個別記事のページです

2018年4月24日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

胃腸炎を1週間こじらせ会社を休み学んだこと

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。

ただいま激動の日々を過ごさせていただいているのですが、
先週胃腸炎をこじらせ1週間ほど休むという事態に陥ってしまいました。

ノロみたいに超きつくてひどい胃腸炎じゃなかったので、
甘く見ていた部分があります。

日曜日に体調不良で寝込み。
月曜日の朝に下痢だったので休み。
火曜日も朝下痢だったので休み。
ここまでほぼ何も食べすにずっと寝込み。
水曜日の朝超下痢だったけど、
体調は良かったんで会社に行き、
弁当や夜ご飯は牛丼を普通に食べ、
木曜日も朝超下痢だったけど、
体調は良かったんで会社に行き、
この日はお昼に下痢を我慢できず、
コンビニでさせていただき、
午後からも下痢を我慢できず、
この状態で会社でトイレ行ききらないので、
午後からお休みをいただき、
金曜日は朝超下痢だったのでお休みをいただきました。

という感じで1週間胃腸炎に悩まされました笑
たぶん病院にも行かずに、市販のビオフェルミンS錠を飲めば治るよね。と勝手に思い
体調が良ければ牛丼とか食べてしまったのが
胃腸炎をこじらせた原因だなと後悔しております。

有給が残り1日となってしまいました笑

ただ、良いこともあって、
食欲もあまりなく、下痢だったこともあり、
お腹がちょっと凹みシュッとしたなと
自覚できるくらいになれました。

タチバナさんからも痩せたよな。と言ってもらえるので
胃腸炎をこじらせたのは悪くなかったんじゃないかと前向きに捉えています。

あともう一つはウイルス性の胃腸炎なのであれなのですが、
子どもたちと長い時間一緒にいれたことです。
少し前のFや、少し前の自分の心境では罪悪感しかなかったと思うのですが、
子どもたちといるときぐらいは仕事を忘れようと思うことができ、
ホッとする時間を過ごすことができました。

180425_ichoen2.jpg
仕事が忙しすぎたり、クレームや対応に追われたり、
仕事に追い込まれるような精神状態に陥ったり、
そういったことは人間社会で仕事をしているので絶対あると思います。

人間以外の動物世界ではやっぱないんかな。
とか思いながら、でも、それが人間らしく楽しかったりもします。

で、やっぱりその都度その都度仕事やプライベートや大事な用事など
色々あると思うんですが、すべてを同時に完ぺきにこなすことは
たぶんできないと思います。
両方を取ろうとすると両方とも中途半端になってしまう。

人ってマルチタスクはできるらしいんですが、
例えば音楽を聞きながら料理するとか。
同時に何かに集中するっていうのができないそうです。
一つのことしか集中できないんですね。

だから、子どもと遊びながら仕事のことを考えるとか、
仕事の時間に来週の旅行の予定をたてたりだとか、
案件1の仕事をしてるのに、案件2の仕事も考えたりだとか、
意味のないことになりますよね。

いま一番なにをするべきなのかを自分で決めて実行すること。
他人ではなくて自分で決める。

だから、Fのみんなが全力で仕事をしていたとしても、
クレーム対応を必死にしていたとしても、
胃腸炎の自分にはどうすることもできないので、
仕事のことを忘れ子どもたちといるときぐらい
楽しく過ごそうと決めました。

休んでるのに仕事の事を考えても、
なにも貢献できないばかりか、
子どもたちといるのに上の空で
良いことは一つもありません。

いま本当に大切なこと、1番やるべきことを自分で決めて、
それ以外のことは一切考えない。

それが正解だということを胃腸炎が教えてくれました。

F社内の集中力がハンパないという話を望月がしてくれたのですが、
みんな上の空で仕事をしていないというのも一つあるのかなと思いました。

あっ。ブログ当番を忘れててペナルティを受けたので、
26日も小島が登場します笑

よろしくお願いしますm(__)m
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ