個別記事のページです

2018年3月28日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「どうしようもねえ奴らの寄せ集め」

こんにちは!ホームページ制作Fのたちばなです。
桜がきれいな季節になってきましたね。
正直花にはめっぽう興味のない私ですが、桜の儚さにはロマンを感じます。
お花見楽しみだな、15時より早く始まらないかな~(チラッ

最近植木のブログを発端に一眼レフカメラが気になって、迷いに迷って迷い倒して
決して安くはないカメラを買おうとついに決心したのですが
望月に「絶対飽きる!」と言われ、確かに飽き性である自分に自信がなくなり
会社の高性能カメラを試しにレンタルさせてもらうというなんとも贅沢な展開になりました。
使ってみると・・・・超楽しい!!!

けどインコを撮ってみるともれなく幽体離脱していました。
こりゃ勉強が必要だな・・・・・
20180328.jpg

「自分の心以上のものは撮れない」「自分の気持ちが写真に如実に出る」
植木がブログ書いていたそれらの言葉を見て、カメラってデザインと一緒なんだ!?!!と心を打たれました。
私も、自分が撮った写真を見て「あ、私今こんな気持ちか...」と思ってみたいです。
飽きないことを神に祈ることから始めたいと思います。


余談はさておき、今回はえらいパンチの効いた題名にしてみました。
この言葉、一体Fの中の誰がどういう状況で誰に放った言葉でしょう?

怒った先輩が後輩たちに?
飲み会で、酔った望月が無礼講な社員たちに面白半分で?

いいえ。忘れもしない、入社二年目くらいだった数年前のある日。
業務中の真面目な話し合いの中でまっすぐに望月が私たち社員に放った言葉です。
望月の周りに社員が集まって座って、純粋な眼差しで話を聞いていた時です。
そんな中、望月は悪びれる様子もなくその言葉を投下してきました。めちゃくちゃ笑った。

「どうしようもねえ奴らの」←これだけでももうだいぶ救いようがないのに
「寄せ集め」←言葉のセンスに脱帽したものです。

自分で言うのもなんですが、当時のFは多分本当にどうしようもない人たちの寄せ集めとは
誰も反論しないほど自他ともに認めているものだったと思います。

私はFに入る前2年半くらいリサイクルショップでフリーター生活をしていました。
他のメンバーも、
元コンビニ夜勤、前職を半年で退職、無職期間が年単位・・・・そういう方々が
最後の復活のチャンス(?)として駆け込む、駆け込み寺のような場所でした。

きっとまさに、どうしようもねえ奴らの寄せ集め。(多分望月自身も含めて全員)
でもそれを言われてみんなで顔を見合わせて笑うってなんかとってもほっこりしたのを覚えています。

私は将来を考え始めた中学生くらいのときからずっと、
「進学はせず、とりあえず色々経験しまくって現場で自分で、生きた技術を身につけて働きたい」
とずっと考えて色々な選択をしてきました。
そう思っていてもいざ社会に出てみたらリーマンショックなど社会の厳しさ、
自分への甘えなどでなかなか上手くはいかず、自分に言い訳をしながら職を転々としていた過去。
そしてFに入ってからはがむしゃらすぎて振り返ることもなかったけど・・・・・

その時初めて、その言葉によって
「色々経験しまくって現場で自分で、生きた技術を身につけて働きたい」
というずっと思い描いていた長年の目標に少し手が届いた気がしたのです。

どうしようもない過去や経験にも全部意味があったんだな、
Fという現場で叩き上げられたからこうしてお客様の売上に貢献出来たりするのか~、と、
学生時代の私との約束が、ようやく果たされたような気持ちになりました。
「どうしようもねえ奴らの寄せ集め」という言葉だけでです。
そんなことあり得ます?とんだポジティブ野郎・・・・


そんなFを何年も続けていましたが諦めず突き進んで行った結果、
だんだんと、「どうしようもねえ奴らの寄せ集め」ではなくなっていっていることに気付きました。
それはFが成長しているから、その成長に合わせてちゃんと立派に出来上がった人間が
Fを選んでくれるようになったからだと思います。おもしろいですね!

そんな人たちが作るデザインはもちろん素晴らしいです。
しっかり自分を持っています。芯に強さもあります。まず話がはやい。
1言ったら10わかってくれ、想像以上のものが返ってきます。

とてもじゃないけど、ハミ出し者の駆け込み寺ではなくなっている・・・・・・・・。


でも私は「どうしようもねえ奴らの寄せ集め」でいいです。それがいいです。
社会性にも欠け、心に少し闇を背負い、それぞれの質もバラバラで、マイペースで、皆どこか不健康で、
そんな環境も今となっては愛しいです。そこから這い上がってきたことに誇りすら持っています。

今まで望月から数えきれないほどの言葉をもらいましたが、
「どうしようもねえ奴らの寄せ集め」を超える言葉は今までもこれからも、ないと思います。笑

そんな、忘れられない一言のお話でした(^o^)笑
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ