコメントを貰ってアドバイスを貰います。
http://uri-uri.heteml.jp/kakunin/marui/F/koudou.html

社員に提案すると、
みんな書いてますよ。
なぜ信じてくれないのですか。という声が上がってきましたが、
自己流で書いていたは駄目です。

先程お伝えしたように、
5度の角度の違いでゴールが大きく変わるのですから、
正しい書き方をしなければ、良い結果が出ないのです。

できる人と出来ない人の違いは情報の差が大きいと感じます。

同じ作業をしても、
デキる人と出来ない人がいます。

この件に関しては、2段階の方法があり。
まず1段階目は会社が誰にでもわかる手順書を創ることです。

説明書があれば、プラモデルは出来ます。

2段階目は、
効率の良い情報を知らないことです。

社員各々が手探りで自己流で見つけていく。
そんな原始的な方法では、
離職率が増えていくだけです。

デキる人がやっている方法を、
目で見てわかるようにして、
情報共有して同じやり方を緩くさせる事が重要と考えます。

各々考えてやっていると社員は言うのですが、
その考えていることに差があるからこそ、
ほんの5%の差で結果は大きく変わります。

90度に建てる建物か85度で建てた結果となります。
基礎は同じで建てる建物も同じ。
しかし、結果は違うものとなります。

小さな手順の先に、最後の結果がついてきます。
残業を減らすためには、
立てた進捗→実際の進捗→理想の進捗。
実際の時間のズレを毎日修正していかなければいけません。

今月の弊社の進捗はこちらです。
弊社では1ヶ月間の進捗は月初めてに各社員出ております。
http://uri-uri.heteml.jp/kakunin/shimokawa/1804.pdf

だからこそ、今回の進捗を綺麗に引く先にゴールがあると思います。

私は進捗を一切見ておらず。
1年振りに見ましたが、かなり丁寧に仕事をしていると思いました。
素晴らしい割り振り方と時間の使い方です。

仕事は一切妥協せずに18時帰りを達成する。
各々の書く毎日の進捗表を導入してから社員の意識が変わってきております。

阿部 https://www.web-f.net/2018/03/post-35833.html
中園 https://www.web-f.net/2018/03/1-20.html

この良い流れで結果がついてきて、
さらに楽しい会社になれば良いなと思っております。

私のリアルなメルマガをいつも読んで頂いて嬉しく思います。
いろいろな情報を共有していきたいものです。

参考になると嬉しく思います。

今後とも長いお付き合いをよろしくお願いします。

過去のメルマガはこちらから見れます。
https://www.web-f.net/cat3/

上記の内容は転載やシェア自由です。
メルマガの登録は下記から出来ます。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

2018-04-02 18.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ